リクルートエージェント・DODAなど転職エージェントの評判を徹底比較

転職エージェントマニア.com

20代の転職

27歳で転職して公務員になれる?最短で公務員を目指す方法

更新日:

スポンサードリンク

転職を考える年齢として最も多い27歳は仕事でもプライベートでもさまざまな変化が起こりやすい年齢でもあり、今後のキャリアについて見つめ直す人も多いです。

27歳で就業中の方、もしくは離職中の方の中でも「公務員に転職したい」と今まで民間企業に勤めていたものの考える人も少なくはないのでしょうか。

公務員への転職は民間企業への転職と異なり試験や年齢制限などの受験条件がありますので、情報収集をしっかり行った上で転職活動をはじめることが必要不可欠です。

今回は、27歳で公務員を目指すための勉強方法や条件についてまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

27歳で転職をお考えの方に役立つ記事はこちら↓↓
【27歳の転職】2回目・3回目の転職回数は多すぎ?何回まで?
【27歳の転職】未経験職種への転職は可能?資格なしでいける?
27歳女性の転職に必要な全知識を解説!結婚と転職の考え方は?
公務員から民間企業へ転職したい人必見!転職先おすすめ一覧

最終編集日.2020年7月3日


スポンサードリンク

27歳で転職して公務員を目指すのは「可能」

公務員になるためには「公務員試験」を受験する必要がありますが、受験することのできる上限年齢が決まっています。

27歳であればほとんどの地域の試験を受験することが可能ですので、27歳で公務員に転職することは「可能」と言えます。

(長野県>行政B、京都府>行政ⅠA・ⅠBを除く※受験資格26歳まで)

一言で「公務員」と言っても​国家公務員と地方公務員があり、その中でも多種多様な区分があり、それぞれ上限年齢が異なります。

国家公務員は30歳まで(一部除く)、地方公務員は25~35歳までを上限とする地域が多いです。

民間企業へは年齢を問わずに応募することが可能ですが、公務員は転職できる上限年齢が決まっていますので、受けようと思っている区分・自治体の募集要項をしっかり確認するようにしましょう。

一方、地方自治体には「社会人経験者採用」枠があります。受験資格は、年齢に下限が設定されていて、勤務経験の年数が設けられています。

自治体によって異なりますが、さいたま市の場合「27歳以上59歳未満」で勤務経験年数は「直近10年中5年以上」です。

(※2019年9月現在の受験上限年齢です。今後条件が変更されることもありますので、お気を付けください。)

27歳で公務員を目指すメリット

メリット

地域社会のために働ける

公務員は、地域社会をよくするために働くというメリットがあります。公務員の仕事は、地域で生きる人たちの生活の基盤を支える仕事で、なくてはならない仕事です。

ただ、面接のときに「地域社会のために働きたい」という志望動機を言っても、面接官は聞きなれています。

具体的に「どの課で働きたいのか」を伝えて、しっかり勉強していることをアピールしましょう。

仕事が安定している

公務員の仕事は景気に左右されることなく、収入が安定しています。結婚、出産、子育て、介護など、民間であれば離職する可能性のあるライフイベントも安定した雇用で支えられます。

終身雇用は残っているので、リストラされる可能性は民間より大幅に低いです。

休みがしっかりとれる

完全週休二日制のため、休みをしっかりととることができます。

育児休業、時短勤務、介護休暇など各種休暇や時短勤務も充実しています。

身体をしっかり休めることができ、ワークライフバランスのいい働き方ができるのは公務員の魅力です。

27歳公務員志望者の男女別難易度の違い

現在の公務員の雇用では、男女雇用機会均等法の影響で全職員の構成比を男女=5:5とすることを目標としていますので、性別による採用人数の差や難易度に違いはありません。

しかし、女性の離職率が高いことから、採用者数では女性の方が多い自治体も増えつつあります。

一次試験である筆記試験では基準に基づいた公平な判断が行われますので男女の合格率に差はありませんが、二次試験の面接では女性の合格率が高い自治体が多いです。

二次試験以降の採用基準は「人物重視」としている自治体がほとんどですので、面接ウケが良い女性が増えているとも言えますね。

男性のみなさんは勉強だけではなく、受ける自治体がどんな政策を行いどんな人材を求めているのかをしっかり分析して、面接対策を行うようにしましょう。

27歳の中卒も公務員になれる

履歴書を書く人
最終学歴が高卒で公務員になる人は多いですが、公務員試験は中卒でも受けることができます。

「地方公務員法」で学歴で差別しないことが定められています。中卒でもニートでも、年齢制限に引っかかっていなければ受験することができます。

ただ、筆記試験は高卒程度の学力が必要ですので、受かるためには勉強をしっかりする必要があります。

27歳で転職して公務員になるための勉強方法

公務員になるためには公務員試験に合格しなければなりません。

筆記試験

面接試験

上記2種類の勉強方法・対策方法について解説します。

公務員筆記試験の勉強方法

勉強の方法はさまざまですが、参考書やテキストを使って自分のペースで進める独学と、ある程度の時間とお金を掛けて予備校に通う方法があります。

どちらが良いという正解はありませんし、個人の性格や経験等により適した方法は異なりますが、転職で公務員を目指す人のほとんどが「独学」を選択しています。

時間やお金に余裕があれば予備校に通った方が効率的ではありますが、仕事をしながらでは毎週決まった時間に予備校に通うことが難しいこともありますよね。

独学で勉強するのに最も効率的な方法は「通信講座」を利用することです。

期間は自分で指定することができ、半年から1年が主流です。

主にテキストを使って自分のペースで勉強することができ、決められた期間勉強することで必要な知識を身に付けることができます。

それだけではなく、模擬テストを受けることもできますので、実際の公務員試験を想定した勉強を進めることが可能です。

公務員面接試験の対策方法

公務員になるための面接対策方法としては、やはり公務員面接で良く聞かれる質問を想定して、まずは準備することが大切です。

✅なぜ公務員になりたいのか?
✅なぜ今の年齢で公務員を目指すのか?
✅民間企業からなぜ公務員にシフトチェンジ?
✅前の会社を辞めた理由は何だったのか?

というように、一般的な民間企業における転職活動と同様、聞かれる質問は大体同じですので、事前に準備することはそこまで難しくありません。

ただし、面接というのはある程度"場慣れ感"も重要で、模擬面接を繰り返せば繰り返すほど上手くなるので、練習のためにを活用しましょう。

「公務員転職に強い転職エージェント」では、公務員になりたいという人に担当キャリアコンサルタントが無料で面接対策を行ってくれます。

ニートから公務員を目指すには?

公務員を目指すためにはある程度まとまった勉強の時間が必要ですが、27歳で働きながら並行して公務員の勉強をするのは非常に大変なのが現実的です。

もしどうしても働きながら勉強するのが難しいのであれば、やむを得ませんが今の仕事を辞めて一度ニートになり、公務員の勉強に集中する期間を定めて取り組むという選択肢もあります。

ただし、勉強の期間は無収入になってしまうので、親に頭を下げて実家で勉強に集中させてもらえる環境を整えることは必要でしょう。

27歳が公務員になるルート

ルートを考える人

27歳が公務員になるためには、大卒程度の一般枠で国家公務員か地方公務員を受けるルートがあります。

また、ほとんどが30歳以上からですが、一部自治体では27歳から受けられる地方自治体の社会人経験者採用を受験するルートです。

公務員から公務員に転職することもできますし、国家公務員の経験者採用枠で受験するルートもあります。

27歳で公務員を最短で目指す方法

前述した試験への対策を行っている前提で、もう一つ公務員を最短で目指すためには「実務経験」を積むことが何よりの近道となります。

たとえば公務員の中でも中学校や高校などの教員を目指す場合、試験と同時並行でアルバイトでも良いので、雇ってくれる中学校や高校などを探すのがベターです。

あるいは親や知人などのツテも良いですね。

教員に限らず、公務員でも体調不良などが原因で人員が欠員することはそう珍しいことではないため、運が良ければすぐに採用してもらえる可能性も充分あります。

実務経験を積めば、面接での採用率もグッと上がりますし、何より実務経験があるという自信にも繋がりますので、ぜひ積極的に求人が出てないかインターネットやハローワークなどで探してみることをお勧めします。

27歳で転職して公務員を目指すのが厳しい場合

一時は起業やベンチャー企業への転職がブームとなっていた時期もありましたが、最近では安定志向の人が増加傾向にありますので、公務員への転職はかなりの高倍率になっています。

27歳であれば、受験可能なものが多い印象を受けますが、それでも年齢制限ぎりぎりになってくる自治体がほとんどですので、受験してみたけど落ちてしまったということも少なくはないでしょう。

このように現実的に公務員を目指すことが難しくなった場合は、民間のホワイト企業への就職・転職にも目を向けてみましょう。

優良な民間企業を探す方法としては、転職エージェントの活用をおすすめします。

転職エージェントは企業とのリレーションがありますので、一般には公開されていない企業の情報を得ることも可能です。

求人の紹介だけではなく、あなたのキャリアの棚卸から今後のキャリアプランの提案なども受けることができますので、まずは相談からはじめてみてはいかがでしょうか。

公務員から民間企業へ転職したい人必見!転職先おすすめ一覧

dodaの特徴

求人数96,000件以上(※業界最大級)

転職満足度No.1の親身な対応!

北海道~九州全国に面談拠点あり!

パソナキャリアの特徴

求人数50,000件以上(※業界3位)

親身な対応に定評あり(※2019年度のオリコン顧客満足度No.1)!

全国に面談拠点あり!

リクルートエージェントの特徴

非公開求人数170,000件以上

成功実績NO.1の充実したサポート

業界・職種の専門知識をもったキャリアアドバイザーの圧倒的サポート

スポンサードリンク

-20代の転職

PR

親身さがウリ!面談満足度の高い優良おすすめ転職エージェント

フリーター向け就職エージェントおすすめランキングTOP10

既卒の就職エージェントおすすめランキング【既卒就活生必見】

就職Shopの評判!ブラック企業の求人しか紹介されない?

パソナキャリアに断られた!なぜ?断られない転職エージェント

【就職Shop vs DYM就職】口コミ評判!面談や求人の違いは?

Copyright© 転職エージェントマニア.com , 2020 All Rights Reserved.