リクルートエージェント・DODAなど転職エージェントの評判を徹底比較

転職エージェントマニア.com

リクルートエージェント

【リクルートエージェント】「冷たい」「むかつく」など悪い評判まとめ

更新日:

転職エージェント最大手「リクルートエージェント」の冷たい・むかつく・役に立たないなどの悪い面の評判に今回はフォーカス致しました。

同転職支援サービスを活用するにあたって、一つの参考にして頂ければ幸いです。

また、悪い評判の裏側には当然良い評判、すなわち「転職の成功体験」も数多く存在しますので、下記も併せて総合的に判断されてみて下さいね。

【リクルートエージェント】「良かった」「使える」など良い評判まとめ

【最終編集日.2018年12月26日】

■リクルートエージェントの悪い評判を見る前に

冒頭でお伝えしたことの繰り返しになりますが、当然、今回の悪評判がリクルートエージェントの"全て"ではありません。

人によってサービスに感じる感情・受け取り方は様々ですし、たまたまその担当者の質が非常に低かったという可能性も十分ありますからね。

それを踏まえた上で、これから先の悪評判を順番に見て行って頂ければと思います。

■リクルートエージェントの悪い評判まとめ

ではこれからリクルートエージェントの悪い評判の具体的な部分に触れて参りますが、大きく分けて、

・冷たい、むかつく
・役に立たない

上記2点に実際にサービスを利用した方の悪い感想は分かれるようです。

では一体具体的に、どういった部分に対してそのように感じたのでしょうか。

●悪評判①:冷たい・むかつく編

・大柄な対応を受けた(=上から目線)
・担当者の対応がテンプレ(機械的)すぎる=決まったことしか言わない
・たまたま出れなかっただけなのに、何度も電話がある&留守電まで入れててしつこい

冷たい・むかつくと感じる人の多くは、やはり"担当になったコンサルタントの質"による影響が大きいように感じますね。。

指名制みたいなものがあれば良いのですが、こればかりは実際に面談カウンセリングを受けてみないとわからないので、もし面談後に「この担当者はちょっとマズいな…」と感じたのであれば、下記の行動を取るのがおすすめです。

転職エージェントが合わない時の相性の良い担当者の見分け方

●悪評判②:役に立たない編

・キャリアアップするためにリクルートエージェントを使ったのに「できない」の一点張り
・担当者のアドバイスが的確でない→担当者の年次が若く、転職したい業界に精通していない
・紹介してもらえる求人に対して、全く魅力を感じない

「役に立たない」と感じる大部分は、もちろんサービスを提供するリクルートエージェント側の真摯さが欠けているという見方もできますが、それ以前にあなた自身が、"転職活動における自分の市場価値"を見誤っている可能性もあります。

要するにちょっと背伸びしすぎてしまっているという訳です。

そういった場合は、転職エージェントを変えても同じような結果になってしまう可能性が非常に高いので、まずはご自身のキャリアを見直してみましょう。

■リクルートエージェント以外のおすすめ転職エージェント

今回ご紹介したリクルートエージェントの悪い評判の中で、あなた自身が「これは致命的だな…」と感じるものがあったのであれば、当然別の転職エージェントの利用を検討すべきだと思います。

私自身も転職活動の時にリクルートエージェントを使った経験があるのですが、担当者の方は非常に良い人だったものの、やはり大手であるからか、面接を受ける企業の1社1社に対する細かな対策などは少しおおざっぱとも感じました。

その点、中小企業の転職エージェントの方は紹介される求人の数こそ多くないものの、しっかりと面接を受ける前に企業1社1社の情報を提供してくれたり面接対策などを行ってくれたので、ありがたかったです。

そういった"親身さ重視"の転職エージェントに関しては、以下の2社がおすすめです。

doda

dodaはリクルートエージェントに次ぐNo.2の規模を誇りながらも、リクルートエージェントよりも温かい人情味のある転職エージェントという特徴があります。

事実、私も転職活動の際にdodaを利用したことがあるのですが、担当キャリアアドバイザーのおばちゃんはかなり親身で、少々おせっかいすぎるくらいでした(笑)

しかしながら実績も豊富で面接対策や書類添削などかなり力を入れてサポートしてもらえたので、リクルートエージェントよりもdodaの方が満足率が高いのも頷けます。

↓dodaの登録はコチラ

パソナキャリア

パソナキャリアに関してもかなり担当者が親身になってくれる転職エージェントで、初めての転職活動であったとしても一から目線を合わせてサポートしてもらえる印象です。

転職エージェントとしての規模はリクルートエージェントやdodaに劣り求人数が少ないので、その分を担当者が親身になってサポートすることでカバーしているような感じですね。

ただし、利用中心年齢層は20代後半〜40代前半でパソナキャリアに断られた20代前半の方も少なくないようなので、若干ハードルが高い点があることは注意しておきましょう。

↓パソナキャリアの登録はコチラ

ぜひリクルートエージェントに冷たい対応をされたからと言って転職エージェントの利用を辞めるのではなく、別の転職エージェントもどんなもんなのか確かめてみてくださいね。

dodaの特徴

求人数120,000件以上(※業界2位)

転職満足度No.1の親身な対応!

全国に面談拠点あり!

パソナキャリアの特徴

求人数40,000件以上(※業界3位)

親身な対応に定評あり!

全国に面談拠点あり!

リクルートエージェントの特徴

非公開求人数170,000件以上

成功実績NO.1の充実したサポート

業界・職種の専門知識をもったキャリアアドバイザーの圧倒的サポート

-リクルートエージェント

PR

親身さがウリ!面談満足度の高い優良おすすめ転職エージェント

フリーター向け就職エージェントおすすめランキングTOP10

【リクルートエージェントvsdoda】違いを徹底比較【どっち?】

就職Shopの評判!ブラック企業の求人しか紹介されない?

パソナキャリアに断られた!なぜ?断られない転職エージェント

【就職Shop vs DYM就職】口コミ評判!面談や求人の違いは?

Copyright© 転職エージェントマニア.com , 2019 All Rights Reserved.