リクルートエージェント・DODAなど転職エージェントの評判を徹底比較

転職エージェントマニア.com

転職活動

東京から福岡にUターン転職するメリット・デメリット【経験者】

投稿日:

スポンサードリンク

東京から福岡にUターン・Iターン転職したいけど、「転職事情はどうなのかな?」「求人はあるのかな?」など、疑問に思っていることもあるのではないでしょうか。

以下のような理由で福岡にUターン転職したいと考えている人が多くいます。


・いずれ福岡へ戻ることを決めているけど"今"な気がする
・東京での生活に飽きた、地元が恋しくなってきた
・子どもが生まれたので地元に戻って子育てと仕事を両立させたい
・自分のキャリアを活かして地元福岡に恩返ししたい
・スタートアップ企業で働きたい
etc…

今回は転職活動を始める前に知っておきたい福岡の転職事情、福岡にUターン転職するメリット・デメリット、Uターン転職を成功させるためのコツなどを解説します。

実際に私自身が東京での5年間の仕事から福岡へUターンして感じた実体験も交えてお話いたしますので、ぜひ参考にしてください。


スポンサードリンク

福岡のUターン転職最新事情

厚生労働省の調査「直近の雇用関係指標」によると、都道府県別の全国平均有効求人数31万件に対して福岡県には平均よりも2倍以上の求人数があり、東京・大阪・愛知に次いで全国4位の求人を有しています。


(出展:「福岡労働局公式より」)

業種別に見ると、建設、製造、医療・介護、飲食等の業種では求人倍率が2倍~4倍以上と高く、福岡でも人材不足であることが分かります。

福岡でUターン転職するメリット

九州で最も高い平均年収

厚生労働省の調査「賃金構造基本統計調査」によると、2019年の福岡県の平均年収は290万5千円で、九州・沖縄地方では最も高い平均年収です。

東京に比べて年収が多少ダウンする可能性もありますが、後述の生活コストが低くなる点を考慮すると決して少なくはない年収です。

東京よりも生活コストが低い

道府県別の1LDK家賃相場によると、最新の福岡県の家賃相場は7.62万円で東京都の19.12万円と比較して11.5万円低くなります。

家賃の他にも食料(34位)・光熱費(17位)等の物価も東京と比較すると圧倒的に低くなるため、生活コストが下がり暮らしやすく感じるでしょう。

激務な職場が少ない

日本のビジネスの中心である東京・大阪の企業と比較すると穏やかな企業が多く、残業や休日出勤も控えめで激務な職場はあまりありません。

スポンサードリンク

ビジネスの最前線で働くこともメリットではありますが、結婚・出産・介護等、ライフイベントの変化により家庭で過ごす時間を多く持ちたい方にとっては大きなメリットとなるでしょう。

成長企業で働ける可能性が高い

全国に20ある政令指定都市の中で、福岡市の人口増加数は74,761人(H22年10月〜H27年10月の増加数)で政令指定都市1位の人口増加数です。

また、人口のうち19.5%を若者が占めていて、同じく政令指定都市中1位です。

地方では人口減が叫ばれている中で逆をいく活気に溢れた県であり、今後も企業の成長や誘致が期待されています。

国家戦略特区で働ける

福岡県は国家戦略特区の『グローバル創業・雇用創出特区』に指定されています。

※国家戦略特区とは・・・「国や地方公共団体と民間の企業がひとつとなってあるプロジェクトに取り組む」というシステムのこと

創業の特区として、スタートアップをしたい人・スタートアップを支援したい人が交流できる施設が設立されています。

成長性の高い事業計画に補助金を交付する『福岡市ステップアップ助成事業』など、起業を支援するための仕組みと環境が用意されています。

福岡でUターン転職するデメリット

東京と比べて平均年収が低い

厚生労働省の調査「賃金構造基本統計調査」によると、2019年の福岡県の平均年収は290万5千円、東京都の平均年収は379万円で、東京都と比較すると約90万円低くなります。

全国平均307万7千円よりも低い結果となり、東京・大阪等ビジネスの中心からUターン転職を考えている場合、今よりも年収が下がる可能性が高いでしょう。

大企業が少ない

東京と比べると大企業が少ないため、「大企業で働きたい」という方にとってはデメリットになる部分です。

全くないというわけではありませんが、東京に比べると選択肢が減るため、大企業に転職できる可能性が減ります。

付き合いが多い

福岡県ならではの風習として、誰にでも仲良く接する人が多くお祭りごとや社内外の飲み会などが東京と比較して多くなる傾向です。

会社の風習にもよりますが、お酒が好きな人も多く、お酒が苦手な人や人との繋がりが苦手な人にとっては苦痛に感じることもあるでしょう。

福岡でUターン転職を成功させるコツ

事前準備をしっかり行う

転職を成功させるためには、福岡県にUターン転職したい理由は何かを考えた上で、キャリアの棚卸し、自己分析などの事前準備をしっかり行う必要があります。

仕事は生活の大部分を占める生活の糧となりますので、失敗しないためにも目先のことだけを考えた選択をせず、中長期的なキャリアプランを考えた上で転職先を決めるようにしましょう。

自分が仕事をするうえで何を大切にしたいのか、得意なことは何か、5年後・10年後にどんな姿でありたいかをじっくりと考え自分について理解してから、自分に合った企業を探すとミスマッチが少なくなります。

Uターン転職支援制度を利用する

福岡県にはさまざまなIターン・Uターン支援制度があります。

たとえば、ベッドタウンとして人気の宗像市では未就学児童のいる世帯が市外から転入する場合、最大で13,000円の住宅補助が受けられる制度が用意されています。

また、北九州市の場合は、市外から転入して新築住宅を建てる世帯に対し、最大で50万円の補助が受けられるという制度も。

あなたが移住を考えている地方自治体で支援制度がないか確認してみましょう。

転職エージェントを複数利用する

絶対に転職を成功させたい!という方は、転職エージェントを利用することが一番です。

転職エージェントは完全無料で利用できる転職支援サービスで、求人の紹介だけではなく前述の事前準備となるキャリアカウンセリングや応募書類添削、面接対策等、転職に関するさまざまなサポートを受けることができます。

地元密着型の転職エージェントや全国展開する総合型転職エージェントなど、多くのエージェントがありますが、Uターン転職の場合はまず地元に密着した転職エージェントに登録するのがいいでしょう。

ハローワークよりも福岡の転職市場に精通した専門性の高いキャリアアドバイザーが在籍しているので、地元密着型の転職エージェントの方がお勧めです。

▶︎地元密着型の優良転職エージェントはコチラ

実録!東京から福岡のUターン転職体験談

ではここで、実際に私自身が東京から福岡へ5年の時を経てUターン転職をした実体験をお話しできればと思いますが、転職理由としては、

いずれ福岡へ戻ることを決めていた

5年間という一区切りで東京生活を満喫した

仕事の関係上拠点を移すべきだと考えた

上記3つがUターン転職することを決めた理由となります。

仕事内容としてはWEB系の仕事に従事しており、転職してもWEB系の仕事に就きたいと考えてUターンすることを決めました。

福岡は確かに東京と比較すると、企業の数は少なくなってしまいますが、最近福岡はアジアの中心として東京に本社を置くメガベンチャーの拠点が次々と開設されたり、福岡に本社を移す企業も出てきているのでそこまで不安はありませんでした。

福岡は東京と比較するとやはり就業人口が少ないため、比較的企業のニーズと求める要件に自分が合致していれば、選考に受かりやすいという特徴もあります。

事実、福岡で転職活動を行なった際に私は地元のWEBコンサルティング会社1社を受けて、2回の面接選考の後すぐに内定を獲得することができました。

働き手が少ない分一人に対する業務量は決して少ないとは言えないですが、それでも地元・福岡でやりたい仕事ができるという喜びを感じながら日々働けています。

福岡のUターン転職に強い転職エージェント

私が東京から福岡へUターン転職をする際に利用した転職エージェントは以下3社で、それぞれの特徴をお伝えして参ります。

複数の転職エージェントを活用した方が理想の転職先に出会いやすいというデータが出ているので、ぜひ複数の転職エージェントを併用されてみて下さい。

福岡転職ドットコム

福岡転職ドットコムは「福岡人による、福岡人のための転職支援」をコンセプトに展開されている、地元福岡密着型の転職エージェントです。

当然担当となるキャリアアドバイザーは全員福岡出身で人材業界出身のため、福岡という地の利を完全に理解した上で地元で働きたいという想いを実現してくれます。

紹介してもらえる会社の種類は業種・職種問わずどんなニーズにも応えられるようにカバーされており、年齢に関しても10代後半〜60代まで幅広く受け入れています。

「地元・福岡で働きたい」という想いを実現させてくれる親身な優良転職エージェントですので、福岡へのUターン転職を考えた際にまず利用すべきでしょう。

※東京に在住している場合は、電話面談で福岡の求人を紹介してもらうことが可能です。

▶︎福岡転職ドットコムの詳細はコチラ

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、就職・転職業界大手のマイナビが運営する転職エージェントで、マイナビのノウハウを活かして、第二新卒~20代の若年層をターゲットとしています。

そのため、未経験者を積極的に採用している中小企業の求人案件を充実させていることが特徴です。

福岡県内の求人は非公開求人を含めて1,455件(全国合計:35,001件)とそれほど多くはありませんが、求人の質が高く業界専任のキャリアアドバイザーから企業の内部情報や業界の現状を詳しく聞いた上で応募する求人を選ぶことができます。

▶︎マイナビの詳細はコチラ

doda

dodaは総合人材サービスパーソルキャリアが展開する、転職サイトと転職エージェント2つの機能を兼ね備えた業界最大級の総合型転職サービスです。

dodaの最大の特徴は業界トップクラスの求人数で、福岡県内の求人は公開求人のみで4,013件(全国合計:72,886件)を保有し、この他にも質の高い豊富な非公開求人を取り扱っています。

幅広い業界・世代向けの求人を取り扱っていますので、20代の方はもちろんキャリアアップを転職の目的としている30代以降の方にもおすすめのエージェントです。

▶︎doda福岡の詳細はコチラ

ぜひ今回紹介した3社は、福岡へのUターン転職を考えた際にまず相談してみることをお勧めします。

マイナビエージェントの特徴

驚異の書類選考通過率50%!

求人を厳選して紹介してもらえる!

親身な対応で面談満足度が高い!

dodaの特徴

求人数96,000件以上(※業界最大級)

転職満足度No.1の親身な対応!

北海道~九州全国に面談拠点あり!

リクルートエージェントの特徴

非公開求人数170,000件以上

成功実績NO.1の充実したサポート

業界・職種の専門知識をもったキャリアアドバイザーの圧倒的サポート

スポンサードリンク

-転職活動

PR

親身さがウリ!面談満足度の高い優良おすすめ転職エージェント

フリーター向け就職エージェントおすすめランキングTOP10

既卒の就職エージェントおすすめランキング【既卒就活生必見】

就職Shopの評判!ブラック企業の求人しか紹介されない?

パソナキャリアに断られた!なぜ?断られない転職エージェント

【就職Shop vs DYM就職】口コミ評判!面談や求人の違いは?

Copyright© 転職エージェントマニア.com , 2020 All Rights Reserved.