リクルートエージェント・DODAなど転職エージェントの評判を徹底比較

転職エージェントマニア.com

DODA

dodaの非公開求人を自由に検索できる「求人検索会」とは?

投稿日:

今回は、dodaのエージェントサービスに登録した人だけが無料で利用できる「求人検索会」のサービスについて詳しくご紹介します。

転職エージェントを利用して求人を探していると目にする「非公開求人」の文字。

※非公開求人とは転職サイトなどには掲載されていない一般向けには公開されていない求人情報のことを指します。

以下のような理由から「非公開求人を自分で検索したい」というニーズが多くあります。

・自分のペースで求人情報を探したい
・キャリアアドバイザーから紹介される求人以外にも色々な条件の求人を見たい
・転職エージェントを利用するのなら質の高い非公開求人を中心に応募したい

このようなニーズに応えたサービスがdoda独自の「求人検索会」です。

私自身dodaの元キャリアアドバイザーとしての知見を活かして、「求人検索会」のメリットや使い方などを細かくご説明します!

↓dodaエージェントの登録はコチラ

そもそも非公開求人とは?

そもそも非公開求人とは何なのかという話ですが、文字通り、公には公開されていない非公開の求人のことを指します。

なぜ非公開なのかという理由として、企業側と転職希望者側双方にそれぞれメリットがあることが挙げられます。

企業側のメリット

非公開求人の企業側のメリットとしては、以下3つが挙げられます。

採用活動の効率化

知名度の高い企業が公開求人を掲載すると、応募が殺到し、採用担当者が業務に忙殺されてしまいます。

このような事態を防いでよりマッチ度の高い候補者と効率的に会っていくために非公開求人が利用されます。

外部に知られずに採用活動を行える

新規事業や新サービスの開発など、極秘プロジェクトに携わる人材の募集、マネジメント層の募集など競合他社などに知られたくない場合、非公開求人にすることで外部へ情報を漏らすことなく採用活動を行うことができます。

コスト面

転職求人情報サイトに求人を掲載する場合、2週間で20万円~200万円程度の出稿料が発生しますが、転職エージェントを利用して採用活動を行う場合、出稿コストは発生せず、採用できて初めて成功報酬が発生します。

▼転職エージェントは完全成功報酬型

ですので、何週間何ヶ月と求人を出そうと採用が決定するまでは一切採用費をかけずに採用活動を行うことができます。

転職希望者側のメリット

非公開求人の転職希望者側のメリットとしては、以下3つが挙げられます。

求人数が多い

転職エージェントが保有する求人情報のうち、非公開求人が7~8割を占めます。

そのため、転職エージェントを利用することで転職求人情報サイトよりも遥かに多くの求人を見ることができます。

質の高い求人が多い

前述の通り非公開求人の中には、一般には公開されていない新規事業や新サービスの開発、極秘プロジェクトに携わるポジションの求人情報があります。

志望する企業の公式サイトや転職サイトに求人情報がなくても、転職エージェントを利用することで質の高い求人に出会うことができる可能性があります。

ハイクラスの求人がある

幹部クラスの求人や高年収の求人など、条件の良い求人が多いことも大きなメリットです。

マネジメント経験があったり、既に高年収の場合などは、公開求人よりも非公開求人の中から求人情報を探した方が希望に合う求人を見つけられる可能性が高いです

dodaの非公開求人を検索できる「求人検索会」

dodaエージェントサービスでは、通常dodaの社員しか見ることのできない社外秘の検索情報システムを利用して、非公開求人を自由に検索できる「求人検索会」というサービスを提供しています。

求人検索会とは、dodaのエージェントサービスに登録後、「doda求人検索会事務局」からメールが届いた人のみが参加できるサービスです。

利用方法は、まず「doda求人検索会事務局」から届いたメールに記載されている日時の中から都合の良い日時を選んで予約システムより予約を取ります。

▼doda求人検索会事務局から届くメール

予約した日時に指定されたdodaのオフィスに出向いて求人検索システムを自由に利用することができます。

求人検索会当日は、担当キャリアアドバイザーはいませんので、システムをご自身でお使いのうえ、自由に検索できる場となります。

当日に質問・相談をすることはできませんが、検索して気にいった求人は後日dodaのサイト内にある「キャリアアドバイザー紹介求人」から確認できるため、後日担当キャリアアドバイザーに質問・相談をすることもできます。

求人検索会はあくまでも「非公開求人を自由に検索できる場」ですので、その場で企業に応募することはできませんが、求人は後日担当キャリアアドバイザーが確認を取ったうえで企業に推薦してもらうことができます。

プロフィール・職務経歴書の修正につきましても推薦前に対応してもらうことができますので、求人検索会当日は特に考えていなくても問題ありません。

求人検索会のメールを受け取るにはdodaエージェントサービスに登録しておく必要がありますので、事前に登録しておき、事務局から届くメールを待ちましょう。

dodaの非公開求人数は他のエージェントと比ではない

非公開求人は原則として転職エージェント(キャリアアドバイザー)から紹介されて初めて見ることができる求人です(どのエージェントも変わらない仕組みです)。

転職エージェントのHP上では「非公開求人80%!」などと謳っているエージェントが多いのですが、実際には転職エージェントに登録した後も全ての非公開求人を自由に見ることができるわけではないため、どのくらいの非公開求人があるのか、どんな企業の求人があるのか、全てを知ることはできません。

しかし、dodaだけは「求人検索会」を利用して非公開求人を見ることができます。

dodaが保有する非公開求人は80~90%と他のエージェントと比べてかなり多く、利用料が発生するサービスでもありませんので、転職希望者側にデメリットは一切ありません。

dodaエージェントサービスに登録したらぜひ求人検索会を活用して、他のエージェントや転職サイトなどには公開されていない非公開求人をゲットしてより良い条件の職場への転職を目指しましょう。

dodaの特徴

求人数120,000件以上(※業界最大級)

転職満足度No.1の親身な対応!

北海道~九州全国に面談拠点あり!

リクルートエージェントの特徴

非公開求人数170,000件以上

成功実績NO.1の充実したサポート

業界・職種の専門知識をもったキャリアアドバイザーの圧倒的サポート

-DODA

PR

親身さがウリ!面談満足度の高い優良おすすめ転職エージェント

フリーター向け就職エージェントおすすめランキングTOP10

【リクルートエージェントvsdoda】違いを徹底比較【どっち?】

就職Shopの評判!ブラック企業の求人しか紹介されない?

パソナキャリアに断られた!なぜ?断られない転職エージェント

【就職Shop vs DYM就職】口コミ評判!面談や求人の違いは?

Copyright© 転職エージェントマニア.com , 2019 All Rights Reserved.