メーカーの転職・就職

食品メーカーから転職したい人必見!おすすめの転職先7選

投稿日:

食品メーカーからの転職でおすすめの転職先について、異業種含めてまとめてご紹介いたします。

現在は食品メーカーの営業職や研究開発職としてとして働いているけども、

・給料が低い
・業務にやりがいが見出せない
・人間関係で困っている
…etc

などの理由で転職を考えている方も多いのではないでしょうか。

食品メーカーからの転職を考える上でまず最初にぶつかる壁は、転職先を「同じ食品業界」にするのか「他の業界」にするのかということですよね。

今回ご紹介するおすすめの転職先を見て頂くことで、迷っている方の進むべき道が明確になり、どのような転職活動をすればいいのか分かるようになるでしょう。

実際に私自身も約3年間、食品メーカーの営業として勤務後、他業界への営業に転職しました。そこで得た知見をぜひともみなさんの転職活動に活かして頂きます。

食品業界営業マン

【2021年12月16日最終更新】

食品メーカーから転職したい・辞めたい理由

転職したい

食品メーカーから転職したい・辞めたいと思う理由について実際に食品メーカーから転職した人の体験談を元に転職理由・退職理由を紹介いたします。

衛生管理が厳しすぎる

24歳男性:生産管理

食品製造の規格を取得するため衛生管理がより厳しくなり香水禁止、服装も会社で必ず着替えないといけないし、社用外出時も着替え靴も分けたり決まりが厳しくなった。

ポケットもなく何をすのも休憩時はいちいちロッカーまで行かないといけないし、記録用紙に記入時もペンが皆共有で嫌だった。

給料も基本給が安い上に残業もなく生活していけないと判断したため転職を決意しました。

体力・精神的にきつい(繁忙期)

28歳女性:生産管理

食品メーカーは売り上げの浮き沈みが激しく、流行り廃りで業績が日々変化するので将来が不安になったことが一番の理由です。

私がいた会社は生産から販売まで行っていたため、繁忙期は本社勤務の従業員もヘルプで販売店や工場に行かなくてはなりません。

繁忙期は体力、精神的にとても大変だったことが食品めーかーを辞めた理由の一つです。

競合他社と差別化できない

27歳男性:営業職

商品の単価競争に巻き込まれており、営業先でも中々商品の優位性を提案できない。

大手チェーンへの納品も昔はできていたが、入り込む余地もなくなっている。

街の小売店向けに営業を掛けているがキャパそのものが小さく、売り上げ増加につながらない。

前年より新規取引先獲得を求められるが正直新規出店自体が少なく手の打ちようがなくなっているため転職を決意。

勤務時間が長すぎる

28歳女性:営業職

新卒で食品メーカーに就職し営業として約6年働きましたが、朝早く、夜遅い状態が慢性化していたたため転職しようと考えました。

出社が7時頃で退社が21時頃が普通で、お客さまであるスーパーや小売店の都合に合わせて動くため、商談や納品が早朝だったり深夜だったりということもありました。

残業代はみなしで算定されている以外は支払われないため転職しようと思いました。

資格を活かして働きたい

60歳男性:生産管理職

食品衛生管理者と第一種衛生管理者の資格を所有していますが、勤めていた食品メーカーではこの資格を活かす職種に配属されませんでした。

自分の持っている資格を活用できる職場に転職するととしました。

上記のように、様々な理由で食品メーカーから転職しようと考えている人が多いことが分かります。

食品メーカーで働くことで身につくスキル

おすすめの転職先を紹介する前に、食品メーカーで働くことで身につくスキルについて「営業職」「研究開発職」の職種ごとに紹介していきます。

食品業界は競合の激しい業界なので、どの職種においてもスピード感のある対応が求められることも多いという点も念頭に置いておきましょう。

営業職

食品メーカーの営業職で身につくスキルは「交渉力」です。

食品メーカーの営業は顧客と自社との間に立ち、双方に対して調整をすることが少なくありませんよね。

その際に顧客からの要望と自社内でできることをうまく調整して対応しなければならないので、社内外に対しての「交渉力」が身につきます。

研究開発職

研究開発職の身につくスキルは「専門的な知識」です。

研究開発職の職務内容は営業からの要望に応じて、新商品の開発を行ったり、データの取得をしたりするものですよね。

そういった対応をする中で「専門的な知識」が身に付くだけでんかう「専門的な知識」によって営業を技術的な面でサポートするスキルも身についているでしょう。

食品メーカーからの転職先おすすめ厳選7選

ではここからは、具体的に食品メーカーから転職先としてどのようが業界・職種がおすすめなのか厳選して解説して参ります。

最初にお伝えしておくと、やはり食品メーカー出身の人は同業界、もしくは異業界の"メーカー"に転職して活躍する人が多い印象です。

実際に食品メーカーから転職した方々の転職体験談も併せてご紹介いたしますので、ぜひ転職活動の情報収集としてご参考頂ければ幸いです。

食品メーカーからの転職先①:同業界の競合他社

「今の会社はイヤだけど、同じく食品業界で働きたい!」と思っている方には、競合他社への転職がおすすめです。

中途採用で転職希望者を迎える企業側としては、競合他社の情報やノウハウ等を持った社員が入ってきてくれるのは大きなメリットなので、同業界であれば職務内容も似ていて転職後の会社の業務に慣れるのも早いでしょう。

食品メーカーは業界全体としてあまり給料が高くないという不満を持っている方もいるかと思いますが、業界の中でもかなりの大手である、

✅サントリーホールディングス
✅味の素
✅明治
✅キリン
✅アサヒ
✅カゴメ

などであれば確実に年収アップを実現できるのではないでしょうか。

志望動機の例としては「今の業界・職務は自分に合っているという点について述べつつ、同じ業界で働いてきた経験の中で感じた」というように、今の会社より優れている点や今の会社にはない点についてアピールするのがいいでしょう。

▶︎大手食品メーカーの求人を紹介してもらいたい方はコチラ

食品メーカーからの転職先②:自動車メーカー

自動車メーカー(エンジニア)

食品メーカーの生産管理として働いていた人は、同じメーカーという共通点を活かして自動車メーカーのオペレーターや秘書に転職するという選択肢もあります。

生産管理として働いていたのであれば、工場勤務として機械オペレーターに転職することができますし、営業出身であれば秘書に転職することも可能です。

実際に転職した方の体験談を紹介します。

食品メーカーから転職体験談

24歳男性(生産管理)
→自動車メーカーエンジニアへ転職

もともと工具を使用しての機械作業をするのが小さいころから好きで、油汚れも苦にならずオペレーターとして機械を稼働させるのも得意でした。

機械修理をして直していくもの好きなので転職するときはオペレーターを中心に仕事を探していたところ、近所に自動車部品メーカーの会社がたまたま求人を募集していたので応募しました。

その会社は日本の自動車メーカー全社に部品を納入してるため、1社納入の企業より安定しており、社員数も多く工場も3拠点あり、設備拡張のために社員募集していたのでこれからまだまだ成長していく会社でした。

家からも近く、前の会社ではなかった残業もあり従業員も同年代の男性が多い会社で見学に行った時も雰囲気が良かったので、この会社に転職しました。

▶︎自動車メーカーで募集中の求人をチェックする

食品メーカーから転職体験談

28歳女性(営業)
→自動車メーカーの秘書へ転職

自動車業界は日本の代表的な業界なので1度勤務してみたいと以前から思っていたことと、車が好きだったことも転職理由の一つです。

自動車業界も省エネやエコカーなどで日々変化していますが、私の転職した会社は自動車の部品だけではなく医療福祉関係や化粧品など幅広く取り扱っていました。

もしひとつの部門の業績が下がっても他でカバーするだけの体力を持ち合わせていて長く安心して勤めることができると思いましたし、自動車部品についても変化に合わせた開発を行っていて将来性があると確信しました。

入社前には東京で行われたモーターショーに行き、会社のブースを訪ね説明員の方から展示品や会社について丁寧に説明をして頂き、とても素晴しく是非一緒に働いてみたいと思い転職を決めました。

▶︎自動車メーカーで募集中の求人をチェックする

自動車メーカーの代表的な企業例を挙げると、

✅トヨタ自動車
✅日産自動車
✅マツダ
✅スバル

などが挙げられ、いずれも日本を代表する自動車メーカーとして働くことができれば、大きなやりがいを感じることができるでしょう。

志望動機の例としては「食品メーカーで働いていた経験を活かしたい。自動車が好き。」という点をアピールすると評価してもらえやすくなります。

▶︎自動車メーカーで募集中の求人をチェックする

食品メーカーからの転職先③:医薬品・化学メーカー

食品メーカーの研究開発職は、専門性が高く、勤続年数が長ければ長いほど職種や業界を大きく変えるのが難しくなります。

とはいえ業界を変えるのがまったくもって不可能な訳ではなく、比較的近しい領域のバイオ系である、医薬品・化学メーカーであれば、今までの知識やスキルを活かし活躍できるでしょう。

医薬品メーカーと化学メーカーの代表的な企業例を挙げると、

<医薬品メーカー>
✅第一三共
✅アステラス製薬
✅エーザイ
✅武田薬品工業
✅塩野義製薬

<化学メーカー>
✅三菱ケミカル
✅富士フィルム
✅積水化学工業
✅住友化学
✅信越化学工業

などが挙げられ、いずれも食品メーカーの給与水準をはるかに上回っているので、大きな年収アップが実現できますね。

志望動機の例としては「培ってきた知識やスキルが活かせるという点に加え、食品業界よりも研究領域や世間に与えるインパクトがはるかに大きい」という点をアピールすると評価してもらえやすくなります。

▶︎医薬品・化学メーカーの求人を紹介してもらいたい方はコチラ

食品メーカーからの転職先④:製造業メーカー

製造業メーカー

食品メーカーからの転職先の一つとして、製造業メーカー(品質保証部)に転職して働くという選択肢もあります。

製造業は企業によっては年間休日も120日以上と多く、ある程度休日も決められているためプライベートのスケジュールが立てやすいという特徴もあります。

食品メーカーから転職体験談

工場勤務

28歳男性(生産管理)
→製造メーカー品質保証部へ転職

世界的にも名の知れたメーカーであり、規模も大きく勤務体系もしっかりしておりワークライフバランスが良いと思った。

従業員の数も多いので、部署ごとにしっかりと業務をこなすことに集中できる環境が揃っている。中小企業のようにあれもこれも業務に追われることが少ない。

製造メーカーの工場勤務なので、年間休日も125日以上あり、稼働日も年間スケジュールが決まっているためプライベートの予定も立てやすい。

給与面も転職組が不利な立場にはなく、成果をしっかり積み上げていくことで給与も上がっていく体系になっている。

品質保証部での業務はライン作業ではないので、時間に追われることはなく、効率よくスケジュールを組み業務を進めることがが出来ると感じた。

▶︎製造メーカーで募集中の求人をチェックする

食品メーカーからの転職先⑤:IT・WEBベンチャー

食品メーカーの営業の業務においてはルーチンワークが多くなりがちです。

加えて食品業界は非常に安定した業界ですが、今後規模が急激に増大したり、大きな変化があるということがあまり考えられにくい業界でもあるため、そう退屈に感じてしまっている方も少なくないはず。

そんな方にはIT・WEBベンチャーがおすすめで、IT・WEB業界は今後もさらなる拡大や変化が起きる可能性が高いですし、そうなれば新たな業務もどんどん舞い込んでくるでしょう。

変化の多い業界ですので柔軟でスピード感のある対応が求められますが、食品メーカーの営業として社内外問わず柔軟に交渉をしてきた経験が必ず活かせる筈です。

代表的な企業としては、

✅楽天
✅ヤフー
✅サイバーエージェント
✅DeNA
✅LINE

などが挙げられ、志望動機の例としては「食品業界よりも発展性がある点や、ボトムアップでより裁量のある仕事ができる点」をアピールすると良いでしょう。

▶︎IT・WEBベンチャーの求人を紹介してもらいたい方はコチラ

食品メーカーからの転職先⑥:システムエンジニア

食品メーカーの営業はある程度の商品知識とコミュニケーション能力があれば成立するので「専門性があまりない仕事なんじゃないか」と思ってしまっている方もいるのではないでしょうか。

そんな方にはシステムエンジニア(SE)がおすすめです。

SEは慢性的な人手不足で今後も需要がある状態が続いていくことが予想されるため、未経験でもプログラミングを学んだ後に転職先を紹介してもらえるスクールも非常に多くあります。

SEは専門性の高いスキルを身につけることができるので、誰にでもできる営業とは違って、手に職がついたと実感できる可能性も高いです。

また、SEは一日中作業をしているわけではなく、社内でのミーティングや顧客対応も必要になりますので、営業で培ったコミュニケーション能力も評価されやすいでしょう。

代表的な企業としては、

✅Google
✅NTTデータ
✅富士通
✅NEC
✅日立製作所

などが挙げられ、志望動機の例としては「より専門性の高い知識を身につけたいという点や、今後も求められる人材になりたい」という点をアピールすると良いでしょう。

▶︎未経験OKのシステムエンジニア求人を紹介してもらいたい方はコチラ

食品メーカーからの転職先⑦:カーディーラーの営業職

中古車販売(ディーラー)

食品メーカーで営業として活躍していた人の中で、自動車が好きという人はカーディラーの営業マンに転職して活躍する人もいます。

実際に食品メーカーの営業職として6年間働いて退職し、中古車カーディラーへの転職を果たした28歳男性の転職体験談をご紹介いたします。

食品メーカーから転職体験談

営業自体は嫌いではなかった為、何か物を売る仕事をしたいと思い中古車販売業を選びました。

車は趣味でマイカーのカスタムをしたり、自動車関連の雑誌を読むのが好きだったので、転職先として新車ディーラーや中古車ディーラーを視野に入れて転職活動をしていました。

現在転職した会社は商品のジャンル毎に特化した店舗展開をしている会社で、現在私はSUVを専門的に扱う店舗で働いています。

他にも輸入車専門だったり、ミニバン専門だったりとジャンル毎で店舗が分かれているので商品知識についても多くを覚える必要がないこともメリットだと感じています。

何より、きちんと残業代か支払われることと、営業成果に応じてかなりの額の販売手当や報奨金がもらえることが非常に魅力的です。

▶︎カーディーラーで募集中の求人をチェックする

食品メーカーからの転職先企業をもっと探す方法

今回は4種類の食品メーカーからの転職先を具体的な企業例を挙げながら紹介して参りましたが、まだまだ転職先候補としてピンときていない方もいるかと思います。

食品メーカーからの転職先をより詳細に探す方法としては、食品メーカーからの転職に強い転職エージェントを活用することが間違いなく一番の近道といえます。

転職エージェントはあなたの希望や、転職して叶えたいキャリアに応じた転職先を紹介してくれますので、理想の転職先を見つけるために手厚くサポートしてくれる筈です。

▼転職エージェントの仕組み

また、転職先を紹介してくれるだけでなく、紹介された企業の書類選考に通るための書類添削や推薦状の作成、面接に通過するための面接対策から内定後の年収交渉まで転職活動全てをサポートしてもらえます。

数ある転職エージェントの中でも大手の「doda」と「マイナビエージェント」に関しては、圧倒的な求人数と親身なサポートの両方を共存させていますので、まず転職活動において利用すべき転職エージェントといえます。

当サイト利用者数No.1のdoda

↓dodaの詳細はコチラ

✅転職者の利用満足度No.1
✅全国の求人数約90,000件(※業界1位)
✅プレミアムオファーで書類選考免除

登録者数No.1のdoda詳細はコチラ

書類選考通過率No.1のマイナビ

↓マイナビの詳細はコチラ

✅転職者の利用満足度No.1
✅全国の求人数約7万件(※業界最大級)
✅書類選考通過率驚異の40~50%超

書類選考通過率No.1マイナビ詳細はコチラ

実際に私も転職活動の際にdodaとマイナビを利用して転職したのですが、自分の興味のあった業界・職種やそれ以外の転職先候補も20社以上担当キャリアアドバイザーの方に紹介してもらえました。

▼実際にdodaで紹介してもらった求人

食品メーカーから転職したい人が利用した実績も多数ありますので、ぜひまずはdodaで転職について相談してみましょう(※対象エリアは全国なので地方の方でも安心して大丈夫です)。

\登録者数1,200人突破!!/

転職実績No.1のdoda公式HPはコチラ

>>doda公式HP詳細はコチラ<<
✅全国の求人数100,000件以上(業界No.1)
✅業界専任キャリアアドバイザーの親身なサポート

\登録者数900人突破!!/

書類選考通過率No.1マイナビエージェント公式HPはコチラ

>>マイナビエージェント公式HPはコチラ<<
✅圧倒的な書類選考通過率
✅全国の求人数70,000件以上(業界最大級)

ぜひ転職エージェントを活用して、今回紹介した食品メーカーからのおすすめ転職先の内定を獲得しましょう!

dodaの特徴

求人数96,000件以上(※業界最大級)

転職満足度No.1の親身な対応!

北海道~九州全国に面談拠点あり!

マイナビエージェントの特徴

驚異の書類選考通過率50%!

求人を厳選して紹介してもらえる!

親身な対応で面談満足度が高い!

-メーカーの転職・就職

\ PR /

Copyright© 転職エージェントマニア.com , 2022 All Rights Reserved.