リクルートエージェント・DODAなど転職エージェントの評判を徹底比較

menu

転職エージェントおすすめランキング.com

リクルートエージェント

第二新卒で会社辞めたいけど怖い時に考えるべき4つのこと

新卒入社して1~3年目の「第二新卒」でありながら会社を辞めたいと考えているものの、「怖い」と感じていますか?

実際に就職してみると、

・仕事のイメージが入社前と違っていたり
・希望通りの配属が叶わなかったり
・思ったよりも給与が上がらなかったり
…etc

など思い通りにいかないことが少なからずあるかと思います。

「会社を辞めたいけど辞めるのが怖い」と感じている方へ向けて、第二新卒として会社を辞めるべきか、それとも残るべきかについて考えるべき4つのポイントをご紹介します。

売り手市場の今、「第二新卒は転職市場において需要が高いから辞めても大丈夫」という意見を聞くこともあるかと思いますが、第二新卒で転職するということは想像以上に大変で大きなリスクを伴うものです。

この記事を参考に、本当に「今」会社を辞めるべきなのか考えてみてください。


【2018年11月6日公開】

第二新卒で会社辞めたいけど怖い時に考えるべきこと

①周りの友人と比較していないか

社会人1~2年目というのは学生時代の友人も同時期に社会人になることで、周りの友人と比較しがちになってしまう年代です。

会社の規模や待遇、業務内容などを周りの友人と比較して「自分は恵まれていない」と不満を漏らしてはいませんか?

ですが、就職活動であなたが精一杯頑張った結果が「今」ですので、周りの友人を羨ましがってこのまま転職しても状況が好転する確率はとても低いです。

自分の幸せというのは他人と比較して測るものではありませんので、まずは今の会社で前向きに精一杯頑張り、それでも転職したい気持ちが消えない時に、初めて転職を考えても遅くありません。

今の職場で経験とスキルを身に付けた方が、転職時にも好条件で転職できる確率が高くなります。

②転職したい理由を具体的に説明できるか

あなたが今「転職したい」と思っている理由を、他人が納得できるように説明できるでしょうか。

実は第二新卒で会社を辞めたいと考える多くの人が、

「残業が多いから」
「転勤があるから」

というような、入社前から想定できたであろう理由を並べてきます。

ですが、このような理由で転職することはおすすめできません。

なぜなら、どの会社にも残業や転勤、人間関係の悩みはつきものですので、他人が納得できないような転職理由のままでは、転職活動の成功を勝ち取ることはできないからです。

売り手市場の現在では「入社してくれた人材に辞めてほしくない」と考える会社がほとんどですので、小さな不満や要望があれば思い悩む前にまずは上司に相談してみましょう。

悩んでいたことが嘘のように、意外となんとかなるものです。

③転職すれば悩みが解決すると思っていないか

この記事を読んでいるあなたは、少なくとも今の会社に何らかの不満を持っているかと思いますが、その不満を転職することで解決できると考えてはいないでしょうか。

会社はあなたのためにあるのではなく、利益や社会貢献などの意義を持って運営されていますので、転職するだけであなたの悩みが解決されることはありません。

例えば、「給与が低い」という悩みを抱えている場合、あなたは今貰っている給与以上の利益を会社にもたらすことができているか考えてみてください。

働きに見合わない給与だとすれば会社に交渉の余地がありますし、利益を生み出せるほど活躍できていないとすれば、今の会社でできることはまだたくさんあるはずです。

④転職のリスクや大変さを理解しよう

仕事をしながら転職するということは想像以上に大変なものです(※実際に転職活動をしてみればわかります)。

面接を受けるだけではなく、応募先企業を探すことから始まり、企業研究、応募書類の作成、複数に及ぶ面接、日程調整などを、仕事をしながら進めなければなりません。

第二新卒の方であればつい最近就職活動を終えた方が多いと思いますが、就職活動の大変さを思い出せば仕事をしながら転職の準備を進めることの大変さが分かるのではないでしょうか。

また、転職にはリスクがつきものです。

転職することはそれほど珍しいことではなくなってきましたが、転職回数を重ねる度に転職成功率は下がっていき、20代で3回目の転職では成功確率が平均46.6%とガクッと下がってしまいます。

【20代の転職】転職回数2回目・3回目は多い?転職体験談

2回、3回と転職経験を重ねると一気に転職活動に不利な影響が出てしまいますので、初めての転職で絶対に転職を成功させられるように慎重に企業選びを行うことが重要になります。

10年、20年後のキャリアプランを考えながら企業選びを行う必要がありますので、今すぐ辞めなければならない理由がない限りは、現職を続けながらじっくり今後のキャリアプランについて考えた方がいいでしょう。

第二新卒でどうしても会社を辞めたい場合

今回お伝えしてきた通り、第二新卒として入社後3年以内で会社を辞めることは基本的には避けた方が良く、今の会社で頑張り続けた方が長期的に考えるとあなたのためになります。

しかしそんな理想論はさておき「やはりどうしても今の会社に居続けるのは無理だ」と考える人もいると思います。

もしどうしても厳しい場合は、会社を辞めるか否かの結論も含めて転職エージェントで相談されてみることをお勧めします。

転職エージェントは転職のプロであるキャリアアドバイザーが無料であなたの仕事に関わる悩みの相談に乗ってくれるサービスで、必要であればオススメの会社を紹介してもらうことも可能です。

もし仮に本当に転職活動を行っていくことになった場合、職務経歴書の作成から面接対策に日程調整まで、一人で行うと大変な作業を全て代行して行ってもらうことも可能なんですね。

数ある転職エージェントの中でも第二新卒のあなたにお勧めなのが「リクルートエージェント」で、業界No.1の圧倒的転職者実績と取り扱い求人数第1位を誇っている最大手となります。

↓リクルートエージェントの登録はコチラ
リクルートエージェント
しかし、転職エージェントに相談に行くことに対して抵抗を感じる人もいるでしょう。

転職エージェント利用のハードルが高い場合は、同じくリクルートが運営している転職サイト「リクナビNEXT」で、今のあなたにどのような求人があるのか確認してみるのも良いでしょう。

↓リクナビネクストの登録はコチラ
リクナビNEXT
一人で悩んでいるのではなく、何かしら行動してみることがとても大切です。

リクルートエージェントの特徴

非公開求人数170,000件以上

成功実績NO.1の充実したサポート

業界・職種の専門知識をもったキャリアアドバイザーの圧倒的サポート

PR

親身さがウリ!面談満足度の高い優良おすすめ転職エージェント

フリーター向け就職エージェントおすすめランキングTOP10

リクルートエージェントの評判口コミ!1000人に面談と求人を取材

就職Shopの評判!ブラック企業の求人しか紹介されない?

パソナキャリアに断られた!なぜ?断られない転職エージェント

【就職Shop vs DYM就職】口コミ評判!面談や求人の違いは?

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【全国版】47都道府県別のおすすめ転職エージェント一覧まとめ【随時更新中】

【業界別・職種・年齢別】おすすめ転職エージェントランキング【随時更新】

【面談満足度No.1】親身さがウリのMAP転職エージェントに取材インタビュー!

ビジネスマン向けファッション特集

あなたは大丈夫?【当サイト人気講座】

業界圧倒的No.1実績『リクルートエージェント』の評判口コミ面談場所別まとめ

リクルート運営のNo.1正社員就職支援『就職Shop』評判口コミまとめ決定版