リクルートエージェント・DODAなど転職エージェントの評判を徹底比較

転職エージェントマニア.com

転職活動

コンビニのSVはブラックで激務?仕事内容や年収は?転職先も

投稿日:

コンビニのSVに興味がある皆さん、SVの仕事にどういうイメージを持っていますか?

「コンビニのSVってブラックで長時間労働。。」
「ノルマが厳しい。。」
…etc

ネットで検索すると、そんな話を一度は見かけるでしょう。

コンビニのSVに興味があっても、こんな悪い噂ばかり見かけてしまうと、SVになるか悩んでしまいますよね。

かくいう私自身は、某大手コンビニチェーンでSVとして約7年間店舗運営コンサル、経営コンサル業務を担当していました。

そこで今回はそんな私が、コンビニのSVは本当に激務なのか、仕事内容は、年収はどうなのか、リアルな体験談を交えてご紹介していきます。

コンビニSVがブラックで激務と言われる理由

はじめに、コンビニのSVがブラックだと言われる理由についてご紹介します。

主な理由は、以下の4つがあります。

24時間対応だということ

店長と本部の板挟みになってしまうこと

発注業務の提案が難しいこと

季節ごとの目標・ノルマが厳しいこと

順番に一つ一つ詳しく解説していきましょう。

ブラックの理由①:24時間対応だということ

SVは土日祝日問わず、24時間いつ稼働するかが分からない仕事です。

24時間開いている店舗を相手にするため、店舗ではいつトラブルが発生するか分かりません。

そのため、常に対応できる体制でいなければいけならず、例えば旅行中にトラブル発生の連絡を受けることもあるかもしれません。

いつ何時、稼働するかが分からないという状況からは、強いストレスを感じる場合もあります。

ブラックの理由②:店長と本部の板挟みになってしまうこと

SVには店長の要望と本部の意向で板挟みになることがあります。

日々店長からは様々な要望を受けますが、その全てに答えることはできません。

時には、店長との関係が険悪になることもあります。

本部とのフランチャイズ契約上の関係から、しょうがないことですが、頑なにならなければいけない時もあるので、板挟みになり、辛い思いをすることもあります。

ブラックの理由③:発注業務の提案が難しいこと

例えば、何かのセールがある際には、売り上げの目標を設定しますが、SVは売上目標に応じた発注を店長に提案しなければいけません。

もちろん、SVが勝手に発注することはフランチャイズ契約違反にあたりますので、店長を説得することになります。

発注の為の店長の説得とても難しい業務になるんです。

店舗が実現可能なレベルで設定された目標でも、店舗によっては前向きに受け取ってもらえずに板挟みになってしまうこともあります。

ブラックの理由④:季節商品の目標・ノルマが厳しいこと

ニュースなどで、コンビニの恵方巻きやクリスマスケーキなど季節商品のノルマ問題について一度は見たことがないでしょうか?

本来は、店舗のお得意さまに向けた商材の一つです。

お客様とのコミュニケーションを日頃からはかり、常連客が多い店舗では予約が取れます。

しかし、常連客が多い店舗ではない場合には、目標達成のためにSVの自腹などに繋がってしまうケースも発生してしまっています。

コンビニSVの仕事内容や1日の流れ

SVの仕事内容

SVの主な仕事内容は、店舗の経営コンサル運営コンサル業務ですが「経営コンサルと運営コンサル」と聞いて、ピンとこない方も多いですよね。

経営コンサルとは、店舗の利益向上のアドバイスを行う業務で、具体的には、店舗の売り上げ向上策と経費の削減策を考えます。

また、運営コンサルとは店舗の状態についてのアドバイスを行う業務で、具体的には地域に合った品揃えの提案、売り場の清掃状況などの向上策を考えます。

経営コンサル 店舗の売り上げ向上策
経費の削減策
運営コンサル 地域に合った品揃えの提案
売り場の清掃状況

経営コンサルは具体的な数字に関わる部分で、運営コンサルは直接的に数字には関わらないものの、店舗の状態をより良くするイメージですね。

SVの仕事1日の流れ

1日の主な流れは、以下の通りです。

始業後 前日までのデータ確認

データ確認後 店舗の巡回

12:00 昼食

13:00〜 店舗の巡回

18:00 退社

チェーンによって多少の差はあるかと思いますが、基本的にはこの流れです。

店舗の巡回では、直近の売り上げや経営状況、商品の陳列について店長と打ち合わせをしますが、比較的自分でスケジュールを自由に組み立てることができます。

曜日によっては本部での会議が入ることもあります。

コンビニSVの平均年収は高いのか?

コンビニSVの平均年収を年齢別に整理すると、概ね以下のようになります。

20代前半 約500万
20代後半 約550万
30代 約600万
40代 約650万
50代 約700万

もちろんチェーンによっても異なりますが、比較的他の業界と比較して平均年収は高い方だと言えるでしょう。

コンビニSVからの転職先おすすめ一覧

「SVからの転職って何があるの?」
「どんなスキルを得ることができるの?」

という疑問を多く耳にしますが、SVで得られる知識って実は多くて、様々な転職先でも役立てることができます。

SVのスキルを活かせる、おすすめの転職先を4つ紹介したいと思います。

別小売業のエリアマネージャー職(SV職)

まず一つ目のおすすめの転職先は、別小売業のエリアマネージャー職です。

なぜなら、エリアマネージャーは店舗の経営状況の改善が仕事なので、分析力が求められるからです。

SVも同様に、日々「どうしたら利益が上がるのか?」を考えていますので、SVで培った分析力は別小売業のルート営業で間違いなく活かせるでしょう。

▶︎エリアマネージャー職の求人はコチラ

ルート営業職

二つ目におすすめの転職先は、ルート営業です。

なぜなら、ルート営業では様々な取引先とコミュニケーションをとる機会がありますので、コミュニケーション能力が求められるからです。

SVは性別、年齢、経歴など、バックグラウンドが様々な人達と深い関係を築いていきますので、SVで培ったコミュニケーション能力は商材問わずルート営業で活かせます。

関連:ルート営業に向いてる人の特徴6選!つらい?転職志望動機も

メーカーの商品開発職

次におすすめの転職先は、メーカーの商品開発職です。

なぜなら、メーカーの商品開発では膨大な商品知識やマーケットの分析力が求められるからです。

SVは食品から日用品、タバコまで様々な商品や様々な立地の分析をしますし、日々、他業界の商品の調査も行います。

SVとして培った商品知識やマーケット分析の力は、メーカーの商品開発に間違いなく活かせるでしょう。

▶︎商品開発職の求人はコチラ

WEBライター

後最後におすすめするSVからの転職先は、WEBライターです。

SVは様々な人やものに触れ、出会う店長達の人生は様々ですし、扱う商品やサービスも様々です。

保健所への申請のような 国の制度まで幅広いジャンルに対応しなければいけませんので、幅広い経験は文章を書くライターの仕事に活かせます。

関連:Webライターになるには?最短で転職してスキルを身につける方法

コンビニSVはブラックで激務だがやりがいも大きい

ここまで読んでみて、SVへのイメージは変わりましたか?

コンビニSVの業務内容や得られるスキルについての話ばかりになってしまいましたが、最後に、SVの仕事でしか得られない喜びについて紹介します。

それは、店長達からの感謝です。

私にも大変、記憶に残っている店舗があって、その店舗は競合の店舗ができてしまい経営に長く苦しんでいましたが、店長と試行錯誤し競合店舗を撤退に追い込んだことがあります。

その際は、本当に感謝されました。

店長達は人生をかけて店舗の経営に臨んでいますので、あの喜びは、相手の人生を背負う仕事でないと味わえない感動だったと思います。

確かに、SVの仕事は大変な仕事かもしれません。

ブラックではないか?という心配もあるかと思いますが、大手チェーンの恵方巻などのノルマの問題、SVの労働環境は改善傾向にあります。

SVでしか得ることのできない知識や経験は、きっとどんな職場でも活きるはずですので、ぜひSVの仕事に興味を持たれているのであれば挑戦してみて下さいね。

▶︎dodaでコンビニSVの求人を探す

dodaの特徴

求人数120,000件以上(※業界最大級)

転職満足度No.1の親身な対応!

北海道~九州全国に面談拠点あり!

リクルートエージェントの特徴

非公開求人数170,000件以上

成功実績NO.1の充実したサポート

業界・職種の専門知識をもったキャリアアドバイザーの圧倒的サポート

-転職活動

PR

親身さがウリ!面談満足度の高い優良おすすめ転職エージェント

フリーター向け就職エージェントおすすめランキングTOP10

既卒の就職エージェントおすすめランキング【既卒就活生必見】

就職Shopの評判!ブラック企業の求人しか紹介されない?

パソナキャリアに断られた!なぜ?断られない転職エージェント

【就職Shop vs DYM就職】口コミ評判!面談や求人の違いは?

Copyright© 転職エージェントマニア.com , 2019 All Rights Reserved.