リクルートエージェント・DODAなど転職エージェントの評判を徹底比較

転職エージェントマニア.com

フリーター・ニートの就職(転職) 既卒の就職活動

若者正社員チャレンジ事業の評判は?飯田橋で面談を受けた感想

更新日:

若者で正社員を目指す人向けの就職支援サービス「若者正社員チャレンジ事業」の評判・口コミを実際に飯田橋で面談を受けた感想を元にお伝えして参ります。

若者正社員チャレンジ事業の概要や仕組みは、普通の就職エージェントと違って少々特殊なので、そのあたりについても併せてお伝えできればと思います。

これから正社員就職に向けて頑張っていこうと思われている方、今頑張っているけど、行き詰まられているという方は、ぜひご参考下さいね。

若者正社員チャレンジ事業の2ch評判口コミ

それでは早速、若者正社員チャレンジ事業利用者の2ch口コミ評判を見ていきましょう。

事業自体に文句はないし、むしろ面接の前に人柄を見てもらえるからありがたいレベル
職場の雰囲気もわかるし

とりあえず迷ってるなら応募してみればいいじゃん。行く行かないは自分次第なんだから。
自分一人でハローワークに通いつめたりひたすら企業に応募し続けたりするのとは別物であることは確かだよ。

問題は「なんでもいい」という態度なんだよね
そういう考えで就活する人って得てしていつまでも決まらない
どんな就職支援を利用しても必ず何に向いているか何をやりたいかを明らかにするのに時間をかける
だからそういう人こそ、こういう事業を受けてみるといいんだよ

まあ決まらなかったとしても就業経験があまりない人が、志望してる業界の雰囲気とか
希望の業界にいけなくても会社というものの雰囲気とか、
働くってどんな感じなのかな?とか知れるのはまあいいことなのかな?とは思います

-

行く先があんまいい所じゃないこともあるだろうけどそれも込で社会な分けだから
社会の中でやっていけそうかな?とか
家で悩んでるだけじゃ分からないこともあるし

-

最初はカウンセリングだから、それに行ってから決めてもいい。
話もちゃんと聞いてもらえるから、それだけでも効果があると思う。
そこでもし嫌だと思ったらやめればいいだけ。それだけでも一歩進んだことになる。

迷ってるならとりあえず参加してみればいいのに
マジな話就職活動って迷うくらいなら次々と行動する方がずっといいよ

東京のインテリジェンスのやつ

セミナーも自己紹介とか軽い発表はあるけど堅い感じはないしわりと和やかな雰囲気だったし
カウンセラーとかもちゃんとしてたよ

自分が参加した時に来た企業は半分くらいはIT系であとは営業系とか設備系、どこも悪い感じはなかったかな
参加者の年齢は27~29あたりが一番多い

IT系営業の仕事でどうしても正規雇用になりたいってやる気のある人にはオススメ
社会人としての心構えマナーから教えてくれる

セミナー講師も良い人だったしちゃんとしてたよ。

あとは実習いったけど、やっぱりこの会社合わないと思えば応募しなくていいし
実際そういう人何人もいる。
でも未経験でニートだったと知って受け入れてくれる企業しか来てないから
一人で就活するよりは楽だと思うけど?

希望職種ぼんやりニートだけどカウンセリング兼登録行ってきた。
自身の経歴とか事業内容の説明や参加条件を満たしているか再確認して書類作成した程度で、
面接みたいな堅苦しさは無いから身構える必要無し。

-

ちょっと体験したいです~ぐらいの感覚のリハビリニートでも半数は就職出来てるからな。
生活かかってるガチ勢なら間違いなく就職出来るぞ。

ここの事業から就職して数か月だけど自分は参加して良かったと思ってる
アドバイザーと相性が良かったのか、不安なこととか包み隠さず相談してたら熱心に面倒見てくれた

--

もうセミナーには参加してみましたよ
皆さん優しいですしセミナー講師の方のお話もためになるので、参加して損はないですよ
自分に足りないものを突きつけられるかもしれませんが、それも含めて勉強になりました

-

採用された。本当に良かった。
担当の人が、やる気出した人で不採用になった人はいないと断言してたが本当だった。
死ぬ気でやれぼ採用されるんだな。。。

会社でのふるまい方を身につけたいとかいう目的だったら参加して損はないと思う
一か月研修するだけで基本的なビジネスマナーは結構身につく

-

正社員として働くのがどんな感じか確かめたいとか、
別に急いで就職しなきゃならないわけじゃなくて、
どんな業界が自分にあってるか知っておきたいっていう理由なら参加してみてもいいと思うよ

この事業で就職できました。IT系で残業あったり大変なとこもありますが、フリーター続けるわけにもいかないのでよかったかなと思ってます。
IT系だと人手不足なのでわりとエントリーすれば採用されることが多いようです。

俺が最近まで実習してた企業にもいたよ。
地方から出てきたばかりで、正社員になるためにこの事業を受けてる子。

申し込みしてカウセリング受けたからといって必ず参加しなきゃいけないってわけじゃないからね
話しだけ聞いてくるのもいいかも。

30歳職歴なしバイト経験すらほとんどなしですら就職と彼女と友達が出来た。
この事業凄すぎる。

やっぱりやってみるしかないですよね!
参加してみようと思います!

どれくらいの年齢層の参加者が多いのか気になる人も多いと思いますので、利用者年齢層についても口コミ・評判をまとめました。

--

自分も以前29歳で参加したけど、参加者の半分ぐらいが同い年で笑った。考えることは同じなんだな。
事前セミナーで一緒に課題をこなしていくうちに馴染めるようになるから大丈夫。
これに参加する人って、順風満帆な人はいない。人生のどこかでつまずいて、傷を抱えてる。
だから、みんな優しいよ。参加してみるといいよ。

--

年代的には二十代後半多い男女比率半々くらい
やたら吃ってるニートっぽいのもお前自力でやっていけるだろって感じのもいたけど大体普通の人

25や26なんてごろごろいる。というか22~29まで満遍なくいるし年齢は本当気にしなくて大丈夫。

あと年齢気にしてる人いるけど、何が気になるの?恋愛でもしにいくの??
もし25と29って年齢違っても変わらないと思うんだけどな・・・

俺が行った時は28、29も結構いたな

以上が2chから抜粋した評判・口コミとなりますが、得てして言えるのは「迷っているなら、挑戦すべき」ということです。

特にやりたい仕事がある訳ではないものの、現状に漠然的に不安を抱えていて正社員にはなりたい、というのであれば、やはりこの事業で実際に内部で働いてみるのが一番だと思います。

もちろんお金を貰いながら働けますし、一緒に正社員を目指す知り合いもできるので、まずは説明だけでも聞いてみると良いと思います。

↓まずは説明だけでも聞いてみる

若者正社員チャレンジ事業とは?

若者正社員チャレンジ事業はそもそも何かと言うと、「フリーターや契約社員、または現在離職中の29歳以下の若者で正社員として働きたいという意欲のある方に特化した就職支援サービス」になります。

※29歳以上の方は残念ながらサービス対象外なので、30代以上の方でも利用できる代替サービスの活用をオススメします。

関連:30代フリーターでも就職は余裕で可能!おすすめ就職先と体験談

サービス利用者はWEB登録フォームから申し込むと、東京都内の飯田橋にある「東京しごとセンター」でまず事前カウンセリングを受け、その後複数の企業と同時に出会える合同企業説明会に参加することができます。

▼合同企業説明会の様子

そしてその合同企業説明会に参加した企業、もしくはその後に個別で紹介される企業に約1ヶ月間インターンシップとして働くことができます。

1ヶ月のインターン期間終了後に希望すれば、そのまま正社員として登用してもらえるという流れとなっています。

▼若者正社員チャレンジ事業の流れ

実習後その企業に正社員として入社したいという場合、一応面接もあるのですが、約1ヶ月間(20日前後)頑張ってきたという過程を企業は見てくれているので、そこで落とされるということはほぼありません。

約1ヶ月間の就業中は約1日あたり5,000円のお給料も貰えるので、生活費を稼ぎながら自分が正社員として就職する可能性のある企業の内部で働くことができるという訳ですね(1ヶ月で10万円)。

もちろん、インターンに参加したからといって必ずその企業に応募しなければならないということはなく、希望しなければまた別の企業の実習に参加することもできるので、色々な企業の実情を見ることもできます。

また、事前のサービス概要を聞いてイマイチだと感じたら、合同説明会に進まずに、自力で就職活動を進めるという方向に転換することもできます。

パーソルキャリア株式会社(旧:インテリジェンス)と株式会社アデコという総合人材会社2社が東京都から受託してサービスを4年ほど運営しているのですが、業界大手の求人数と優秀なキャリアアドバイザーが多数在籍しているので、圧倒的にパーソルキャリアの方がおすすめです。

↓下記バナーからWEB登録する(所要時間1分)

若者正社員チャレンジ事業のサービス対象者

若者正社員チャレンジ時事業は以下3つのどれか一つにも該当すれば、サービスを受けることができます。

①卒業後、就職・就業経験がない方
②卒業後、非正規での就業経験のみの方
③直近2年以内に正社員の職歴が通算1年を超えない方

③については、要するに最後に正社員として働いた期間から「1年以上空いていればOK」ということになりますね。

(例)
2016年6月まで正社員として勤務していた

2017年6月からサービス対象者の資格あり

また、卒業した学校区分については、大学・専門学校・高校など特に定められていません。

自分自身がサービス要件を満たしているかどうかはきちんとWEB登録後の電話で担当の方から確認してもらえるので、応募する前の段階ではあまり心配する必要はないと思います。

若者正社員チャレンジ事業で紹介される企業・求人の傾向

若者正社員チャレンジ事業に参加している企業は「従業員300人以下で、人材の育成に力を入れている中小優良企業」となります。

誰もが知っているような大手企業ではなく、どちらかというとアットホームな企業が多いという印象です。

傾向としては、専門性の高い難しい仕事を任せたい企業ではなく、全くの未経験でも0から始められるような職種を取り扱った企業がほとんどです。

▼参加している企業の業界傾向

IT系のエンジニアでも全くの未経験OKな企業がほとんどで、飲食系のような離職率が高くブラック率の高い業種に関しては、企業の参加はないということでした。

リクルートが同様に運営している就職ショップと取り扱い求人(参加企業)の傾向は似ているという印象です。

若者正社員チャレンジ事業面談カウンセリングの評判口コミ

登録〜面談まで

若者正社員チャレンジ事業に登録すると、まずは東京・飯田橋にある「東京しごとセンター」でサービス説明を受ける必要があります。

▼東京しごとセンターのアクセス地図

飯田橋の東京しごとセンターに到着すると、中央玄関を少し回ったところにあるエレベーターで3Fに上がります。

3階に上がると広いブースのような場所があるので、そこを少し進むとパーソルキャリアの若者正社員チャレンジ事業の看板が目に入ると思います。

サービス説明

そこに入るとブースのような席が2つ用意されているのですが、自分を担当してくれたキャリアアドバイザーの方は30代後半くらいの女性でした。

最初の挨拶のタイミングで一瞬でわかったのですが、たまに聞く「エージェントの担当者が冷たい」などの印象は全くなく、かなり人当たりの良い担当者の方で実際にかなり話しやすい方でした。

5分〜10分程度前述したようなサービス概要の説明を受けるのですが、ちゃんと節目節目で質問がないかも確認してくれるので、疑問点を解消しながら納得して話を聞くことができます。

そして一通り説明をし終えると、今度は自分自身のこれまでの就業経験のヒアリングに入るのですが、この際に自分自身がどんなキャリアを歩むべきか、また、どんなキャリアが選択肢としてあるのかを提示してくれたのは非常にありがたかったです。

やはり人材領域のプロなので、数多くの人を見てきた経験はさすがだなと感じましたね。

また、この事業は正社員として就業したいという若者と二人三脚で頑張って正社員を目指すという思いで受託しているので、困ったことがあったら何でも相談してほしいと言って頂いたのも非常に心強かったです。

キャリアアドバイザーの方は何人か常駐しているようでしたが、全体的に女性のアドバイザーが多いようでした。

↓正社員就職について相談してみる

2018年12月20日追記

私以外にも東京・飯田橋の若者正社員チャレンジ事業利用者は多数いらっしゃいますので、他の利用者の口コミ評判については下記をご参考いただければと思います。

若者正社員チャレンジ事業の評判

私は何度も転職をしていたため、自分で正社員で仕事を探していても採用されることがなく諦めていました。

なので、派遣社員などで仕事をしていましたが将来が不安なのでやはり正社員で働きたいと思い、若者正社員チャレンジ事業に参加させていただきました。

今まで経験したことのない業種でも研修やセミナーがあるので、視野が広がり就職活動がしやすかったです。

実際に企業の方も仕事柄、なかなか若者が応募に来ないということで、親切丁寧に案内や紹介をしてくれるので、こちらも質問しやすく考えて就職先を探すことが出来てよかったです。

就職後も不安に思うことなど相談に乗ってくれてサポートして頂けたので、すぐに辞めることもなく今でも仕事を続けることができています。

紹介企業:建設業・一般道路・高速道路警備員の仕事 2社

若者正社員チャレンジ事業の評判

私は介護支援専門員の資格を得てから介護支援専門員の職場を探していましたが、給料が安くて残業代が出ないとか給料が高くて残業代が出ないなど私が探している求人は見つからずにいました。

しかしそんな時に若者正社員チャレンジ事業を利用することで、「給料が高くて残業しても残業代が出る」という介護職の求人を見つける事が出来ました。

介護支援専門員は給料の為にやる仕事では無いかもしれませんが、生活が出来ないのは困るので出来るだけ待遇のいいところを選択しました。

担当の方も求人を探していてくれて私の就職が決まるまで何回も電話をして頂き、大変電話対応で丁寧な言葉を使用する方でした。

対面でお会いして話した時も電話対応の通り丁寧な言葉を使用する方だったので、好印象でした。

紹介企業:介護関係の営業職で介護支援専門員5社

上記口コミを見ても分かる通り、若者正社員チャレンジ事業は正社員として就職活動に悩んでいる方に向けて、価値あるサービスであることがわかりますね。

▶︎若者正社員チャレンジ事業の利用はコチラ

若者正社員チャレンジ事業を利用して感じたこと

私は今回、若者正社員チャレンジ事業を実際に利用して「正社員での就職に関して困っていたり、一人でハローワークに通ったりしているなら絶対に使った方が良い」と非常に強く感じました。

結局のところ頑張って就活をやって企業に入社することができたとしても、入社した"後"に仕事が合わなかったり人間関係に恵まれなかったりしたらやはりすぐに辞めてしまって、また就活をする必要が出てきますよね。

しかし、この若者正社員チャレンジ事業では事前に企業で就業経験を積むことができるので、入った後に「やっぱりミスマッチだった」ということはほぼ100%ありません。

また、企業にインターン(実習)の際には、きちんとカリキュラムが用意されていて、研修も設けられているので、いきなり放置される心配もありません(そういう企業は参加できないことになっています)。

一人で就職活動を行うよりも、情報面・精神面共にかなり心強いですので、ぜひ一度相談だけでも足を運ばれてみてはいかがかと思います。

↓下記バナーからWEB登録する(所要時間1分)

ちなみにですが、もし時間的に余裕があるのであれば、若者正社員チャレンジ事業と並行して「就職Shop」という就職支援サービスもおすすめです。

就職Shopは若者正社員チャレンジ事業のように、企業を紹介してもらうまで研修を受ける必要もなく"面談後すぐ"に求人を紹介してもらうことができます。

そのため無駄な時間なく素早く就職先を探したいという方にお勧めです。

↓就職Shopの登録はコチラ

また、就職Shopは業界最大手のリクルートが運営している既卒・フリーター・ニートに特化した就職支援サービスであり、紹介してもらえる求人の数は実はパーソルキャリアを上回っているんですね。

実際に私も若者正社員チャレンジ事業と就職Shopの両方を利用しましたが、就職Shopの方が紹介される求人のバリエーションは豊富でした。

▼就職Shopで実際に紹介された求人

面談場所も若者正社員チャレンジ事業は飯田橋のみですが、就職ショップは、銀座・新橋・新宿・立川・北千住・横浜・千葉・大宮・大阪・神戸(三宮)・京都と非常に数多くあるので、関東関西圏の方はぜひ併用も検討されてみてはいかがかと思います。

>>就職Shop銀座(東京)の評判は?実際に面談を受けた口コミ

>>就職Shopの評判は?横浜で面談カウンセリングを受けた感想

>>【就職Shop】大阪拠点の評判口コミ!面談と求人の種類は?

ぜひ利用できる就職支援サービスは全て利用して、正社員への就職をすぐにでも成功させて社会で活躍していきましょう。

就職Shopの特徴

利用者数約100,000人突破

未経験歓迎の求人8,500件以上※"書類選考なし"で直接面接へ

就活のプロが個々の課題に合わせて徹底サポート

リクルートエージェントの特徴

非公開求人数170,000件以上

成功実績NO.1の充実したサポート

業界・職種の専門知識をもったキャリアアドバイザーの圧倒的サポート

-フリーター・ニートの就職(転職), 既卒の就職活動

PR

親身さがウリ!面談満足度の高い優良おすすめ転職エージェント

フリーター向け就職エージェントおすすめランキングTOP10

既卒の就職エージェントおすすめランキング【既卒就活生必見】

就職Shopの評判!ブラック企業の求人しか紹介されない?

パソナキャリアに断られた!なぜ?断られない転職エージェント

【就職Shop vs DYM就職】口コミ評判!面談や求人の違いは?

Copyright© 転職エージェントマニア.com , 2019 All Rights Reserved.