リクルートエージェント・DODAなど転職エージェントの評判を徹底比較

menu

転職エージェントおすすめランキング.com

リクルートエージェント

マイナビエージェント vs doda!面談の内容や求人を比較

マイナビエージェントdodaは言わずと知れた転職業界大手のエージェントで、転職エージェントを探そうと思った時には必ず目にするのではないでしょうか。

どちらのエージェントも利用者満足度が高く優秀なエージェントですので、どちらに登録すべきか迷ってしまいますよね。

今回は、

「求人数はどのくらい違いがあるの?」
「20代/30代だったらどちらに登録した方がいいのかな?」
「転職活動が初めてで不安なんだけど、キャリアアドバイザーは親身なのかな?」

といった疑問を解決すべく、マイナビエージェントとdodaを徹底的に比較し、解説していきます。

元キャリアアドバイザーとしての業界の知見と実際の利用者の声をもとにした最新の情報になりますので、この記事を参考にあなたに合ったエージェントを選んでみてくださいね。

最終編集日.2018年11月13日

マイナビエージェントとdodaの決定的な違い

マイナビエージェントとdodaの最も大きな違いと言われる「ターゲットとする年齢層の違い」について解説します。

マイナビエージェント

「マイナビ」と聞くと新卒をイメージされる方も多いのではないでしょうか。

そのイメージ通り、マイナビは新卒採用市場で最大規模の総合型就職サイトを運営し、新卒~若手の就職市場におけるノウハウや強みをもっています。

マイナビエージェントは新卒・若手の就職に強いマイナビグループが運営するエージェントサービスですので、その強みを活かし、転職市場でも「第二新卒」「20代」といった若手向けの求人を多く取り扱っているという特徴があります。

マイナビエージェント 第二新卒(20代前半)〜30代前半まで

↓マイナビエージェントの登録はコチラ

doda

dodaは転職支援・人材派遣・求人情報…etcの総合人材サービスを手掛ける、パーソルキャリアが運営する「転職業界No.2」の転職エージェントです。

人材業界全般に知見がありますので、ターゲットとする年齢層が幅広く、豊富な求人数を強みとしています。

中でもdodaが一番強みとする年齢は「20代後半~40代後半」の世代で、「経験・スキルを活かしてキャリアアップしたい」と考える方に合った求人を多数保有しているという特徴があります。

doda 第二新卒(20代前半)〜40代後半

↓dodaの登録はコチラ

※ちなみに、50代で転職エージェントの活用を検討されている方はdodaには断られてしまう可能性がありますので、50代の転職に強いおすすめ転職エージェントの方を活用されてみて下さいね。

マイナビエージェントとdodaの違いを比較

それでは次に、マイナビエージェントとdodaの違いを求人や面談の内容など各項目ごとに細かく区切って見て行きましょう。

マイナビエージェントvsdoda①:求人数

マイナビエージェント

・公開求人:約7,100件
・非公開求人:約21,000件
・合計:約28,000件
(2018年11月現在の取り扱い求人数)

取り扱い求人数は業界では中堅クラスの3万件弱となります。

一見少ないかのように見えますが、「未経験歓迎」など若手向けの求人がメインになりますので、20代の転職やジョブチェンジをお考えの方にとっては、求人数が多いエージェントよりも希望に合った求人が見つかる可能性が高くなります。

また、マイナビエージェントは誰もが知っている大手企業よりも、若くて勢いのある中小ベンチャー企業の求人の方が比較的豊富に扱われています。

業界・職種別の強みとしては、「メーカー」「営業職」の求人を多く扱っているという特徴があると言えるでしょう。

doda

・公開求人:約42,000件
・非公開求人:約169,000件
・合計:約211,000件
(2018年11月現在の取り扱い求人数)

dodaでは業界最高水準の「12万件超」の求人を取り扱っており、前述のマイナビエージェントと比較すると、7.5倍もの差がありますね。

中堅規模のエージェントでは首都圏や主要都市の求人がメインになりますが、dodaでは全国規模の求人を取り扱っているため、転職希望地域を問わずに求人情報を得ることができます。

マイナビエージェントと比較して圧倒的に求人数が多いため、転職市場において人気のある大手企業の求人も多数取り扱われていることが特徴です(※もちろん中小企業も豊富です)。

業界・職種に捉われずにオールラウンドで幅広い求人を抱えていますが、特に「IT・web業界」に強みを持っていて業界とのパイプも十分にありますので、「IT・web」業界を目指す方はぜひチェックしてみて欲しいエージェントです。

マイナビエージェントvsdoda②:キャリアアドバイザーの質

マイナビエージェント

マイナビエージェントは利用者満足度が高く、転職活動のさまざまな場面において高い基準のサポートを受けることができます。

一人のキャリアアドバイザーが担当する求職者数はdodaに比べると少ないため、それだけ手厚いサポートを受けることが可能です。

特に面接対策の丁寧さには定評があり、一社一社に合わせた面接対策を丁寧に行っていることから、面接通過率の高さはピカイチです。

年齢的に若く経験が少ないキャリアアドバイザーが多いのも事実ですが、密なやりとりやレスの早さなどで経験の差をカバーしていると言えるでしょう。

●利用者口コミ評判

マーケティング・20代前半・男性・300万台
評価:★★★★★5

転職前の会社には1年しか在籍していなかったので転職はとても不安でしたが、マイナビエージェントでは良いコンサルタントに当たることができ、いい転職ができたと思います。

自分が考えていなかった業界のマーケティング職の求人をくださったり、「1年でやめられて不安な方はいっぱいいるので安心してください」と優しい言葉をかけてくださったり、とても感謝しています。

doda

dodaのサービスは「丁寧な対応」や「レスポンスが早い」といったキャリアアドバイザーの対応の良さについて定評があります。

今もなおベンチャー気質が残っていて、特別な対応についても柔軟に対応してくれたり、一人ひとりに寄り添ったサポートを得意としています。

また、dodaのキャリアアドバイザーから受け取る企業情報は他のエージェントと比較して「詳細」であることも特徴的です。

これは業界別に専任のキャリアアドバイザーが分かれているので、専門性の高い知識が豊富であることが理由と言えます。

●利用者口コミ評判

広告代理店・30代前半・男性・年収500万台
総合評価:★★★★☆4

dodaは他の転職サービスと比べても大企業だけでなく中小優良企業も掲載があり、条件の合う求人を探しやすいです。

専門のキャリアアドバイザーがサポート体制についてくれたので、求人説明もわかりやすくよかったと思います。

他社ではあまり案件を紹介してもらえず門前払いも数社ある状況で、これだけ提示してくれたのは本当にありがたかったです。

マイナビエージェントvsdoda③:面談場所

マイナビエージェント

マイナビエージェントは全国6ヶ所の拠点を構えており、それぞれ東京(京橋第一)・東京(京橋第二)・大阪・名古屋・福岡・札幌となっています。

マイナビエージェントの面談場所拠点一覧

面談拠点数ではdodaに軍配が上がる結果となりましたが、マイナビエージェントが取り扱う求人は首都圏と関西圏がメインになりますので、5ヶ所でも十分と言えます。

東京に2ヶ所あることから、仕事後に立ち寄りやすい拠点を選ぶこともでき、首都圏勤務(在住)の方にとっては利用しやすいでしょう。

doda

dodaは全国に10ヶ所の拠点を構えていて、面談拠点は札幌/仙台/東京/横浜/名古屋/大阪/京都/神戸/広島/福岡となります。

dodaの面談場所拠点一覧まとめ

北は北海道から南は九州まで全国に10ヶ所の面談拠点を構え、転職エージェントの中でも拠点数が多いことが特徴的なエージェントです。

面談拠点の無い地域の求人も全国規模で取り扱っていますので、近くに拠点がない場合は「電話」でサポートを受けることも可能です。

関連:dodaの電話インタビュー・カウンセリング(面談)内容まとめ

マイナビエージェントvsdoda④:口コミ評判

それでは次に、マイナビエージェントとdodaを両方利用した方の口コミ評判について見て行きましょう。

マイナビエージェントとdodaどちらの方が使いやすかったかという観点でお伝えして参りますので、ぜひ比較して検討して頂けると幸いです。

マイナビエージェント派

マイナビエージェントは教育関係の仕事を中心に探していましたが、マイナビエージェントもdodaもそれなりの数の求人がありました。

案件自体は似たり寄ったりで大差がありませんが、マイナビエージェントの方が教育関係の求人に慣れているという感じがしました。

条件以外にも、各企業の特徴や、過去に働いていた人の様子なども教えてくれて情報量が多かったです。

dodaについても自分の希望などは聞いてくれましたが、調べればわかるような感じの内容で、しっかりと求人の内容や企業の特色、何を求められているのかなどは詳しく知らないのかなという印象を受けました。

年齢的にすこしマイナスなこともありましたが、マイナビエージェントはその部分をどうカバーするかなど親切だったように思います。

↓マイナビエージェントの登録はコチラ

doda派

求人案件は圧倒的にdodaの方が多く、大手企業を中心に、給与水準の高い求人が多かったです。

マイナビエージェントは20代や中小企業を志望する向けだと思いましたので、第二新卒や初めて転職活動をする人には心強いと思います。

もちろんdodaのサポートも手厚く、dodaは技術職の求人が多いので、技術畑の私にはぴったりでした。

↓dodaの登録はコチラ

マイナビエージェントvsdodaまとめ

それでは最後に、もう一度マイナビエージェントとdodaの違いについておすすめの人という観点で整理して参ります。

マイナビエージェント

マイナビエージェントは地域に密着した中堅規模のエージェントで、特に若年層の転職サポートを得意としています。

一人のキャリアアドバイザーが抱える求職者数は多くないため、一人ひとりとじっくり向き合うことを徹底していて、親身で丁寧なサポートを受けることができます。

マイナビエージェントがおすすめの人は、

第二新卒~20代に属している

首都圏もしくは関西圏の転職を希望している

未経験職種の転職に挑戦したい

丁寧で親身なサポートを望んでいる

転職するか迷っている、初めての転職でまずは相談からはじめたい

上記に該当する方はマイナビエージェントの方がおすすめです。

doda

dodaは業界最大手の総合型転職エージェントで、取り扱い求人数の多さは圧巻の「12万件以上」、dodaになくて他にある求人は「ほとんどない」と言っても過言ではありません。

とにかくたくさんの求人の中から希望に合う求人を見つけたいと考える人におすすめのエージェントです。

dodaエージェントがおすすめの人は、

数多くの求人の中から自分に合う求人を見つけたい

一般には出回っていない「非公開求人」を多く見たい

IT/web業界の転職を目指している

地方での転職を希望している

キャリアアドバイザーに柔軟な対応を望んでいる

上記に該当する方は、dodaエージェントの利用を検討してみると良いでしょう。ぜひ、マイナビエージェントかdodaいずれかの転職エージェントを活用し、あなたが心の底から望む理想の職場への転職を実現させてくださいね。

dodaの特徴

求人数120,000件以上(※業界2位)

転職満足度No.1の親身な対応!

全国に面談拠点あり!

マイナビエージェントの特徴

驚異の書類選考通過率50%!

求人を厳選して紹介してもらえる!

親身な対応で面談満足度が高い!

リクルートエージェントの特徴

非公開求人数170,000件以上

成功実績NO.1の充実したサポート

業界・職種の専門知識をもったキャリアアドバイザーの圧倒的サポート

PR

親身さがウリ!面談満足度の高い優良おすすめ転職エージェント

フリーター向け就職エージェントおすすめランキングTOP10

リクルートエージェントの評判口コミ!1000人に面談と求人を取材

就職Shopの評判!ブラック企業の求人しか紹介されない?

パソナキャリアに断られた!なぜ?断られない転職エージェント

【就職Shop vs DYM就職】口コミ評判!面談や求人の違いは?

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【全国版】47都道府県別のおすすめ転職エージェント一覧まとめ【随時更新中】

【業界別・職種・年齢別】おすすめ転職エージェントランキング【随時更新】

【面談満足度No.1】親身さがウリのMAP転職エージェントに取材インタビュー!

ビジネスマン向けファッション特集

あなたは大丈夫?【当サイト人気講座】

業界圧倒的No.1実績『リクルートエージェント』の評判口コミ面談場所別まとめ

リクルート運営のNo.1正社員就職支援『就職Shop』評判口コミまとめ決定版