建設・不動産業界の転職 営業職の転職

不動産営業は女性でかわいいと危険?向いてる人の6つの特徴

投稿日:

「不動産営業マンに向いている人の特徴が知りたい!」「不動産営業は給料はいいけど、女性は危険と言われててやっていけるか不安!」と思っていませんか?

今回は、

・自分が不動産営業に向いているのか?
・女性が有利な点は何か?危険なのか?

という疑問に対する納得のいく答えを解説してまいります。

私は10年近く不動産業界を渡り歩いてきましたが、どの会社でも女性が活躍していましたし、特に不動産営業の仕事は、女性の営業マンが求められています。

不動産営業の現場にいた私の目から見て、結果を出す人の特徴や、女性の方が有利だなと感じた事を徹底解説してまいります。

不動産業界に強い転職エージェントおすすめ5選!選び方は?

【最終更新日.2022年10月31日】

不動産業界・不動産営業は未経験女性でも転職可能!

不動産業界・不動産営業職は、20代前半〜30代前半くらいまでであれば、女性未経験でも転職が可能な数少ない職種の一つです。

通常、転職市場というのは基本的に、経験者を即戦力採用したいと考える企業がほとんどなのですが、不動産業界に関しては未経験から育成しようという企業が少なくありません。

特にこれまで営業に近しい経験をされてきたかたや、何か情熱を持って取り組んだ経験がある場合は、営業未経験でもその熱意を買われて採用してもらえる可能性が高いです。

男女問わず、営業をやりたいという熱い熱意と不動産営業としてなぜ働きたいのかという志望動機を明確にしておくことが、まず不動産営業への転職を成功させる鍵の一つと言えるでしょう。

【不動産業界の方向け】転職エージェントおすすめ5選!選び方は?

不動産営業に向いてる人の6つの特徴を厳選

ではここからは不動産営業に向いてる人の6つの特徴について解説しますが、以下に該当する人は不動産業界の仕事に向いている可能性が高いです。

  • 結果にこだわる人
  • 人と接する事が得意な人
  • ストレス耐性がある人
  • フットワークが軽い人
  • 顧客のわがままを聞ける人
  • 物件を見るのが好きな人

それぞれ順番になぜ向いているのか?解説していきます。

不動産営業に向いてる人①:結果にこだわる人

不動産業界の契約インセンティブは高く結果が分かりやすく出るので、ゲームのように楽しみながら高収入や自分の力を試したいと考えて働いている人が多いです。

野心が無さそうな柔らかい人柄の営業マンも不動産の営業をしていますが、やはり結果にこだわって働いている人が結果的に仕事を続けられている傾向が強いです。

そのため、不動産営業は数字を常に意識しながら結果を残し、社内でも競争をしながら成長していく必要があります。

月の営業成績などノルマが存在し、結果を求められる事はよくある事ですし、負けず嫌いな人が多いため、勝ち負けにこだわりがない人は向かない傾向にあります。

女性不動産営業転職体験談

私は前職では、アパレル販売員の仕事をしていたのですが、結果を出しても中々評価されず悔しい日々を送っていました。

その時「不動産営業は結果を出せば出しただけ評価される(インセンティブがある)」ということを知り、迷わず転職することを決意。

実際に転職して営業マンとして働いていますが、やはり自分の頑張りが評価されるのは不動産業界の良いところだと感じますね。

▶︎女性未経験者を積極採用中の不動産求人をCheck

不動産営業に向いてる人②:人と接する事が得意な人

不動産営業は、人と接する事が得意な人が成功しやすいです。

不動産の案件は高額な商品(サービス)が多い事が特徴で、お客様の立場になって考えてみるとわかりますが、高額な商品を買う事は非常に不安になりますよね。

その不安を取り除くため営業マンとのコミュニケーションが必要となり、お客様と接する頻度が高くなりますので、このコミュニケーションの部分が不動産営業をしていくにあたり重要なスキルになります。

逆に人付き合いが苦手であると感じる方は、このコミュニケーションを無意識のうちに避ける傾向があるので、思うように結果を残せず苦しむ事が多いです。

▶︎女性未経験者を積極採用中の不動産求人をCheckする

不動産営業に向いてる人③:ストレス耐性がある人

不動産営業に向いている人はストレス耐性があると言いましたが、我慢強い人が向いているというより「上手にストレスを受け流せる人」が理想的です。

不動産の案件は高額な商品(サービス)が多く、お客様も失敗したくないと思っているため非常に慎重です。

私は現役で売買の不動産仲介をしていますが、億を超える不動産取引も珍しい事ではなく、売主様や買主様の両者からのプレッシャーがかかります。

部屋を借りる時よく利用される賃貸不動産仲介だったとしても、3年間も住み続ければ数百万円のお金をお客様は支払うことになります。

関連:不動産営業はブラック企業ばかり?年収は?転職志望動機も!

引っ越し代や手間を考えれば、絶対に失敗したくないとお客様は考えますよね。

社内や関連取引業者など様々なところからのプレッシャーがあり大きな失敗は許されないため、ある程度割り切ってストレスを上手く受け流せる人が向いています。

▶︎女性未経験者を積極採用中の不動産求人をCheckする

不動産営業に向いてる人④:フットワークが軽い人

フットワークが軽い人はお客様の信頼を得やすく、不動産営業に向いています。

フットワークが軽いというのはたとえば、

・お客様からの質問に対してすぐに回答する
・先回りして対応する
・行動が早い
…etc

上記のような対応は非常に信頼されます。

▼現役でトップ営業マンとして活躍する女性

インターネットの普及により不動産業界も目まぐるしい速さで変化しているため、対応できない不動産屋は淘汰されていきます。

そのため流行に敏感で、常に新しい事に興味を持ち、情報を収集できる人は様々なライフスタイルをお客様に提案できるので非常に有利です。

お客様が求めるライフスタイルを提供する事が不動産会社の役目で、不動産営業マンはそれを叶えるために動かなければなりませんからね。

▶︎女性未経験者を積極採用中の不動産求人をCheckする

不動産営業に向いてる人⑤:顧客のわがままを聞ける人

不動産営業は顧客のニーズを叶えていく必要があるため、どんな要望やわがままもしっかりと汲み取って対応していく柔軟性が求められる仕事です。

例えば賃貸不動産の営業マンの場合、顧客と一緒に内見に行った際に、要望通りの物件を紹介してもまた別のわがままを言い出したり、とにかく臨機応変に顧客に対し対応していく力が求められます。

途中で顧客のことを見放したりせず、粘り強くわがままに対応していく力が不動産営業マンには求められるでしょう。

不動産営業に向いてる人⑥:物件を見るのが好きな人

不動産営業マンに向いている人の特徴として、色々な物件を見ること自体が好きな人も向いていると言えるでしょう。

不動産営業マンは一般人よりも圧倒的に数多くの物件を見る必要があるため、物件を見ること自体を楽しめる人であれば仕事をしていて苦痛に感じる場面も少なく楽しく仕事ができる可能性が高いです。

数多くの物件を見る中で顧客が求める物件を紹介することができれば、そのまま成績や数字にも少なからず反映されていきますので、結果として数字が出せる営業マンとして評価される好循環を生むことができるでしょう。

女性不動産営業転職体験談

私は元々物件を見るのが大好きで、暇さえあればSUUMOやHomesなどの不動産サイトを眺めている日々を送っていました。

ふとその時「自分が不動産営業の仕事に転職すれば、毎日仕事を楽しくなるんじゃないか」と思いつき、求人をマイナビエージェントで探し転職。

今現在は不動産営業に転職することができ、毎日物件を見ることができるので転職して良かったと感じています。

▶︎女性未経験者を積極採用中の不動産求人をCheck

不動産営業に女性は向いてる?危険で不向き?やめとけ?

野心が強い人は男性に多いイメージですが、やる気だけでは営業は成功しません。

女性は男性の不動産営業マンよりも警戒されにくく、接客や気配りが上手で、流行りに敏感な人が多く不動産営業マンにとって最も重要な「人と接する事」が男性よりも優れています。

実際、私自身も女性の不動産営業マンも数多く見てきましたが、お客様の懐に飛び込むのがやはり男性営業マンよりも女性営業マンの方が上手です。

事実、女性のお客様であれば同じ女性に対応してもらいたい人もいますし、男性のお客様でも女性の柔らかい対応を好む人も多いですからね。

まだまだ女性の不動産営業マンは少ないですが需要は非常に高いですので、様々な人と関わる事が好きな女性は不動産営業として本領を発揮し活躍できるでしょう。

転職や就職を考えている女性は、ぜひ自信を持って挑戦して頂けたらと思います。

不動産転職実績No.1のマイナビ

↓マイナビの詳細はコチラ

✅転職者の利用満足度No.1
✅不動産の求人数約5万件(※業界1位)
✅書類選考通過率驚異の40~50%超

マイナビの詳細はコチラ

かわいい女性は不動産営業で危険?

女性の方がお客様の懐に入りやすいため不動産営業は向いていると前述しましたが一部では「女性不動産営業は危険・やめとけ」とも言われているのが事実です。

不動産営業は物件内見時に車内や室内で顧客と密室2人きりになることも少なくないため、悪質な顧客を相手にする場合万が一の可能性も0ではないからです。

▼不動産営業女子の実態は…

対顧客に関してだけでなく、女性であるという理由だけで上司や先輩からセクハラまがいのようなことを言われたり、女性贔屓されることも0ではありません。

実際に私の友人の不動産会社では、やはり男性比率が圧倒的に多かったため女性社員に対して上司のセクハラ発言に嫌気が差して退職する女性社員もいました。

不動産業界は圧倒的に男性比率が高いため女性は何かと重宝されるのですが、その反面で前述したリスクを想定した上で転職・就職するか決めるべきでしょう。

不動産営業が向いていない人の特徴!やめとけ!末路は?

スマホを操作する女性

不動産営業が向いている人について解説しましたが、逆に下記に該当する場合は、不動産営業が向いていない可能性がありますので慎重に吟味する必要があります。

適性がないのに不動産業界に飛び込んでしまうと、悲惨な末路を辿ってしまいますのでやめておいた方が良いです。

売上やノルマを追うのが嫌いな人

不動産営業は良くも悪くも売上至上主義、結果が最優先される世界のため営業成績の良し悪しで社内の発言権や仕事の進め方に直接的な影響が出てくる仕事です。

例えば後から入社した後輩に圧倒的に年収で負けてしまう場合や同じ同期内でも大きく差をつけられて年収が2倍近く違うという状況も決して珍しいことではありません。

物件を見るのが好きだったり、お客様の役に立ちたいという気持ちは勿論大事ですが、営業成績を出すということも考えておかなければ結果として潰れてしまう末路もあり得るでしょう。

ワークライフバランス最重視な人

不動産営業は決して定時に上がりやすい仕事とは言えず、顧客の要望や繁忙期(1月~3月)の時期によっては21時や22時など長時間労働となる日も少なくありません。

そのため「毎日必ず17時〜18時頃には仕事を終わらせたい」というようにワークライフバランスを重視して生活したい人にとっては大きなストレスを抱えることになる可能性が高いです。

土日休みに関しても不動産営業ではほぼ実現は難しく、平日水曜日ともう一日の週休二日で休みを取る会社がほとんどのため、周りの友人と休日を合わせずらい傾向もありますね。

勉強し続けるのが苦な人

不動産営業の世界は実は思っているよりも勉強することが多く、向上心や勉強する時間を取れない人は徐々に不動産営業の仕事から挫折してしまう傾向があります。

同じ物件は何一つないですし、度重なる不動産周りの法改正や宅建のような資格取得を取らなくてはいけない環境の場合、仕事外の時間で勉強する必要が必然的に出てきます。

もちろん不動産のことが嫌いで不動産営業に転職・就職する人はいないでしょうから、自分の好きな分野の勉強をすることは楽しいと感じる人も多いですが、ある程度努力し続ける必要もあると頭に入れておきましょう。

嘘がつけない不動産営業の末路は…?

「不動産営業は嘘つきだ。嘘をつけなければ生き残れない」と言われることがありますが、嘘をつかなくても不動産営業を続けていくことは可能です。

生き残る=営業成績を残していくという面で顧客にとって不利な情報を言わずにあえて隠しておくという選択を取る営業マンもいますが、後々クレームに繋がる可能性があるのでお勧めできません。

顧客に良い面も悪い面も両方知ってもらった上で気に入った物件を契約してもらうということを常に意識しながら営業活動を行っておけば、あえて嘘をつく必要もありませんよね。

逆に嘘ばかりついている不動産営業マンは一時的には契約が取れて稼げるかもしれませんが、徐々に化けの皮が剥がれて不動産業界から去ってしまう末路が待っているでしょう。

不動産営業求人をブラックかホワイトか見分ける方法

不動産会社の営業はブラックなイメージがあるため女性は特に敬遠しているかもしれませんが、現在はコンプライアンスが重視される世の中になり、ここ数年で働く環境は大きく改善されています。

入社してみなければ分からない事もありますが、ブラックかホワイトか不動産営業を見分けるコツがあります。

転職サイトや転職エージェントで、その会社が広告費を払い求人を出しているかどうかで判断できます。

安くない広告費を出せる会社は、組織の体制が整っていて、わざわざコンプライアンスを破り、あなたを追い詰めるような行為をするとは考え難いです。

▼転職エージェント売上の仕組み

私も10年近く不動産業界を渡り歩いてきましたが、最近では「申告していない残業はないか?」と確認されたり、ストレスチェックが実施されるようになりました。

社員のメンタルケアも会社の義務になりつつありますので、ブラック企業のような働き方を強要されるのではと過度に心配する必要はありません。

不動産営業は結果により大きく給与に反映されますし、実力をつければ独立もしやすい業界ですので、向上心がある方はぜひチャレンジしていただきたい仕事です。

数ある転職エージェントの中でも「KSキャリア」は不動産業界の転職に特化してサポートを行っているため、これから未経験で不動産営業にチャレンジしたい人でも安心して面談を受けることができます。

>>不動産業界への転職ならKSキャリア

【不動産業界の方向け】転職エージェントおすすめ5選」で不動産会社の求人を多く取り扱っている転職エージェント・転職サイトを紹介していますので、ぜひ活用しながら転職活動を進めて頂けたら幸いです。

不動産業界に強い転職エージェントおすすめ5選!選び方は?

不動産営業に向いている人に関するQ&A一覧まとめ

転職に関するQ&A

不動産営業の離職率はどのくらい?求人選びのコツ

最新の厚生労働省のデータによると、不動産業界の離職率は15.1%で思っていたよりも低い結果となっています。

入職者12万3,000人に対し離職者11万5,000人という結果で、他の業界も含めた全体の離職率が全体の約30%と言われていますから、その半分はかなり低い結果となっていることが分かりますよね。

ただし一部ではやはりブラックと呼ばれる不動産会社もあり、その企業の離職率は30%を超えるような会社もありますので、事前に転職エージェントに求人の離職率を確認することで回避することが可能です。

不動産営業の転職志望動機はどんなのが良い?

未経験で不動産営業の転職志望動機を作成する場合は、なぜ不動産業界なのか?どれくらい熱意があるのか?の2点を意識して志望動機を作成するようにしましょう。

例文として紹介すると、

「私が不動産業界を志望する理由としては、人の人生の中で"住む"という一番重要なライフスタイルに携われる点に魅力を感じていることと、営業成績が自分の成果に反映される点に魅力を感じたからです」

上記のような志望動機であれば、なぜ不動産業界なのか?どれくらい熱意があるのか?の両方を満たすことができるので、面接通過率も高まるでしょう。

不動産営業マンは社内恋愛になること多い?

不動産業界はどうしても男性比率の方が多く、特に不動産営業では8:2や9:1などの男女比になることが多いため、女性社員が入社すると男性社員と仲良くなるのは必然で社内恋愛になることも少なくありません。

ただし、前述したようなセクハラや女性をよくない目で見る男性がいる可能性もありますので、その点はリスクとして頭に入れておくべきでしょう。

マイナビエージェントの特徴

驚異の書類選考通過率50%!

求人を厳選して紹介してもらえる!

親身な対応で面談満足度が高い!

dodaの特徴

求人数96,000件以上(※業界最大級)

転職満足度No.1の親身な対応!

北海道~九州全国に面談拠点あり!

-建設・不動産業界の転職, 営業職の転職

\ PR /

Copyright© 転職エージェントマニア.com , 2022 All Rights Reserved.