建設・不動産業界の転職 営業職の転職

リフォーム営業から転職したい人必見!転職先おすすめ5選

投稿日:

リフォーム営業から転職したいと考えている方に向けて、転職先おすすめを転職理由や志望動機と共に徹底解説して参ります。

リフォーム営業で日々奮闘するも、

  • 「営業成績で伸び悩んでいる」
  • 「上司やお客様との人間関係がうまくいかず悩んでいる」

などの数多い壁にあたり、転職したい…と考える人は少なからずいるのではないでしょうか。

この記事を読むことで、リフォーム営業で培ったスキルを他分野での営業職や異業種で活かせる考えが身につきます。

実際に、著者である私もリフォーム営業の経験があるため、数多くの苦悩を経験し、住宅関係でもない、営業職でもない異業種に転職した経験もあります。

本記事を通じ今経験している苦悩から脱却する方法を一緒に考えてみましょう。

【2022年2月1日公開】

リフォーム営業を辞めたい理由

リフォーム営業を辞めたい理由は成績や人間関係、やりがいなど、要因は様々です。

では、実際にリフォーム営業を辞めたいと思う理由を詳しく見てみましょう。

<リフォーム営業を辞めたい理由>

  • 営業ノルマがきつい
  • 時間帯や休日問わず対応しなければならない
  • 仕事が大変なわりには年収が低い
  • 上司によるパワハラがきつい

営業ノルマがきつい

営業ノルマは、リフォーム営業に関わらず営業職の多くがぶつかる壁です。

営業職は会社で毎月のノルマが設定されているため、そのノルマに達成しない人には風当たりが強くなります。

また、ノルマは毎月課されるので、終わりの見えない「無限ループ」のように感じてしまうでしょう。

リフォームの場合、金額が決まっている商品を売るわけではありませんよね。

例えば、ちょっとした修理であれば数万〜、大規模修繕であれば数百万〜数千万と、金額に幅があるのが特徴です。

そのため、毎月の成績に波が出てしまうのは当然なわけです。

とはいえ、会社は一定のノルマを毎月のように求めてくるため、精神的ストレスも増大します。

時間帯や休日問わず対応しなければならない

リフォーム営業の多くは、会社用の個人携帯を常に所持しています。

そのため、お客様からの連絡や工事を担当する業者からの連絡、場合によってはクレーム対応も行わなければなりません。

自分が抱えているお客様や、リフォーム工事の案件が増えれば増えるほど、その負担は大きくなります。

実際に私も、休日は会社用の携帯が気になってしまい、休めた気がしませんでした。

もちろん、休日は休むと割り切れれば良いものの、多くの人は割り切ることすら難しいと思います。

家族と楽しく過ごしている休日に、お客様からクレームの電話が入った日には、心の底から辞めたいと思ってしまうでしょう。

仕事が大変な割には年収が低い

リフォーム工事は契約単価が低いため、多くのリフォーム会社はインセンティブの比率も低い状態です。

そのため、多くの人は「激務のわりにこれしかもらえない…」と思い、モチベーションも下がってしまい、辞めるに至るわけです。

もちろん、インセンティブの比率が高い会社はあるものの、住宅業界の状況を鑑みても、高収入はあまり期待できないでしょう。

上司によるパワハラがきつい

上司がパワハラをするのは、やはり契約数字の進捗が悪い人に対してが多いでしょう。

例えば、「なぜ数字が伸びないのかわかっているのか?」などのメールが何通も来たり、「アポイントが取れるまでお客様に電話をかけろ」と強要したり、パワハラといっても様々です。

「契約はお客様の意向を尊重するべき」に対して「契約数字が全て」という考えを持つ上司であれば、パワハラはいつまでも続くでしょう。

リフォーム営業で働くことで身につくスキル

リフォーム営業は、住宅に関する知識を得ているだけではありません。

例えば、お客様や工事現場で関わる業者、社内などの様々な場面で「コミュニケーション能力」が身についています。

また、リフォームの契約から現場管理までを担当するとなると、業者や工事監督を動かす「司令塔」の役割も果たしています。

さらに言えば、飛び込み営業をしている人は、初対面の人との関わりから「会話のコツ」や「洞察力」も習得しているでしょう。

一方、ルート営業をしている人の場合は、今まで築き上げた信頼を積み重ねる、もしくはそれ以上の期待に応える「提案力」が身についているでしょう。

リフォーム営業からの転職先を探す際には、リフォーム営業で培った上記のスキルや経験を上手にアピールしていくことが転職成功の秘訣です(※詳しくは後述)。

リフォーム営業から転職先①:住宅メーカーの商品企画・開発

住宅関係の仕事に就きたいが、営業職はしたくない人におすすめなのが、住宅メーカーの商品企画・開発です。

リフォーム営業をしている人はお客様との直接的な関わりにより、市場調査では分からない「お客様のニーズや悩み」を知識として持っています。

仮に、住宅メーカーの商品企画・開発に携わることで、営業時代に培った「提案力」がより良い商品の企画に貢献できるかもしれません。

商品企画や開発には営業ノルマといった壁はないので、ユーザー目線で仕事ができるという点では大きなやりがいを感じられるでしょう。

住宅メーカーの代表的な会社

  • ミサワホーム住友林業
  • 一条工務店

もし、住宅メーカーの商品企画・開発への転職を考えるのであれば、以下に紹介する転職理由の例文を参考にしてみてください。

<転職理由例文>

リフォーム営業時代には、お客様の要望を潜在的なニーズまで洗い出して、リフォームを提案した経験があります。

今まで培ってきたお客様のニーズを理解する「洞察力」と、ニーズに応える「提案力」を活かしたいと考え、転職を決めました。

▶︎住宅メーカーの商品企画・開発で募集中のおすすめ求人を見る

リフォーム営業から転職先②:不動産会社の営業職

住宅分野の仕事に携わりたい人は、住宅の知識が活かせる不動産会社の営業職がおすすめです。

とはいえ、「営業職はノルマがありそう…」と不安に思う人もいるでしょう。

不動産会社はリフォーム会社とは違い、お客様から問い合わせや資料請求が来る、いわゆる「反響型営業職」が多いとされています。

同じ業界であれば、転職も有利になりますし、反響型営業職であれば、飛び込み営業によるストレスは抱えずに済むでしょう。

不動産会社の代表的な会社

  • 旭化成ホームズ株式会社
  • 朝日土地建物株式会社

もし、不動産会社の営業職への転職を考えるのであれば、以下に紹介する転職理由の例文を参考にしてみてください。

<転職理由例文>

リフォーム営業時代には一戸建てのリフォームだけでなく、アパートのリフォームや建て替えなどの提案を行った経験があります。

住宅関連の知識と土地や建物の活用方法など、あらゆる知識を活かしたいと考え、転職を決めました。

▶︎不動産会社の営業職で募集中のおすすめ求人を見る

リフォーム営業から転職先③:建材メーカーの法人営業職

リフォームや住宅の知識を活かしつつ、営業職をもう一度やりたい人におすすめなのが、建材メーカーの法人営業職です。

建材メーカーの営業職は基本的に「ルート営業」となり、営業先の相手は施工店や住宅会社などの法人となるため、一度関係性を築いてしまえば売り上げを気にすることなく仕事ができます。

法人営業はエンドユーザーを相手とする営業職よりも、営業成績による精神的負担は軽減されるでしょう。

建材メーカーの法人営業の大代表的な会社

  • 旭化成建材株式会社
  • 株式会社アイダ設計
  • もし、建材メーカーの法人営業職への転職を考えるのであれば、以下に紹介する転職理由の例文を参考にしてみてください。

    <転職理由例文>

    リフォーム営業では様々な顧客のニーズから、必要な住宅建材を提案し、より快適な住まいを提供した経験があります。

    これまで培った住宅の知識を活かし、建材そのものの魅力や必要性を伝えていきたいと考え、転職を決意しました。

    ▶︎建材メーカーの法人営業職で募集中のおすすめ求人を見る

    リフォーム営業から転職先おすすめ④:介護職

    住宅関連や営業の仕事ではなく、別の仕事にチャレンジすることも良いでしょう。

    例えば、介護職はリフォーム営業を経験した人に向いています。

    なぜなら、「相手のニーズに応える」という観点で言えば同じ仕事だからです。

    介護職の場合、施設に入所する利用者のニーズに応えるため、「どうしたら相手が喜ぶだろう」と考えて行動します。

    要するに、介護職における仕事への姿勢は「どうしたら快適な住まいを実現できるだろう」と相手のことを考えるリフォーム営業と同じと言えます。

    介護職の代表的な会社

    • ニチイ
    • SOMPOケア

    もし、介護職への転職を考えるのであれば、以下に紹介する転職理由の例文を参考にしてみてください。

    <転職理由例文>

    リフォーム営業時代、高齢者との関わりが多かったことから、介護の仕事をしてみたいと思い、介護職に興味を持ち始めました。

    リフォーム営業では顧客のニーズに応えられるリフォームの提案ができるよう、相手に興味を持ち、潜在的なニーズを把握するよう努力してきました。

    介護職では、今まで培った「相手の気持ちやニーズを汲み取るスキル」を活かして仕事がしたいと思い、転職を決意しました。

    ▶︎介護職で募集中のおすすめ求人を見る

    リフォーム営業から転職先⑤:興味のある異業種

    リフォーム営業から転職先として元々あなたが興味のあった業界や職種を転職先として選ぶ選択肢ももちろんOKです。

    実際にリフォーム営業からは様々な業界や職種に転職して活躍している人が非常に多くいらっしゃいますので、実際に転職体験談をいくつかご紹介致します。

    リフィーム営業からの転職体験談

    IT業界の営業職へ転職(29歳男性)

    Q、住宅リフォーム営業から転職しようと思った理由

    個人住宅のリフォームを担当しており、ホームページやチラシなどから問い合わせをもらい、リフォーム要望や金額の提示など営業全般を行っていました。営業だけでなく、チラシの作成や事務作業も行っていました。

    転職しようと思った理由は営業ノルマがきつかったからです。元々別の業種で働いていましたがこれからリフォーム業界の需要が高まるという情報があり転職をしましたが、競合が多く売上を立てるのが大変でした。

    個人営業BtoCがメインでしたので、次はBtoBの営業がしたいと思い転職を決意しました。

    Q、転職先を選んだ決め手

    リフォーム会社にいたときからエクセルマクロで請求書を自動作成したりと、業務効率化業務を行い、自分としてもそういった作業が好きで次の仕事はそういったことができる業種にしようと思っていたので、IT会社に転職しました。

    未経験でしたので年収は下がりましたが、やりたいことができる環境になったのでとても良かったです。

    SEとして営業もできており、目的のひとつだったBtoBの営業活動も経験できていますので、個人営業と違い社長や部長といった役職の方と交渉する機会が増え営業力の幅が広がったと思います。

    あいかわらずノルマや納期に追われる毎日ですが、新しいことにチャレンジできているので転職してよかったと思います。

    Q、利用した転職エージェント

    doda

    リフィーム営業からの転職体験談

    保険営業職へ転職(27歳女性)

    Q、住宅リフォーム営業から転職しようと思った理由

    既存の顧客へのルート営業プラス、テレアポ業務が毎日時間を決められて数時間みっちりやらされていて、ガチャ切は当たり前で、耳が痛くなり、精神的にかなり疲れる仕事でした。

    新規顧客を掴むために知人や友人、親類からの情報取得や名簿業者からの買い取りを個人的に購入せねばならず、経費もかかりました。

    ブラック要素が強いので、辞めたいと思いながらも、インセンティブ部分が大きな給与体制でそこも諦めきれずズルズル続けてしまいました。

    家族経営の会社だったため、上層部の言いなりな雰囲気もいつも納得出来ませんでしたので思い切って転職を決めました。

    Q、転職先を選んだ決め手

    転職しても営業職には就きたいと思っていて色々な業種について調べる中で、今よりも年収が上がる保険会社に決めました。

    福利厚生が充実していたり、休みが取りやすいなど魅力に感じたことと、テレアポ業務も少ないと説明会でも聞いて安心しました。

    友人が既に働いている大手保険会社で研修から始め、信頼出来る友人に小さなことでも相談出来たことは安心に繋がりました。

    リフォーム会社は小さな会社で社長のワンマン経営で、色々とワガママに振る舞う上司らについていけなかったため、最大手の大企業への憧れが強かったのもあります。

    生命保険だけでなく、個人年金保険等、役に立てる商品を売るやりがいもあり、社会貢献度も高い仕事と自負しています。

    Q、利用した転職エージェント

    マイナビエージェント

    リフィーム営業からの転職体験談

    会計事務所のコンサルタントへ転職(35歳男性)

    Q、住宅リフォーム営業から転職しようと思った理由

    私がリフォーム営業を転職しようと思った理由は大きく2点あります。まず1点目は、リフォーム業界はクレーム産業だと言う点です。

    打ち合せでどれだけ丁寧に伝えたつもりでも、仕上がりにはどうしても個々のイメージがつきまとうため、100%満足してもらえるということは皆無に近いと思います。

    全体的には良くても、部分的にケチがついたり、なかなか難しい業界であると感じたからです。

    2点目は、現場担当や職人さんとお客様との板挟みになるケースが多く非常にストレスに感じた、という点です。

    あまり良くない言い方ですが、中小リフォーム会社の施工をする職人さんには、かなりクセがある人が多く、人間関係にかなり苦労します。

    達成感はあるのですが、苦労と天秤にかけたときに割に合わないと感じ、転職を決意しました。

    Q、転職先を選んだ決め手

    私は元々銀行員だったという点が大きいかもしれませんが、大きくは一緒に働ける人の教育水準が高い業界を志望しました。

    リフォーム会社勤務だと、どうしても意図が伝わらないことがありましたが、現在は自分の考えている意図は誤解なく、確実に相手に伝わります。

    合っている、間違っているというのは大きな問題ではなく、自分の意思を伝え、それを理解してくれる環境であればストレスが少ないからです。

    お客様となる方も企業の経理責任者や経営者の方々ですので、社会のルールやマナーを身に付けている方が多く、こちらが普通に業務に従事していればノークレームです。

    リフォーム会社での経験は意外なところで役に立ち、企業の事務所レイアウトの相談や、見積妥当性のチェックなど様々な場面があります。

    会計事務所は税務だけではなく、それ以外の知識が豊富な人材が多いと差異化できるので、頑張り次第で経験を活かせる職場だと思います。

    Q、利用した転職エージェント

    JACリクルートメント

    リフィーム営業からの転職体験談

    製造企業の事務職へ転職(23歳女性)

    Q、住宅リフォーム営業から転職しようと思った理由

    元々は製造業から転職して、リフォーム会社の営業職に就きましたが、元々採用される前に聞いてた話とちょっとだけ相違部分があるなと思いつつも働き続けてました。

    本社が兵庫にあって支店が各地方にあるぐらい大きい会社でしたが、女性社員は少なく、私が配属された支店は私以外全員男性社員。環境が環境で、慣れなくて精神的にもキツくなってきてしまいました。

    内装も外装もどちらもやっている会社ではありましたが、結局外壁塗装のメイン営業で、勤めている時に一度も内装の方で営業を取ったことは無かったです。

    これもキッカケで私は住宅リフォームの営業(営業全般)は合わないなと思って、元々興味のあった事務の仕事に転職しました。

    Q、転職先を選んだ決め手

    パソコンのスキルを上げたいなと思いつつ、事務の仕事を探していた時に、データ入力の仕事を紹介してもらって仕事に就きました。

    黙々と作業するのが嫌いではなかったし、人と話すのは嫌いではないので、自分の中では丁度いい環境に巡り合わせて頂きました。

    今では、精神的にも身体的にも良くなってきて、リフォーム営業を辞めて転職をして良かったなと思うようになりました。

    辞めずにリフォーム会社にいたら、きっと今も死にかけながら働いていると思うとやめて良かったと思うし、後悔も全くありません。

    Q、利用した転職エージェント

    マイナビエージェント

    リフィーム営業からの転職体験談

    トラックドライバーへ転職(36歳男性)

    Q、住宅リフォーム営業から転職しようと思った理由

    一か月あたりの施工数のノルマが厳しく、飛び入りでの営業で契約を取らなければいけないことが多くなり、顧客とのトラブルが多くなってきました。

    元から営業で入ったのである程度は我慢していましたが、会社の経営が悪くなると強引な営業を求めてくるようになり、大きなストレスになっていきました。

    仕事なので嫌なことでもやることは仕方がありませんが、顧客から文句ばかり言われても平謝りして施工の契約を求めることに疲れてきました。

    与えられた仕事を真面目にすれば見合った給料が貰える仕事に移りたいと考えるようになり、営業職とは全く関係がないトラックドライバーに転職しました。

    Q、転職先を選んだ決め手

    トラックドライバーは決められたルートを指定された時間に運べばよく、移動中は自分のやりたいように休憩が取れます。

    上司に就業中は常に監視されているオフィス業務では息が詰まるだけですし、仕事さえ適切に行っていれば相手先から文句を言われることもなく、変なストレスが溜まることがありません。

    年齢的に雇用の安定した正社員で一定水準の給料を受け取るには営業職ではスキル不足で転職が難しいと考え、トラックドライバーであれば運転免許があれば未経験でも雇用してくれる可能性が高いと聞いていたので選びました。

    他にも物流の業種は個人の顧客を相手にしていないので景気による業務量の変動が少なく、これから長く務める中で安定性を求めるのであれば他にいい職種は無いという点も選んだ理由です。

    Q、利用した転職エージェント

    doda

    リフォーム営業からの転職必勝のコツ3選

    リフォーム営業から転職する際、転職成功に役立つ3つのコツを紹介します。

    <転職必勝のコツ>

    • 1つだけ譲れないことを決める(=転職軸の整理)
    • リフォーム営業で培ったスキルをアピールする
    • 成長につながる仕事を選ぶ(=志望動機)

    1つだけ譲れないことを決める

    例えば、「営業ノルマがきつくない職場が良い」「休日はちゃんと休める仕事が良い」「営業は続けたい」など、考え方は人それぞれです。

    まずは、転職する上で妥協したくないことを書き出してみましょう。いくつかある場合は、それぞれに優先順位をつけると良いですね。

    優先順位を付けた上で、自分にとって何が譲れない項目で何は妥協できるのか「仕事内容」「将来のキャリアパス」「年収」「勤務地」「休日」「残業時間」など洗い出して転職軸を整理してみましょう。

    リフォーム営業で培ったスキルをアピールする

    転職後も営業を続ける場合は「初対面でも打ち解けられる話術を習得している」「信頼関係の構築が得意」など、身についている経験スキルをアピールすると、転職が有利になるでしょう。

    特にリフォーム営業の場合は前述したように、顧客の予算が決まっていないところから関係を深めていくソリューション営業的な側面がありますので、提案スキルを全面的にアピールしていくと良いです。

    転職先の業界や職種でも、今まで培ったリフォーム営業の仕事を"再現できるのか"人事面接官にアピールすることができれば、書類選考や面接通過率はグッと上がり内定を取りやすくなります。

    成長につながる仕事を選ぶ

    著者である私も経験しましたが、自分自身の成長につながる仕事に転職すると、大きなやりがいやモチベーションに繋がります。

    私はリフォーム営業から介護職に転職しましたが、介護スキルが身につくことで、自分の成長を実感して楽しく仕事ができました。

    成長につながる仕事は継続にもつながるため、ぜひ肝に銘じてみてください。

    リフォーム営業からの転職先をもっと知るには?

    今回はリフォーム営業からの転職先を紹介して参りましたが、いざ転職するとなると、情報収集や面接、必要書類の作成など手間と時間がかかってしまうものです。

    そのためリフォーム営業からのおすすめの転職先の求人案件を詳しく知るためには「転職エージェント」がおすすめです。

    転職エージェントを利用すると、あなたに合った求人探しはもちろん、面接対策や履歴書の添削など、幅広いサポートを受けられます。

    ▼転職エージェントの仕組み

    スマホやインターネットから手軽に利用できて、転職希望者は利用料も一切かからないのも魅力です。

    数ある中でも特におすすめの転職エージェントは「マイナビエージェント」と「doda」の2社で、それぞれ具体的に理由を紹介いたします。

    マイナビ

    転職エージェントおすすめ マイナビ

    マイナビエージェントは「サポートに熱意があり、丁寧である」と利用者評価の高い転職エージェントです。

    業界でも大手の立ち位置なので、今回紹介したリフォーム営業からの転職実績も豊富にありますし、どのような業種・職種に対してもおすすめの会社の求人を紹介してくれます。

    求人数も多く、特に中小企業や第二新卒の求人が豊富に揃っていますし、全国で転職フェアも開催されているため転職に前向きな人にはおすすめのサービスです。

    書類選考通過率No.1のマイナビ

    ↓マイナビの詳細はコチラ

     

    求人の豊富さ○ 約5万件(業界No.2)
    対象年齢層20代〜30代前半
    書類選考通過率◎ 極めて高い
    年収アップ率○ 高い

    書類選考通過率No.1マイナビ詳細はコチラ

    doda

    転職エージェントおすすめ doda

    dodaは「転職セミナーや面接対策などのサポートが充実している」と評価の高い転職エージェントです。

    規模としてはマイナビを凌ぐ業界最大級の転職エージェントなので、転職サイトのように求人を自由に探せる機能も持ち合わせており、転職活動において必須のツールと言えます。

    転職に必要な職務経歴書を簡単に作成できる「レジュメビルダー」や、自分の市場価値が分かる「年収査定」というサービスが提供されています。また、エンジニアの求人が多いのも特徴です。

    当サイト利用者数No.1のdoda

    ↓dodaの詳細はコチラ

     

    求人の豊富さ◎ 約9万件(極めて多い)
    対象年齢層20代〜50代
    書類選考通過率○ やや高い
    年収アップ率◎ 極めて高い

    登録者数No.1のdoda詳細はコチラ

    転職エージェントは多岐にわたるサービスを提供しているため、使わない手はありません。皆さんも転職エージェントを上手に活用して、転職を成功させましょう。

    マイナビエージェントの特徴

    驚異の書類選考通過率50%!

    求人を厳選して紹介してもらえる!

    親身な対応で面談満足度が高い!

    dodaの特徴

    求人数96,000件以上(※業界最大級)

    転職満足度No.1の親身な対応!

    北海道~九州全国に面談拠点あり!

    JACリクルートメントの特徴

    業界No.3の売上高で急成長中

    30代〜40代のミドル・ハイクラス層に強い(※20代の支援実績も多数)

    一気通貫型でスピーディーな対応

    -建設・不動産業界の転職, 営業職の転職

    \ PR /

    Copyright© 転職エージェントマニア.com , 2022 All Rights Reserved.