転職エージェントの使い方

転職エージェント経由の会社を内定承諾後辞退は厳禁?割合は?

投稿日:

「転職エージェントを経由で紹介してもらった会社から晴れて内定を貰った!やった!!内定承諾しよう!」…と思ったのも束の間、

・やっぱりなんか不安になってきた…
・本当にこの会社に決めて良いのかな?
・もっと良い会社があるんじゃないか…
・他の会社からも内定がもらえそう…
・口コミサイトで評価が悪かった…
・よくよく調べると思ってた仕事内容と違う!
…etc

上記のような理由で内定後、もしくは内定承諾後に辞退したいと考えている転職希望者は、意外と少なくありません。

そこで今回は、私自身の転職活動の経験を交えながら、転職エージェント経由で紹介してもらった会社の内定後に辞退するのはアリなのか?内定承諾後はどうなのか?徹底解説して参ります。

今現在内定を獲得しているものの、入社を躊躇してしまっている方はぜひ今回の内容をご参考にして頂ければ幸いです。

内定が出る前の選考段階での辞退については「転職エージェントの断り方&選考辞退の伝え方を解説【例文あり】」も併せてご参考下さいね。

【2022年7月15日最終更新】

転職エージェント経由の会社に内定後辞退はアウト?

まず結論から言うと、転職エージェント経由で紹介してもらった会社に内定を貰った後に辞退するのはOKで、何ら問題ありません。

何ら問題ないと言うと語弊がありますが、基本的にエージェント側は転職希望者が内定を獲得したからと言って100%入社して貰えるとは思っていないですし、内定後に辞退されてしまうことにもある意味慣れています(※あるあるです)。

▼中途採用における内定辞退タイミング
転職エージェントの内定辞退タイミング

個人情報保護の観点からも、あなたの情報が外部に漏れることはないですし、法律的な罰則もありません。

ただし、やはり今まで内定が出るまで少なからず時間を割いてもらった訳ですし、今までお世話になった意味も含めて、きちんと理由と共に電話かメールで直接担当キャリアアドバイザーに伝えるのがベターですね。

これは社会人としての最低限のマナーと言えるでしょう。

内定辞退の断り方例文(メールor電話)

いつもお世話になっております。
●●です。

この度、貴社経由で内定を頂いておりました、
株式会社▼▼様の内定を辞退させて頂きたく、
ご連絡させて頂きました。

理由と致しましては、他社エージェント経由で
内定を頂きそちらの会社に入社することを
決めたからでございます。

時間を割いて頂いたにも関わらず、貴社及び
株式会社▼▼様には大変申し訳ございません。

何卒よろしくお願い申し上げます。

●●

なぜ内定を辞退するのかの理由については、必ずきちんと添えた上でメールか電話で内定辞退を伝えるようにしましょう。

内定後辞退者の割合は5割

転職エージェント経由で紹介して貰った会社の内定を貰った後に辞退する人の割合は実は2割前後で結構な割合で辞退は発生します。

新型コロナウイルスの影響で企業のWeb面接頻度が圧倒的に増えたことで、コロナ前よりも内定辞退の割合については減少しているというデータもあります。

▼コロナの影響で内定辞退率は低下
コロナの影響で内定辞退率は低下

もちろん内定承諾前なので法的拘束力もなければ内定承諾していない理由も明確にあるはずなので問題はないですが、やはり面接を受けた時間や選考に使った時間は無駄になってしまいます。

最初から内定を貰っても承諾して入社する気がないのであれば、そもそも企業の選考を受けない方があなたにとっても転職エージェントにとっても時間効率化という面では良いと思います。

転職エージェントの会社に内定承諾後の辞退は?

では、内定が出た後に企業から送られてくる、

✅内定承諾書
✅入社確認書
✅採用通知書

上記のような書類にサイン、あるいは同意した後、つまり内定承諾後(入社承諾後)に内定を辞退することは可能なのでしょうか。

▼内定承諾後辞退のタイミング
内定承諾後辞退のタイミング

実は内定承諾書・入社確認書・採用通知書のような入社前書類に同意すると、採用企業側とあなたとの間に雇用関係が成立したことを意味します。

「企業の内定を承諾し入社に同意します」「正当な理由以外によって、承諾書に反することはしません。」と伝えているということになりますね。

つまり採用企業側は、あなたが入社する決心を決めたと捉え、入社に向けた準備を時間とお金をかけてし始めていきます(PCや備品、社員証など)。

「えっ、じゃあ内定承諾後に辞退したら何か罰せられるの…」

と思われるかもしれません。

しかし結論を言うと、入社2週間前までであれば「雇用契約は終了する」と民法上に記載があるので、内定承諾後の法的に問題はありません。

日本の憲法で職業選択の自由が保障されている通り、あなたが入社を同意しなければ、たとえ内定承諾後であっても法的な問題はないのです。

▼内定承諾後辞退でも法的拘束力はない
内定承諾後辞退でも法的拘束力はない

少し極端な例ですが、内定承諾後の会社を辞退するということは、転職先の会社を入社前に退職するのと同じことなので、企業側が強引に引き止めることはできないんですね(ただし内定承諾後辞退の割合は極めて稀で1割もありません)。

しかしながらあなたが内定承諾後に辞退したことで、採用企業と転職エージェントの関係が悪化し最悪の場合、採用企業や転職エージェント側から損害賠償を請求されるリスクも0ではありません。

▼損害賠償請求リスクも0ではない
過去に損害賠償請求された判例

もし仮に裁判にまで発展してしまうと、不要な時間を取られてしまいますしお金もかかってしまうので非常に心苦しい時間を過ごすことになってしまいますよね。

せっかく採用してくれた企業及びサポートしてくれた転職エージェントに迷惑がかかるのは当然なので、誠心誠意謝罪をする必要があることは言うまでもありません。

内定承諾後辞退の断り方(※必ず電話)

いつもお世話になっております。
●●です。

貴社経由で内定を頂き内定承諾して
おりました株式会社▼▼様への入社を
辞退させて頂くことは可能でしょうか。

理由としては、内定承諾後に色々企業の
情報をリサーチしていくうちにもう一度
入社について考え直したい部分が浮かび、
入社を辞退したいと考えているからです。

お時間を割いて頂いた貴社及び株式会社
▼▼様へは多大なるご迷惑をお掛けして
誠に申し訳ございません。

上記例文を元に、内定承諾後の辞退であればメールではなく必ず電話で、直接担当キャリアアドバイザーに内定承諾後辞退の旨を伝えるようにしましょう。

辞退理由としては上記で挙げたものの他に、他社企業への内定・家族からの反対・健康上の理由などどうしても入社を辞退せざるを得ない理由が必要になります。

内定承諾前の辞退とは違い、内定承諾後辞退であれば話は別で、余程の理由がない限り転職エージェントに辞退を引き止められ、怒られる可能性が高いのでその点は覚悟しておきましょう。

★Check‼︎★

特に新卒に多いですが、企業によっては入社する前に入社前研修を設けている企業もありますが、入社前研修後に入社を辞退することも実は法的に問題ありません。

実際に入社前研修の際に働いてみて「やっぱり思ってたのと違った」と感じるケースは少なくなく、本格的に入社する前に辞退を考える人は一定数いる状況なんですね。

ただし、内定後辞退同様に採用企業側に迷惑がかかってしまうことはいうまでもありませんので、法律的な罰則はなくとも極力控えるようにした方が良いと言えるでしょう。

転職エージェント経由の内定承諾後辞退の断り方

メールで辞退連絡はNG!必ず電話で直接

たとえ内定承諾前であっても、内定承諾後であっても、転職エージェントの担当キャリアコンサルタントには直接電話で謝罪するようにしましょう。

「担当者に言いづらいし、メールで済ませたいな…」という気持ちも分からなくもないですが、内定承諾前ならまだしも内定承諾後にメールで断るのは絶対NGです(おそらく99%電話がかかって来るはずです)。

もちろん理由も含めて詳細に、なぜ入社を内定承諾後に辞退することにしたのか説明責任があります。

✅転職口コミサイトで企業の悪い部分が見えてしまったのか
✅自分の身の回りで何か緊急の事態が起きてしまったのか
✅実は他の会社からも内定貰っていてそちらに入社したい
…etc

なるべく理由は具体的かつ正直に話すのが誠意というものでしょう。

辞退を申し出た際、もしかすると担当キャリアコンサルタントによっては厳しい言葉を放たれるかもしれませんが、内定承諾後辞退はそれだけ関係者に迷惑をかけることなので、しっかりと受け入れるべきです。

しかし、入社前辞退を言い出せず腹落ちしないまま転職先を決めて働き始めると、100%の力を発揮できないですし、余計に辞めづらくなってしまいますので、一時の恥だと割り切ってしっかりと伝えるようにしましょう。

関連:転職エージェントの入社前辞退はタブー?入社直前辞退は違法?

やはり実際に働くのは他の誰でもなく"あなた"なので、あなたが心から働きたいと思える会社に貴重な時間を投資すべきなのです。

メールで内定承諾後辞退を伝える例文

ITエンジニアの客先常駐の見分け方!派遣との違いは?

もしどうしても電話での対応ができずにメールやLINEなどの連絡手段で内定承諾後辞退を伝える場合は、以下のような例文を作成して送るようにしましょう。

【件名】内定辞退のご連絡(○○)←自分の名前

○○←(転職エージェント担当者の名前)様

お世話になっております。
○○←(自分の名前)です。
先日お受けした△社の内定に関しまして、誠に勝手ながら辞退をさせて頂きたくご連絡致しました。
内定受諾後の辞退ということで大変非常識ということは承知しておりますが、一身上の都合によりお断りせざるを得なくなりました。
貴重な時間を割いていただいたにも関わらず、このような身勝手な連絡となりましたこと、心よりお詫び申し上げます。
詳細は改めて電話にてお伝えできればと存じますが、取り急ぎ内定辞退のご連絡とさせていただきます。

(○○)←自分の名前

上記のようなメールで内定承諾を受諾してもらえるかどうかは転職エージェント次第なので、もし転職エージェントから電話がかかってきた場合は無視するのは社会人として絶対に辞めておくべきでしょう。

内定承諾後辞退の前に保留可能?

内定を承諾するか辞退するか迷う場合は、内定を保留できないかどうか転職エージェントの担当キャリアアドバイザーに相談してみましょう。

内定保留の期限としては、中途採用の場合1〜2週間程度が限界になりますが、その期間の間に他社選考の進捗が進むこともあるので、きちんと理由を伝えれば内定を保留してもらうことは可能です。

ただし、その間に採用企業が他の候補者の面接を進めて合格となり内定を出した場合は、あなたの内定を取り消しされてしまうリスクも0ではありませんので、できるだけ早めに回答を出すのがベターです。

dodaの特徴

求人数96,000件以上(※業界最大級)

転職満足度No.1の親身な対応!

北海道~九州全国に面談拠点あり!

マイナビエージェントの特徴

驚異の書類選考通過率50%!

求人を厳選して紹介してもらえる!

親身な対応で面談満足度が高い!

-転職エージェントの使い方

\ PR /

Copyright© 転職エージェントマニア.com , 2022 All Rights Reserved.