リクルートエージェント・DODAなど転職エージェントの評判を徹底比較

転職エージェントマニア.com

リクルートエージェント パソナキャリア

【リクルートエージェントvsパソナ】面談や求人の違いを比較

更新日:

転職エージェントに登録しようと考えたとき、よく目にするのが「リクルートエージェント」と「パソナキャリア」だと思いますが、面談や求人の違いを徹底比較しました。

どちらも歴史のある企業であり、多くの転職成功者を輩出している信頼できる転職エージェントですが、どちらを利用すれば良いのかお悩みの方もいるのではないでしょうか?

大手転職エージェントといえど、転職実績やサポート体制など一つ一つ比べていくと違いが見えてくるので、よりご自分にあった転職エージェントを選ぶことが転職成功のカギを握っています。

私もリクルートエージェントとパソナキャリアについて調べていくうちに、それぞれ特徴があることがわかったので、自分にあったエージェント選びの参考になりました。

転職エージェントは転職活動を乗り切るためのパートナーであり、より信頼できるところを選択することが大切です。

みなさんも信頼できるパートナー選びをするために、まずは両者の違いについて知りましょう。

【最終更新日.2019年6月7日】

リクルートエージェントとパソナキャリアの決定的な違いは?

リクルートエージェントもパソナキャリアも転職業界大手の企業であり、多くの人の転職をサポートしてきた実績のある転職エージェントです。

それぞれの特徴について簡単に見ていくと、リクルートエージェントもパソナキャリアも幅広い年代の方々の転職をサポートしています。

▼リクルートエージェント利用者年齢分布

▼パソナキャリア利用者年齢分布

転職コア年齢の方だけでなく、第二新卒や中高年の方々の利用を断ることはないので、リクルートエージェントもパソナキャリアも安心して利用できる転職エージェントだと言えますね。

↓リクルートエージェントの登録はコチラ
リクルートエージェント
↓パソナキャリアの登録はコチラ

どちらも大手ならではの実績と信頼のある転職エージェントであり違いがないように思われますが、パソナキャリアの方が女性の転職に力を入れているという特徴があります。

▼リクルートエージェントの利用者男女比

▼パソナキャリアの利用者男女比

事実、パソナキャリアの公式サイトの求人検索欄にも「女性の転職」というカテゴリが用意されており、女性の転職をサポートするという意思が伝わってきますよね。

リクルートエージェントとパソナキャリア、どちらも素晴らしい転職エージェントですが、転職をお考えの女性の方はパソナキャリアを利用してみると良いでしょう。

▶︎パソナキャリアの転職エージェントを利用する

リクルートエージェントとパソナキャリアの違いを比較

それではここからは、リクルートエージェントとパソナキャリアの違いを各項目に分けて比較して参りたいと思います。

比較した項目としては、

・取り扱い求人数(※非公開求人含む)
・キャリアアドバイザーの対応力(提案力)
・書類選考通過率
・面接通過率
・年収アップ率
・面談場所拠点数
・利用者の口コミ評判

上記7項目に分けて徹底比較しているので、ぜひどっちの転職エージェントを利用するかの参考として頂ければ幸いです。

リクルートエージェントvsパソナキャリア①:求人数

▼求人数はリクルートの方が圧倒的に多い

リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界最大級の求人数を誇る転職エージェントです。

公式サイトの求人数を見てみると、32,081件、非公開求人を含めると202,650件(2019.6.7現在)もあることがわかります。

▼リクルートエージェント業種別求人割合

非公開求人は全体の80%をも占めているため、必ずやあなたの理想通りの職場が見つかるはずです。

多くの選択肢の中から転職先を探したい方は、リクルートエージェントに登録してみることをおすすめします。

↓リクルートエージェントの登録はコチラ
リクルートエージェント

パソナキャリア

一方、パソナキャリアの求人数はどうなのかというと62,116件(2019.6.7現在)もの求人数があります。

リクルートエージェントよりも求人数はやや少なめですが、非公開求人が全体の80%もあるパソナキャリアでしか紹介されない独占求人を多く保有しているという特徴があります。

▼パソナキャリア業種別求人割合

パソナキャリアを利用すれば、リクルートエージェントでは見つけられないような求人に出会うこともできるので、求人数の多さだけではなくそれぞれの特徴にも目を向けた上で転職エージェントを選ぶことが大切です。

みなさんも、ご自分の理想の企業選びに適した転職エージェントはどちらなのかを考えた上で登録してみてください。

↓パソナキャリアの登録はコチラ

リクルートエージェントvsパソナキャリア②:キャリアアドバイザーの質(サポートのレベル)

▼キャリアアドバイザーはパソナの勝利

リクルートエージェントもパソナキャリアもアドバイザーの質が高いことでよく知られていますが、具体的にはどのような特徴があるのでしょうか?

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、登録の申し込み後2〜7日以内で電話またはメールでの連絡があります。

その後ヒアリングを通して、仕事の紹介や提出書類の添削・アドバイスが行われるので転職に不慣れな方でも安心です。

口コミでも、

私の希望を、自分では掘り下げられなかった部分まで聞き出してもらえました。

また、長年の経験から来るアドバイスが参考になりましたし、 ネットだけでは得られない転職事情を知れたことも良かったです。

との声が聞かれました。

経験豊富なアドバイザーからためになる情報を得られるのは嬉しいですね。

しかし一方では、下記のような口コミもリクルートエージェントの利用者からは散見されます。

・キャリアアドバイザーの対応が機械的で「必要以上のサポートはしない」というスタンスが見え隠れした

・かなりマニュアルに沿った対応で、聞きたいことを質問してもありきたりな回答しか返ってこず全然親身になってくれなかった

リクルートエージェントは最大手ではありますが、キャリアアドバイザー一人一人の質にはかなりバラつきがあるため、当たり外れが激しいことがわかります。

パソナキャリア

一方パソナキャリアでは、登録後1週間程度で専任のアドバイザーから連絡があります。

あなたの経験や希望を考慮した上で、じっくりと転職プランを立ててくれるので転職活動に不慣れな方でも大船に乗った気持ちでいられるはずです。

口コミでも、

自分がどんな仕事をしたいのか、具体的にビジョンをつかみきれていなかったが、こまめなヒアリングでお話をしていくうちに落とし込めるようになった。

活動開始当初は面接で抽象的なこと、汎用的なことばかり話してしまっていたが、このヒアリングを繰り返すにつれ面接でのアピールが強まったと思う。

との声が聞かれました。

パソナキャリアはリクルートエージェントのようにキャリアアドバイザーによってバラつきはなく、一人一人かなり親身になって対応してくれたという口コミがほとんどの割合を占めました。

というのも、パソナキャリアはそのサービスの質の高さから、2018年度顧客満足度No.1エージェントとして数あるエージェントの中から表彰されているんですね。

▼2018年度顧客満足度No.1を獲得

ご自分の転職プランがまた見えていない方は、パソナキャリアに相談してみると良いでしょう。

リクルートエージェントvsパソナキャリア③:書類選考通過率

▼書類選考通過率はパソナに軍配

リクルートエージェントとパソナキャリアの書類選考通過率を比較すると、以下のようになります。

リクルートエージェント 平均20〜25%
パソナキャリア 平均30〜35%

リクルートエージェントが4~5社応募して1社通過するのに対し、パソナキャリアは人気企業であっても一般企業であっても、3社に1社通過するという数値です。

転職エージェントは書類選考時に作成する「推薦状」という書類を応募書類と共に転職希望者を推薦するのですが、パソナキャリアはこの推薦状の質も高いことで書類選考通過率を高めているとされています。

▼実際の推薦状の一部

また、採用企業との関係性も書類選考通過率に数字として影響してくるので、パソナキャリアの方が採用企業1社1社からの信頼度が高いことがわかります。

誰もが聞いたことのあるような大手企業であっても、中小企業へ転職したい場合であってもパソナキャリアの方が効率的ということになります。

▶︎リクルートエージェントの申し込みはコチラ

▶︎パソナキャリアへの申し込みはコチラ

リクルートエージェントvsパソナキャリア④:面接通過率

▼面接通過率は両社引き分け

続いて、リクルートエージェントとパソナキャリアの面接通過率を比較して参ります。

一次面接通過率

リクルートエージェント 約40〜50%
パソナキャリア 約40〜45%

二次面接(※最終面接含む)通過率

リクルートエージェント 約50%
パソナキャリア 約50%

面接通過率は、リクルートエージェントとパソナキャリア大差ないことがわかりました。

ただいずれにせよ、一人で転職活動を行った場合の面接通過率より20%近く面接通過率が高いので、どちらか1社は間違いなく利用すべきと言えるでしょう。

リクルートエージェントvsパソナキャリア⑤:年収アップ率

続いてリクルートエージェントとパソナキャリアの年収アップ率を比較して見てみます。

リクルートエージェント 約61%
パソナキャリア 67.1% ←WIN!

年収アップ率についてはパソナキャリアに軍配が上がりました。

▼パソナは年収アップ率も高いエージェント

理由としては、リクルートエージェントは新卒3年以内の第二新卒や50代など中高年を受け入れているのに対し、パソナキャリアは20代後半〜40代前半以外の利用者を断るケースがあるからです。

ターゲット層に入っている方はどちらを利用しても問題ないですが、第二新卒や50代で転職を検討されている方はリクルートエージェントを利用すべきと言えますね。

▶︎リクルートエージェントの申し込みはコチラ

▶︎パソナキャリアへの申し込みはコチラ

リクルートエージェントvsパソナキャリア⑥:面談場所拠点数

▼面談場所拠点数はリクルートに軍配

電話やメールで面談するのも良いですが、直接会って話をする方がよりあなたの思いを理解してもらいやすいです。

また拠点場所の地域の求人に強いため、転職エージェント選びの際には面談場所と拠点数をしっかり確認しましょう。

リクルートエージェント

リクルートエージェントの拠点は、

東京本社
北海道
東北
宇都宮
さいたま
千葉
西東京
横浜
静岡
名古屋
京都
大阪
神戸
中四国支社岡山オフィス
中四国支社広島オフィス
福岡

16ヶ所にあります。

北は北海道から南は九州まで網羅しているため、日本全国どこに住んでいても同じようなサポートを受けられますよ。

リクルートエージェントの面談場所全国拠点一覧まとめ

また、拠点場所の面談ブースにて面談を行えるので、他の転職エージェントだと直接面談できなかった方でも面談することが可能です。

▼リクルートエージェントの面談ブース

直接やり取りをしたい方、大都市圏以外でも働きたい方はリクルートエージェントに登録してみてください。

↓リクルートエージェントの登録はコチラ
リクルートエージェント

パソナキャリア

一方パソナキャリアのオフィスは、全国に94ヶ所あります。

リクルートエージェントよりも多い拠点数ですので、あなたの求人に対する希望をくみ取ったサービスを受けられるはずです。

転職相談の面談場所は、

北海道(札幌)
東京(本部)
東京(新丸)
横浜
大阪
名古屋
広島
福岡
沖縄

9ヶ所なので、これらの地域外の方は直接面談するのは難しいかもしれませんが、電話を通じてそのエリアの求人や転職サポートを受けられるのは嬉しいポイントですね。

パソナキャリアの面談場所拠点一覧&評判

働きたい地域の求人情報が少なくてお悩みの方は、パソナキャリアに登録してみることをおすすめします。

↓パソナキャリアの登録はコチラ

リクルートエージェントvsパソナキャリア⑦:口コミ評判

それでは次に、リクルートエージェントとパソナキャリア両方のエージェントを利用した方々の口コミ評判を見て行きましょう。

リクルートエージェントの方が良かった人とパソナキャリアの方が良かった人それぞれで意見が分かれているようです。

リクルートエージェント派

リクルートエージェントの方がPCレッスンや面接対策講座は充実していましたし、紹介求人数が圧倒的に多かったです。

また、担当キャリアアドバイザーの方が情報量が多く、企業の情報量を圧倒的に保有していると感じました。

やはりリクルートエージェントは業界最大手ということもあり、キャリアアドバイザーの転職活動に対するノウハウや知識が豊富だという意見が見られました。

独自に開催している、面接が苦手な人向けの「面接対策セミナー」も非常に満足度が高いことがわかりますね。

リクルートエージェントの評判口コミをもっと見る

パソナキャリア派

リクルートエージェントよりパソナキャリアの方が利用しやすかったです。

特にパソナキャリアのここが良いと思ったところは、女性の為のウーマンキャリアというものが存在するということで、転職する女性の為のサポートや求人の提供などがあるのでとても利用しやすいと感じました。

パソナキャリアは対応の親身さに定評のある転職エージェントですが、特に女性の転職に関しても力を入れている側面もあります。

女性の担当キャリアアドバイザーに女性特有の結婚・出産・育児という側面からも転職のアドバイスが貰えるので、支持率は高いようですね。

親身さがウリ!面談満足度の高い優良転職エージェントランキング

リクルートエージェントvsパソナまとめ

ここまでリクルートエージェントとパソナキャリアの違いについて見てきましたが、どちらがよりおすすめの転職エージェントなのでしょうか?

リクルートエージェントについてまとめてみると、

業界ナンバーワンの求人数の多さ

登録後の対応がスピーディ

全国に面談可能な拠点がある

地方都市での求人を多く保有している

第二新卒や50代など幅広い年齢層に対応

ということがわかりました。

リクルートエージェントは、スピーディに転職活動を進めたい方や、多くの選択肢の中から職場を見つけたい方にはぴったりの転職エージェントです。

またキャリアアドバイザーからのサポートも充実しており、約470人もの経験豊富なスタッフが在籍しているため質の高い支援を受けられますよ。

一方パソナキャリアの特徴には、

独占求人を多く保有している

女性の転職に力を入れている

求職者に寄り添った徹底サポート

年収アップに成功する確率が高い

全国94ヶ所に拠点がある(面談は東京・名古屋・大阪のみ)

といったことが挙げられます。

他の転職エージェントにはないような求人を知りたい方、これから転職を考えている女性の方はパソナキャリアに登録してみると良いですね。

年間に数多くの転職成功者を輩出しているパソナキャリアを利用し、理想の職場への転職を目指してください。

▶︎リクルートエージェントで転職相談▶︎パソナキャリアで転職相談するもし「結局リクルートとパソナどっちを利用すべきかわからない」という方は、試しにどちらも利用してみて自分に合うと思う方を選ぶという選択肢もアリですね。

パソナキャリアの特徴

求人数50,000件以上(※業界3位)

親身な対応に定評あり(※2019年度のオリコン顧客満足度No.1)!

全国に面談拠点あり!

リクルートエージェントの特徴

非公開求人数170,000件以上

成功実績NO.1の充実したサポート

業界・職種の専門知識をもったキャリアアドバイザーの圧倒的サポート

-リクルートエージェント, パソナキャリア

PR

親身さがウリ!面談満足度の高い優良おすすめ転職エージェント

フリーター向け就職エージェントおすすめランキングTOP10

既卒の就職エージェントおすすめランキング【既卒就活生必見】

就職Shopの評判!ブラック企業の求人しか紹介されない?

パソナキャリアに断られた!なぜ?断られない転職エージェント

【就職Shop vs DYM就職】口コミ評判!面談や求人の違いは?

Copyright© 転職エージェントマニア.com , 2019 All Rights Reserved.