リクルートエージェント・DODAなど転職エージェントの評判を徹底比較

転職エージェントマニア.com

転職活動

不動産営業はブラックで激務?年収は?ブラック企業ランキング

更新日:

不動産営業マンへの転職・就職して稼げることに魅力を感じながらも「ブラック企業ばかりなんじゃないか」と躊躇していませんか?

不動産営業マンは決して楽な仕事ではありませんが、頑張り次第で高い年収を目指すことができる夢のある職業でもあります。

年収2000万に到達できる職業&転職難易度一覧まとめ【保存版】

もちろん不動産業界にはブラック企業もありますが、全てがブラック企業なわけではありません。

ブラック求人を見極めるポイントが分かれば、自分にとって最適な会社を選びながら、転職活動に取り組めるようになります。

実際に私が知る不動産営業マンに転職した求職者の方々は、その後退職せずに何年も働き続けている人が少なくありません。

本記事では不動産営業マンの平均年収や転職難易度、志望動機など不動産営業マンへ転職するなら知っておきたいことをまとめてお伝えします。

不動産営業マンの仕事内容

不動産営業マンの仕事内容は、業種や業態に応じて大きく異なります。

ではそれらを一つずつ見ていきましょう

ハウスメーカー(販売業者)

ハウスメーカーの不動産営業マンの仕事内容は、自社のマンションや住宅を販売することが主な業務となります。

対象は個人顧客が基本で、テレアポや訪問営業で新規顧客を開拓していきます。

不動産売買は「売主」「買主」「売り側の不動産仲介業者」「買い側の不動産仲介業者」が存在し、場合によって、不動産仲介業者がいなかったり、売主や買主が不動産会社の事もあります。

そのため専門的な知識と高い営業力、そして諦めない精神力が求められます。

大手の代表企業例としては、三井ホームや積水ハウスなどが挙げられます。

仲介業者(賃貸業者)

個人にマンションや一軒家の賃貸を仲介する不動産営業マンの場合、仕事内容は店舗勤務がほとんどです。

また、取り扱う物件の範囲は幅広く、様々なマンションオーナーと良好な関係を築くことが欠かせません。

待ちの営業が基本となりますが、一度来店してきた見込み客にはメールや電話で営業をかけていくことが求められます。

大手の代表企業例としては、アパマンショップやセンチュリー21などが挙げられます。

ディベロッパー(開発業者)

住友不動産や三菱地所など、土地やマンションの開発をしている会社です。

都市部の一角やリゾート地など大規模な開発をすることもあるため、不動産営業マンは主にゼネコンなど法人との折衝を担当します。

配属によっては店舗型の営業所で個人相手にマンション販売の営業することもあります。

不動産営業の1日の仕事の流れ

前述したように、不動産営業と一口にいっても、売買や賃貸、リフォームなど様々な業種の営業が存在します。

今回はイメージしやすい居住用不動産の売買を中心に、私の営業経験から、不動産営業マンの1日の仕事の流れを下記にまとめました。

メールやFAX、電話の確認

見込み客や関連取引業者からの連絡を確認します。

不動産の資料作成・確認

取扱っている物件や、探している物件の資料をまとめ用意します。

営業準備

外回りや、顧客リストの確認をして営業戦略と予定を立てます。

~~昼休み~~

外回りやテレアポで営業活動

見込み客の新規開拓や、取引のある既存の営業先に訪問します。

物件調査

売却依頼や購入依頼を受けた物件を、現地や役所で調査します。

顧客・取引先と打ち合わせ

売主や買主、関連取引業者などと打ち合わせをします。基本的に、打ち合わせする相手に合わせるため時間は流動的です。

不動産営業マンの平均年収

不動産営業マンの平均年収は、業態別で見るとディベロッパー(開発業者)が比較的高い傾向があります。

ハウスメーカー(販売業者) 平均年収440万円
不動産仲介(仲介業者) 平均年収394万円
ディベロッパー(開発業者) 平均年収466万円

不動産営業マンは、営業成績によって報酬が大きく変わる成功報酬色の高い職種でもあります。

そのため、上記の平均年収はあくまで参考であり、トップセールスとなれば平均の倍以上の年収を獲得していることも珍しくはないことを理解しておきましょう。

年収3000万円稼げる職業&転職難易度一覧まとめ【保存版】

不動産営業マンへの転職・就職難易度

不動産営業マンに求められるスキルの基本は、営業力事務処理能力です。

未経験から募集していることが多いため、転職難易度は大手などでない限り、他の業界に比べてそこまで高くはありません。

しかし業態による転職難易度は違いがあるため、その違いについては知っておく必要があります。

転職難易度★1→不動産仲介

未経験歓迎、学歴不問が掲げられることが多くチャンスが多いのが不動産仲介の営業。

主に求められるのは若さとやる気です。

転職難易度★★2→ハウスメーカー

ハウスメーカー(販売業者)は未経験の募集もありますが、仲介業者より比較的学歴は重視される傾向があります。

しかし「高卒以上」という学歴を求める企業がほとんどなので、そこまでハードルは高くないと考えて良いです。

関連:高卒の人が転職すべきおすすめ業界・職種ランキングTOP15

転職難易度★★★3→ディベロッパー

ディベロッパー(開発業者)も未経験から採用されることもありますが、有資格者や経験者の方が採用される可能性は高くなります。

持っておくと有利な資格としては、宅建や英語力を示すTOEICなどがあると武器となるでしょう。

不動産営業マンの転職志望動機

不動産営業マンの転職志望動機は、

✔︎その会社で働きたいと思った理由
✔︎転職(入社)して何をしたいのか

上記二つを分かりやすく伝えることがポイントとなります。

では、実際に志望動機の例文を見ていきましょう。

●不動産営業職への転職志望動機例

私が御社を志望した理由は、御社の経営方針や従業員の仕事に感銘を受けたからです。

私は以前引越しの際に、御社の◯◯支店で物件を仲介していただきましたが、その時の接客が素晴らしく、他の不動産会社にはない魅力を感じていました。

また私自身、色んな物件を見ることが好きであり、不動産業界なら熱意を持って取り組めると感じたことも志望させていただいた理由の一つです。

前職の通信業界は個人向けの営業でしたが、リーダーとして部下を指導する立場でもあった為、BtoCの営業スキルは身につけることができたと自負しております。

こういった経験も活かしながら御社の事業に貢献させていただきたい所存です。よろしくお願いいたします。

上記の志望動機では、まず最初に結論を端的に伝えています。

志望動機に限らず、文章は結論を後にすると無駄に長くなってしまいますので、志望動機は内容を充実させながらも結論から書くことを意識しましょう。

また、先ほどお伝えした「なぜ他の会社ではなく、その会社を志望するのか」という理由を明確に伝えることも、採用面接官に高評価をもらうためのポイントとなります。

質の高い志望動機を作成するには?

不動産営業の求人を出している会社の人事採用担当者は、日々多くの応募者からの志望動機を目にしているため、ありきたりな志望動機では全く響かずに選考に落とされる可能性が高いです。

質の高い、つまり、独自性溢れる志望動機を作成することが、不動産営業職への転職を成功させるための一番の近道でもあります。

質の高い志望動機を作成するには、やはり一人では難しいため、転職エージェントを活用してプロの視点から専門的なアドバイスをもらわなければなりません。

【不動産業界の方向け】転職エージェントおすすめ5選」では志望動機を作成するにあたって、質の高いアドバイスをくれるキャリアアドバイザーが在籍するエージェントを紹介しているので、ぜひご参考頂ければと思います。

不動産営業は女性でも活躍できる?

不動産営業は女性でも活躍することができます。

その理由の一つは、女性なら言語化されない女性特有のニーズに応えることができる、ということがあります。

住宅販売の場合はファミリー世帯が主な顧客となりますが、賃貸の場合は単身の女性が顧客となることも少なくありません。

女性の営業担当であれば、女性顧客を安心させることができ、さらに女性ならではのニーズに配慮した提案をすることができます。

実際に不動産仲介業者のなかには、女性の営業を積極的に採用している企業もあるくらいです。

▼不動産営業職は女性歓迎求人も少なくない

不動産営業の仕事内容は数字を追いかける厳しさもありますが、女性でも努力次第でトップセールスを目指すことは充分に可能です。

不動産営業に向いてる人の4つの特徴!転職すべき?女性は?

不動産営業はブラック求人が多い?

結論からいうと、不動産営業はブラック求人が他の業界に比べると多くなります。

実際に不動産会社の営業マンとして勤務されている方の体験談を見てみましょう。

私が勤めているのは不動産賃貸の仲介会社なのですが、毎日退社するのは23時過ぎで本当にブラック企業だなと感じています。

当然土日出勤は当たり前ですし、休みも週に1日しかなく普段の仕事で疲れていて寝るだけなので、ワークライフバランスは皆無です。

特に3月の繁忙期は非常に忙しく1日中電話がなりっぱなしのため、ハッキリ言ってすぐにでも辞めてしまいたいと考えています…。

理由は大きく分けて3つあるので、順番に解説して参ります。

成果主義

不動産営業は契約という形で結果が分かりやすく出るため、成果を求められます。

【営業→売主買主の条件を詰める→契約】の流れを1人で担当する事ができる仕事なので、成績の優劣がつきやすくなります。

そのため成績がずっと悪い社員は、必然的に会社にいる事が辛くなります。

労働時間の長さ

不動産営業がブラックと言われる理由の一つは労働時間の長さです。

特に個人向けの仕事内容は売主買主や各取引業者との打ち合わせが必須のため、土日や夜の商談が多く労働時間が長くなりがちです。

予定調整が難しければ、残業や休日出勤も必要になる場合があります。

プレッシャー

また、もう一つの理由としてプレッシャーの問題もあるのが実際のところです。

現在でも飛び込み営業やテレアポなどは不動産業界では効果のある営業方法です。

新規開拓は、見込み客を探すために何度も断られながら営業する事もあり、人によっては辛いと感じる場合もあります。

不動産売買の契約は単価が非常に大きく、億を超える取引も珍しくないため、濃い人間関係や高い取引価格は不動産営業マンにとってプレッシャーになります。

★Check‼︎★

一概にひとくくりにすることもできませんが、やはり不動産業界の中でもホワイトと定評のある会社・ブラックと評判の会社は存在します。

転職口コミサイトのキャリコネが不動産営業のブラックランキングという順位を掲載しているので、どんな会社がブラックなのか調べてみて下さいね。

不動産営業のブラック企業求人を見分ける方法

不動産営業職の求人はブラック企業が多いことは前述した通りですが、ではどうすればブラック企業の求人を見分けることができるのでしょうか。

ブラック企業かホワイト企業かを見分ける方法としては、転職エージェントを活用することで、担当のキャリアアドバイザーから企業の内部事情の情報を取得することが最も効率的な方法と言えます。

転職エージェントでは不動産営業職の求人を多数取り扱っていますが、中には当然ブラック企業も混じっているので、実際に担当キャリアアドバイザーにしっかりとヒアリングすることが重要です。

転職エージェントの中でも、dodaは圧倒的に他のエージェントと比較して取り扱っている求人の数が多いため、必然的にホワイト企業の不動産営業職求人も多くなります。

↓dodaの登録はコチラ

あるいは、今ままで不動産営業の仕事にしか目を向けてこなかった人は、不動産以外の営業職に視野を広げてみるのも一つの手です。

やはり今回紹介している通り、不動産営業はブラック企業の割合が多く仕事がきついと感じる人も少なくないので、長く続けることが一つのハードルにもなります。

マイナビエージェントであれば営業職の求人を業種問わず豊富に取り扱っているので、ぜひ不動産業界にも目を向ける一つのきっかけとして頂ければと思います。

↓マイナビエージェントの登録はコチラ

それでも不動産営業はやりがいのある仕事

不動産営業は成果が求められる事が多いですが、裏を返せば結果は給料に大きく反映されますので、やる気があり、スキルアップしたいと考えている人からすれば魅力的です。

通常の会社では短期間に大きく貢献したからと言って、給料が大きく貰える事は少ないですからね。

また、営業マンとしてキャリアアップすれば、他の会社でも活躍できますし、宅地建物取引士の免許と、ある程度の開業資金があれば独立もしやすい業界なので、手に職をつけたいと考えている方に非常におすすめです。

ぜひ不動産営業の仕事に興味があるのであれば、転職や就職でチャレンジして後悔のないキャリアを歩んでいって下さいね。

dodaの特徴

求人数120,000件以上(※業界最大級)

転職満足度No.1の親身な対応!

北海道~九州全国に面談拠点あり!

マイナビエージェントの特徴

驚異の書類選考通過率50%!

求人を厳選して紹介してもらえる!

親身な対応で面談満足度が高い!

リクルートエージェントの特徴

非公開求人数170,000件以上

成功実績NO.1の充実したサポート

業界・職種の専門知識をもったキャリアアドバイザーの圧倒的サポート

-転職活動

PR

親身さがウリ!面談満足度の高い優良おすすめ転職エージェント

フリーター向け就職エージェントおすすめランキングTOP10

【リクルートエージェントvsdoda】違いを徹底比較【どっち?】

就職Shopの評判!ブラック企業の求人しか紹介されない?

パソナキャリアに断られた!なぜ?断られない転職エージェント

【就職Shop vs DYM就職】口コミ評判!面談や求人の違いは?

Copyright© 転職エージェントマニア.com , 2019 All Rights Reserved.