技術職の転職

製造オペレーターから転職したい人必見!転職先おすすめ6選

投稿日:

「製造オペレーターから転職したい」「製造オペレーターからの転職先を知りたい」と考えていませんか?

  • 「このままでいいのか?」
  • 「もっといろんな経験をした方がいいのでは?」

製造オペレーターの皆様、このように感じることはありませんか?

私は大学を卒業してから5年間、製造オペレーターとして仕事をしていました。

日々そのようなことを感じ、転職をしようと迷いながらもなかなか踏み出せずに職場に向かっていたことを覚えています。

今回はそのような悩みを持っている皆様が、転職に向かって1歩踏み出せるよう、製造オペレーターで身につくスキル、おすすめの転職先、転職を成功させるポイント、おすすめの転職エージェントをを紹介していたいと思います。

この記事を読み終えた後、皆様はきっと転職に向けた新しい1歩を踏み出していることでしょう!

技術職に強い転職エージェントおすすめTOP5【化学/機械/電子系】

【2022年2月18日最終更新】

製造オペレーターを辞めたい理由

製造オペレーターを辞めたい理由は、

  • 勤務時間が不規則である
  • 成長を感じられない
  • 常に危険が伴う
  • 同僚の顔ぶれが変わらない

上記に集約されるので解説して参ります。

勤務時間が不規則である

工場勤務にありがちですが、とにかく人員削減・コスト削減を意識することで一人の人がいろんなラインを任されることで、時差出勤や早出出勤、遅出出勤を指示され、仕事内容によっては夜勤を依頼されることもあります。

今日は遅出出勤で帰りが遅いのに翌日は早出出勤で朝が早く、体力的に辛くなり、次は精神的にもしんどくなり、仕事に行くのが嫌になってしまいます。

俗にいう、『抑うつ状態』ですね。

私も実際に経験しましたが、精神を病んでしまうとなかなか治らないのが現実です。

成長を感じられない

製造オペレーターの仕事は日々起こりうる事項で対応等々は変わりますが、基本的に毎日ルーティンワークのような形です。

その結果、日々の成長を自身で感じることが難しい職業といえます。

いつものように出勤をし、仕事が始まり、黙々と仕事をし、仕事が終われば帰るといった流れが1週間続くような形です。

相当意識の高い人でないと、自身の成長につなげることは難しい仕事だと思います。

実際私もそのような意識を持つことは難しく、毎日早く帰りたいと考えながら仕事をしていました。

常に危険が伴う

工場全般的に言えますが、機械を扱う現場ですので、常に危険が伴う仕事です。

どんなに気を付けていても、一瞬の気の緩みや、甘い考えがあると怪我をしてしまう恐れがあります。

いわゆる『労災』です。

労災を起こすと社内評価が下がり、自分の給料やボーナスの査定にも関わってきます。

何よりケガをした自分が辛い思いをしますし、一度下がった評価を取り返すのは、相当な努力が必要です。

私は最終的に取り返せないまま、退職をしました。

同僚の顔ぶれが変わらない

基本的には製造ラインでの作業者の配置は固定されています。

なので、必然的に毎日ほぼ同じメンバーで仕事をすることになります。

人は一度でも他人に対して気に入らないと感じると、その感情は消えずに半永久的に残ってしまいます。

そもそも自分とこの世の人全員の相性が良いわけではなく、少なからず自分とは合わないという人も出てきます。

そんな中毎日同じメンバーで仕事をするというのは、正直辛いです。

製造オペレーターで働くことで身につくスキル

これまで、どちらかというとマイナスな部分を中心に紹介してきましたが、実は製造オペレーターとして働くことで身につくスキルがあります。

転職はもちろん、他業種で働く際においても役立つ下記スキルも身につきます。

  • ルーティンを継続するスキル
  • コミュニケーションスキル
  • 生産効率を意識するスキル

順番に紹介していきます。

ルーティンを継続するスキル

製造オペレーターはルーティンワークを日々継続しています。

ですので、継続するスキルが自然と身についています。

このスキルは、転職活動において、自己分析をしたり、面接の練習をしたり、様々な場面で必要になります。

転職後他業種で働く際にも必要になります。

コミュニケーションスキル

製造オペレーターは製造ラインの状況確認や他の作業者の状況等、コミュニケーションスキルが必要になります。

転職活動は面接や電話など、コミュニケーションを図る機会が多いです。

転職後もどの業種においても必須です。

生産効率を意識するスキル

製造オペレーターはいかに早く、確実に作業を進めるかを意識して仕事することが多いです。

これは転職活動においても、スピード感を意識し確実に取り組むことが重要ですので、必ずプラスに働くスキルです。

また、転職後も生産効率を意識する会社が増えているので、必ず役に立ちます。

製造オペレーターからの転職先おすすめ5選

製造オペレーターからの転職先は、

  • 営業職
  • 接客業
  • 事務職
  • 物流業
  • 部品組付工
  • 電気工事士

上記になりますので順番に解説致します。

製造オペレーターから転職先おすすめ①:営業職

製造オペレーターから転職先おすすめのまず1つ目は『営業職』です。

製造オペレーターの方は、どちらかというとあまり人と接することなく、黙々と自分の仕事をしたいと考えている人が多いと感じます。

しかし、実際にやってみると意外と人と接する機会が多く、コミュニケーションが重要になってくる仕事です。

教育や指導、上司への報告、状況確認等やるべきことがたくさんあります。

そんな中で得たコミュニケーションスキルをいち早く発揮できる職種は『営業職』です。

対人的な仕事をしていると、様々良いことや嫌なことがありますが、うまく行った時はかなり嬉しいです。

達成感を味わうことができます。

また、売上を向上させるためにどうすれば良いのかを常に考えるのが営業で、いろんなことを試行錯誤し、継続するスキルが必須です。

そのような理由から、営業職はオススメの職種になります。

代表的な会社

  • カゴメ株式会社
  • サントリーホールディングス
  • 花王株式会社
  • ライオン株式会社

転職理由の例

製造オペレーターをする上で培った、『継続するスキル』でいかに売上を作って行くかを常に考え、『コミュニケーションスキル』でお客様に最善の提案ができる、そのような仕事をしたいと考えて志望させていただきました。

製造オペレーターから転職先おすすめ②:接客業

製造オペレーターから転職先おすすめ2つ目は『接客業』です。

接客業はコミュニケーションスキルが必須になります。

先ほども触れましたが、製造オペレーターはコミュニケーションスキルがありますので、接客業は特に女性にオススメできる職種になります。

また、日々いろんな人と接することができるので、ストレスを感じることなく仕事をすることができます。

いろんな人と接する中で、様々な価値観・考えを持った人と出会うことができますので、さらにスキルアップすることができます。

代表的な会社

  • ユニクロ
  • マクドナルド
  • スターバックス

転職理由の例

私は『コミュニケーションスキル』が長けています。

日々の製造オペレーターの仕事を通して、ラインの進捗確認や報連相の徹底を実施する中で、身に着けました。

このスキルを活かし、お客様の困っていることの解決、お客様を笑顔にしたいと考え志望させていただきました。

製造オペレーターから接客業への転職体験談

私が転職先としてなぜ接客業を選んだかというのは、接客業をする人間は、きちんと自分の気持ちを言葉にして相手に伝えようとする人が多いのを私は今までのアルバイトを経験し知っていました。

製造業に多い、気に入らなければ言葉でなく態度や陰湿ないじめをしてくるような人間が少ないのを知っていたので、自分は接客業のほうが好きだと思い、改めて転職しました。

接客業でいろんな人に接したいと思ったのも転職理由です。

▶︎接客業で募集中のおすすめ求人はコチラ

製造オペレーターから接客業への転職体験談

私は結婚後のことや週末に休める条件を考える必要がなければ、このまま製造の仕事は続けたくありませんでしたので、転職先について検討した結果、本当に自分がしたい仕事は接客業だと気づきました。

現在は花嫁様の衣装をサポートする貸衣装部門を担当しており、華やかなドレスや着物に囲まれ、笑顔でお客様に接する仕事にやりがいを感じました。

自分の長所である、笑顔を役立てられる場所で働きたいと思ったのが一番の転職理由です。

▶︎接客業で募集中のおすすめ求人はコチラ

製造オペレーターから転職先おすすめ③:事務職

製造オペレーターから転職先おすすめ3つ目は『事務職』です。

事務職といっても、様々な仕事がありますが、主に書類整理や、データ入力、資料作成、サポート業務、電話応対がメインになります。

製造オペレーターの『生産効率を意識するスキル』を活かせるのが事務職の仕事です。

特にエクセルやWord等のパソコンでの作業が多くありますので、いかに確実に早くこなすかを考える製造オペレーターの人にとって、アピールもしやすい職種だと言えます。

『コミュニケーションスキル』を駆使し、対人的な電話対応やサポート業務にも対応することもできます。

代表的な会社

  • トヨタ自動車
  • 楽天
  • Amazon

転職理由の例

前職で製造オペレーターを経験し、その中でデータを入力作業があり、いかに効率よく・確実にこなせるかを考えていました。

そこで身に着けた『生産効率を意識するスキル』を活かし、私の能力を発揮できるのではないかと考え、志望しました。

製造オペレーターから転職先おすすめ④:物流業

製造オペレーターから転職先おすすめ4つ目は『物流業』です。

物流の主な仕事は、運送業務に加え、倉庫での商品整理や積み込み作業、出荷に伴う作業全般があります。

倉庫内の作業が多数ありますので、自分のペースで作業をこなしたいと考える人に向いている職種と言えます。

『生産効率を意識するスキル』があれば、作業効率化を図ったり、業務の質を向上させたり、仕事の評価に直結することが多く、やりがいをもって仕事ができる環境です。

代表的な会社

  • 日本通運
  • ヤマトホールディングス
  • SGホールディングス

転職理由の例

私たちが生活するうえで必ず関わる職種である物流の仕事で、世の中に貢献したいと考え志望しました。

製造オペレーターの仕事をする中で培った『生産効率を意識するスキル』を駆使し、作業効率を上げることができます。

製造オペレーターから運輸業への転職体験談

場所や業種はそこまでこだわりは無かったので、都心に近い場所での転職を検討しており、たまたま求人サイトで見つけて応募したところ採用されたという経緯です。

倉庫業という事で単調な作業とみられがちですが、工場ではそもそも自分が何を作っているのかイマイチピンとこないものを製造する仕事だった為、直接お客とやりとりするのが初めてで私の中では新鮮でした。

フォークリフトの免許も会社で取らせて貰いました。手に職という程ではありませんが、工場での学校のようにガチガチの規則、世間知らずな幼いままの思考の上司達と定年まで一緒と考えるとこちらのほうが気が楽だと思いました。

▶︎運輸業で募集中のおすすめ求人はコチラ

製造オペレーターから転職先おすすめ⑤:部品組付工

製造オペレーターから部品組付工への転職体験談

Q、製造オペレーターから転職しようと思った理由

プリント基盤に部品製造オペレーターから転職しようとした理由は、単純作業で何もスキルが付かない事と体力的にキツくなってきた事、将来的に台湾や韓国や中国に奪われる業界になると思われたからです。

ボーナスも6年間出なくて給料もアップしなくなった事も要因の一つで、会社の売り上げも段々下がっていたので倒産するのも時間の問題だと考えたからです。

人間関係も良く無くてストレスも溜まり仕事にも影響するようになり、製造しているプリント基盤の種類も近い将来的に確実に衰退していく業界団体だと思ったため転職を決めました。

Q、なぜ部品組付工に転職したのか転職理由

国内の製造業は近い将来台湾や韓国や中国に追い抜かれる産業だと思ったので異業種に転職して将来性がある業界に転職したかったからです。

少しでも会社のDX化が進んでいる企業で働いて見たい気持ちも有りましたし、自分の能力を進化出来て社会に貢献したかった、企業自体に将来性はある企業に入社したかったからです。

製造業などのブルーカラーの職種からホワイトカラーの職種に転職したかったからという理由と、少しでも給料が上がる会社に入り働き甲斐がある環境で仕事がしたかったからです。

コンプライアンスがしっかりとしており、組織的にもシッカリしている企業に入りたかったことと成長している会社に入りたかったことも転職理由です。

▶︎部品組付工で募集中のおすすめ求人はコチラ

製造オペレーターから転職先おすすめ⑥:電気工事士

製造オペレーターから電気工事士への転職体験談

Q、製造オペレーターから転職しようと思った理由

車の仕事に携わりたいと思っていた私は、大手車メーカーの下請け企業のエンジンの製造オペレーターとして仕事をしていました。

実際に手を動かして、私が作ったものが日本、あるいは世界のものの一部になっていると思うとすごくやる気に満ち溢れていましたが、コロナが流行って材料不足、evが普及しようとする中でエンジンが敷いたられる中、仕事の量が激減。

残業でまかなっていた生活費が少しずつ貯金を切り崩すようになり、このままではまずい、会社がなくなったらどうしようとか毎日不安になるようになったころ、帰休という週に働くのが4日になりこれは本格的にやばいと思ったためです。

Q、なぜ電気工事士に転職したのか転職理由

エンジンを作る過程でマシンを使用し、たまに修理するために電気配線をしてい私は、会社からの支援があったため電気工事士の資格も取得していました。

そのため、電気の分野で何か仕事ができないか、また手を動か家仕事がないか探していたところdodaエージェントに相談しました。

電気関係の仕事についていれば、製造オペレーターであまり見につくものがなかった私でも役に立て、一生なくならない仕事であることを教えられ、エージェントの言葉に納得し転職を決意しました。

電気工事関係の仕事は高齢化が目に見えており、次の働き手となる人を探しているそんな企業を紹介してもらい実際にアポをとって会社面接をかねて、仕事の紹介をしてもらい、すんなりと採用していただけました。

給与は元が地方だったためか、基本給が思っていたよりも高いこと、住宅手当がでたこと、自動車ではないが、人が生きるながで使用されるエレベーターの修理点検をすることで、本来の私の希望の人の役に立つことが可能でした。

▶︎電気工事士で募集中のおすすめ求人はコチラ

製造オペレーターからの転職必勝のコツ3選

ここまで様々なことについて紹介してきましたが、転職する上でコツってあるの?と思う方いらっしゃると思います。

そこで、製造オペレーターから転職をするうえで、私の実体験をふまえて、転職先を勝ち取るコツを3つほど紹介していきます。

自己分析を徹底的に行う

1つ目は、当たり前のことですが『自己分析』をしっかりと実施することです。

ここで転職が成功するか失敗するかが決まってきます。

まずは、自分が何をしたいのかを明確にし、そこから分解して考えていくのがオススメです。

自分の長所・短所、スキル等を一度紙に書きだし、志望する分野でどう活かせるかを明確に説明できるようになれば、採用に一歩近付くことができます!

意外と多くの方が徹底できていないので、大きな差が出る部分ですよ!

常に前向きでいる

転職活動をする中で、「書類審査」や「面接」といった合否を判断される機会が増えてきます。

初めはなかなかうまくいかず、自分を否定されているような気持ちになります。

その回数が増えれば増えるほど、気持ちが落ち込んできます。

ですが、その辛い出来事も、全て自分の成長につなげるという前向きな考えで、辛いという気持ちも軽減されます。

逆に自分に不足している部分はどこだろう?と自信を見つめなおすことができれば、採用に大きく近づくことができます。

決して下向きにはならないでください!

仕事をしながら転職活動を行う

心の安定という意味で、必ず収入源がある状態で転職活動をしてください!

中には、仕事を完全に辞めてからしっかりと転職活動に臨む方もいますが、うまくいかずに気持ちが落ち込んでしまうと、収入がないという不安もプラスされてさらに落ち込んでしまい、最終的に何もしたくないという状態になる可能性があります。

働きながらだと忙しくなりますが、今後自分はこうなりたい!という気持ちがあれば乗り越えられます。

これら3つには実は普段製造オペレーターとして働く中で重要な要素が含まれています。

自分を客観的に見つめることで、さらに自身のレベルアップにつなげることができます!

製造オペレーターからの転職先をもっと知るには?

上記で述べた内容だけではなく、転職コンサルタントにサポートしてもらいながら転職活動ができる、『転職エージェント』を利用すると、自身の希望に沿った企業を紹介してもらえますし、もちろん無料で利用できます。

転職エージェントに相談して初めてわかるような自身の長所や特徴もあります。

特に未経験職種に転職を考えている人は利用するのがオススメです。

代表的な転職エージェントを紹介します。

マイナビエージェント

転職エージェントおすすめ マイナビ

マイナビエージェントはマイナビが運営する無料のエージェントで、転職活動で発生する応募書類の添削や、企業との交渉を代行して行ってくれるサービスです。

具体的な流れとしては、「転職状況のヒアリング」→「求人紹介」→「書類添削。模擬面接」となっており、転職活動をサポートくれます。

マイナビエージェントでは、20代~30代までの第二新卒向けの求人(特に中小企業が中心)が多く、サポートに熱意が感じられ、丁寧な印象があります。

若い世代から圧倒的な支持があります。初めて転職される人にオススメです。

あなたの相談に対して、きっと親身になってサポートしてくれますよ!

書類選考通過率No.1のマイナビ

↓マイナビの詳細はコチラ

 

求人の豊富さ○ 約5万件(業界No.2)
対象年齢層20代〜30代前半
書類選考通過率◎ 極めて高い
年収アップ率○ 高い

書類選考通過率No.1マイナビ詳細はコチラ

doda

転職エージェントおすすめ doda

dodaは「パーソルキャリア株式会社」が運営する総合型転職エージェントです。

流れとしてはマイナビエージェントとほとんど同じですが、dodaの特徴としては求人数が業界トップクラスで、「非公開求人」からも紹介されるので希望する仕事が見つかりやすいということと、30代以上の求人が多いということです。

担当者のレベルも高いと言われており、製造オペレーターの方が全く違った職種に転職しようと考えている人も相談することで、的確なアドバイス・求人紹介をしてもらえます。

当サイト利用者数No.1のdoda

↓dodaの詳細はコチラ

 

求人の豊富さ◎ 約9万件(極めて多い)
対象年齢層20代〜50代
書類選考通過率○ やや高い
年収アップ率◎ 極めて高い

登録者数No.1のdoda詳細はコチラ

ぜひ今回紹介したマイナビやdodaの転職エージェントを活用して、製造オペレーターからの転職を成功させていただければ幸いです。

マイナビエージェントの特徴

驚異の書類選考通過率50%!

求人を厳選して紹介してもらえる!

親身な対応で面談満足度が高い!

dodaの特徴

求人数96,000件以上(※業界最大級)

転職満足度No.1の親身な対応!

北海道~九州全国に面談拠点あり!

-技術職の転職

\ PR /

Copyright© 転職エージェントマニア.com , 2022 All Rights Reserved.