DODA

dodaの電話しつこい!無視ダメ?キャリアカウンセリングも

投稿日:

dodaの電話しつこい悪い評判!キャリアカウンセリングも?

dodaエージェントのキャリアカウンセリングや電話でしつこい・悪いと感じたことがある方に向けて、口コミと評判を利用者に取材してまとめました。

総合転職エージェントの中でも業界大手に位置するdodaはキャリアアドバイザーの対応の良さや紹介してくれる求人数が多いという点で転職希望者の間で広く支持されています。

その一方で、電話やメール連絡・キャリアカウンセリングやその後の対応がしつこい!という悪評が絶えません。

今回はdodaの対応がしつこいと言われている口コミのご紹介からdodaのキャリアカウンセリングがしつこくなる理由まで、元キャリアアドバイザーとしての業界の知見を活かして詳しく解説していきます。

この記事の最後では、キャリアカウンセリングがしつこくない優良な転職エージェントについてもご紹介していますので、ぜひ最後までご覧いただき、参考にされてみてください。

【最終編集日.2022年5月31日】

dodaとは?会社基本概要

転職エージェントおすすめ doda

運営会社パーソルキャリア株式会社
対応エリア全国対応
取り扱い求人数約10万件(※全業界・全職種)
沿革1989年
総合評価

dodaを運営するパーソルキャリア株式会社は、元々インテリジェンスという社名で"人材サービスのインフラになる"という企業理念の元サービスを運営しています。

中途採用の転職サイト、転職エージェント両方の機能を持つ「doda」や、新卒領域のdodaキャンパス、転職市場価値を元に採用企業のオファーを受けられるMIIDAS(ミーダス)などHR人材領域において様々なサービスを展開しています。

人材業界の最大手になりますので取り扱い求人数も多く、転職活動を行う際にはまず利用すべき転職エージェントとして知られています。

dodaの電話がしつこい評判は本当か試してみた

実際に私自身も転職活動を行っておりますので、実際にdodaに登録して本当に電話がしつこいのか検証してみました。

すると・・・

これはひどい!!わずか2日の間に6〜7件もの着信が入っています。

一度着信履歴が入っていればタイミングを見て折り返そうと思っているにも関わらず、これだけしつこいと折り返す気もなくしてしまいますね。。。

いったいどういう魂胆でここまでしつこく電話をかけているのか、不思議でなりません。。。

dodaの電話がしつこい理由

doda内部で働く知人に電話がしつこいのはなぜなのか理由を聞いたところ「面談日程調整専門の部隊がいるから」なのだそうです。

日程調整するために「●時にかけたら次は▲時」とスケジュールを組んでいるらしいのですが、あまりにもピッチが早すぎると伝えておきました。。。(^^;

▶︎dodaのようにしつこくない転職エージェントはコチラ

dodaのしつこい電話を無視したら?止めるには?

dodaから毎日のように掛かってくるしつこい電話を無視すると、更にしつこく電話がかかってきて一切電話が鳴り止むようなことはありません(1日3回以上)。

▼dodaしつこい電話は激しさを増す…
dodaしつこい電話は激しさを増す

流石にこれ以上はラチがあかないので、一旦電話に出てみることに。

電話に出てみると内容としては、先日申し込んだキャリアカウンセリングの日程調整、及びエントリーした企業の先行進捗連絡についての内容でした。

その他にもdodaが電話を掛けてくるタイミングについて聞いてみると、以下のようなタイミングで電話を掛けてくるようです。

1、エージェントサービスの希望を出した場合で、面談日程の調整のため
※登録直後〜電話に出るまで

2、エージェント未登録の方を勧誘するため
※登録直後〜都度

3、キャリアカウンセリング当日の時間を充実させるための事前ヒヤリングのため
※キャリアカウンセリング前日まで

4、電話カウンセリングのため
※カウンセリング当日

5、非公開求人や優良求人をいち早く紹介したいため
6、履歴書・職務経歴書の添削のため
7、書類選考通過後の企業との面接日時調整のため
8、面接後、フィードバックをするため
9、内定条件のすり合わせのため
10、内定後のフォローのため
※5から0は都度連絡

上記のようにかなりの頻度で電話連絡が多くなります。

dodaの場合、特に最初の会員登録〜キャリアカウンセリングまでの間での電話連絡が多いですね。
管理人

確かに転職活動を進めなければいけないので一旦電話に出てよかったとは思いましたが、流石にしつこいので担当者にはもう少し電話の頻度を落として欲しい旨は伝えました。

いやぁしつこかった。。

Twitterを見てもやはりdodaの電話連絡がしつこいと感じる人は多いようです。

▶︎dodaのようにしつこくない転職エージェントはコチラ

dodaのキャリアカウンセリングがしつこい!

では次に、dodaのキャリアカウンセリングを受けて「しつこい」「対応が悪かった」と感じた利用者の口コミ評判をご紹介します。

dodaのしつこい評判口コミ

dodaのカウンセリングでは、面接の練習、弱点などの改善などを丁寧に教えて頂き、面接に活かすことが出来たのはよかったのですが、内定をもらった時に問題発生。

とある理由で内定を辞退しようと断ろうとしたが"入社しない理由をしつこく聞いてきて、営業で必死なのかな?"という印象を抱きました。

そこから円満なやりとりが出来なくなり、こちらからフェードアウトを行い、結局他社で仕事先を決め入社いたしました。

もちろん営業で必死なのは分かるが、焦りをこちらに悟られるようでは、いざという時に頼りならないのではないかと思い、違う転職エージェントで転職しました。

dodaのしつこい評判口コミ

転職活動を始めるにあたり、大きく方向転換したいと考えていました。

その際に、転職エージェントと相談しながら自分のキャリアを再構築したいと思い、dodaの転職エージェントの面談を希望しました。

実際に面談を受けてみると、担当のエージェントの方の圧が強く、自分自身の意見を取り入れてもらえなかったという印象を受けました。

方向転換したいと伝えているのに「今までの経験を活かすとこのような職種と求人がある」というような形で自分の意図していない求人を紹介され続けました。

結果、dodaエージェントとの面談をやめ、自力で他社の転職サイトに登録し転職活動を続けました。

担当者との相性だとは思いますが、もうdodaは使いたくありません。

dodaのキャリアカウンセリングがしつこい~2ch~

また、2chやYahoo!知恵袋の書き込みの中で、dodaエージェントのキャリアアドバイザーの対応がしつこいという評判が多く見られました。

直近の書き込みの中から、利用者が実際にどのようなしつこい対応を受けたのか、いくつかご紹介します。

かなり散々な内容が書き込まれていますね・・・

dodaのしつこい評判口コミまとめ

dodaエージェントの利用者が「しつこい」と感じた具体的な内容をまとめると、

登録後の電話対応がしつこい

希望していない求人紹介がしつこい

キャリアカウンセリング内の対応がしつこい

大きく上記3つに分かれるようです。

また、dodaのキャリアカウンセリングを受けた方の不満内容を整理すると、

意図しない求人ばかりを強引に勧められる
内定辞退に対して高圧的な態度を取られる

上記2つに大きく分けられているようですね。

直近1~2ヶ月の書き込みだけでもこれだけあるのですから、dodaのキャリアカウンセリングがしつこいという評判は確かなものとお分かりいただけるかと思います。

▶︎dodaのようにしつこくない転職エージェントはコチラ

dodaのしつこい電話やメール連絡時の内容

時計を持つ女性会社員

では一体なぜここまでdodaの電話やメールでの連絡がしつこいのか具体的な用件について深くヒアリングしてみると、以下の内容であることが判明しました。

dodaのしつこい電話でかかってくるとき

  • 登録後の面談日時調整の連絡
  • 求人紹介
  • 必要書類の提出期限が過ぎている
  • 面接日時の連絡
  • 応募結果の連絡
  • 電話での面談
  • 上記の連絡のためにdodaは電話をかけてきます。WEBサイトから登録申し込みをして1週間ほどで面談日の調整の連絡が入ります。dodaは対面での面談以外に、電話でも面談をしてくれます。

    dodaのしつこいメールで送られてくるとき

  • 登録直後の確認メール
  • 面談日時の確認メール
  • 求人紹介
  • 面接日時の連絡
  • 応募結果の連絡
  • dodaは電話よりメールでの連絡のほうが多い傾向にあります。メールのほうがあとから内容を確認できますし、仕事をしながら転職活動をしている人も多いのでそれらに配慮していると考えられます。

    ▶︎dodaのようにしつこくない転職エージェントはコチラ

    dodaの電話やキャリアカウンセリングがしつこい理由

    ではなぜ、dodaのエージェントはここまで「しつこい」という悪評が後を絶たないのか、理由についてより深掘りして見て参りたいと思います。

    営業ノルマに追われている

    dodaを運営するパーソルキャリア株式会社は、現在では業界大手のエージェントへと成長を遂げましたが、その歴史はまだ浅く、今もなお会社としてベンチャー気質が残っています。

    ですので、キャリアアドバイザーはとにかく「数字(=求職者を入社させること)」を追い求めているため、結果的に求職者に対してしつこい対応になってしまうという訳ですね。

    更に細かく言うと、dodaの社員には細かくKPI(目標数字)が設定されており、以下のように電話の架電数や着電数に目標が割り振られているため、電話頻度がしつこくならざるを得ない仕組みなっています。

    ▼dodaのKPI目標設定の仕組み
    dodaのKPI目標設定の仕組み

    実際にパーソルキャリアで働く知人に聞いたことがあるのですが「やっぱりなんだかんだ言って営業会社。月のノルマはかなりシビアに見られる」と言っていました。

    営業はコントロールできる数字とコントロールできない数字があり、架電数(電話をかける数)はコントロールできる数字なので、とにかくバンバン電話が掛かってくる訳です。
    管理人

    求職者に寄り添う姿勢が仇となっている

    dodaエージェントは「丁寧な対応」や「レスポンスが早い」といったキャリアアドバイザーの対応の良さについて定評があるエージェントでもあります。

    特別な対応についても柔軟に対応してくれたり、一人ひとりの求職者に寄り添ったサポートを得意としています。

    その反面、「求職者のためになりたい」という意識が強すぎて、求められている以上に過度なサポートをしてしまい、しつこいと感じさせてしまうケースも多いのです。

    利用者のためを思ってサポートしていることが、結果的に仇となってしまうのは本末転倒ですね・・・

    関連:転職エージェントの電話がしつこい!無視はダメ?対処法は?

    入社後のミスマッチを防ぐため

    dodaではキャリアカウンセリングに力を入れているため、転職理由や希望条件についてかなり深掘りされることが多いです。

    何度も繰り返し同じようなことを聞かれたり、長い時間をかけてヒアリングされるため、受ける側としてはしつこいと感じてしまうことも少なくありません。

    しかし、何度も深掘りしてヒアリングを行うのは、あなたのことを深く理解してミスマッチを防ごうとする姿勢でもあるため、一概に悪い対応とも言えないでしょう。

    日程調整するために「●時にかけても不在だったら次は▲時」とスケジュールを組んでいるらしいのですが、機械じゃないのでもっと相手のことを配慮すべきでしょう。

    あなたが優秀な人材だから

    優秀な人材は紹介する企業も多いので、電話やメールでの連絡も必然的に多くなります。求人紹介の連絡が多い場合は「自分が優秀だから」ととらえておきましょう。

    優秀な人材はほかの転職エージェントにも登録しているので、他社から紹介された求人で内定が出てしまう可能性もあります。

    転職エージェントによっては、優秀な人をどの求人に紹介するか社内で取り合いになることがあります。

    そのため、転職エージェント担当者は「内定がすぐ出そうな優秀な人は自分が担当している求人で内定を出してもらいたい」と焦ってしつこくなっていることが考えられます。

    dodaの内部事情を話すと、求職者(転職希望者)をA、B、Cランクというように経歴やスキルでランク付けして対応の優先順位を決めているので、電話頻度がしつこい場合、Aランクに社内で認定されている可能性があります
    管理人

    ▶︎dodaのようにしつこくない転職エージェントはコチラ

    dodaの電話やキャリアカウンセリングがしつこい時の対処法

    考える会社員

    スカウトメールを停止する

    スカウトメールとは、あなたのスキルに合った求人情報がメールで送られてくるサービスのことです。求人企業側からすると、あなたのスキルは募集要項にマッチしていますが、あなたからすると希望条件を満たしている仕事ばかりではありません。

    そのため、自分の希望でない求人情報がメルマガのように送られてくることになります。このスカウトメールサービスを停止するだけで「しつこい」と感じる不快感も下がりやすくなります。

    スカウトメールを停止させる方法

    1. 「登録情報設定画面」の「サービス利用状況」を開く
    2. 「スカウトサービス」の「停止する」をクリック
    3. アンケートに答えて、再度「停止する」をクリック

    ※再開したいときは「再開する」をクリックするだけです

    担当者に相談する

    電話がしつこい場合は、転職エージェントの担当者に「仕事をしているので電話にあまり出られません」などとやんわりと伝えて、電話の頻度を下げてもらうことをおすすめします。

    転職への熱意が低いわけではないことも同時に伝えておくようにしましょう。

    エージェントサービスを停止する

    非公開求人の紹介が受けられるエージェントサービスを停止するのは最後の手段です。あまりおすすめできませんが、dodaからの連絡がしつこくて求人も希望にあったものでないときはこちらの対処法があります。

    エージェントサービスを停止させる方法

    1. 会員専用ページ上部「登録情報設定画面」の「サービス利用状況」を開く
    2. 「非公開求人をご紹介し、企業へのエントリーから内定までをDODAの転職のプロがサポートします」を「停止する」をクリック
    3. アンケートに答えて、再度「停止する」をクリック

    ※再開したいときは「再開する」をクリックするだけです

    dodaエージェントに再登録は可能?再開で担当者は変わる?

    サービスを停止しても退会したことにならない

    エージェントサービスやスカウトメールサービスを停止しても、dodaを退会したことになりません。登録情報が残ったままですので、再登録の必要もありません。

    dodaそのものの利用をやめたい場合は、退会手続きをしましょう。

    DODAの退会方法

    1. 会員専用ページ上部「登録情報設定画面」の「doda会員登録 退会手続き」を開く
    2. 退会申請をする
    3. アンケートに答えて、「退会する」をクリック

    ※退会した場合は、入力した個人情報と提出書類はすべて破棄されます

    dodaを退会できない?退会手続き・退会方法【※1分】

    dodaの転職サイトのみ使うのもアリ

    dodaは転職サイトと転職エージェントの両方の機能をあわせもっています。

    たとえばマイナビなら転職サイトの「マイナビ転職」と転職エージェントの「マイナビエージェント」がありますよね。dodaは、両方のサービスを兼ね備えています。

    もし、dodaのエージェント機能の部分がしつこくて煩わしいのなら、転職サイトの部分だけを利用することが可能です。

    「転職エージェントだけに特化しているサービスを使いたい」ならマイナビエージェントなど別の転職エージェントを利用する選択肢もあります。

    dodaのしつこい電話やメール連絡を無視するデメリット

    スマホを操作する手

    転職の意思がないと判断されてしまう

    dodaのキャリアカウンセリング担当者からの電話やメールを無視するデメリットは「転職する熱意がない」と捉えられてしまうことです。

    転職する熱意のない人に担当者は熱心に転職をサポートしなくなります。

    「転職はしたい!でも連絡がしつこくて嫌だ」という方は、上記に紹介した方法でスカウトサービスを停止したり、電話の頻度を下げてもらうよう依頼したりして対処しましょう。

    dodaを今後利用できなくなる可能性がある

    一時的にdodaの利用は必要ないと感じたとしても、これから転職活動を進めていく上で再度dodaを利用しなければいけなくなった時に、サービスを受けられなくなる可能性があります。

    doda内部では、求職者(転職希望者)に最後に連絡を取った日付や内容がメモされておりきちんと管理されているので、電話に出なかった場合「電話不通」とブラックリスト登録されることもあります。

    あなたに時間をかけてサポートするほどの経歴やスキルがあれば話は別ですが、そうでない場合は今後dodaエージェントサービスの利用を断られる可能性がある点は注意しておきましょう。

    今後またdodaにお世話になる可能性を考えると、一度は電話に出ておいた方が得策ですね。
    管理人

    dodaからしつこく電話やメールがこない理由

    電話中の会社員

    dodaは電話連絡がしつこいといわれることが多いですが「電話がかかってこない人やメールが全然来ない人」もいます。

    理由として、その人に紹介する求人がない可能性が高く、経歴スキルが未熟だったり転職の熱意が低かったりする求職者には電話やメールも控えめになってしまいます。

    転職エージェント担当者は複数の登録スタッフを抱えていますが、電話がしつこいのは煩わしいもののしつこく電話やメールが来るのは転職市場価値が高いという意味では喜ばしいことなのかもしれません。

    逆に全く連絡が来ない人は「dodaの転職エージェントに見捨てられた」という可能性もありますので、別の対処法をすぐに取った方がよいでしょう。

    ▶︎dodaから連絡こない人の代替転職エージェントはコチラ

    dodaのように電話やキャリアカウンセリングがしつこくない転職エージェント

    転職エージェントを利用して転職活動を成功させるためには、エージェントやキャリアアドバイザーとの相性が非常に重要になります。

    dodaエージェントのキャリアカウンセリングを受けてみてしつこいと感じるのであれば、他の優良な転職エージェントの利用を検討してみましょう。

    転職業界を熟知している筆者として一番おすすめしたいエージェントが、業界大手で顧客満足度No.1のマイナビエージェントです。

    親身さNo.1のマイナビエージェント

    ↓マイナビエージェントの詳細はコチラ

    ✅転職者の利用満足度No.1
    ✅全国の求人数約5万件(※業界3位)
    ✅優秀なキャリアアドバイザー多数在籍

    マイナビの詳細はコチラ

    実際に私も転職活動中にマイナビエージェントも利用してみたのですが、「えっ、これだけしか連絡しないの?」と考えるくらい連絡の頻度には雲泥の差がありました。

    キャリアカウンセリングに関してもしつこくないエージェントとしてマイナビエージェントをおすすめできる理由について、3つのポイントに絞ってご紹介します。

    転職者第一に徹底した教育を受けている

    マイナビエージェントは求人数こそdodaよりも劣ってしまいますが、他の転職エージェントよりも転職希望者に寄り添った指導が徹底されています。

    「求職者ファースト」という指針の訳ですね。

    転職希望者が嫌がるような求人は絶対にゴリ押ししないですし、興味のない求人をノルマを優先させて押し付けるような対応も全くありません。

    なのでマイナビエージェントを利用すれば、担当のキャリアアドバイザーが誰になっても「しつこい」と悩む心配はありません。

    2019年度顧客満足度No.1

    先ほども紹介したように、マイナビエージェントは2019年度のオリコン顧客満足度No.1を獲得している"超"がつくほどの優良転職エージェントです。

    ▼2019年度オリコン顧客満足度No.1を獲得

    この表彰は転職者の支援実績だけでなく、転職希望者がキャリアカウンセリングを受けた後にどれだけ満足になったかを示す指標のようなものです。

    ※調査対象企業38社、実際の利用者3,346人の調査を元に毎年表彰されています。

    私も転職活動の時に「●●の求人はありますか?」と質問した際、他のエージェントではないがしろにされた中で唯一マイナビだけは求人を紹介してくれました

    転職希望者第一のキャリアカウンセリングを行えているのはマイナビエージェントという評判は圧倒的に多いですので、不快な思いをさせられることもないと言えますね。

    マイナビエージェントのキャリアカウンセリングを受ける

    親身さNo.1のマイナビエージェント

    ↓マイナビエージェントの詳細はコチラ

    ✅転職者の利用満足度No.1
    ✅全国の求人数約5万件(※業界3位)
    ✅優秀なキャリアアドバイザー多数在籍

    マイナビの詳細はコチラ

    ※面談場所は東京(大手町・丸の内)・横浜・大阪・名古屋・札幌・広島・福岡・沖縄9拠点で面談場所が近くにない場合は電話やオンライン面談での対応となります。

    マイナビエージェントの特徴

    驚異の書類選考通過率50%!

    求人を厳選して紹介してもらえる!

    親身な対応で面談満足度が高い!

    dodaの特徴

    求人数96,000件以上(※業界最大級)

    転職満足度No.1の親身な対応!

    北海道~九州全国に面談拠点あり!

    -DODA

    \ PR /

    Copyright© 転職エージェントマニア.com , 2022 All Rights Reserved.