IT・WEB業界の転職・就職 技術職の転職

システム運用保守はきつい?楽しい?開発へキャリアアップ可能?

投稿日:

システム運用保守と聞くと、ITエンジニアを目指している人にとってネガティブに考えることがあると思います。

  • システム運用保守はきつい?
  • 仕事は楽しい?
  • 今後のキャリアが不安

と悩んでいる方が多いでしょう。

そこでシステム運用保守の悩みを、インフラエンジニア歴5年で構築からテスト、運用保守も2年程経験してきた私が解説します。

この記事を読むことで、あなたもITエンジニアとしてのステップアップを着実に積んでいけます。

現在システム運用保守をされている方、これから経験する方にも参考になりますので最後まで読んでみてください。

この記事の執筆者

Yusuke Watari
情報系の専門学校を卒業後、ITエンジニアに従事。
客先常駐先でシステム運用保守、監視を2年間経験。
現在はインフラエンジニアとして開発案件に携わる。
 

システム運用保守はきつい?

システム運用保守はきつい?
まず、システム運用保守のきつさについて私の経験を踏まえて4つの辞めたい理由をあげます。

1) 同じことの繰り返しでつまらない

基本的に定常業務で単純な作業になります。定期的な作業の手順書作成・実施や障害発生時の対応もマニュアルがあるからです。

2) 夜勤・シフト勤務がつらい

夜勤やシフト勤務が多いです。システムは、24時間稼働するのが当たり前です。健康にも影響が出る場合があります。

3) 業務知識が身に付かず、市場価値が高まらない

業務知識がなくても運用保守業務は務まります。基本的に、マニュアル通りに実施します。

4) 単価が安い

エンジニア自身の単価が安い傾向にあります。一般的なITエンジニアの平均年収は400万円前後と言われていますが、運用保守業種は300万円台です。

▶︎システム運用保守からのキャリアアップ転職先はコチラ

システム運用保守は楽しい?


次に、

☑「システム運用保守は楽しいのか?」

続けられる理由について解説します。

1) 稼働が安定している

ITエンジニアの業種の中でも稼働が安定しています。24時間システムの稼働監視をシフト勤務で行うため、勤務が交代制で残業が少ないでしょう。

2) 障害時の原因調査がやりがい

現状のシステムに障害や問題が発生した場合は、原因調査と対策を実施する必要があります。定常業務ではなく、不明点はサポートに問い合わせながらミドルウェアやOSの新たな機能が分かり知識が付きます

3) 今後のキャリアに繋がる

システム運用保守業務に関わることで、システム全体の機能や通信プロトコルと全体が見えます。よって、今後構築や設計にキャリアを築く際に設計書を見て理解できるようになるでしょう。

4) 正確な作業スキルが身につく

作業の際は、作業者自身が手順を読み飛ばさず正確に作業する必要があります。確認しながら2名体制で実施しますが、作業者と確認者の不手際で作業品質が落ちてしまいます。そのため、手順書と作業の把握をしてミスなく作業することが大事です。

▶︎システム運用保守からのキャリアアップ転職先はコチラ

システム運用保守で身につくスキル


システム運用保守の仕事内容と身につくスキルを解説します。

1. 運用SE

運用SEの仕事は、稼働しているシステムが正常に動作しているか、想定のパフォーマンスを守る仕事です。

主な仕事は下記になります。

  • 運用マニュアル作成・修正
  • 定常業務の手順書作成
  • ネットワーク・サーバ監視
  • 障害箇所の特定
  • 構成管理

身につくスキルは、IT全般の知識とコミュニケーションスキルが身に付きます。未経験SEには、細かいスキルよりITを広く知る必要があります。

障害発生時に状況をヒアリングして状況把握が必要です。

2. 保守SE

保守SEの仕事は、システムに障害が発生した際の原因調査と改善方法の実施で、障害対応がメインです。

主な仕事内容は下記になります。

  • システム復旧作業
  • 原因調査
  • システムアップデート
  • バックアップ取得

身につくスキルは、要件通りの改善を行う能力です。システムリリースしたものでも、問題が発生した場合に要件を見直しミドルウェアのアップデートが必要になります。

▶︎システム運用保守からのキャリアアップ転職先はコチラ

システム運用保守からの転職先おすすめ3選

システム運用保守からの転職先①:開発


システム運用保守からの転職先1つ目は、開発です。

ITエンジニアにおいて開発スキルは必要で、インフラエンジニアもプログミングの読み書きができると市場価値が高まります。

特にWebエンジニアとの相性がよく、インフラ知識があり開発スキルがあるだけで希少性が高く貴重です。

ITインフラの開発でよく使用される言語は、「Perl」「Python」です。現在AIやIoT分野が非常に人気あるため、私も資格を取得しています。スキル面や能力により年収の大幅アップが期待できますので、日頃から職場のスクリプトやバッチのコードを見て慣れておくことが大事でしょう。

Web業界を代表する会社
1. パーソルプロセス&テクノロジー株式会社
2. 株式会社大塚商会
3. 日鉄ソリューションズ株式会社
4. 株式会社電通国際情報サービス
5. Sky株式会社

システム運用保守から開発への転職理由例文

前職では主にサーバとネットワークの運用保守に3年携わりました。Webエンジニアに応募した理由は、運用保守で培ったITインフラの知識とPythonやPerlの資格を所持していますので、Webサイトのバックエンドとして活躍したいと思いました。

システム運用保守からの転職先②:ネットワークエンジニア


システム運用保守からの転職先2つ目は、ネットワークエンジニアです。

仕事内容は、ネットワーク設計・構築・運用を行い、ネットワーク機器やハードウェアの知識が身につけられ、今までの業務知識も活きるため転職先におすすめです。

上流工程の業務に携われることで市場価値が上がり年収アップの期待ができます

ネットワークエンジニアになるためのスキルは、システムを安定して運用した実績とプログラミングスキルを身につけていれば転職に有利です。

「CCNA」「CCNP」「ネットワークスペシャリスト」の資格取得をするといいでしょう。

ネットワーク業界を代表する会社
1. NECネッツエスアイ
2. 日本オラクル
3. GMOインターネット
4. NTTデータ
5. ヤフー

ネットワークエンジニアへの転職理由例文

前職では主にサーバとネットワークの運用保守に3年携わりました。ネットワークエンジニアに応募した理由は、運用保守で培ったネットワークの知見とCCNAの資格を所持していますので、より上流工程に携わりたいと思いました。

システム運用保守からの転職先③:ITコンサルタント


システム運用保守からの転職先3つ目は、ITコンサルタントです。

仕事内容は、クライアントの抱える問題解決をする仕事です。ヒアリングをして企業が抱える課題を見つけ出すため、運用保守で身につけられたコミュニケーション能力が役立ちます。

ITコンサルタントになるためには、現在人気のクラウド経験でAWSの知見があると非常に有利になります。オンプレミスからクラウドの移行企業の相談と提案で役に立てるでしょう。

ITコンサルタントは非常に年収が高いため、年収アップは確実と言えます。

ITコンサルタント業界の代表する企業
1. アクセンチュア
2. 野村総研
3. 日立コンサルティング
4. NTTデータ経営研究所
5. 野村総合研究所

ITコンサルタントへの転職理由例文

前職では主にサーバとネットワークの運用保守に3年携わりました。ITコンサルタントに応募した理由は、運用保守で培ったコミュニケーションスキルとクラウドの知見があるため、企業の問題解決に役立つと思いました。

システム運用保守からの転職必勝のコツ3選


システム運用保守からの転職必勝のコツを3点紹介します。転職を成功させるためには大事ですので参考にしてください。

1) 資格を取得する

ITエンジニアをするに当たり資格は必須ではありませんが、知識習得の証明となります。特に未経験からエンジニアを目指す方、経験が浅い方は資格を所持することで興味のある技術に携われるチャンスをつかむことが出来る可能性があります。勉強できる時間がある場合は、是非取り組むことをおすすめします。

転職に役立つ資格が分からない場合は、プログラミング関係の資格とネットワークの資格取得をするといいでしょう。

2) クラウドを経験する

ITエンジニアにおいて常に最新技術に触れることが大切です。最もおすすめ技術がクラウドで、AWSやAzureが有名でしょう。しかし、中々技術に触れる機会の少ないエンジニアが多く、経験があるだけでも市場価値が高まります。業務で関わることが出来ない場合は、AWSアカウントを作成して1年間無料枠で利用してみることをおすすめします。

転職の面接の際に、クラウドに触れた経験を話すことで年収を上げることができ、希望の業務につくことができるでしょう。

3) ポートフォリオを作成する

開発エンジニアとして転職をしたい場合は、ポートフォリオを持つことも大事です。必ずではありませんが、給与が高くなる可能性がありますので、時間がある方は興味のある言語で何か作成してみるのが良いでしょう。

ポートフォリオとは、技術と実績の証明のことです。

例えばWebエンジニアを志望する際には、HTMLとCSSとjavascriptを使用してホームページを作成するといいでしょう。

面接の際に、プレゼン資料や技術力の証明として役立ちます。

システム運用保守からの転職に強いエージェント


最後にITエンジニアが利用すべき転職エージェントを紹介します。

1) マイナビITエージェント

マイナビIT
マイナビITエージェントは、大手転職エージェントマイナビが運営するIT・Webに特化した転職エージェントサービスです。

おすすめの理由は下記になります。

  • 案件数7,000件以上保持
  • 20代・30代の若手エンジニアの登録が多い
  • 求人内容が幅広い
  • 丁寧なサポート

システム運用保守の経験しかない方は、スキルに悩んでいる方が多いと思います。実務経験が少ない方も多く登録されており、手厚いサポートや仕事案内を受けられます

\安心マイナビのITエンジニア専門サポート!!/

マイナビITの公式HPはコチラをクリック

>>マイナビITの公式HPはコチラをクリック<<
✅案件数7,000件以上保持
✅20代・30代の若手ITエンジニアに強い

2) レバテックキャリア

レバテックキャリア
レバテックキャリアは、東京の他に名古屋・大阪・福岡に拠点があり、ITエンジニア専門の転職エージェントサービスです。

おすすめの理由は下記になります。

  • 案件数5,000件以上保持
  • 前職から年収アップ率60%
  • 各拠点にキャリアアドバイザーがアドバイス
  • 非公開求人が多数

システム運用保守の方が転職利用することで、確実に年収アップが期待できるでしょう。広いエリアで利用できますので、地方の方も利用できます。

ITエンジニア登録者数No.1レバテックキャリア

↓レバテックキャリア詳細はコチラ

✅ITエンジニア特化で15年の老舗
✅技術と市場を知り尽くしたアドバイザー
✅初回提案での内定率は90%以上

レバテックキャリア詳細はコチラ

★IT・WEBエンジニア専門のマイナビエージェントIT★
マイナビエージェントITの特徴

IT・WEB業界に精通したキャリアアドバイザーによる徹底転職サポート

コンサルティングファームから大手SIer、メーカーやベンダー企業豊富

WEB・ゲーム系など、幅広い企業への転職成功実績あり

レバテックキャリアの特徴

WEB/ITエンジニアの転職に特化

累計利用者数78,000人突破

エンジニア経験者によるサポート

-IT・WEB業界の転職・就職, 技術職の転職

\ PR /

Copyright© 転職エージェントマニア.com , 2022 All Rights Reserved.