転職活動

スポーツ関係の仕事・職業10選まとめ【未経験転職・就職】

投稿日:

スポーツ関係の仕事に転職・就職したいけれど、具体的にどのような会社や仕事があるのか分からない状態ではありませんか?

「好きなことを仕事にしたい」
「学生時代には体育会系に所属していた」
「スポーツに関わる仕事には、どんな仕事があるのだろう?」
…etc

スポーツに関連する業界はイメージしやすいことや経験者が多いことから人気が高い業界の一つですが、実際にどのような仕事があるかはあまり知られていません。

今回はスポーツ関連の正社員の仕事や職業、資格や待遇、就職難易度などを紹介していきたいと思いますので、スポーツ関係の仕事を探されている方は必見です。

スポーツ関係の仕事・職業①:フィットネストレーナー

フィットネスクラブは最も身近なスポーツ関係の仕事で、地域のスポーツクラブでトレーナーや運営社員として、利用者がスポーツを通して健康な体づくりを行う手助けをします。

キャリアにはトレーナーとして利用者の健康増進に寄与するプロフェッショナルを目指すルートと、運営幹部としてフィットネスクラブ経営そのものに携わる2通りのルートがあります。

フィットネスクラブで働くためには特別な資格は必要ありませんが、クラブマネージャーやフィットネストレーナーなどの民間資格を取得すると就職に有利です。

基本的には平日・土日とも1日8時間程度の仕事がありますが、店舗の営業時間を超える残業はあまりなく、フィットネスクラブの平均年収は350〜400万円程度と言われています。

★具体的企業例★
✅アクトス
✅セントラルスポーツ
✅ルネサンス

▶︎フィットネストレーナーの募集中求人はコチラ

スポーツ関係の仕事・職業②:スポーツ用品販売店

スポーツ用品販売店も身近なスポーツに関わる仕事で、スポーツ用品店で顧客に最も適した道具やウェアなどを提案し、実際に購入して使用してもらう仕事です。

専門店に就職した場合は、そのスポーツ専門の知識を特に求められる仕事で、キャリアとしては運営スタッフから店長などのマネジメント層にキャリアアップするのが一般的です。

基本的に土日が繁忙期の仕事なので平日休みが中心となり、平均年収は400万〜500万といわれています。

転職・就職難易度は企業規模によって様々ですが、特に専門知識を重視されることはありません。

★具体的企業例★
✅モリヤマスポーツ
✅アルペン
✅ロンドンスポーツ

▶︎スポーツ用品販売店の募集中求人はコチラ

スポーツ関係の仕事・職業③:スポーツ用具メーカー

アスリートが使用するスポーツ用具を製造するスポーツ用具メーカーもスポーツに関わる仕事で、競技ごとに有力なメーカーが存在します。

スポーツ用品メーカーの仕事は業務によりますが、研究職や生産管理職と営業やマネジメント職によってキャリアプランが分かれます。

基本的には平日のみの仕事ですが、プロスポーツ担当になると土日も関わらず仕事がある場合があります。

平均年収は550万前後でスポーツ関連の資格取得は必須ではありませんが、人気業界なので転職・就職難易度が高いのが特徴です。

★具体的企業例★
✅ミズノ
✅シマノ
✅グローブライド

▶︎スポーツ用具メーカーの募集中求人はコチラ

スポーツ関係の仕事・職業④:アスリート専門エージェント

引退したアスリートのセカンドキャリアを支援するアスリート専門人材エージェントもスポーツに関連する仕事です。

特に近年はプロスポーツの裾野が広がったことから、20代前半で引退する選手や実業団からの転職など、様々なキャリアに関するニーズが生まれています。

勤務は平日が中心で、特に資格が必要なわけではありませんが高いコミュニケーション能力が求められる仕事で、平均年収は524万円の給与水準だと推測されます。

採用されるための要件についてはMARCHクラスの大卒であることや、大学時代に部活動で良い成績を残した実績が必要など、比較的高いといえるでしょう。

★具体的企業例★
✅アスリートプランニング
✅スポーツフィールド
✅ウィルオブ・スポーツ

▶︎アスリート専門エージェントの募集中求人はコチラ

スポーツ関係の仕事・職業⑤:スポーツ新聞の記者

スポーツの結果を報道する新聞記者もスポーツに携わる職業の一つで、試合などの結果を新聞記事にして広く読者に伝えていく仕事です。

深い洞察力と文章力、コミュニケーション力が求められる仕事で、記者としてのキャリアをまず最初に確立し、その後に編集者を目指すのが一般的なキャリアパスです。

平日・土日に関わりなく仕事があり、事件や事故を扱う部署に配属された場合は時間も関係なく働く仕事のため、平均年収は846万円と、紹介した仕事の中では最も高い水準です。

採用枠が少なく志望者多いことから、非常に難易度の高い仕事の一つと言えるでしょう。

★具体的企業例★
✅読売新聞社
✅報知新聞社
✅スポーツニッポン新聞社

▶︎スポーツ新聞の記者の募集中求人はコチラ

スポーツ関係の仕事・職業⑥:スポーツ雑誌編集者

スポール関連の雑誌やWeb媒体を発行する編集者の仕事で、スポーツ雑誌の多くは専門誌なので、専門的見地から読者に他のメディアよりも深い情報を届けます。

その特性からスポーツに対する深い見識や企画力、ライターを取りまとめるコミュニケーション力が求められます。

雑誌編集者の平均年収は出版社の平均年収である453万円とほぼ同水準であると推測されますが、新聞記者同様人気の仕事なので非常に難易度の高い仕事の一つです。

★具体的企業例★
✅小学館
✅扶桑社
✅ゴルフダイジェスト・オンライン

▶︎スポーツ雑誌編集者の募集中求人はコチラ

スポーツ関係の仕事・職業⑦:スポーツ施設運営スタッフ

スポーツの試合を行う競技場などの施設運営もスポーツ関連の仕事の一つです。

スポーツの試合だけでなく様々なイベントの運営を行い、試合やイベントの主催団体と調整し、円滑に進行する仕事です。

専門的な知識はそこまで求められませんが、準備、当日の進行や撤収までを担当するため、大勢の人や物を手配するマネジメント力を求められます。

施設管理の平均年収は350万〜400万円程度でイベントや試合開催の日程が仕事なので基本的には平日休みの仕事です。

転職・就職難易度は、認知度があまり高い仕事ではないので他の仕事に比べるとまだ低く狙い目の仕事といえるでしょう。

★具体的企業例★
✅東京ドーム
✅ニッソーサービス
✅日本オートスポーツセンター

▶︎スポーツ施設運営スタッフの募集中求人はコチラ

スポーツ関係の仕事・職業⑧:スポーツトレーナー

スポーツトレーナーはアスリートやスポーツ選手にとって大きな問題である身体のケアを通してスポーツに関わる仕事です。

スポーツトレーナーになるには柔道整復師やあん摩マッサージ指圧師、鍼灸師などの国家資格を取得し、その道のプロとしてキャリアを積んでいくのが一般的なキャリアです。

スポーツトレーナーの平均年収は570万円で休みは不定期ですが、資格を取得すればスポーツトレーナーとして就職することは比較的容易で、独立して整体院を運営する人も多くいます。

★具体的企業例★
✅ファクトリージャパングループ
✅Dr.stretch
✅iCure鍼灸接骨院

▶︎スポーツトレーナーの募集中求人はコチラ

スポーツ関係の仕事・職業⑨:スポーツコーチ

スポーツの技術を教えるコーチもスポーツに関わる仕事の一つで、子供達の指導からプロ選手の指導まで、その仕事の幅は多岐に渡ります。

資格は必須ではありませんが、スポーツクラブや商業スポーツ施設などで就職してコーチになるためには資格を取得しておいたほうが有利で、スポーツリーダーや体力テスト指導員などの資格を取得すると良いでしょう。

スポーツコーチの年収は明らかになっていませんが、例えばサッカースクールのコーチであれば350万円で求人が出ています。

休日は指導対象者がプロなのか、学生や子供なのかによって変動しますので、就職難易度についても一定の実績や資格があれば比較的容易といえるでしょう。

★具体的企業例★
✅スポーツコミュニティ
✅リーフラス
✅東大阪スタジアム

▶︎スポーツコーチの募集中求人はコチラ

スポーツ関係の仕事・職業⑩:プロチーム運営スタッフ

プロスポーツを運営する会社の社員として活躍するのもスポーツに関わる仕事の一つで、プロチーム全体のマネジメントを通してチームの勝利をサポートします。

主にはチームの運営を行う部署と、選手の育成部門と会社をマネジメントすることでスポーツビシネスを成立させる部門に分かれます。

チーム運営や育成はプロ選手のOBやスポーツマネジメントを学んだ人材でなければ就くことができませんが、マネジメント部門は資格や経験がなくても就職することができます。

平均年収は競技の種類によって異なりますが、例えばプロ野球の球団職員であれば500万円程度の年収です。

勤務時間は試合のある平日の夜や休日が中心なので、休みが多い仕事とはあまり言えませんが、知名度が高く希望者も多いことから、非常に就職難易度の高い仕事です。

★具体的企業例★
✅オリックスクラブ
✅名古屋グランパスエイト
✅ソフトバンクホークス

▶︎プロチーム運営スタッフの募集中求人はコチラ

スポーツ関係の仕事・職業に転職・就職するには?

今回紹介したようなスポーツ関係の仕事・職業への転職や就職を成功させるためには、以下3STEPを踏む必要があります。

STEP1:現在採用を行っている求人を見つける

STEP2:書類選考や面接対策の準備を行う

STEP3:選考の中で自分自身をアピールする

上記3STEPを効率的に踏んで行くためには、一人で転職活動や就職活動を行うのではなく、転職や就職のプロである転職エージェント・就職エージェントを活用すべきでしょう。

転職エージェント・就職エージェントは、現在採用を行っているスポーツ関連企業の求人の紹介から、あなたが内定を貰うための選考対策まで、全て一貫して転職活動や就職活動をサポートしてもらうことができます。

今回は数ある転職エージェント・就職エージェントの中でも、特にスポーツ関連求人に強い転職エージェント・就職エージェントを2社厳選して紹介しますので、ぜひ活用してスポーツ関連企業への転職・就職を目指しましょう。

doda

既に正社員としてどこかの会社で働いている方は「doda」の活用がおすすめです。

↓dodaの登録はコチラ

dodaは数ある転職エージェントの中でもNo.1の約10万件の求人数を誇っており、スポーツ関連の会社求人に関しても他の転職エージェントの追随を許さないレベルで豊富に取り扱っています。

今回紹介したスポーツジムのインストラクターから競技場の運営スタッフの求人まで、ありとあらゆるスポーツ関連の求人を紹介してくれることでしょう。

担当となるキャリアアドバイザーも業界別に専門が分かれているので、現在のスポーツ関連企業の人材需要や内定が取れる人の傾向まで徹底してプロの視点でサポートしてくれます。

面談場所も北海道札幌から九州の福岡天神まで地方含めて全国対応しているので、正社員として勤務経験がある方で転職活動をする場合はまずdodaを利用することをお勧めします。

▶︎dodaでスポーツ関連求人を紹介してもらう

就職Shop

まだ正社員の経験がなく、アルバイトや派遣社員など、フリーターとして非正規社員の経験しかない場合は「就職Shop」の活用がお勧めです(新卒もOK)。

↓就職Shopの登録はコチラ

前述したdodaは正社員として働いてなければ実は利用を断られてしまうことも多いのですが、就職Shopに関しては就業意欲さえあればどんな方でも求人を紹介してくれる就職エージェントです。

就職Shopを運営しているのは業界大手のリクルートグループなので、取り扱っているスポーツ関連求人数に関しても他の就職エージェントと比較して8,500社以上と頭一つ抜き出ています。

就職Shopで紹介される求人に関しては、全て書類選考パスで直接面接を行ってくれる人物重視の企業ばかりなので、これまでの経歴やスキルがなくても安心して利用して大丈夫です。

「スポーツの仕事に就きたい!」という意欲さえあれば採用してもらえる可能性も非常に高い会社ばかりなので、ぜひ未経験から就職を目指す場合は就職Shopを利用してみましょう。

▶︎就職Shopでスポーツ関連求人を紹介してもらう

※一点懸念として、就職Shopは関東・関西圏のみを対象とした就職エージェントなので、関東・関西エリア以外の方は全国に対応しているハタラクティブを代替案として利用することをお勧めします。

dodaの特徴

求人数96,000件以上(※業界最大級)

転職満足度No.1の親身な対応!

北海道~九州全国に面談拠点あり!

就職Shopの特徴

利用者数約100,000人突破

未経験歓迎の求人8,500件以上※"書類選考なし"で直接面接へ

就活のプロが個々の課題に合わせて徹底サポート

ハタラクティブの特徴

就職成功率驚異の80.4%以上!

就職支援実績150,000名以上!

関東・関西・東海・九州に支店あり

リクルートエージェントの特徴

非公開求人数170,000件以上

成功実績NO.1の充実したサポート

業界・職種の専門知識をもったキャリアアドバイザーの圧倒的サポート

-転職活動

PR

親身さがウリ!面談満足度の高い優良おすすめ転職エージェント

フリーター向け就職エージェントおすすめランキングTOP10

既卒の就職エージェントおすすめランキング【既卒就活生必見】

就職Shopの評判!ブラック企業の求人しか紹介されない?

パソナキャリアに断られた!なぜ?断られない転職エージェント

【就職Shop vs DYM就職】口コミ評判!面談や求人の違いは?

Copyright© 転職エージェントマニア.com , 2020 All Rights Reserved.