メーカーの転職・就職 転職活動

資生堂の転職難易度は?営業など職種別年収や面接評判

投稿日:

資生堂は、化粧品大手のメーカーとして海外でも事業展開しているグローバル企業です。

国内でも有名な大手企業であり、転職を希望する方も多くいらっしゃるでしょう。

大手の有名企業であり、転職を検討するにあたっては、以下のような疑問や悩みをお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

  • 資生堂への転職難易度ってどうなんだろう?
  • 資生堂への転職はうまくいくのかな?
  • 求人はどうやって探せばいいんだろう?

本記事では、資生堂への転職について、転職難易度や実際に転職した人の口コミ、転職後の平均年収などを解説していきます。

最後までお読みいただくことで、資生堂への転職難易度や平均年収、面接で聞かれる質問などが把握できるので、ぜひ、ご一読下さい。

資生堂の転職実績No.1マイナビ

↓マイナビの詳細はコチラ

✅転職者の利用満足度No.1
✅全国の求人数約5万件(※業界3位)
✅優秀なキャリアアドバイザー多数在籍

マイナビの詳細はコチラ

資生堂の会社概要と事業内容

 まずは、資生堂の会社概要と事業内容をご紹介していきます。

社名 株式会社 資生堂
設立年月日 1927年
本店所在地 東京都中央区銀座7-5-5
本社所在地 東京都港区東新橋1-6-2
資本金 645億円
事業内容 スキンケア、メイクアップ、フレグランスなどの化粧品を中心とした事業、レストラン事業、教育・保育事業など
従業員数 40,000人

資生堂は、会社設立が1927年(昭和2年)ですが、創業は1872年(明治5年)と非常に歴史のある企業です。

化粧品のイメージが強いですが、レストラン事業や教育・保育事業など、幅広く事業を展開しており、グループ会社も84社と非常に多く、日本を代表する企業です。

資生堂の転職難易度は?

大前提として、資生堂への転職難易度は高いと考えておくべきでしょう。

新卒の市場でも高学歴者でないと入社することが難しい企業です。

中途採用の場合、学歴だけでなく即戦力も求められます。

そのため、かなり高いスキルや経験が求められると考えておいてください。

では、資生堂への転職難易度について、実際に募集されている職種別に確認していくと下記のように分類されます。

所属部門 ポジション 仕事内容 難易度
プレミアムブランド事業本部 ブランドマネージャー
  • 日本市場における、消費者インサイト・市場環境の変化・各市場における最新トレンド・競合状況を踏まえたブランドの目標を達成するためのブランド戦略・マーケティング戦略を立案。
  • ステークホルダー・関連部署とディスカッションしながら、エグゼキューションプランを立案・推進・実行。
  • 周囲を巻き込みながら変革を起こせるマーケッターの育成。

(引用:資生堂HP)

資生堂ジャパン ロジスティクス部 グループマネジャー
  • 西日本物流センターの総務と経理の運用構築と実行
  • 隣接する茨木工場と総務全般の調整と実行
  • 庫内の執務環境の整備、安全衛生的な労働環境の構築
  • 地震、台風、津波などエリアの災害リスクの準備と対応
  • 工場や取引先との経理処理の実行
  • 予算に対する実績の管理

(引用:資生堂HP)

オムニエクスペリエンス推進部 グループマネジャー 全社横断の下記のデジタルプロジェクトを推進する

  • オンラインカウンセリングの全国展開
  • Iot商品開発
  • オンラインコミュニティーの立ち上げ
  • サービスマッチングの構築
  • 新規アプリ(ブランド横断のプラットフォーム)の開発
  • その他各種デジタルプロジェクト【デジタルプロジェクト一例】
  • LIVESTREAMING、LIVE COUNSELINGのツールを選定し、導入
  • ブランドのSNSローカルアカウントの立ち上げサポート
  • QRコードのVMDへの展開(分析環境の整備)
  • 店頭BCのサーベイ機能の立ち上げ など

(引用:資生堂HP)

オムニエクスペリエンス推進部 テクノロジーコンテンツG グループマネジャー デジタルコンテンツ開発プロジェクトのマネジメント

  • テクノロジーを活用した体験型のデジタルコンテンツが主な対象
    例えば、肌診断やそれを活用したオーダーメイド化粧品販売サービス、似合う色診断、バーチャルメイクコンテンツなど
  • 企画、設計、開発、運用の全てにかかわるが、特にブランド価値を向上させる体験の企画、それを実現するためのと機能要件定義を重視
  • ビジネス、デジタル、Eコマース、研究など社内関連部門との調整、外部ベンダーへのディレクションを実施・上記コンテンツ開発に必要となる新規テクノロジーの探索、開発または導入、管理

(引用:資生堂HP)

▶︎資生堂の転職について相談したい方はコチラ

資生堂に転職する人に多い出身会社

資生堂は、国内のみならず海外でも積極的な事業展開を行っているグローバル企業です。

営業系だけでなく、化粧品の研究開発などの仕事もあるため、以下のような業界や職種からの転職者が多い傾向にあります。

  • グローバル企業…求人によっては英語を必須とする部署やポジションもあるため、「外資系企業」出身の方の転職者の評価は高い
  • 同業種の他企業…同業種である大手化粧品メーカーからの転職も、これまでの経験を評価されやすい
  • 研究開発職…良い化粧品開発の現場を求めて転職される方も多い

▶︎異業種から資生堂の転職について相談してみる

資生堂に転職後の職種別平均年収は?

2019年度の有価証券報告書によると、資生堂の平均年収は約717万円です。

一般的なサラリーマンの平均年収である約400万円(参照:国税庁)と比較すると、かなり高い年収が期待できますね。

では、職種別の年収はどのようになっているのでしょうか。

資生堂での職種別の年収は以下のようになっています。

セールス(営業)系

  • 30代前半 男性 法人営業 主任クラス 815万円
  • 40代前半 女性 個人営業 主任クラス 850万円

マーケティング

  • 20代後半 女性 600万円

生産技術・生産管理

  • 20代前半 男性 500万円

品質管理・品質保証

  • 50代 女性 課長クラス 900万円

▶︎資生堂の転職について相談したい方はコチラ

資生堂に転職面接は難しい?面接評判口コミ

実際に転職した人が、資生堂の面接でどのような質問を受けたのか、口コミをもとにご紹介していきます。

口コミは、実際に面接を受けた人の意見なので、面接対策する際の参考にしてみてください。

【印象に残った質問1】

学生時代に頑張ったことはなんですか?

【印象に残った質問2】

どんな商品を作りたいですか?

【面接の概要】

面接は三回。

1次グループ面接。

2次個人。

3次個人。

雰囲気は至って和やかで落ち着いて話をすることができる。

人によっては個人差があるだろうが私の担当してくれた方は終始にこやかで話を親身になって聴いてくれた。

基本的に圧迫して面接してくる人はいないと思われる。

【面接を受ける方へのアドバイス】

なんで資生堂でないといけないのかというところが深く掘られるので事前に準備が大切かと思われる。

(引用:転職会議)

【印象に残った質問1】

学生時代に力を入れていたこと

【印象に残った質問2】

志望動機

【面接の概要】

はじめにグループディスカッションがあり、4人1組ぐらいでグループを作りました。

その後個人面接をして、SPIなどの試験を受け面接終了。

【面接を受ける方へのアドバイス】

試験というよりも、個人面接が1番決めてだと思いました。

グループディスカッションの重要性はあまり感じられ無かったのですが、詳細はわかりません。

もしこれから受ける方がおりましたら参考にしてください。

(引用:転職会議)

【印象に残った質問1】

英語で志望理由を言って下さい

【印象に残った質問2】

後から来たお客様が、急いでるので先にして下さい、と言ってこられたらどうするか

【面接の概要】

20分程度でエントリーシートと同じような質問を中心に進みました。

自分が話したことに対して、深く聞かれました。

英語学科である事を話すと、英語での志望理由をと、言われたので語学力をアピールする場合は、ある程度話せた方が良いと思いました。

また、逆質問は無しと、面接時に言われました。

【面接を受ける方へのアドバイス】

笑顔が一番大事だと感じました。

(引用:転職会議

資生堂への転職を成功確率を高める方法

資生堂は、世界的にも有名なグローバル企業で、転職者に求められるスキルや経験は非常に高いです。

そのため、資生堂への転職難易度は高いと考えておくべきでしょう。

また、資生堂のような大企業は、求人情報を非公開にしているケースも多くあります。

したがって、資生堂への転職を成功させるなら、転職エージェントを有効に活用することがおすすめです。

転職エージェントでは、一般に公開されていない非公開求人を多く扱っていたり、専任のアドバイザーが応募書類の添削や面接対策を行ってくれたり、転職活動をしっかりサポートしてくれます。

転職エージェントで扱う非公開求人は、全体の約80%を占めますので、資生堂の求人を見つけることができるできるかもしれません。

資生堂への転職を成功させるためにも、転職エージェントの利用は効果的。

中でもマイナビエージェントJACリクルートメントは資生堂の転職実績も豊富に持っています。

資生堂の転職実績No.1マイナビ

↓マイナビの詳細はコチラ

✅転職者の利用満足度No.1
✅全国の求人数約5万件(※業界3位)
✅優秀なキャリアアドバイザー多数在籍

マイナビの詳細はコチラ

転職エージェントを活用して、資生堂への転職を成功させましょう!

マイナビエージェントの特徴

驚異の書類選考通過率50%!

求人を厳選して紹介してもらえる!

親身な対応で面談満足度が高い!

JACリクルートメントの特徴

業界No.3の売上高で急成長中

30代〜40代のミドル・ハイクラス層に強い(※20代の支援実績も多数)

一気通貫型でスピーディーな対応

リクルートエージェントの特徴

非公開求人数170,000件以上

成功実績NO.1の充実したサポート

業界・職種の専門知識をもったキャリアアドバイザーの圧倒的サポート

-メーカーの転職・就職, 転職活動

PR

親身さがウリ!面談満足度の高い優良おすすめ転職エージェント

フリーター向け就職エージェントおすすめランキングTOP10

既卒の就職エージェントおすすめランキング【既卒就活生必見】

就職Shopの評判!ブラック企業の求人しか紹介されない?

パソナキャリアに断られた!なぜ?断られない転職エージェント

【就職Shop vs DYM就職】口コミ評判!面談や求人の違いは?

Copyright© 転職エージェントマニア.com , 2021 All Rights Reserved.