メーカーの転職・就職 転職活動

パナソニックへの転職は後悔?難易度は?職種別年収/口コミ

投稿日:

パナソニックは、白物家電を中心に、国内でも有数の家電メーカー。転職先として検討している方も多くいらっしゃるでしょう。

大手企業であることから、転職を検討した場合、

  • パナソニックへの転職は難易度が高い?
  • パナソニックへ転職して後悔しないかな?

など、疑問や不安を持っている方もいらっしゃるかもしれません。

本記事では、パナソニックの転職難易度について、実際に募集されている職種ごとにご紹介していきます。

転職して後悔しないためにも、転職して後悔する人はどんな場合なのか、後悔した人の口コミをご紹介するので、判断する際の参考にしてください。

最後までお読みいただくことで、パナソニックへ転職する難易度や転職後に後悔しないための情報も満載なので、ぜひ、ご一読下さい。

人気企業転職関連記事

最終編集日.2021年11月8日

パナソニックに転職すると後悔する?デメリット

では早速、転職後に後悔することがないよう、パナソニックに転職して実際に転職を失敗した・後悔したと感じる方の口コミをご紹介していきます。

良い面だけでなく、悪い面も踏まえて転職を判断することがおすすめです。

パナソニック転職で後悔した体験談

40代男性:職種は家電の機械設計

タイミングが悪かったこともあるが、入社後すぐにパナソニックグループから切り離されたため、パナソニックで働くメリットが大幅に減少した。

パナソニックグループだったから転職したものの、グループから切り離されることが事前にわかっていれば、恐らく入社することはなかった。

言い方は良くないが、詐欺にあった気分。

パナソニック転職で後悔した体験談

40代男性:職種は建築会社のリフォーム

私がパナソニックに転職して一つ後悔をあげるなら、前職では小さい規模の会社でしたので役職をもっていましたが現在は主任級としてやっている点です。

会社への貢献度合いが少ないため、これから頑張っていかないといけないと思っています。

パナソニック転職で後悔した体験談

30代男性:産業用電池のエンジニア

パナソニックに転職して後悔している部分は、一つは少し業種が異なる部分があるので知識を新たに蓄積する必要がある点。

二つ目は一番下っ端からの仕事配置になるので、また一からキャリアアップしなければいけない点が気になりました。

パナソニック転職で後悔した体験談

20代男性:金属加工業の製造

入社してまもない時はあまりにも簡単な仕事ばかりで最初だから教えてもらいながら仕事の流れを確認していたが、その時間が6ヶ月ほど続いていたので流石に長すぎるし、こちらのことを馬鹿にしているのかなと思っていた。

前任者がかなり出来ない人だったらしく、しっかりと順番を交えて教えていたらしく、こちらもかなり早い段階でできることをしっかり伝えるべきだったなと今となっては反省している。

会社ではもっと前のめりに仕事に向かえばよかったなと思っています。

【気になること・改善したほうがいい点】

言ったもん負けに陥りやすい。

周りの人たちは問題意識を持ちつつも、オブザーバーで自分でどうこうしようというのはない。

また、いざ自分から手を上げてもたいていは上の人が理解できるように小学生レベルの資料作りに時間を取られてしまい、結局本質を議論できずに終わってしまい、いつまでたっても課題解決に至らず、後戻りばかりになる。

【気になること・改善したほうがいい点】

縦割りすぎて、確認したいことがあっても、たらい回しにされることがしょっちゅうある。

自分の業務以外わかってない、わかろうとしない人が大多数をしめている。

できる人が尻拭いをするハメになることばかりで、そういう人は辞めていくから、使えない人間だけが残る。

【気になること・改善したほうがいい点】

部署によって忙しさ加減がけっこう異なるので注意が必要と思われる。

部署によっては転勤がけっこう多いので既婚者にはおすすめできない可能性がある。

パナソニックへの転職を後悔したという人の口コミ体験談をまとめると、

前職の役職からキャリアダウンした

大企業のため上への意見が通りにくい

報告書などの業務が多く融通が効かない

仕事の進め方が非効率

上記のような点で後悔している、デメリットを感じている人が多いことが分かりました。

パナソニックに転職するメリット!評判口コミ

では次に、パナソニックに転職して「良かった」と感じている方々の評判口コミ・体験談をご紹介して参ります。

パナソニック転職で良かった体験談

20代女性:ソフト関連企業のシステムエンジニア

パナソニックに転職して良かったと感じるのは仕事量が安定している点です。多少の業務料の差はありますが、通年を通して安定しています。

従業員の方たちがグループ会社の垣根を超えて協力できる体制であることも転職して良かった点です。

業務の内容によってはメンバーが変わったり増えたりと増減があり、なかなかコミュニケーションを取り合うことが大変な環境ではありますが、それを踏まえて関わり合えていると思うので、仕事がしやすい環境です。

建物設備や社食など、物理的環境も整っていて、社食はリーズナブルな価格で食べれますし、出来たてのものが食べられるのは有り難いです。施設内の設備も綺麗に保たれて気持ちよく使わせてもらってます。

パナソニック転職で良かった体験談

30代男性:製造業メーカーの営業職

給料がアップしましたしボーナスも毎年2回出て経済的に余裕が出来ました。将来の為の貯蓄も安定して出来るようになったので良かったです、

前職ではサービス残業もあり身体的にかなり負担がかかっていて会社に対する不満を持ち続けていましたが、パナソニックに転職してからはサービス残業は一切無く定時で退社出来るのでメリハリのある会社なので本当に満足しています。

有給もしっかりと取れますし、保険等の福利厚生面もしっかりとしていて安心ですし、率直に大手企業は待遇や雇用の質が違うなと思いました。

社員の事を考えている会社方針なので、必然的に仕事に対するモチベーションが上がり営業成績も上がりましたので本当に転職して正解だったなと素直に思えたからです。

パナソニック転職で良かった体験談

20代女性:製造業の組み立て作業員

新しい建物で綺麗、空調も完備されており、月の固定出勤数や休日などが記載された年間カレンダーをもらえたので予定が立てやすかったです。

連休の間にある平日などはPanasonicが他の祝日や休みを増やしてくれてなるべく連休にしてくれたりとかなりの高待遇。

レーン作業ですが慣れるまではきちんと傍に先輩が着いていてくれますし、配属もずっと同じではないので飽きることなく作業に取りかかれました。

なぜか敷地内にヤギを3匹飼育しており 休憩になると癒されに外に出たり 社員さんも優しい方ばかりで大きい会社はアットホームなのだなーと思います。

私自身は派遣で勤務しており、妊娠が分かった為退職しましたが正直出産後落ち着いたらまたお願いしたい職場、待遇、人柄でオススメできる素敵な会社です。

パナソニック転職で良かった体験談

30代男性:産業用電池のエンジニア

前職と比較して会社の技術力、成長性、今後も給与面の伸び率ではパナソニックに転職後の方が良いと思います。

産業電池は今勢いのある業界でエンジニアとしてのやりがいもありますし、何か自分の開発したもので特許を取れればそれだけでも大きな副収入になりかねません。

社内の雰囲気も新しい事をやり遂げるという風な風土があり、若いエンジニアも積極的に仕事に取り組んでいる方が非常に多い点も個人的には満足しており、転職して良かったなと感じる部分です。

パナソニックに転職して「良かった」と感じている方々のメリットをまとめると、

給料が上がった

福利厚生が整っている

サービス残業がないor少ない

社員が優しくアットホームな職場

会社内の雰囲気が良い

上記のような点にメリットを感じて転職して良かったと思えているようですね。

パナソニックへの転職を成功させるためには、パナソニックの中途採用求人を豊富に取り扱っているマイナビエージェントdodaの転職エージェントを活用することをおすすめします。

パナソニックへの転職成功率No.1マイナビ

↓マイナビの詳細はコチラ

✅転職者の利用満足度No.1
✅メーカーの求人数約5万件(※業界1位)
✅書類選考通過率驚異の40~50%超

パナソニックへの転職成功率No.1マイナビ詳細はコチラ

パナソニックへの転職成功率No.2のdoda

↓dodaの詳細はコチラ

✅転職者の利用満足度No.1
✅全国の求人数約90,000件(※業界1位)
✅プレミアムオファーで書類選考免除

パナソニックへの転職成功率No.2のdoda詳細はコチラ

パナソニックの会社概要と事業内容

そもそもパナソニックの会社概要とどのような事業を展開しているのか、会社概要や事業内容を確認してみましょう。

会社概要

社名 パナソニック株式会社
設立年月日 1935年12月15日
所在地 大阪府門真市大字門真1006番地
資本金 2,589億円
事業内容 家電事業、住宅事業、車載事業、B2B事業
従業員数 259,385人

パナソニックは、会社設立は1935年(昭和10年)と非常に歴史のある会社です。

パナソニックの前身である松下電器は、創業1918年(大正7年)と、戦後の日本経済を支えた企業の一つとしてご存知の方も多いでしょう。

創業者である松下幸之助に憧れて、パナソニックへ転職する方もいらっしゃいます。

事業内容・売上高

売上高については日立・ソニーグループに次ぐ国内3位の位置におり、2019年までは安定した業績を誇っていましたが、2020年以降に新型コロナウイルスの影響で業績が悪化しています。

▼パナソニックの事業別売上高
パナソニックの事業別売上高

事業内容としては、パナソニックはカンパニー制を採用しているため以下6つに分類されている状況です。

アプライアンス社 家電、美容、健康などのBtoC事業、業務用冷熱機器、デバイス、エネルギーなどのBtoB事業を領域とし、家庭からオフィス・店舗まで幅広いソリューションを提供
ライフソリューションズ社 電設資材や住設建材、建築事業などを事業領域とし、住宅やオフィス、商業施設やスマートタウンなど、人々の「くらし」に関わるソリューションを提供
コネクティッドソリューションズ社 「流通」「物流」「エンターテイメント」「パブリック」「アビオニクス」「製造」の6つを重点事業領域とし、B2Bのソリューションを提供
オートモーティブ社 車載に関わるサービス提供を事業領域とし、移動時のライフスタイルの変革や、ドライバーの運転負荷軽減、さらには環境対応車向けに革新的なソリューションを提供
インダストリアルソリューションズ社 電子部品、FA・産業デバイス、電子材料、電池などBtoB事業を領域とし、幅広いソリューションを提案
中国・北東アジア社 本部は北京に設置し、パナソニックが日本で培った強みを持つ家電と住宅設備を組み合わせた「くらし空間の提案」と、コールドチェーンを中心とした「生鮮食品サプライチェーン」への貢献を現地目線で提案

最も売上比率の大きい事業はライフソリューションズ社であり、家電事業や電子機器の事業や、赤字から黒字に転換している車載事業の売り上げは回復傾向にあるため中途採用ポジションの求人が出ている状況となっています。

▶︎パナソニックへの転職を成功させる方法はコチラ

パナソニックの転職難易度は?面接選考内容

パナソニックへの転職難易度について、実際に募集されている職種別でご紹介していきます。

職種 仕事内容 難易度
営業系 メカトロニクスデバイスのBtoB営業、マーケティング活動
  • 担当市場、ユーザーに対する拡販・営業活動
  • 日系ユーザー海外生産・開発拠点への、海外販売会社と連携した販売拡大活動
  • 国内代理店への勉強会、同行支援等による指導・育成
  • 新商品造出のためのマーケティング活動
二次電池事業(国内/海外)の調達企画および購買業務

 

  • 数千億の大規模取引である電池事業の調達購買、企画業務
  • テスラ社向け電池生産に必要な電池材料を国内外の仕入先から調達する購買業務および調達企画
    ┗企画:事業部の方針を受け、中長期観点の取り組み・施策をつくり、発信する。
    ┗購買:国内外の購入先との協議、アロケーション、物流、受発注管理。
    ┗仕入先:日本・韓国・台湾(今後拡大の可能性あり)
    ┗納入先工場:アメリカ(ネバダ州)・大阪・兵庫、徳島
    ┗最終顧客:テスラ社 他
エンジニア系 リチウムイオン電池セルの開発業務

 

  • 電動バイク・電動アシスト自転車用等向け円筒形リチウムイオン電池の開発業務(電池設計開発、量産化支援)
  • 電動バイク・電動アシスト自転車用等向け円筒形リチウムイオン電池用部品の開発業務(電池部品設計開発、量産化支援)
  • リチウムイオン電池の営業活動(国内・中国・EU・USAなど)における技術支援業務
  • リチウムイオン電池用材料(正負極・電解液・セパレータ等)の開発業務(電池材料開発)
デバイスの無線通信システム、組込型マイコン回路設計

 

  • IoT向け新規デバイスの電気回路設計開発
  • 同デバイスを用いた機能モジュールおよびユニット機器の電気回路設計開発
  • 上記機器をIoTネットワークに接続するための近距離無線通信回路やインターネット通信回路設計およびエッジデバイス開発
  • 製品の機能評価,性能評価,信頼性評価などの仕様設計と実施、設計修正
  • 新事業立上げに向け、社内規定に則った量産化開発、社内外との折衝

パナソニックは、電気自動車などの開発を行っているアメリカの「テスラ」向けに、新型のリチウムイオン電池の開発を行うなど、電気自動車を中心とする車載事業へ転換しつつあります。

そのため、その周辺分野を含んだ転職先が多くみられ、英語を話せる人材や技術者などが、即戦力として求められています。

面接選考で質問の内容

パナソニックの中途採用選考は、一般的な企業と同じ書類選考▶︎一時面接▶︎二次面接▶︎内定という順番で進められていきます。

面接で聞かれる質問内容に関してもオーソドックスな内容で、

✅これまで出した大きな実績とその方法は?
✅将来何をやりたいか?キャリアビジョンは?
✅競合電機メーカーではなく、なぜパナソニックなのか?
✅パナソニックに入社したら、どんな形で貢献したいか?

上記について人事面接官に深掘りされる内容となっています。

▶︎パナソニックへの転職を成功させる方法はコチラ

パナソニックに転職する人に多い出身会社

パナソニックへの転職では、同じ業界である「総合電気メーカー」。からの転職者が多い傾向にある他、英語のスキルが高い「外資系メーカー」出身者やSEを中心に「ITベンダー」出身者も多くいらっしゃいます。

総合電気メーカー】

同業種の他企業へのて転職となるので、前職でのノウハウを活かせるため、転職者多い傾向にある

【外資系メーカー】

グローバルに事業を展開しているため、高い英語力が高く評価される

【ITベンダー】

IT関連事業も広く展開しており、SEを中心にシステム開発のスキルが即戦力として評価される

▶︎パナソニックへの転職を成功させる方法はコチラ

パナソニックに転職後の平均年収は?

 

パナソニック株式会社の平均年収は、約755万円となっています。(参照:2019年度有価証券報告書

日本におけるサラリーマンの平均年収、約400万円と比較しても、高年収が期待できる企業といえます。(参照:国税庁

以下では、具体的にどのくらいの年収が期待できるのか、職種別の年収をご紹介していきます。

セールス(営業)系

  • 20代後半 法人営業 485万円
  • 30代前半 男性 法人営業 主任クラス 660万円
  • 30代前半 男性 ルートセールス 主任クラス 600万円

エンジニア系

  • 20代後半 男性 研究開発 500万円
  • 20代後半 男性 研究開発 主任クラス 850万円
  • 40代後半 男性 研究開発 課長クラス 1,000万円

▶︎パナソニックへの転職を成功させる方法はコチラ

パナソニックへの転職を成功確率を高める方法

パナソニック株式会社へ転職するなら、転職エージェントを活用することが重要です。

転職エージェントでは、求人の紹介から履歴書などの応募書類の添削、面接対策など、転職者をしっかりフォローしてくれるので、転職成功の確率が高まります。

また、パナソニックのような大企業では、求人情報を非公開にして転職エージェント登録者のみが閲覧できる場合もあります。

より多くの求人情報を得るためにも、転職エージェントへ登録するようにしてください。

大手転職エージェントの「マイナビ」や「doda」では、2021年現在180件程度のパナソニック株式会社の求人を扱っています。

まずはマイナビかもしくはdodaの大手転職エージェントに登録して、パナソニック株式会社への転職を成功させましょう!

パナソニック転職実績No.1のマイナビ

↓マイナビの詳細はコチラ

✅転職者の利用満足度No.1
✅全国の求人数約5万件(※業界3位)
✅優秀なキャリアアドバイザー多数在籍

マイナビの詳細はコチラ

パナソニックへの転職成功率No.2のdoda

↓dodaの詳細はコチラ

✅転職者の利用満足度No.1
✅全国の求人数約90,000件(※業界1位)
✅プレミアムオファーで書類選考免除

パナソニックへの転職成功率No.2のdoda詳細はコチラ

マイナビエージェントの特徴

驚異の書類選考通過率50%!

求人を厳選して紹介してもらえる!

親身な対応で面談満足度が高い!

dodaの特徴

求人数96,000件以上(※業界最大級)

転職満足度No.1の親身な対応!

北海道~九州全国に面談拠点あり!

-メーカーの転職・就職, 転職活動

PR

親身さがウリ!面談満足度の高い優良おすすめ転職エージェント

フリーター向け就職エージェントおすすめランキングTOP10

就職Shopの評判!ブラック企業の求人しか紹介されない?

パソナキャリアに断られた!なぜ?断られない転職エージェント

【就職Shop vs DYM就職】口コミ評判!面談や求人の違いは?

Copyright© 転職エージェントマニア.com , 2021 All Rights Reserved.