転職活動

【体験談】Uターン転職は後悔する?失敗しないための3つのポイント

投稿日:

「生まれ育った土地で働きたい」「地元で働きたいけど仕事があるか不安だ」というUターン転職ですが"後悔する"と噂なので、失敗しないためのポイントを解説します。

また、Uターン転職のメリット・デメリット、体験談や転職の注意ポイントもご紹介しながら、後悔ないUターン転職についても触れて参ります。

Uターン転職最大のポイントはメリットではなくデメリットに目を向けることです。

慣れ親しんだ土地のためどうしても慢心しやすくなるのですが、社会人として独り立ちし、家族構成が変わりライフスタイルが都会化してからの地元へ転居はギャップの連続です。

一時的に滞在することと継続的に住むことには大きな差があるからです。

地元での生活を滞りなくソフトランディングできるよう、Uターン転職する事前準備が非常に大切だと言えます。

地方別おすすめ転職エージェント一覧まとめ【47都道府県】

【最終編集日.2022年10月17日】

Uターン転職とは?難しい?コロナで急増

そもそもUターン転職の定義ですが、一般的にUターン転職とは、地方出身者が都会で働いた後、地元に戻って他の仕事を探すことを指します。

他にも都会育ちで都会の企業で働いていた人が地方に転居して働く「Iターン転職」や地方出身者が都会で働き、別の地方に仕事を移す「Jターン転職」という言葉もあります。

Uターン転職"地方出身者"が都会で働いた後→地元で転職
Iターン転職"都会出身者"が都会で働いた後→地方で転職
Jターン転職"地方出身者"が都会で働いた後→地元とは別の地方に転職

昨今地方再生・創生という言葉を何かと聞きますが、Uターン転職で地方での労働人口増加を図る自治体が増えてきています。

各自治体がPRムービーをYoutubeに投稿し話題作りをし、IターンやJターン転職者に向け説明会やイベントを催す試みや地方に住みながらリモートでできる仕事環境の整備にも力を入れていますね。

国立社会保障・人口問題研究所の「第7回人口移動調査」の結果からもUターン転職者は増加傾向にあり、地方を盛り上げる存在として注目を浴びているのです。

県外移動者

Uターン者数

Uターン者割合

2022年調査

10115

3487

13.3%

2016年調査

9893

3424

12.7%

(※人口問題研究所「第7回人口移動調査」より)

Uターン転職はコロナで急増?志望動機

2022年現在は、新型コロナウイルスの影響でリモートワークを採用する企業が増えたことで、東京など大都市圏にいる必要がないと感じ、地元や地方に移住してUターン転職する人が増えているのが現状です。

実際にUターン転職を経験した人の転職理由についてインターネットでアンケート調査を行ったところ、「家族の事情」「都会に疲れた」などの転職理由が上位にランクインしていることが分かりました。

▼Uターン転職した転職理由
30代でのUターン転職理由

今後も地方移住というテーマで様々な地方企業が採用に積極的に動き出してくるため、Uターン転職の傾向は強まっていくことが予想されるでしょう。

Uターン/Iターン転職は難しい?

Uターン転職やIターン転職は難しいのでは?と懸念する声がありますが、結論から言うと抑えるべきポイントを押さえておけば決して転職すること自体は難しくありません。

ではどういうポイントを抑えるべきかというと大きく3つに分けられていて、

☑️地元企業の特色や転職市場を把握する
☑️友人、知人などの人脈をフル活用
☑️年収が下がる覚悟はしておく

上記3点は最低限抑えるようにしておきましょう。

特に東京や大阪のような大都市から地方にUターンやIターンする場合は、年収が上がるケースは少なく基本的に同業界・同職種でも下がることが多いのでその点は注意が必要です。

地元企業の特色や転職市場を把握するためには、都道府県別地方に強い転職エージェントを活用することで、オンライン面談で色々と情報を提供してもらうことが可能です。

Uターン転職で後悔・失敗した人の体験談

では次に早速、実際にUターン転職を一足先に経験したものの「後悔した」「失敗した」と感じている先輩の方々の体験談を見ていきましょう。

具体的にどのような点に対して後悔しているかを事前に把握することで、いざUターン転職を試みた際に同じ過ちを回避することに繋がる筈です。

【調査概要】
調査対象:Uターン転職を経験した人
調査期間:2022年4月3日~15日
調査方法:インターネットによる任意回答
調査人数:10人(男性5人/女性5人)

Uターン転職で後悔・失敗体験談
20代男性

地方在住ですので交通の便がとても悪く、最低賃金が全国平均よりも低いので都会と比べてしまうとかなり低いと思います。

月給制で仕事の内容から毎月の給料明細を見る度にとてもがっかりしてしまいますし、後はガソリンや車の維持費がかなりかかります。

交通費も支給されますが冬になるとかなり燃費も、悪くなり赤字です。

車両の維持費も給料から賄わなければならないので、電車通勤などの方に比べると、遥かにコストがかかります。

家賃も都会並みではありませんが1kぐらいの部屋でも、5万円からというのも珍しくありません。

自分が住んでいる地域の平均所得は250〜60万円ぐらいなので、貯金もあまりできませんし良い暮らしは望めません。

Uターン転職で後悔・失敗体験談
20代女性

神奈川県から岐阜県にUターンしましたが、まず岐阜県は車社会なので、車がないと不便だと感じます。

免許がないと行動範囲が狭まりますし、電車で出掛けたとしても本数が少ないので、とにかく帰りの時間が気になっています。

また、仕事の種類が少なく、良いなと思う仕事はみな長く勤めているので空きがないので自分が思い描く仕事には思うようにつけない現状です。

あと、やはり給料の安さは一番気になるところです。

岐阜県自体田舎なので物価が安い点はありがたいのですが、給料や時給の安さはどうにもならずやはり比べてしまいます。

やはり賃金、これがUターンして転職してみて一番ひっかかるところでした。

Uターン転職で後悔・失敗体験談

35歳男性

私は以前都内近郊で働いていましたが、長男のため、両親のことを考えて地元に帰る決断をしました。

私の地元は田舎町で、当然ながら少子高齢化のお手本のような町なので、転職先を探すことにまず苦労しました。

そんな中どうにか建設関係の仕事に就く事が出来たのですが、これがまた天候や仕事量に左右され無駄な休みが多く、望んでいた給与まで届かない現状です。

都内近郊で働いていた時は充分な給与を貰っていたので、いくら田舎町で生活費が安く済むといっても、それなりの給与に満たない事は予想外でした。

建設業以外の他の業種も調べましたが、やはり私が住んでいる地方では、全般的に安月給は避けて通れない道です。

Uターン転職で後悔・失敗体験談

20代男性(コンサル会社勤務)

やはり仕事の金額が地方と東京では10倍近く違うため、東京を経験した後で地元の案件をやるとどうしてもスケール感がなく面白みにかけてしまう。

案件が一部の企業に偏重しているケースもあり、堪え性がない人にしてみれば長く地方で同じ案件に入り続けることが苦痛になり得ると思う。

私の場合は地元の父ががんに罹患して完治の見込みがなく介護状態となったからの帰省であり、地元に帰省して親の面倒を見ながら仕事である程度の給与をいただき、また高すぎる家賃や物価に左右されることなく生活ができることには感謝している。

しかし稼げる力があり、どんどん大きな仕事をして成功したいと思っている人が地方に来てしまうといずれ必ず後悔することになると思われるので、私のようなのっぴきならない事情でもなければ、帰らないほうがいいのではないかと思う。

やはり実際にUターン転職をした後に「後悔した」と感じている人は少なくないことが分かりますね。

今回アンケートを取ってみて分かったのは、Uターン転職して後悔している・失敗したと感じている人の9割は"給料"に対して失敗したと感じている人が多い事です。

地元に帰りたいからという理由でUターン転職をすることは全く問題ないのですが、

どれくらい下がっても生活していけるか

そもそも年収ダウンを避ける方法はないか

上記については事前にしっかりと情報収集を行った上で地元に帰るという選択を取るようにしましょう。

自分の今の仕事で地元で転職して給料がどれくらい下がるのか分からないという場合は「地方別おすすめ転職エージェント一覧まとめ【47都道府県別】」で地元に詳しい転職エージェントに直接聞くのが賢明です。

しかし逆を言えば、Uターン転職しても給料が下がっても良い、給料はむしろ上げられるか変わらない仕事に就いている、という状況なのであれば、リスクと感じず、Uターン転職を存分にすべきだと言えるでしょう。

給料以外でUターン転職に後悔する理由は?

  • 希望職種で働ける場(求人)が少ない
  • 「何でも屋」になってしまいがち
  • 住居選びにそこまで時間が割けない
  • 車を持っていないと生活が不便
  • 公共の交通機関の本数が少ない
  • 遊びに行くところが限られている
  • 子供の教育や転校が発生してしまう

希望職種で働ける場(求人)が少ない

そもそも地方は都会と比べると求人が少ないケースがほとんどなので、あなたが希望する業界や職種で働ける求人がそもそも存在しないこともあります。

事前に地方に強い転職エージェントを活用して、地元の求人情報を収集しておくことから始めましょう。

「何でも屋」になってしまいがち

地方の企業は都市圏の企業のように職務が分担されていないことが多く、1人の社員が営業から事務、採用活動まで何でも兼務しているケースが非常に多いです。

色々な業務を経験して力や経験を積みたいという方にとってはむしろ良い環境かもしれませんが、そうでない人にとっては自分の職務に集中できずストレスに感じることもあります。

住居選びにそこまで時間が割けない

地方にUターンする場合は、上京する時と同じように数日で住居を決めなければいけないケースが多いため、十分な時間を取って賃貸マンションを選べないことも往々にしてあります。

特に家族と一緒に移り住む場合は家族と一緒に家を見なくてはいけませんのでスケジュールに注意する必要があるでしょう。

車を持っていないと生活が不便

地方の場合はどこに行くにも何をするにも車がないと不便な都道府県も存在します。

東京と比較して仕事で自動車通勤を推奨している企業も非常に多いですし、生活するにあたっても車が1台は必要になる可能性があるので出費がかさんでしまうでしょう。

公共の交通機関の本数が少ない

車を持っていなければならないことに加えて、地方の交通機関は30分や1時間に一本しか電車やバスが出ていないケースもザラにあります。

一本乗り遅れてしまったら地獄です。

遊びに行くところが限られている

独身にしろ結婚しているにしろ、やはり1人でや家族と一緒に遊びに行きたいものですが、そもそも遊びに行ける場所が東京よりも地方の方が少ないと感じる人は多いです。

もちろん都会にはない自然と触れ合ったり、広大な土地で走り回れるなどのメリットもありますが、母数として少ないのは仕方ないでしょう。

子供の教育や転校が発生してしまう

もし結婚して既に子供がいる場合は、地方にUターンすると子供の教育や転校が発生してしまうので少なからず寂しい思いをさせてしまうことになります。

幼少期の転校というのは非常に子供にとって大きな影響を与えますので、慎重に判断して決断しましょう。

Uターン転職で後悔・失敗しなかった人

では次に、Uターン転職をしたものの一切後悔せず「Uターンして良かった」と失敗しなかった人の体験談をご紹介いたします。

Uターン転職良かった体験談

アパレル販売員→携帯販売員へ転職
20代女性

初めて親元を離れ、一人暮らしをしました。

アパレルがどうしてもやりたくて決意したことでしたが、ひとりで寝るのも怖いくらい臆病な性格のわたしには一人暮らしが次第にストレスに感じるようになりました。

地元に残る友達も多かったので、連休が取れるとほとんど地元へ帰っておりましたが、近くに友達もいない、親もいない、兄弟もいない中生活するのは難しいと考えて地元に戻ることにしました。

地元が田舎だったので、アパレルをするには地元を出ないといけない状況でしたので一人暮らしを決意した感じです。

地元に帰ってからは友達も近くにおり、仕事は携帯販売に転職したので身内や友達が買いに来てくれたりありがたいこともたくさんありました。

休日も、仕事中も楽しい思いができるのは地元ならではだと思いまので私はUターン転職してよかったと感じております。

志望動機は正直に話しました。実家に帰ることになったので通える距離にあることと、携帯やネットは生きていく上で必要なものになってきているので知識を持っていて損はないと思うので御社で働きたいと思いました。

素直にそのまま話しました。家から近いと言うことを伝えておけば、異動もすぐには無いと考えていたのでしっかり伝えることにしましたので、あまり盛りすぎても嘘くさいので人によりますが私は素直に伝えるようにしています。

Uターン転職良かった体験談

児童福祉員→児童福祉員へ転職
30代男性

以前は地元を離れての就職だったので、いつまでそこにいるのか、ずっとそこにいるのか、親にもしものことがあったらどうするかという不安が常にあり、地に足がつかず、気持ち的に不安定な状態がずっとつづているのがストレスでした。

Uターン転職したことで、生活基盤が安定して、ずっとここで生活するということで将来的な見通しが立つようになり、いつかは動かないといけないのではないかという不安が解消されました。

親元の近くで生活することで、親にもしものことがあってもすぐに動けるという安心感があり、親も孫が近くに来たことをとても喜んでくれています。

親が子育てを手伝ってくれる(よく預かってくれる)ことで、妻も子育ての重圧から少し解放されて元気になったし、両親も小さい子と触れ合って、色々なところに連れて行ったりすることで若返って元気になっています。

Uターン転職良かった体験談

環境アセスメント事務職→卸売会社事務職へ転職
30代女性

Uターン転職は業種が限られてしまう反面、これまでとは違った働き方ができると思います。

今までは満員電車で体力、精神力を消耗する通勤でしたが、今では快適なマイカー通勤ですし、職場も比較的風通しがよく、ぎくしゃくした人間関係もありません。

地域性があるかと思いますが、職場の人たちはおおらかな人が多く、仕事はもちろんしっかり取り組みますが、自分の余暇や家族との時間を大切にしている人が多いように感じます。

何のために働いているのかわからないくらい仕事に忙殺されていた前職があるため、最初は戸惑いがありました、こんなゆったりとした環境で働いていいのか、と思うほどです。

しかし今は「人間らしく」というと大げさかもしれませんが、地に足をつけ、毎日を大切に生きている実感がありますし、自分を大切にすることができる今の職場環境に満足しています。

Uターン転職成功体験談

建設会社の営業事務→郵便局内の事務へ転職
20代女性

Uターン転職して良かったことは実家に住むことになったので、生活費が少なくて助かりました。

家に食費を3万円入れましたが、家賃や光熱費がかからなかったため、自由に使うことができるお金が増えました。

Uターン転職前は一人暮らしをしており、いつもギリギリの生活をしていたため貯金がほとんどありませんでしたが、Uターン転職後は毎月1万円づつ、余裕があれば3万円の貯金をすることができ、今では貯金だけではなく、株や投資信託をすることができました。

Uターン転職前は給料日になると、お金がなくカップラーメンを食べていたこともありましたが、実家で生活をするようになって、食べ物にも困らないため給料日前でも心に余裕ができます。

実際にUターン転職した方の体験談をまとめると、

親元の近くで働けて安心できる

地獄の満員通勤から解放された

職場に大らかな人が多く人間関係が良好

ストレスなく快適に暮らせている

実家に戻ったため生活が楽になった

友人や知人など周りに沢山いる環境

上記のようなメリットを感じて、Uターン転職して「良かった」と感じている人が多いようですね。

Uターン転職のメリットとデメリット

では次に、Uターン転職のデメリットとデメリットについて、それぞれ見て参りましょう。

Uターン転職のメリット

都会の喧騒から離れられる

満員電車、渋滞、高層ビル群、平日も休日もどこにいっても人ばかりといった環境と決別できることを魅力に感じる人も少なくありません。

車通勤になったとしても道は渋滞せず、仕事も殺伐とした雰囲気もなく残業もほぼないため、プライベートな時間も充実させやすくなります。

都市部を離れれば自然も比較的多く、新鮮な空気の中でゆったりと過ごせるでしょう。

また、保育園や幼稚園等も都市部と比べれば入りやすく、地域が協力し合いのびのび子育をしていけるので、子育てがしやすいという声も多く聞きますね。

生活費が安い

地方は都会よりも比較的家賃が低いため、低予算で憧れのマイホームを持つことも夢ではありません。

都内のように家同士がひしめきあっていないため、庭を持ち家庭菜園やガーデニングといった趣味を楽しむこともできます。

また、スーパーには地元で取れたばかりの野菜や果物が並び、値段も安く味も良くコストパフォーマンスも抜群です。

スポンサードリンク

中には収穫量が少ないため地元にしか出回らない特産物にも出会えるかもしれません。

ただし豪雪地方では冬の暖房費や除雪のための設備費がかかり、住むエリアの気候や特性にもより出費が嵩む可能性もあるので、家計の予算計画を立てる際には注意しましょう。

慣れ親しんだ土地で家族と暮らせる

Uターン先での地方では以前の生活イメージがあるため、土地勘がない場所よりも転居しやすい利点があります。

地元の友人や両親の近くで暮らせるので、助け合いもでき絆を深めることもできます。

特に親が高齢の場合には介護の問題が発生しやすく身近で見守り、支えられる安心感も大いにあります。

また、長年離れた地元に戻ることで地元の良さを再確認できたり、新たな価値観を得るチャンスにもなるかもしれません。

地方別おすすめ転職エージェント一覧まとめ【47都道府県】

Uターン転職のデメリット

ライフスタイルがガラリと変わる

通常の転職は企業や職種が変わる変化ですが、Uターン転職は生活が何もかも変わります。

住まいもプライベートな人間関係も、家族がいる場合には子供の学校や奥さんのパート先までと誰もかれも生活の変化に何かしらのストレスを感じる環境になります。

都会の便利な環境に慣れていると近くにコンビニや病院がなかったり、ネットが繋がりにくくレジャー施設も少なく不満に感じる場面も増えるでしょう。

特に交通の利便性は下がり車がないと移動できない環境になる可能性が高いため、免許取得や自動車購入は検討すべきだと言えます。

狭い人間関係

地方は住人が少なく、古い体質の家も多くご近所付き合いも多くなります。

顔見知りが多くなるので助け合いができる反面、中にはトラブルを抱えた隣人に悩まされることもあるでしょう。

都市部に慣れてしまっているとこのような地域の交流を面倒に感じることもあり、人の目や噂に悩まされる人も少なくありません。

また、転居を共にした家族が転居先エリア出身ではない場合、よそ者扱いをされ憂き目に合うこともあります。

人間関係が濃い分、何かと気疲れする場面も増えることも想定されますね。

希望の仕事がみつからない&年収ダウンのリスク

地方は都会と比較するとそもそもの企業数が少なく、限られた業種の会社しか存在しません。

金融アナリストやIT系といった専門的な職種自体存在しないリスクもありますので、「地元だから…」という安心感から、退職をした後に職探しをすることは絶対に止めましょう。

まずは退職前の在職中に転職活動を始め、地元の転職事情について調べることをお勧めします。

地方別おすすめ転職エージェント一覧まとめ【47都道府県別】

また、生活費が低くなりますが、年収も都市部よりも低い傾向にあります。

特に大手出身のミドル層が地方にいくと大幅ダウンとなり、生活プランを見直さなければいけないケースも少なくありません。

地元の年収相場等を知り不当な年収ダウン対抗策を練ることも大切です。

Uターン転職で後悔・失敗しないための3つのコツ

では上記の方々のようにUターン転職を失敗しないようにするためにはどうするべきか、3つのポイントに分けて解説して参ります。

家族とじっくり話し合ってから決める

家族がいる場合、Uターン転職は自分だけの問題ではありません。

家族も今までの環境と大きく変わる不安にさらされるので必ず話し合いをした上で結論を出しましょう。

そして、転居予定となる場所に赴き生活イメージを付けておくことも大事です。

子供の幼稚園や学校探に目途を付けた上で引越しをしないと、後になって再度転居をすることになり、落ち着いた生活を取り戻すことに時間がかかってしまいます。

また、実家で親と同居する場合にも家を継ぐかどうかや介護について等も話しておいた方が良いでしょう。

引越し前に想定される問題やトラブルを事前に意識することで、ある程度の覚悟を持てるのでゆくゆくのトラブルを回避する予防策になります。

制度や周囲のサポートは活用しきる

人口減に悩む地方自治体が多くUターン転職の促進活動をしており、住まいや就職先の相談に乗ってくれるところが大半です。

条件を満たせば補助金をもらえたり、リーズナブルな公共住宅を用意している自治体もあるため、一度問い合わせてみましょう。

また、都市部ならネットで調べれば欲しい情報を得られますが、地方ではそうはいきません。

転職口コミサイトの投稿もレビューがなく満足な情報も掲載されていません。

高齢者が多いエリアでは求人も新聞折り込みや求人誌といった地元民向けの紙媒体にしか掲載されていないケースもあります。

情報不足による転職失敗を避けるためにも、地元の友人知人のネットワークも活かし欲しい情報を得て、生活イメージや転居後の人間関係構築をしておきましょう。

地方のエージェントを使う

Uターン転職に転職エージェントの存在は欠かせません。

エージェントを使わなければ、企業の実態を正確に把握しづらいためブラック企業に入社する危険性があります。

早期退職をしてもすぐに次の会社がみつからず、焦りからより条件の悪い企業に入社し望まぬ結果を招くかもしれません。

しかし、Uターン転職に強いエージェントは十分な情報を得られるので、ミスマッチのリスクは格段に減ります。

地方別おすすめ転職エージェント一覧まとめ【47都道府県】

また、転職エージェントにお願いすれば1日に複数の面接が受けられるよう調整してもらえるので交通費と時間の節約もできるでしょう。

言い出しづらい条件交渉もエージェントが行ってくれるので、年収ダウンを可能な限り防いでくれる可能性もあります。

エージェントによっては入社お祝い金があったり家具家電完備の寮付き求人もあるので、是非地方の転職に強いおすすめ転職エージェントをチェックしてみることをお勧めします。

Uターン転職/就職成功までの流れ・5STEP

Uターン転職・就職成功までの流れとしては、以下のように5STEPを踏んで転職を成功させていきましょう。

  1. 転職理由を明確にする
  2. 求人情報の収集
  3. 選考~内定
  4. 現職の引継ぎ、退職
  5. 引越し、移住

まず最初にすべきなのは転職理由を明確にすることで、そもそもなぜUターンするのか?本当にUターンする必要はあるのか?転職理由を明確にしておくことが必要です。

転職理由を明確にすることで、転職活動で求める優先順位が給料なのか?仕事内容なのか?働き方なのか?など自ずと決まってきますので、まず最初は転職理由の明確化が最優先です。

その後に内定を獲得するまでは一般的な転職活動と大きく相違ありませんが、引越しがある分、入社まで余裕を持ったスケジュールを持っておくことが重要です。

最近では、本格的にUターンやIターンする前に"お試し移住"という形で限られた期間だけ実際にその土地に住んでみて、本格的に移住するか決めるというパターンも増えてきています。

その地域ならではの特性や住む人々とのコミュニケーションを取った上で判断できるので、もし現職の仕事もあると思いますので時間に余裕があるようであればお試し移住も検討してみると良いでしょう。

Uターン転職/就職に向いているor向いてない人の特徴

転職に関するQ&A

Uターン転職/就職に向いている人の特徴

Uターン転職・就職に向いている人の特徴としては、

✅人とのコミュニケーションが好きな人
✅生活の不便さを楽しめる人
✅ショッピングや都会の娯楽にさほど興味がない人
✅自然が豊かな環境で生活したい人

上記に該当する方はUターン転職・就職に向いているので、積極的にUターン転職先の情報収集を転職エージェントを使って始めた方が良いです。

Uターン転職・就職に向いていない人の特徴

反対にUターン転職・就職に向いていない人の特徴としては、

✅人付き合いが苦手な人
✅車の免許を持っていない人
✅企画・営業など本社で仕事がしたい人
✅都会の便利な生活に未練のある人

上記に該当する方はUターン転職・就職に向いていないので、今一歩立ち止まって本当にUターンすべきか考えた方が良いと言えるでしょう。

地方自治体の体験移住制度も

Uターン転職・就職しようかどうか迷っていて決められない場合は、実際にUターンやIターンを体験できる体験移住制度を活用するという手段もあります。

地方自治体ごとに行っている内容は違い、例えば具体的な例を挙げると、

・富山県南砺市(体験住宅に一泊1000円で最大1ヶ月滞在)
・鹿児島県奄美大島(フリー滞在プログラム、移住体験ツアーなど)
・山口県下関市(宿泊料は無料。利用期間1泊〜4泊5日まで、利用人数1〜5名まで)

上記のように様々な移住者を受け入れるための支援を行っている都道府県もありますので、各自治体のHPを検索して積極的に情報収集を行ってみましょう。

Uターン転職失敗・後悔→再上京は可能?

今回お伝えしている通り、Uターン転職をして給料や生活の不便さという観点から「再上京したい」と考える人も少なくないと思います。

結論としては「本気で東京に戻る気があるのであれば再上京は可能」と言えます。

地元から再び東京に戻るには引っ越し費用もかかりますし、せっかく戻ってきた子供がまた離れるとなると、親はやはり悲しいでしょう。

しかし、あなた自身が実際に地方と都会を両方経験した上で「やっぱり今は都会が良い!」と判断したのであれば、周囲の人々は応援してくれるでしょうし、同じ過ちを繰り返す可能性も低くなります。

Uターン転職する前と同じ場所に住む必要はなく、たとえば比較的東京でもゆとりのある23区外の郊外に住むなど、以前とは別のライフスタイルを送るという選択肢もありますね。

同じ失敗を繰り返して、やっぱり地方の方が…と行ったり来たりするのは大変なので、しっかりと計画を練ってから決断を下すことをオススメします。

地方別おすすめ転職エージェント一覧まとめ【47都道府県別】

Uターン転職は後悔・失敗するのかQ&A一覧

仕事辞めてからUターン転職はできる?

在職中ではなく、先に仕事を辞めて離職中としてUターン転職することは可能ですが、期間が空きすぎると採用企業からブランクがマイナスに見られてしまいますので注意が必要です。

事前に在職中の状態で転職活動を進めてみて、業界・職種の方向性を定めた上で実際に書類選考に応募して、書類が通るようであれば先に仕事をやめて離職中の状態で面接を受けても問題ないでしょう。

やはり最終面接などは地元に対面面接を行なっているケースもあり日程調整が難しいと思いますので、先に仕事を辞めたいと思う人は多いですが、理想は在職中のまま有給などを上手に活用して転職した方が安全です。

40代でUターン転職は可能?失敗する?

40代でUターン転職は可能ですが、採用企業から求められる要件やスキルも当然上がるため、相応の準備と対策が必要です。

具体的には35歳を超えてくれば、管理職マネジメント経験を必須条件とする求人がグッと増えますので、近しい経験があるかキャリアを棚卸して職務経歴書に落とし込んでおく必要があります。

40代で地方へ転職する場合は、専門性のあるスキルを活かして即戦力として働くかマネジメント能力を活かして働くかの二択となりますので、必ずどちらか一方は備えておきましょう。

Uターン転職失敗の知恵袋体験談は?

Uターン転職で失敗・後悔した方の知恵袋体験談はコチラで紹介していますので、ぜひ色々な方の体験談を参考にUターン転職すべきかどうか判断して頂ければ幸いです。

dodaの特徴

求人数96,000件以上(※業界最大級)

転職満足度No.1の親身な対応!

北海道~九州全国に面談拠点あり!

マイナビエージェントの特徴

驚異の書類選考通過率50%!

求人を厳選して紹介してもらえる!

親身な対応で面談満足度が高い!

JACリクルートメントの特徴

業界No.3の売上高で急成長中

30代〜40代のミドル・ハイクラス層に強い(※20代の支援実績も多数)

一気通貫型でスピーディーな対応

-転職活動

\ PR /

Copyright© 転職エージェントマニア.com , 2022 All Rights Reserved.