転職活動

【Uターン転職】志望動機・転職理由例文7選&作成のコツ

投稿日:

地元に帰りたい、Uターン転職・Uターン就職を考えているあなたに向けて、Uターン転職・就職の志望動機・転職理由の作り方のコツを4つの例文と共に解説します。

例えば、「なぜ地元に戻って転職しようと考えられたのですか?」と聞かれた時に、

「家庭の事情で地元に戻る必要があるので」

と単純な返答をしてしまったら、採用される確率は非常に低くなります。

では、採用される確率が高くなる志望動機・転職理由とはどのようなものなのでしょうか?

地方企業の採用担当者がどこに着目して評価しているかという点についても、キャリアアドバイザーとして採用の裏側に携わってきた経験をもとにご紹介していきます。

地方別おすすめ転職エージェント一覧まとめ【47都道府県】


最終編集日.2020年4月23日

Uターン転職の志望動機作成時の注意点

Uターン転職をするにあたっての志望動機を作成する際には、以下の注意点に気をつけて作成するようにしましょう。

家庭の事情を前面に押し出しすぎない

親に帰って来て欲しいと言われたから×

都会での生活を下手に自慢しすぎない

都会での暮らしに疲れたことは言わない

地元でまったりと生活したいと思っている

上記のような志望動機は、たとえあなたが心の中で地元に帰りたい理由として本心で思っていたとしても、面接の場で発言してはNGです。

なぜかというと、面接を行う企業側の立場に立って考えると、あなたが地元に帰りたいと思う理由は"極論"どうでもよくて、結局のところあなたが入社した後に活躍してくれるかどうかを知りたいからなんですね。

そのため、地元へのUターン転職であろうと東京での転職であろうと面接の場で発言すべき志望動機は、

あなたにどんな経験・スキルがあるのか

その経験・スキルが入社後どう活かせるのか

入社してすぐ辞めずに長い間働き続けるのか

上記3点の転職活動の志望動機における「超王道」な志望動機を用意しておくことが、結果的にUターン転職成功に繋がっていくことを覚えておきましょう。

Uターン転職の志望動機・転職理由例文まとめ

ではいよいよ、Uターン転職の転職活動で使える志望動機・転職理由の例文を7つご紹介して参ります。

まず大前提として、Uターン転職で志望動機を答える際は「Uターン先の地に腰を据えて一から学び直したい」くらいの勢いでアピールする必要があります。

ここが弱ければ、また東京に戻ってしまうという不安に駆られてしまうので、腰を据える前提で、地元では経験できないような強みがあることをバランスよくアピールできるのが理想です。

Uターン転職志望動機①:地元に貢献したい想いを押し出す

Uターン転職・就職志望動機例文

前職では東京のIT企業でWEBディレクターとして勤めていました。

今回、家庭の事情でUターンするにあたり、私が今まで培ってきた技術を活かして地元に貢献したく、貴社の求人に応募させていただきました。

貴社が手掛けている○○事業は他県にはないサービスで以前から大変魅力的に感じていました。

貴社のサービス企画に携わることで、○○県の魅力を全国に広めていきたいと思っております。

Uターン転職志望動機作成のポイント

「地元に帰りたい理由」はあなた個人の理由のため、採用企業には何の関係もありません。

ですので、だらだらと家庭の事情を並べたり、都会のデメリットを強調することはネガティブな印象になりますので、このように一文程度に止めましょう。

そのうえで「地元」と「会社」の両方に貢献したいという想いを伝えられると、好印象を抱かれるでしょう。

▶︎Uターン転職に強い!地方別の転職エージェントおすすめはコチラ【全国版】

Uターン転職志望動機②:企業との繋がりをアピールする

Uターン転職・就職志望動機例文

今回地元である○○で転職先を探すにあたり、以前参加した○○高校の同窓会で○○先生から「○○は環境に優しい製品を作っているだけではなく、社員のみなさんがとても生き生きと働いていて素晴らしい」と話してくれたことがきかっけで貴社を知ることとなりました。

○○先生の仰る通り、貴社の経営理念はとても素晴らしいものであり、街でお見かけする社員の皆さんも温かい方ばかりで、私も貴社の一員となって働きたいという想いが強くなり、応募させていただきました。

志望動機作成のポイント

地方では良くも悪くも「人との繋がり」を大切にしています。

あなたの知人が応募先企業の役員と友人や同級生だった場合、企業を知るきっかけとなった理由として志望動機に加えるのも一つの方法でしょう。

共通の知り合いがきっかけで話が盛り上がることもありますし、最終的な採用の判断基準として、何かしら企業と繋がりのある人が選ばれる傾向があります。

▶︎Uターン転職に強い!地方別の転職エージェントおすすめはコチラ【全国版】

Uターン転職志望動機③:キャリアよりも長く働いてくれる人が求められる

Uターン転職・就職志望動機例文

私は、5歳から○○町の○○チームで野球を始め、上京後も大学野球、社会人野球と、23年間野球を続けて参りました。

野球を通じて学んだチームワークや一つのことを粘り強く続ける忍耐力には自信があります。

前職でもこの二つを大切にして日々営業活動に邁進して参りました。

その結果、お客様からの信頼を得ることができ、このような実績を残すことができたと自負しております。

貴社に入社させていただいた暁には、人との繋がりを大切にし、地元である○○に長く貢献できるように尽力いたします。

定年まで勤め上げたいと思っておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

Uターン転職志望動機作成のポイント

Uターン転職では、学歴やキャリアなどといった経歴よりも、より長くその企業で働いてくれる人を求める傾向が高いです。

この例文では、野球を通じて学んだ「忍耐力」と「チーム精神」を持っていることをアピールし、地方企業の考え方にフィットする人材であることを伝えています。

▶︎Uターン転職に強い!地方別の転職エージェントおすすめはコチラ【全国版】

Uターン転職志望動機④:東京で得たスキルをアピールする

Uターン転職・就職志望動機・転職理由例文

私は○○県出身であり、いつか地元に戻りたいという気持ちをずっと持ちながら働いてきました。

そんな中、今回貴社の求人を拝見し、私がこれまで東京で培った経験を活かすことができ、さらに違う業種に幅を広げられるスキルアップのチャンスになると感じました。

現職ではプロジェクトマネージャーとして20名以上のプロジェクトをマネジメントした経験がございます。

2019年にはPMPの資格を取得しております。

このような経験やスキルを活かし、即戦力として貴社の新規プロジェクトに関わりたいと思い、志望いたしました、

Uターン転職志望動機作成のポイント

都会では、地方企業では経験できないようなさまざまな経験をしてきているはずです。

そのような都会で得たスキルは、地方企業にとっては非常に魅力的で、なんとしてでも欲しい!と思われる人材であったりするのです。

その企業が欲しているスキルは何なのか?をしっかり分析したうえで、採用担当者の心を動かせるようなスキルをアピールしましょう。

参考:転職活動の面接で聞かれる質問30選!質問意図と回答ポイントも

Uターン転職志望動機⑤:地元の活性化に貢献したい

Uターン転職・就職志望動機・転職理由例文

新卒入社をしてから5年間、東京で商業施設の土地開発に携わってきました。

東京で仕事をしていく中で故郷を懐かしく思うことが増え、身につけた知識やスキルを活かして地元に戻って地元の活性化に貢献したいという思いが強くなり転職を決意しました。

ファミリー層が多いこの地で家族のコミュニケーションがより深まるような街づくりに携わりたいと思い、貴社を志望いたしました。

Uターン転職志望動機作成ポイント

Uターン転職を意識したきっかけを志望動機に結び付けることで志の強さを採用担当者へアピールすることができます。

前職の経験をどう活かしていきたいか具体的に伝えることで、志望動機をより明確なものにすることができます(「家族のコミュニケーションがより深まるような街づくりに携わりたい」の部分)。

▶︎Uターン転職に強い!地方別の転職エージェントおすすめはコチラ【全国版】

Uターン転職志望動機⑥:地元で働くために東京で学んできた

Uターン転職・就職志望動機・転職理由例文

大学在籍時からいずれは生まれ育った地元に戻ってこようと考えていたため、地元に貢献できる就職先として観光業に就きました。

東京も人気の観光地の一つではありますが、それ以上に外国人は、着物や日本料理、伝統的家屋など、日本の伝統的な文化を見たい・触れたいと思って旅行に来ている人が多いということが分かりました。

そこで、現在は国内旅行がメインのこの地に外国人を呼び込み、地方から日本の良さを発信していきたいと考え貴社を志望いたしました。

Uターン転職志望動機作成ポイント

突発的にUターン転職を決めたわけではなく地元に戻ることを前提に東京で働いていたことを伝えることで、地元に対する強い気持ち、長く働く意志があることをアピールすることができます。

東京で得た経験をもとに仕事でやり遂げたいことを明確に伝えることで、自分がより一層力を発揮できるということをアピールできるでしょう。

▶︎Uターン転職に強い!地方別の転職エージェントおすすめはコチラ【全国版】

Uターン転職志望動機⑦:事業内容に興味を持った

Uターン転職・就職志望動機・転職理由例文

転職にあたり、東京だけではなく幅広い地域を対象に転職活動をはじめました。さまざまな求人を目にする中で貴社の●●事業に興味を持ち、志望いたしました。

私は前職では●●事業に立ち上げから携わり、担当していた5年間目標の120%以上の売上を達成し続けてきましたので、これまで培ってきた営業スキルは貴社の●●事業の拡大に貢献できると考えております。

マネジメント経験もありますので将来的にはこの経験を活かし、プレイングマネージャーとして活躍できるように人一倍努力を重ねていきたいです。ぜひよろしくお願いいたします。

Uターン転職志望動機作成ポイント

具体的にどのような仕事で会社に貢献できるかアピールすることで、会社にとって必要な人材であることを伝えることができます。

また、将来のビジョンを伝えることで、長く働く意志があること、将来性がある人材であることをアピールできます。

▶︎Uターン転職に強い!地方別の転職エージェントおすすめはコチラ【全国版】

Uターン転職は後悔する?失敗が多い?

2020年現在、Uターン転職を希望している人は年々増えてきており、実際に転職して地元に帰る人も増えている現状です。

しかし、安易にUターン転職を決断した結果、転職した後になって、

✅やっぱり転職しなければ良かった
✅失敗した
✅後悔した

という声があることも事実です。

目先のことだけでなく、将来も見据えた上でUターン転職を決断することは当然のことですが、なかなか転職後のことを予想するのは難しかったりしますよね。

事前にUターン転職して失敗した体験談を把握することで少しでも転職失敗を回避することはできる筈なので、ぜひ下記も併せてお読みいただければと思います。

Uターン転職は後悔する?失敗しないための”3つ”のポイント

また、Uターン転職をする際は地元企業の情報をより多く集めることは"必須"ですので、地方ごとの地元に強い転職エージェントを利用することをお勧めします。

地方別おすすめ転職エージェント一覧まとめ【47都道府県】

dodaの特徴

求人数96,000件以上(※業界最大級)

転職満足度No.1の親身な対応!

北海道~九州全国に面談拠点あり!

マイナビエージェントの特徴

驚異の書類選考通過率50%!

求人を厳選して紹介してもらえる!

親身な対応で面談満足度が高い!

リクルートエージェントの特徴

非公開求人数170,000件以上

成功実績NO.1の充実したサポート

業界・職種の専門知識をもったキャリアアドバイザーの圧倒的サポート

-転職活動

PR

親身さがウリ!面談満足度の高い優良おすすめ転職エージェント

フリーター向け就職エージェントおすすめランキングTOP10

既卒の就職エージェントおすすめランキング【既卒就活生必見】

就職Shopの評判!ブラック企業の求人しか紹介されない?

パソナキャリアに断られた!なぜ?断られない転職エージェント

【就職Shop vs DYM就職】口コミ評判!面談や求人の違いは?

Copyright© 転職エージェントマニア.com , 2020 All Rights Reserved.