IT・WEB業界の転職・就職

ギークリー(Geekly)に断られた!登録拒否の理由と対処法

投稿日:

  • 「ギークリー(Geekly)に登録して転職しようと思ったんだけど、なぜか断られた...」
  • 「ギークリー(Geekly)に断られたけどこれといった理由なんて思いつかないしどうすべきだろう...」

上記のような悩みにお答えします。

この記事を読めば、ギークリー(Geekly)に断られた理由がわかるので、事前に対策ができ、ギークリー(Geekly)に断られずに済みます。

僕自身も転職エージェントが断る理由を事前に把握して、断られる理由に合致しないように転職エージェントを選定したので事前対策は超重要でした。

そんな重要な内容を以下にてまとめましたので、ぜひご覧になって転職活動に取り組んでみてください。


ギークリー(Geekly)に断られた!

「よーし!未経験だけど自分のやりたい職業に就くぞ!」と気合を入れて、ギークリー(Geekly)に登録したものの、断られることもしばしばあります。

  • 「転職エージェントなのになんで断られるの?」
  • 「何がダメだったのかな...」

など、面接もしていないのに断れられて非常にショックな気持ちになるはずです。

ギークリー(Geekly)に断られた理由と対処法

ギークリー(Geekly)に登録拒否されて断られる理由としては、以下のいずれかに該当する可能性が高いです。

転職を繰り返している

希望分野と職歴がマッチしない

年齢が高い

ブラックリストに入っている

転職の希望時期が1年以上先

順番に詳細について解説していきます。

ギークリー(Geekly)に断られた理由①:転職を繰り返している

ギークリー(Geekly)に断られた理由一つ目が、転職を繰り返している場合です。

転職を繰り返すのは悪くはないですが、あまりにも短いスパンで転職を繰り返していると、相手にされないケースがあります。

大体目安でいうと2〜3ヶ月、長くて半年しか就業せず、転職を繰り返している人ですね。

転職エージェントは、求職者が転職して半年以上勤務していれば報酬をもらえる仕組みなので、紹介した人が半年続かなければタダ働きと同義です。

そんな短スパンで転職が見え見えな人の対応は会社にとっても不利益を被るだけだからです。

対処法としては6ヶ月以上1社で続けてください。

ギークリー(Geekly)に断られた理由②:希望分野と職歴がマッチしない

ギークリー(Geekly)に断られた理由二つ目が、希望分野と職歴がマッチしないからです。

ギークリー(Geekly)は、IT、WEB、ゲーム業界に特化した転職エージェントです。

いくら特化しているとはいえども、未経験だと厳しいケースもあります。

マッチしないケースは、未経験分野として前職があまりにも分野が違うケース、またギークリーに登録しているのに、ギークリーが特化していない分野を志望している場合。

上記のような場合は、本人の希望分野とこれまでの職歴が合致していないので、書類選考でまず落とされそうと判断し、断られるケースがあります。

IT、WEB、ゲーム業界に興味がある人だけ登録すべきで、未経験者はマイナビエージェントを利用した方が良いでしょう。

書類選考通過率No.1のマイナビ

↓マイナビの詳細はコチラ

✅転職者の利用満足度No.1
✅全国の求人数約7万件(※業界最大級)
✅書類選考通過率驚異の40~50%超

書類選考通過率No.1マイナビ詳細はコチラ

ギークリー(Geekly)に断られた理由③:年齢が高い

ギークリー(Geekly)に断られた理由三つ目が、年齢が高いです。

大体ですが50歳以上が対象の年齢層になるでしょう。

ただし一概に50歳以上がダメというわけではありません。

当然求人に年齢不問の求人があればそれはそれで応募できるので、断られることはないでしょう。

ただし自分の応募したい求人が20〜30歳の年齢層を募集している求人がほとんどを占めているケースに対して、50歳以上の方が転職エージェントに登録すると断られるケースが多発します。

転職エージェントも年齢ぐらいは求人に合った人を紹介したい、しなければならないので、わざわざ50歳以上の方を相手にはしてくれないでしょう。

回避方法としては、職種、年齢に全く拘らないJACリクルートメントの転職エージェントに切り替えることですね。

ミドル・ハイクラス層の転職ならJACリクルート

↓JACリクルートメントの詳細はコチラ

✅業界No.3の売上で急成長中
✅30代後半〜50代の中高年転職に強い
✅一気通貫型でスピーディーな転職

JACリクルートメント詳細はコチラ

ギークリー(Geekly)に断られた理由④:ブラックリストに入っている

ギークリー(Geekly)に断られた理由四つ目が、ブラックリストに入っているからです。

ブラックリストに登録されていると、転職エージェントが断る可能性があります。

どういうケースかというと、

  • 「以前に連絡が取れなかった経歴がある」
  • 「過去に犯罪歴がある」
  • 「エージェントに対して高圧的は態度をとった過去がある」

など多少なりとも、エージェント側に迷惑をかけた過去がある者が該当します。

ただし、ここでいうブラックリストは、金融機関で管理されているブラックリストとは全く異なります。

各転職エージェントそれぞれで管理しているブラックリストになりますので、できれば過去問題を起こしてしまった転職エージェントには再度登録せず、異なる転職エージェントに登録することをおすすめします。

★断られにくい転職エージェント早見表★

断られる可能性doda(※ほぼ受け入れてくれる!)
マイナビエージェント(※ほぼ受け入れてくれる!)
断られる可能性パソナキャリア(※結構な確率で断られる)
JACリクルートメント(※結構な確率で断られる)

※断られる可能性の低い転職エージェントは面談の受け入れ範囲が広いのでお勧め

ギークリー(Geekly)に断られた理由⑤:転職の希望時期が1年以上先

ギークリー(Geekly)に断られた理由五つ目が、転職の希望時期が1年以上の場合です。

転職エージェントもビジネスで行っていますので、対応した求職者に対しては早期に転職先を決めてもらいたいところです。

ですが登録してきた求職者が「情報収集段階で転職するとしても1年以上先」となると、もちろんのこと直近の数字にはならないし、求人を紹介しても1年後にはその求人がなくなっている可能性が十分にあります。

企業側もたとえ内定を出したとしても、1年以上も待ってくれる企業なんてないので、転職エージェントも対応を控えるケースが多いです。

対処方法としては、転職時期を早めるただそれだけです。

ギークリー(Geekly)に断られた理由と対処法まとめ

今回お伝えした通り、ギークリー(Geekly)に断られて登録拒否されてしまった場合は、すぐに切り替えて別の転職エージェントに乗り換えるようにしましょう。

いつまでもギークリー(Geekly)に拘ってしまっては時間が無駄になってしまいますし、もっと優良転職エージェントは他にたくさんありますので乗り換えた方が無難です。

特にマイナビエージェントJACリクルートメントは断られる可能性が低いので利用を検討してみていただけたらと思います。

★断られにくい転職エージェント早見表★

断られる可能性doda(※ほぼ受け入れてくれる!)
マイナビエージェント(※ほぼ受け入れてくれる!)
断られる可能性パソナキャリア(※結構な確率で断られる)
JACリクルートメント(※結構な確率で断られる)

※断られる可能性の低い転職エージェントは面談の受け入れ範囲が広いのでお勧め

マイナビエージェントの特徴

驚異の書類選考通過率50%!

求人を厳選して紹介してもらえる!

親身な対応で面談満足度が高い!

JACリクルートメントの特徴

業界No.3の売上高で急成長中

30代〜40代のミドル・ハイクラス層に強い(※20代の支援実績も多数)

一気通貫型でスピーディーな対応

-IT・WEB業界の転職・就職

\ PR /

Copyright© 転職エージェントマニア.com , 2022 All Rights Reserved.