リクルートエージェント・DODAなど転職エージェントの評判を徹底比較

menu

転職エージェントおすすめランキング.com

PR

パソナキャリアに断られた!なぜ?断られない転職エージェント

リクルートエージェントに再登録は可能?担当者変わる?注意点!

【リクルートエージェント】既卒ニートやフリーターでも使える?

転職エージェントのブラック企業求人とホワイト求人の見分け方

転職エージェントを利用する上で、ブラック企業とホワイト企業の求人の見分け方について話をしていきます。

転職を考えている人にとって、自分の希望やキャリアにあった求人を紹介してくれる転職エージェントは非常に頼りになる存在ですよね。

しかし、紹介してくれる求人が全て優良な企業ばかりとは限りません、残念ながら、ブラック企業の求人も含まれているのが現実だからです。

–PR–

>>転職エージェント登録の流れとメリットを解説!選び方は?<<

>>転職エージェントの断り方を断るタイミングに分けて徹底解説<<

>>転職エージェントを女性が活用するメリットと選び方!おすすめは?<<

1.転職エージェントがブラック企業を紹介する理由と事情

なぜ、転職エージェントがブラック企業の求人を紹介することがあるのでしょうか?

じつは、転職エージェントの企業側に紹介せざるを得ない事情があります。

1-1.ブラック企業を紹介する理由①:売上のノルマ

大きな一つ目の理由が、売上のノルマです。

転職エージェントは、求職者を入社させることで、求人企業から報酬をもらうビジネスモデルです、そのため、キャリアアドバイザーにノルマが与えられているエージェントもあるのです。

>>転職エージェントの利益はどこから?無料で利用できる仕組みを解説

このような転職エージェントに勤めるアドバイザーは、自分のノルマを達成したいがために、求職者の希望に合わなくても求人を紹介してくることがあります。

このとき、ブラック企業の可能性が高い、簡単に入社できそうな求人を紹介する傾向があるのは、求職者が入社できる確率が高く、自分のノルマを達成することができるからです。

1-2.ブラック企業を紹介する理由②:企業の経営状況

また、転職エージェントがブラック企業の求人を紹介する理由として、転職エージェントを提供している人材企業の経営状況があげられます。

資金をやりくりするために、ブラック企業の求人と知りつつも紹介してくるケースもあるからです。

いくら転職をサポートしてくれる転職エージェントでも、当然ながら自分自身の仕事が一番大切ですので、残念ながら、ブラック企業の求人を紹介せざるを得ない事情がある転職エージェントも存在するのが現実という訳ですね。

2.ブラック企業を紹介する転職エージェントと担当者の特徴

しかし、親身になって話を聞いてくれているキャリアアドバイザーから、まさかブラック企業の求人を紹介されるとは思わないですよね。

キャリアアドバイザーが「あなたにピッタリの求人です」と勧めてくれれば、誰でも信じてしまうのです。

そこで、ブラック企業の求人を勧めてくる転職エージェントの担当者の特徴について話をしていきます。

2-1.ブラック企業を紹介する担当者の特徴①:経験が浅い

まず、キャリアアドバイザーとして経験の浅い担当者は要注意です。

転職エージェントの仕事を始めたばかりの人や新人には気をつけてください、なぜなら、ブラック企業の求人だと分からずに勧めてくるケースもあるからです。

当然、ブラック企業は、転職エージェントに「ブラック企業であること」が分からないように求人を案内してきますので、経験が浅いと気づくことができず、何の疑いもなく求職者に紹介してしまうのです。

>>転職エージェントが合わない時の良質な担当者の見分け方

2-2.ブラック企業を紹介する担当者の特徴②:紹介数が多い

また、やたらと求人を紹介してくる件数が多い担当者も注意が必要です。

たとえば、週に2~3件ものペースで求人を紹介してくるのは普通ではありません、しっかりと勤務条件にマッチした求人は、月に1~2件の紹介が通常だからです。

そのため、先ほども説明したように、ノルマに追われているキャリアアドバイザーの可能性が高いのです。

あなたの担当者は大丈夫なのか、ぜひチェックしてみてくださいね。

>>【リクルートエージェント】担当者は変更(セレクト)できるのか

3.転職エージェントのブラック企業の求人の見分け方

たとえブラック企業の求人をキャリアアドバイザーに勧められたとしても、自分自身で見分けることができれば安心ですよね。

それでは、ブラック企業の求人であるかを見分けるには、どのような点に注目すれば良いのでしょうか。

3-1.ブラック企業求人の見分け方①:長期間に渡って掲載

まず、長期間に渡って求人が出されている企業は注意しましょう。

なぜなら、離職率が高く、すぐに社員が辞めてしまうため常に募集をしているからです。

このような企業は、働き場としての環境が悪いブラック企業の可能性があります。

3-2.ブラック企業求人の見分け方②:内定の求人が低い

また、内定の条件が低い求人も注意が必要です。

たとえば、「未経験者でも可能」「経歴・職種は問いません」というような募集内容です、あなたも何度か、目にしたことがあるのではないでしょうか。

しかし、このような募集は、入社のハードルを低くして、とにかく人材を確保しようとしているブラック企業の可能性が高いです。

3-3.ブラック企業求人の見分け方③:待遇が良すぎる

さらに、異常に給料や待遇条件が良い求人も注意しなければいけません。

たとえば、「20代で年収900万円」「入社半年で店長候補」というような求人内容です、通常の企業であれば、あり得ない待遇だからです。

これは、好待遇の条件を提示して、とにかく人材を集めようとしているブラック企業の可能性が高いです。

実際に入社したら、過酷なノルマを与えられたり、長時間の労働を強制させられたりするケースもあるので充分に注意しましょう。

4.転職エージェントに紹介されるホワイト企業の見分け方

さて、ここまでブラック企業の求人について話をしてきましたが、ホワイト企業の求人を見つけるには、一体どうすれば良いのでしょうか。

ここからは、転職エージェントに紹介されるホワイト企業の求人の見分け方を説明していきます。

4-1.ホワイト求人の特徴と見分け方①:業務内容が具体的

ホワイト求人の特徴として、業務内容が具体的であることがあげられます。

優良な企業は、その仕事にマッチした人材を真剣に求めているため、ブラック企業のように仕事内容をあやふやにしないからです。

4-2.ホワイト求人の特徴と見分け方②:明確な勤務条件や給料体系

また、勤務条件や給料体系が明確である求人もホワイト求人の可能性が高いです。

たとえば、「18時以降は残業扱い」「残業代は1時間あたりの賃金×1.25で計算」といように明記されている募集内容です。

これは、労働基準法の「法定時間外労働」を意識していて、しっかりと求人条件に明記しているホワイト企業であると判断できるからです。

5.ホワイト求人を紹介する転職エージェントの特徴

それでは、このようなホワイト求人を紹介してくれる転職エージェントは、どのような特徴をもっているのでしょうか。

まず、キャリアアドバイザーの人数が多いエージェントは、その可能性が高いです。

実際、大手の転職エージェントはアドバイザーの数が多く、ホワイト求人を紹介してくれるケースが高いです。

これは、キャリアアドバイザーの数が多いため、充実した個別カウンセリングを実施することができ、その求職者にあったホワイト求人を紹介できるからです。

また、経営状況も安定しているエージェントが多いので、過酷なノルマなどはありません。

やはり、大手企業の転職エージェントは安心と言えるでしょう。

例を挙げると、リクルートエージェントはダントツで業界トップのキャリアアドバイザーが在籍しているため、非常にオススメです。

↓リクルートエージェントの登録はコチラ
リクルートエージェント

6.最後に

せっかく、苦労して転職活動をしてきて入社できた会社がブラック企業というのは避けたいですよね。

そうならないためにも、ここで解説してきたブラック企業求人とホワイト求人の見分け方を参考にして、転職エージェントを利用するようにしてください。

PR

就職ショップの評判!ブラック企業の求人しか紹介されない?

就職ショップの評判は?横浜で面談カウンセリングを受けた感想

第二新卒エージェントneo評判・口コミ!面談と求人の質は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【全国版】地域別おすすめ転職エージェント一覧まとめ【47都道府県】

【業界別】おすすめ転職エージェント

ビジネスマン向けファッション特集

あなたは大丈夫?【当サイト人気講座】

カテゴリー

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930