転職活動

税理士法人から転職したい人必見!転職先おすすめ4選【元税理士監修】

投稿日:

税理士法人から転職したい人必見!転職先おすすめ4選

「税理士事務所辞めたい」
「給料も安いのに毎日忙しい」
「退職する人が多くて引き継ぎに時間が取られる」
「税理士資格の勉強をしたいのに、時間的にも体力的にも余裕が無い」
…etc

こんな悩みを持ちながら税理士法人で働いている人もいるのではないでしょうか。

私は5年ほど税理士法人で働いていたのですが、毎日22時に帰り土日も出勤するという生活で体調を崩してしまいました。

税理士法人の仕事は忙しく責任が重い仕事なため転職する人が多く、別の税理士法人へ転職する人もいますが、スキルを活かして他の仕事へ転職する人もいます。

今回は、税理士法人からの転職先おすすめ4選を転職理由と共に紹介しますので、税理士法人を辞めたい人・税理士法人から転職したいと考えている人はぜひ参考にして頂ければ幸いです。

【最終更新日.2022年1月19日】

税理士法人を辞めたい理由

税理士法人を辞めたい理由

税理士法人を辞めたい理由は、以下が挙げられます。

給料が安いのに忙しい

税務以外の仕事もやらされる

人の入れ替わりが激しい

人間関係が悪い

それぞれ解説していきます。

給料が安いのに忙しい

会社が利益を上げるためには、人件費を抑える必要があります。そのため、担当を持っていない人や無資格者は給料が安くなることがあります。

また、格安で税理士業務をする事務所が増えたことで、顧問料の値下げが多くなっており、利益を上げるために業務量が増えています。

そのため給料は安いが忙しく残業続きになり、ブラックな働き方になることがあります。みなし残業を取り入れている事務所も多いため、残業が多くなっても給料が安いということが起きています。

私が新卒で入社した税理士法人は、みなし残業を取り入れていたことやボーナスもなかったため年収が250万円ほどしかなく、一般企業に就職したほうがよかったと後悔する日々でした。

税理士法人から転職したい理由

前職の税理士法人では税理士資格を取るべく勉強をしながら税理士補助業務を行っていました。

しかし結局のところ、税理士資格を取ったとしても法人の経営権のある取締役になって共同代表にならないと安い給料でいいように使われて終わるだけだということがわかり、民間企業に転職して偉くなった方がコスパ的に良いと気がついたため転職を決めました。

税務以外の仕事もやらされる

税理士法人で働くと、勉強しなければならないことの多さに驚きます。お客様からは毎日多種多様な相談がくるため調べながら対応しなければなりません。

また、社会保険について質問が来ることも多いため労務の知識も必要です。社会保険の申請や給料の計算をすることもあります。

私が在籍していた税理士法人は人事がいなかったため新卒採用や中途採用も兼務して任されており、当然その間もお客様からの連絡がくるため人事の業務が終わったらすぐにお客様の対応をしていました。

人の入れ替わりが激しい

税理士法人の仕事は退職率が高いです。なぜなら決算や確定申告など、基本となる業務はほかの事務所でも同じなため、待遇が良い事務所へ流れていくからです。

給料が安いけど業務量が多い、というブラックな働き方になりやすいため、若い人の退職率が高く、退職率が高いと、入社してすぐに大量の引き継ぎが行われるため、いきなり忙しくなります。

無資格で経験が少ない人でも、人材不足であるため担当がつくことがあります。

人間関係が悪い

人材の移り変わりが激しい税理士法人ですが、中には何年も同じ事務所に留まる人もいます。

留まる人は面倒見が良い人が多いわけではなく、効率重視で自分の仕事以外には興味が無い人もいます。

仕事を押し付けられることや、質問をしても塩対応されることもあります。お局様がいる事務所もあるため、人間関係で悩んでいる人も多いです。

所長が全てを管理しているところも多いため、所長との相性が悪い場合は速やかに退職することをおすすめします。

税理士法人から転職したい理由

指導係が定まっておらず、指導内容が人によりバラバラで統一されておらず、かつ、お局様の逆鱗に触れた人は、非常に肩身の狭い思いをすることになるため転職を考えました。

また、業務のノルマが重く、ノルマ達成の表彰があると同時に、ノルマを達成出来なかった人への訓令、勧告が朝礼の際にあり、常にストレスを感じながらの業務について行けないと感じたので転職を決意しました。

税理士法人で働くことで身につくスキル

税理士法人で働くことで身につくスキル

税理士法人の仕事は専門的ではありますが、転職して他の仕事でも役立つスキルが身につきます。

会計の知識が身につく

税理士法人の主な仕事は会計資料を作り、決算や確定申告をすることですから、そ自然と会計の知識が身につきます。

決算書を読むスキルが上がるため、決算書分析も少し勉強することでできるようになります。

様々な業種の経営を知る事ができる

お客様の業種は多種多様で、飲食業や美容室、製造業、病院などがあります。

税理士法人で働くことにより、様々な業種の経営方法を知る事ができるため、将来起業したい人にとっては、良い勉強になります。

事務処理能力があがる

税理士法人では、お客様対応以外は会計資料の作成などの事務仕事をするため、自然と事務処理能力が上がっていきます。

Excelを使ってデータ集計している事務所もあるため、Excelのスキルも上がり、他の会社に転職する時も役に立ちます。

税理士事務所の経験を活かして起業もアリ

税理士法人で税理についてたくさんの経験をしてある程度の知識はつけられれば、自分で独立をしてみたいと思う方は独立も一つの手段です。

30歳,40歳のような節目の年齢で新しいことに挑戦してみたいという夢がある方はチャレンジしてみるのも良いでしょう。

結婚していて子供もいるので経済的に楽になりたい、自分の時間が欲しいという理由で組織から抜けて自分の力でお金を稼いでいくという道を選ぶ人もいます。

具体的な事業内容としては、税に関するコンサルタント会社を設立し、中小企業などに色々なアドバイスをするというやり方が主流です。

税理士法人から転職先おすすめ①:税理士法人

税理士法人から転職先おすすめ①:税理士法人

税理士としてキャリアアップを目指す方は、待遇が良い他の税理士事務所へ転職することがおすすめです。

常にどこの税理士事務所も人手不足なため、決算や確定申告など一通り経験がある人は転職活動を行うと引く手数多と言えるでしょう。

特に税理士資格の科目である、法人税や所得税に合格している人は、一目置かれます。

今は決算のチェックやチームリーダーなどのやりがいがある仕事ができていなくとも、年齢関係なく役割を与えられることがあります。

私が在籍していた税理士法人では、法人税を科目合格していた20代の人が入社早々に大型クライアントの担当になったり、決算チェックを任されたりしていました。

おすすめの税理士法人転職先

・デロイトトーマツ税理士法人
・税理士法人名南経営
・アタックス税理士法人
・ベンチャーサポート税理士法人

税理士法人から転職理由例文

今の事務所では起業家支援を中心に従事しており、確定申告、決算などの経験があり、簿記論と財務諸表論は合格しており、今は法人税の科目合格の為に日々勉強しております。

貴事務所では、お客様のグローバル化の支援に力をいれており、他の事務所では経験できないことにも挑戦ができると感じました。

プロの税理士として貴事務所へ貢献したいと思います。

▶︎税理士法人のおすすめ転職先求人はコチラ

税理士法人から転職先おすすめ②:保険会社

税理士法人から転職先おすすめ②:保険会社

税理士法人から転職先おすすめとして保険会社もお勧めです。

保険会社は歩合制の仕事で、営業を行うためには幅広い知識が必要のため、税理士事務所で培った節税の話までできると営業に信頼が生まれます。

法人への節税対策の一つとして、生命保険の加入をすすめることがありますが、会計事務所の売上の中で、生命保険の紹介は大きな割合を占めるため、力を入れている事務所も多くあります。

事務所によっては自分が担当しているお客様が生命保険に加入することで、報酬をもらえるところもあるため、生命保険に詳しい税理士が多く在籍しています。

保険会社のおすすめ転職先

・プルデンシャル生命保険
・ジブラルタ生命保険
・日本生命
・第一生命

税理士法人から転職理由例文

私は税理士法人で働いているとき、全てのお客様へ保険の提案をいたしました。保険を活用することで、節税と共に会社の未来を守るお手伝いをしてきました。貴社へ入社した場合は、お客様へ寄り添った働き方をしていきたいと思います。

▶︎生命保険会社のおすすめ転職先求人はコチラ

税理士法人から転職先おすすめ③:一般企業の経理

税理士法人から転職先おすすめ③:経理

税理士法人の事務仕事が苦ではない人は、一般企業の経理へ転職することをおすすめします。

決算書をつくることや、1年間の税金の流れを税理士事務所で学んでいると、経理部門への転職で有利に働きます。

決算書は日々のお金の流れを会計ソフトへ仕訳していくことでできあがっていきますが、税理士法人の中には担当を持たず補助業務として一日中仕訳をする人もいます。

税理士法人では担当を持っている人の方が優遇されるため、補助業務をしている人は担当を持っている人よりも年収が低くなるため、一般企業の経理へ転職することで、年収アップを望めるでしょう。

税理士法人から転職体験談


(40歳男性)

現在の会社は、転職エージェントでちょうど経理課長の求人を見つけた会社で、給料的にも前職よりも多少良くなる見込みがたったため転職しました。

特に税理士資格を保有していなくとも問題はなかったため、税務申告の実務経験をかって頂き何とか転職することができました。

基本的な経理業務はこなせるので、今のところ問題なく仕事はできています。

▶︎一般企業経理のおすすめ転職先求人はコチラ

税理士法人から転職体験談

(37歳女性)

確定申告の時期は休めなかったため、安定して休める残業の少ない会社を探しました。

経理の経験を活かして自分の時間がきちんと確保できる会社だと思い応募すると採用担当の方がとても良い方だったので、この会社なら不安なく仕事ができると思いました。

税理士事務所はとてもやり甲斐のある仕事でしたが、緊張感がものすごくあり、きつい面も多々あり、今の会社は精神的には緩い面もあり、無理して働くより体調面を優先させている和やかな雰囲気を感じました。

柔らかい雰囲気が私にとっては長く続けられる要素でしたので転職して満足しています。

▶︎一般企業経理のおすすめ転職先求人はコチラ

税理士法人から転職理由例文

私は税理士事務所で会計を学びました。決算や確定申告の補助から、法定調書の作成調整などを経験しております。

貴社では、税理士法人で培った知識を使い経理部門で貢献したいと思います。

▶︎一般企業経理のおすすめ転職先求人はコチラ

税理士法人から転職先おすすめ④:経営コンサルタント

税理士法人から転職先おすすめ④:経営コンサルタント

税理士法人からより経営に携わりたい時は、経営コンサルタントを転職先として視野にいれることをおすすめします。

税理士法人の仕事は決算や確定申告をして税金の申告をするだけではなく、節税の対策はもちろんのこと、決算書分析や日々の数値目標の管理、経営者のメンターとして良き相談役となる必要があります。

提案型の税理士と呼ばれ、心の支えになることが求められています。しかし、企業の売り上げなどに深くアドバイスしたいときは、税理士ではなく経営コンサルタントになる必要があります。

税理士事務所だと税金の申告に時間が取られてしまい1社にさほど時間をかけることができないため、経営コンサルタントに転職すると、より深く顧客の経営に携わることができます。

経営コンサルおすすめの転職先

・アクセンチュア
・デロイト トーマツ コンサルティング
・ボストンコンサルティンググループ
・アビームコンサルティング

税理士法人から転職理由例文

私は税理士法人で30社ほど経営支援を経験し、飲食業や美容業、製造業など、多くの経営サポートをしてまいりました。

しかし、経営改善などの「攻め」の支援ではなく、節税などの「守り」の支援が多かったため、本質的な経営改善ができませんでした。

経営者が抱える数々の課題をより多くの側面からサポートしたいと思い、経営コンサルタントを志望しました。

貴社では、「攻め」にも「守り」にも強いコンサルタントとして活躍したいと思います。

▶︎経営コンサルのおすすめ転職先求人はコチラ

税理士法人から転職した体験談

今まで経験のない分野で経理の仕事を挑戦してみたいと思ったため経営コンサルを志望しました。

税理士のみならず、法律関係のエキスパートである弁護士や、司法書士、社会保険労務士、行政書士、宅建士等、さまざまな分野の業務に携わることで、多くの実務経験を学ばせて頂きたいと思ったのが理由です。

税理士に留まらず様々な分野での知識と経験を培って、将来的に、自分で起業したいと考えたため転職を決意しました。

▶︎経営コンサルのおすすめ転職先求人はコチラ

税理士法人からの転職必勝のコツ3選

税理士法人からの転職必勝のコツ3選

転職する時期に気をつける

賞与をもらう時期や3月〜4月の年度末は多くの求人が出ます。そのため、一般企業へ転職を目指す人は1~3月が目安といえます。

税理士の勉強をしてから転職をする人は、税理士の試験を受けた後に資格の専門学校などに出ている求人を見ることをおすすめします。

私が税理士法人で人事をやっていたときは、テストが終わった人たちへ会社説明会の呼びかけをしたことがあり、多くの税理法人が、税理士の試験が終わったときに自事務所のアピールをしていました。

転職する理由を明確化する

転職活動における面接では、キャリアアップなどのポジティブな理由を自己分析で見つけアピールすることが大切です。

面接官は、ネガティブな転職理由を嫌います。例えばうつ病になってしまったことや人間関係が悪くて転職することは、面接の時に言わない方が無難です。

例えブラックな職場にいるとしても、その中で得られたものが絶対にあります。経験を深堀りしてブラッシュアップすることで面接官を納得させることができるでしょう。

自分の長所をアピールする

今まで行ってきた仕事を棚卸しすることが転職では必要です。棚卸しをすることで、志望している会社で経験を生かす方法が見えてきます。

例えば税理法人の仕事では会計に詳しくなることだけではなく、経営者とのコミュニケーションスキルもアピールすることができます。

多方面から今までの仕事を分析してアピールできるものを見つける必要があり、面接では同じ長所を使いまわすのではなく、志望している会社によって変えることが必要になります。

税理士法人からの転職先をもっと知るには?

税理士法人からの転職先をもっと知るには?

転職を決めたときに、初めにやることは求人サイトを見ることです。しかし、その中から自分に合った会社を探すことは非常に大変な作業になります。

もし、日々の仕事が忙しく、転職へのモチベーションが下がってしまうときは、転職エージェントを活用することをおすすめします。

▼転職エージェントの仕組み

転職エージェントとは、企業から人材を紹介してほしいと依頼され、そのニーズに見合った人を見つけ、紹介する人のことで、転職希望者は完全無料で利用することができるので、登録するだけでサービスを受けることができます。

今回は数ある中でも税理士法人からの転職に強い「マイナビエージェント」と「doda」の特徴を紹介します。

マイナビエージェント

転職エージェントおすすめ マイナビ

マイナビエージェントは業界大手のマイナビが運営している転職エージェントで、業界職種問わず税理士法人から転職する人の実績を多く持っています。

マイナビの特徴について挙げると、

首都圏や関西圏に強い

20代〜30代前半に強い

1973年設立の老舗会社

初めての転職や第二新卒の人に強い

上記のような特徴が挙げられ、特に書類選考通過率の高さには定評がある転職エージェントです。

20代や30代前半までに税理士法人から転職したい人は、未経験OKの求人を多く紹介してもらえますのでぜひオンライン面談を受けてみることをおすすめします。

書類選考通過率No.1のマイナビ

↓マイナビの詳細はコチラ

 

求人の豊富さ○ 約5万件(業界No.2)
対象年齢層20代〜30代前半
書類選考通過率◎ 極めて高い
年収アップ率○ 高い

書類選考通過率No.1マイナビ詳細はコチラ

dodaエージェント

転職エージェントおすすめ doda

dodaエージェントは、業界最大手のパーソルキャリアが運営している転職エージェントで、その圧倒的な求人数で多くの転職者実績を誇っています。

dodaの特徴としては、

業界専任のキャリアアドバイザー

求人数が多い(※10万件近い)

幅広い年齢層の転職社に対応

面接対策などのサポートが充実

転職フェアなどのイベントが多い

上記のような特徴を持っており、マイナビと違って30代後半〜50代のような中堅ミドル層の転職実績も豊富に持っているのが特徴です。

dodaエージェントは関東・関西などに求人が偏っていることはなく、全国地方でも豊富な求人を紹介してもらえますので、まずはオンライン面談で希望の転職先について相談してみましょう。

当サイト利用者数No.1のdoda

↓dodaの詳細はコチラ

 

求人の豊富さ◎ 約9万件(極めて多い)
対象年齢層20代〜50代
書類選考通過率○ やや高い
年収アップ率◎ 極めて高い

登録者数No.1のdoda詳細はコチラ

マイナビエージェントの特徴

驚異の書類選考通過率50%!

求人を厳選して紹介してもらえる!

親身な対応で面談満足度が高い!

dodaの特徴

求人数96,000件以上(※業界最大級)

転職満足度No.1の親身な対応!

北海道~九州全国に面談拠点あり!

-転職活動

\ PR /

Copyright© 転職エージェントマニア.com , 2022 All Rights Reserved.