リクルートエージェント・DODAなど転職エージェントの評判を徹底比較

menu

転職エージェントおすすめランキング.com

リクルートエージェント
▼転職者実績No.1のリクルートエージェント▼

転職エージェントから面接結果が届くまでの日数と連絡こない理由

転職エージェントを通して企業面接を受けたときに、面接結果が何日くらいで届くのか、連絡がこないときはどのようなことが考えられるか、また、どのような対処をしたら良いのかまで説明します。

転職エージェントに登録した後、履歴書や職務経歴書をブラッシュアップするなど、さまざま努力をしてつかんだ面接。

「面接はスムーズに進行してなかなか感触は良かったと思ったのに連絡がない。」と不安になっていませんか?

多くの人はその時点で自信をなくし、落ちてしまったと思うかもしれません。

しかし、連絡がこないのには理由があることもあり、必ずしも落ちているとは限らないのです。

転職エージェントから面接結果の連絡が来るまでの日数

まず結論からお伝えすると、転職エージェントから面接結果の連絡が届くまでの日数としては、最短即日(面接直後)〜1ヶ月程度である場合がほとんどです。

それぞれの面接結果が届くまでの日数に応じて、詳しく見ていきましょう。

面接結果までの日数:面接直後(即日)

まず最速で面接結果を受け取れる場合は、その場、もしくは面接が終わった直後に連絡を受け取ります。

中小企業の場合は、社長または採用を即決定できるような人が面接官になることが多々あります。

そのため、面接を行ったその日に採用を即決することができます。

とくにITベンチャーなどスピード感を持ってビジネスを進めている会社は採用可否の決定も早いので、あまりもの速さに驚くこともあるほどです。

ITエンジニアの転職に強い転職エージェントおすすめランキング

しかし、かなり気に入られた場合でないと基本的には「当日即決」はなかなか難しいのが現実です。

面接結果までの日数:3日〜1週間ほど

大企業では仮に面接直後に採用が決まっていても、さまざまなすり合わせに時間がかかるので、当日即決することはできません。

この場合は、「3日〜1週間」ほどかかります。

面接結果までの日数:1週間〜2週間

面接結果の連絡までにかかる日数は、「1週間〜2週間」が一番多く、この期間が面接結果の回答にかかる平均的な時間になります。

待つ身としては、1〜2週間は長く感じるかもしれませんが、焦らず待つことが大切です。

面接結果までの日数:1ヶ月〜2ヶ月

さらに回答にかかる時間でもっとも長いのは、「1ヶ月〜2ヶ月」。

2カ月はなかなかありませんが、1カ月程度であれば珍しいことではありません。

※注意:もし2カ月以上、途中連絡もなしで選考を進め採用結果の連絡をしてきた会社があれば、いい加減な会社である可能性があります。

大企業では1人の人を雇うのに、社内の何人もの人から承認を受けなければいけないので、1カ月くらいはすぐに経ってしまいます。

人気企業で応募者が多い場合はそれだけ選考にも時間がかかりますので、すべての人の選考が終わってから結果を出すとなると、それなりの時間がかかることにも納得です。

面接結果が届かず不安な時は…

もし待つ間に不安を感じるようなら、転職エージェントのキャリアコンサルタントに相談しましょう。

以前に何人もの応募者がその転職エージェントから面接を受けているはずなので、だいたいどのくらいの期間がかかるかということを知っており、教えてくれる筈です。

もし面接結果が出ているにも関わらずエージェントの担当者から連絡がこない場合、かなり雑な担当者の可能性が高いので、早めに担当者を変更するか別のエージェントを利用することをお勧めします。

【転職エージェント】連絡こない=見捨てられた?理由と対処法

転職エージェントから面接結果の連絡が遅い理由

面接結果が届くまでの日数にバラつきがある理由について、もう一歩踏み込んで見ていきましょう。

✔︎企業内の採用プロセスが複雑

とくに大企業であればあるほど、採用プロセスは複雑なものとなります。

人事担当者が応募者を気に入ってすぐに採用したいと思ってもそうはいきません。

人事の担当者から人事部長、人事部長から例えば営業部長、営業部長から本部長、本部長から取締役、取締役から社長など長い承認プロセスがあります。

これらすべてを経ているうちに長い時間がかかってしまうのです。

✔︎同時期に応募した応募者の数が多い

あなたが応募したときに、他にもたくさんの応募者がいた場合すべての応募者の選考が終わるまで、どの応募者を採用するのか決定できません。

採用人数が決まっておらず、何人でも採用したいという場合や、ダントツで気に入られた場合はすべての応募者の選考が終わるのを待たず採用される場合もあります。

しかし、通常は採用人数は「3人」などと決まっているもの。

その3人をすべての応募者の中から決めるので、応募者の比較に時間がかかります。

✔︎新卒の採用時期と重なった場合

新卒は一般的にかなりの人数を採用します。

また、これから長期に渡って育てていこうとしている人材なので、採用も慎重です。

その新卒の採用と時期が重なってしまうと、どうしても「中途採用」は後回しにされがち。

ただ、すぐにでも欲しい優秀な人材であれば、最優先で選考プロセスを進めてくれるでしょう。

✔︎本命応募者の連絡待ちの場合

他の応募者の中で採用をしたいと考えている人の連絡を企業が待っている場合、面接の結果連絡も遅くなります。

言い方は悪くなりますが、こういう場合あなたは「補欠」ということです。

一番に採用したいと思っている人が辞退した場合は、繰り上がりで採用されます。

本当に入りたい企業の場合は、繰り上がりでも何でも入れればラッキーですから、卑屈にならず落ち着いて待ちましょう。

✔︎企業が採用をきめかねている

他に応募者がいないため比較することもできず、かといって採用したいほどの決定的理由が応募者側にない場合、企業が採用可否を決めかねていることがあります。

このような場合は転職エージェントを通じて自分のスキルや長所をさらにアピールしてもらえば、採用になることもあります。

転職エージェントのキャリアコンサルタントを通して、選考状況をうかがってもらい、必要があればプッシュしてもらいましょう。

もし担当者に言っても全く動いてくれない場合は、すみやかに別のエージェントを利用されることをオススメします。

親身さがウリの満足度が高い優良転職エージェントランキング

✔︎キャリアコンサルタントが連絡を保留している

スポンサードリンク

すでに面接で落ちていることが分かっているのにキャリアコンサルタントで応募者への連絡を保留していることがあります。

ひとつの面接がだめだったとしても、転職エージェントは登録者に次の求人に挑戦してもらいたいと思っています。

しかし、もし面接で落ちてしまったことだけを伝えてしまうと、そこでやる気がなくなったり、他の転職エージェントに行ってしまいますよね。

そのため、多くのキャリアコンサルタントは次に紹介することができる求人を見つけてから面接結果も連絡しますので、その求人を探すのに時間がかかり、連絡が遅くなってしまうという訳です。

✔︎単に連絡を忘れられている

応募した企業や転職エージェントが面接結果の連絡を忘れている場合があります。

これはビジネスマナーに反し、あってはいけないことなのですが、ミスを100%防ぐことはできないため、まれに発生します。

しかし、もし忘れていたのが転職エージェントのキャリアコンサルタントの場合、話は別です。

求職者のことを考えて真面目に仕事をしていない可能性がありますので、すぐにキャリアコンサルタントを変更してもらいましょう(連絡方法としては「電話」がおすすめです)。

何度変えても同じことが起こる場合は、その転職エージェントの理念自体に問題があると考えられるので、別の転職エージェントに登録することをおすすめします。

親身さがウリの満足度が高い優良転職エージェントランキング

面接結果が届く前に分かる合格・不合格の兆候

面接は連絡を受け取るまではっきりした結果はわかりませんが、実は兆候によって合格か不合格かだいたい予想することができます。

兆候を知ることによって心構えができ、落ちた時のショックを和らげたり、合格後の準備をしたりすることもできます。

それでは、それぞれの兆候を見ていきましょう。

〜不合格のサイン〜

何日間で連絡しますと言われていたにも関わらず、その期限をすぎても連絡がない

面接の中で、他に応募している会社があるか聞かれない

面接の結果が電話ではなく、メールや書面だけで送られてくる

面接が始まってまもなく、面接官があきらかに応募者に興味がなさそうな態度になる

面接の中ほどから、仕事とは関係ない一般的な世間話になりそのまま面接が終わる

面接中に前向きでない、否定的なことばかり言われる

面接の最後に、「採用の場合のみ連絡します」と言われる

〜合格のサイン〜

面接官または別の社員が同席して、その会社の魅力を一生懸命説明してくれる

いつから働けるかなどの具体的な時期についての質問をされる

応募者が面接で回答したことに対して、面接官が感銘を受けた態度を取る

面接後の採用プロセスについて詳細の説明をされる

面接の時間が予定時間を超えて長く行われる

とにかく色々と質問をされる(応募者に興味を持っているという証拠)

この中のいくつかは当てはまるのではないでしょうか?

合格か不合格か兆候を判別するためにも、自分の面接や面接後の様子を一度振り返ってみましょう。

面接結果待ちの姿勢はNG!できることをやる

説明してきたように面接結果を受け取るまでには、長い時間がかかることがありますが、連絡が来るまでただ待ち続けることはNG。

待っている間にも色々とできることがありますので、紹介していきます。

✔︎次に応募する企業を探し始める

面接結果を待っている間は転職活動を休止しないといけないという決まりはありません。

応募した企業が採用即決しない限りは、求人者も他の企業に応募する資格があります。

他の企業に応募した場合は、面接を受けた企業に「他に受けている企業がある」と一報いれておいた方が良い場合も。

この判断はキャリアコンサルタントが適宜行なってくれますので、相談してみましょう。

✔︎スキルを磨く

転職であれば自分の行きたい業界は決まっていると思います。

その業界で役に立つスキルを磨きましょう。

入社前から知識を蓄えたり、関連する資格を取得してておけば入社後からスムーズに業務に取りかかれます。

もし面接の結果、その会社を落ちてしまったとしても、次の求人に応募する際に履歴書に資格を記入できますし、面接でもより具体的な話をすることができるようになっているはずです。

✔︎履歴書や職務経歴書をブラッシュアップする

今受けている会社がだめだった場合、また別の会社に応募することになります。

面接までこぎつけるには、まず書類審査を通過する必要があるので、履歴書や職務経歴書を見直してより魅力的なものにする努力をしておきましょう。

転職エージェントには、履歴書や職務経歴書の添削サービスがありますので、自分でブラッシュアップしたあとはプロに確認してもらうことがおすすめです。

自分では気付かなかったブラッシュアップポイントを指摘してくれます。

書類添削の精度が高い転職エージェントは?

注意!面接の結果待ちが遅い場合は、次の求人を探していくなどの行動を取ると良いことを紹介しましたが、選考中の会社が第一希望である場合は少し話が変わってきます。
 
選考結果が出る前に他の会社を受けて、もし第2希望の会社からの内定連絡を先に受けると、その場で入社するか辞退するか決めなくてはいけないからです。
 
今受けている会社が他のどこの会社よりも入社したい会社である場合は、並行して他の会社に応募しても結局辞退することになるので、やめておきましょう。

リクルートエージェントの特徴

非公開求人数170,000件以上

成功実績NO.1の充実したサポート

業界・職種の専門知識をもったキャリアアドバイザーの圧倒的サポート

PR

転職エージェントおすすめランキング!1000人の評判比較

フリーター向け就職エージェントおすすめランキングTOP10

リクルートエージェントの評判口コミ!1000人に面談と求人を取材

就職Shopの評判!ブラック企業の求人しか紹介されない?

パソナキャリアに断られた!なぜ?断られない転職エージェント

【就職Shop vs DYM就職】口コミ評判!面談や求人の違いは?

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【全国版】47都道府県別のおすすめ転職エージェント一覧まとめ【随時更新中】

【業界別・職種・年齢別】おすすめ転職エージェントランキング【随時更新】

【面談満足度No.1】親身さがウリのMAP転職エージェントに取材インタビュー!

ビジネスマン向けファッション特集

あなたは大丈夫?【当サイト人気講座】

カレンダー

2018年2月
« 1月   3月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

業界圧倒的No.1実績『リクルートエージェント』の評判口コミ面談場所別まとめ

リクルート運営のNo.1正社員就職支援『就職Shop』評判口コミまとめ決定版