リクルートエージェント・DODAなど転職エージェントの評判を徹底比較

転職エージェントマニア.com

年収1000万以上の職業

年収2000万に到達できる職業&転職難易度一覧まとめ【2019】

更新日:

「年収2000万稼げる職業ってどんなものがあるんだ?サラリーマン(会社員)でも到達できるのか?」と悩める方に向けて、年収2000万に到達できる職業を転職のしやすさと共にまとめました。

弁護士や医者など、専門学部の大学を卒業しなければ就けない国家資格が必要な職業は除いて紹介致しますが、年収2000万円に到達できる職業は一般的なサラリーマン会社員でも結構あります。

年収1000万円レベルを既に稼いでいる方は分かるかもしれませんが、案外年収1000万くらいだとお金は貯まらないですし、稼いでいる人も多いと実感する筈です。

しかし年収2000万クラスになると話は別。

会社員、サラリーマンではそうそう到達できない金額ではありますが、充分稼げる範囲内であるということも事実です。

今回は年収2000万稼げる職業を徹底的にまとめましたので、転職活動や就職活動を行うにあたり情報収集されている方は、ぜひご参考頂けると幸いです。

年収3000万の職業について知りたい方はコチラも併せてお読み下さいね。

年収2000万の手取り&税金

年収2,000万円稼ぐ職業の手取り金額、および税金は以下の通りです。

年収 2,000万
手取り金額 1,200万〜1,300万
税金(所得税) 700〜800万

※年収が2000万円を越えると、勤務先の会社で年末調整を受けることができず、確定申告を行わなければならなくなる点は注意しましょう。

決して税金で持って行かれる金額は安くはありませんが、差し引いても十分な金額が手元に残ることがわかります。

年収2000万円稼いでいれば、

・1,000万以上の高級車が買える
・都内どこでも高級賃貸物件に住める
・マンション、一戸建てを購入できる
・高級ブランド品を身に付けられる
・国内、海外問わず旅行に行ける
・貯金ができる
…etc

など普段の生活でできないことは"ほぼない"と言って良いでしょう。

年収2000万に到達できる職業一覧まとめ

ではここからは、いよいよ年収2000万円稼げる職業一覧をまとめて紹介して参ります。

職業に就くために必要なスキルと併せて、

・転職の難易度(※★が多いほど難しい)
・年収2000万円の到達時期

上記についてもまとめていますので、ぜひご参考いただけたら幸いです。

2-1 不動産売買仲介の営業マン

不動産営業の中でも、特に賃貸仲介よりも売買仲介の方が年収2000万円稼げる職業として挙げられます。マンションを購入してもらった分の手数料として給料にインセンティブ(成果報酬)がつくので、その分稼ぎに直結しやすいという訳ですね。20代という若いうちで実績を残せば、年収2000万を稼ぎながら管理職に昇進することも可能です。

年収2000万到達時期

20代前半・半ば〜

転職・就職の難易度

 

有名企業例

センチュリー21など

2-2 外資系生命保険の営業マン

生命保険営業の中でも、外資系生保の営業マンもインセンティブで年収2000万に20代のうちから到達することは可能です。国内の生命保険会社であれば、たとえ大手であったとしても大きく稼ぐことは難しいですが、外資系であれば充分実現は可能だと言えるでしょう。ただし、激務であることと成果を出し続けなければいけないシビアな世界であること前提ですね。

年収2000万到達時期

20代前半・半ば〜

転職・就職の難易度

 

有名企業例

プルデンシャル生命など

2-3 キーエンスの営業マン

自動制御機器(PLCと周辺機器)、計測機器、情報機器などの開発製造販売を行うキーエンスの営業マンとして多数の契約を獲得できれば、年収2,000万円に到達することは不可能ではありません。キーエンスは社員の平均年収が約2,000万円とずば抜けて高く、企業としても一目置かれている"稼げる会社"です。年収2000万円の営業マンとなると何が何でも結果にコミットすることが求められそうですが、結果は勿論のこと、結果を出すための"プロセス"も重視しているのが特徴です。また、キーエンスで実績を出すことができれば転職市場においても価値が高い人材とみなされる付随価値もあります。

参考:年収2000万円!謎めいた「キーエンス」の実態

年収2000万到達時期

20代前半・半ば〜

転職・就職の難易度

2-4 金融専門職(ディーター・トレーダー)

金融専門職の「ディーラー・トレーダー・ファンドマネージャー」では年収2,000万円に止まらず、年収3,000万円に到達しうる猛者もいます。やはり金融機関の中でも外資系の金融機関は稼げる金額が大きいのが特徴です。証券会社や信託銀行でディーラーやトレーダーは顧客の金融商品取引を仲介するという仕事内容になります。ファンドマネージャーは投資信託会社や投資運用会社で、投資家から預かった資金を運用するという仕事内容になります。転職や就職でいきなりディーラー・トレーダー・ファンドマネージャーを任されるのはほぼ不可能なので、まずは金融機関に転職・就職してアナリストなどで修行を積む必要があるでしょう。

年収2000万到達時期

30代半ば〜後半

転職・就職の難易度

 

有名企業例

三菱UFJ国際投信、野村アセットマネジメントなど

2-5 大手総合商社の海外駐在員

日本を代表する大手総合商社の海外駐在員に抜擢されれば、20代後半でも年収2000万に到達することは可能です。ただし、海外のビジネスシーンでも通用するレベルの高い英語力は必須と言えるでしょう。大手総合商社ならではのダイナミックなプロジェクトに一員として関わることができるのも、魅力の一つですね。

年収2000万到達時期

20代後半〜

転職・就職の難易度

 

有名企業例

伊藤忠商事、三井物産など

2-6 外資系製薬会社の研究者

製薬会社の中でも外資系製薬会社の研究者であれば、高い研究開発のスキルを求められる代わりに年収2000万にも到達し得る職業と言えます。製薬会社の中でも研究者は会社の利益に直結する職種として、高待遇である場合が多いんですね。外資系の特徴として成果を出した分報酬に反映されるので、内資系から転職を目指す人も少なくありません。

年収2000万到達時期

30代〜

転職・就職の難易度

 

有名企業例

ファイザー・中外製薬・MSDなど

2-7 外資系コンサルファームのコンサルタント

一口にコンサルティングファームといっても外資系・戦略系・シンクタンク系など様々な種類が存在しますが、経営コンサルタントや戦略コンサルタントなどのコンサルタントは年収2000万円に到達できる職業の一つです。また、マネージャークラスの役職に就いても年収2,000万円に到達することは可能でしょう。ただし入社ハードルが高いことと、20代の頃から激務の中で下積みを積み続ける必要があることは忘れてはいけません。

年収2000万到達時期

30代〜

転職・就職の難易度

 

有名企業例

ボストンコンサルティンググループ・野村総合研究所など

2-8 外資系人材紹介コンサルタント

外資系人材紹介コンサルタント(いわゆるヘッドハンター)は、年収2,000万円に到達し得る職業の一つです。国内の人材紹介会社は個人側と企業側を別々の担当がつく「片手型」が多いですが、外資系人材紹介会社は企業側と個人側一気通貫の「両面型」が多いです。両面型の人材紹介会社であれば、一人の転職者を決定するだけで年収の35~40%のフィーがそのまま年収に反映される会社もあります。仮に年収1,000万円の人の転職が決定すれば300万円入ってくる計算になるので、年収2,000万円の達成イメージも容易に想像できますね。

関連:人材業界・人材紹介会社への転職志望動機・転職理由例まとめ

年収2000万到達時期

30〜40代

転職・就職の難易度

 

有名企業例

アデコ株式会社・株式会社ジェイエイシーリクルートメントなど

2-9 化学機械・プラントメーカーの技術者

化学機械・プラントメーカーのエンジニア(技術者)も、非常に高い給与水準が設けられている会社が多く、年収2000万円に到達し得る職業と言えます。理系大学を卒業しているという最低条件はありますが、専門性が高い割には人材不足を原因として、転職のハードルは比較的低い職種と言えるでしょう。

年収2000万到達時期

30〜40代

転職・就職の難易度

 

有名企業例

三井化学株式会社・三菱マテリアルテクノ株式会社など

2-10 大手広告代理店の部長クラス

某大手広告代理店の部長クラスまで昇進することができれば、年収2000万円に到達することは可能です。転職の難易度は非常に高いですが、福利厚生や社会的信頼も高いので一目置かれる職業であることは間違いないでしょう。ただし、部長クラスまで昇進するにはある程度の年月が必要になるので、早い段階で年収2000万に到達するには不向きかもしれません。

年収2000万到達時期

40〜50代

転職・就職の難易度

 

有名企業例

電通、博報堂など

2-11 個人投資家(トレーダー)

個人投資家、いわゆるトレーダーは、会社員という枠組みから外れることになりますが、当然年収2000万円を目指せる職業と言えます。トレーダーと一口に言っても、FX・株・商品先物など扱うものは様々で投資手法も多種多様です。テレビで「年収●億円トレーダー」などと特集されることも少なくないように、やり方によっては億という王台に達することも可能な仕事です。年齢関係なく大きな金額を稼げるのも夢がある仕事ですが、元手が最低1,000万くらいはないとキツいです。

年収2000万到達時期

早ければ20代前半〜

転職・就職の難易度

 

有名企業例

なし

2-12 会社経営者

一般的な会社員とは異なりますが、会社経営者も年収2000万稼げる職業として挙げられます。やはりリスクが大きい分、年収2000万円に到達できる時期は10代後半〜20代前半と早くなるのは魅力的ですよね。転職や就職難易度はあってないようなものですが、事業内容によっては開業資金が必要な場合もあるので、どんな事業で独立するかが肝となるでしょう。最近ではアフィリエイトやFX、YouTuberなどインターネットを使った個人ビジネスから始める人が増えていますね。

年収2000万到達時期

10代後半〜20代前半

転職・就職の難易度

 

有名企業例

なし(※個人事業主・フリーランスでも可)

年収2000万の職業を具体的に探す方法

今回は年収2,000万円に到達できる職業をいくつかご紹介いたしましたが、当然転職するためのハードルは高く、就きたくても職業に就けない人が多いのも事実です。

年収2,000万円稼げる職業をより具体的に会社レベルで探すためには、高年収をウリとしている転職サイト・転職エージェントの活用が最も効率的かつ時間的コスパの良い方法となります。

今回は年収2000万円に到達可能な転職サイト・転職エージェントを厳選して1社ずつ紹介致しますね。

ビズリーチ

転職サイトの中でも「ビズリーチ」は他の転職サイトよりも取り扱われている求人の年収が圧倒的に高いため、今回紹介した職種・業種の転職先を見つけられる可能性も高いです。

▼年収2000万クラスの求人がゴロゴロ掲載

関連:ビズリーチの年収2000万円以上の求人の傾向を徹底調査

また、ビズリーチはあなたの経歴に応じてヘッドハンターからスカウトが来る可能性もあるので、レジュメに経歴を詳しく記載し、希望年収として「年収2,000万円以上」にチェックを入れておきましょう。

▶︎ビズリーチで年収2000万の求人を探す

JACリクルートメント

転職エージェントの「JACリクルートメント」はハイクラス系求人を豊富に持つ転職エージェントで、年収2000万円のポジションが用意されています。

JACリクルートメントは特に外資系に強いので、IT系の外資系や金融系、コンサル系の外資系企業で年収2,000万円クラスのポジションが多いことが分かりますね。

担当コンサルタントは転職希望者だけでなく企業担当も両面で行っているので、面談の際に「年収2000万円稼げる会社を紹介してほしい」と単刀直入に聞けば対応してもらうこともできます。

↓JACリクルートメントの登録はコチラ

年収2,000万円を稼ぐことは生半可な道ではありませんが、あなたの執念が成就し達成できることを心から応援しています。

ビズリーチの特徴

年収600万円以上の方の支持率No.1

年収1000万円以上のハイクラス求人多数

ヘッドーハンターによるスカウト機能!

JACリクルートメントの特徴

業界No.3の売上高!

30代〜40代のミドル・ハイクラス層に強い!

一気通貫型でスピーディーな対応!

リクルートエージェントの特徴

非公開求人数170,000件以上

成功実績NO.1の充実したサポート

業界・職種の専門知識をもったキャリアアドバイザーの圧倒的サポート

-年収1000万以上の職業

PR

親身さがウリ!面談満足度の高い優良おすすめ転職エージェント

フリーター向け就職エージェントおすすめランキングTOP10

【リクルートエージェントvsdoda】違いを徹底比較【どっち?】

就職Shopの評判!ブラック企業の求人しか紹介されない?

パソナキャリアに断られた!なぜ?断られない転職エージェント

【就職Shop vs DYM就職】口コミ評判!面談や求人の違いは?

Copyright© 転職エージェントマニア.com , 2019 All Rights Reserved.