リクルートエージェント・DODAなど転職エージェントの評判を徹底比較

転職エージェントマニア.com

40代の転職 50代の転職

40代・50代中高年転職の現実は失敗ばかりで後悔する?未経験は?

投稿日:

「40代や50代で転職をしても失敗しないだろうか?」「40代や50代になっても未経験で採用してくれる企業はあるだろうか?」などと、転職するにあたって年齢を不安に思ったことはありませんか?

中高年の転職では、部長や事業責任者といった役職を伴った採用が増えてきますので、ポジションが高くなるにしたがって年収アップの転職も可能です。

しかし高待遇で迎え入れられたように思えても、事業の責任を取らされるスケープゴートとして雇われるなど、思わぬ落としもありますので慎重さが求められます。

私は大手転職エージェントで管理職層を対象に、40代以降の採用は難しいとされてきた、大手電気メーカーや製薬会社をはじめ上場を控えたベンチャー企業など、数多くの転職支援をしてきました。

取り返しのつかない不幸な転職にならないためにも、私が得た知見から40代・50代が成功するための転職法についてまとめましたので、中高年で転職を検討されている方はぜひご参考ください。


40代・50代中高年転職の現実

40代・50代の中高年層の転職事情は、どのようになっているでしょうか?

以下のグラフにあるようにニュースサイトの調査によれば、50代を中心とした男性の中高年層が「転職して失敗だった」と答えた率が最も高いことが分かりました。

▼50代男性は転職を失敗している割合が多い

転職が失敗だったと思う原因の一つは、新しい職場において人間関係を構築することに難しさを感じている点です。

エンジャパンが運営する"ミドルの転職サイト"では、「年代別に見た時に、転職先企業に馴染むまでに時間がかかる年代の傾向は?」と質問したところ、40代・50代での転職が突出して多くなっている結果となりました。

▼新しい職場の人間関係に悩むことが多い

中高年層の転職では、新しい環境に適応することができず、転職したことを後悔する気持ちにつながるケースが多くなっていることが分かります。

40代・50代中高年転職の失敗談

40代中高年の転職失敗談
自動車部品の営業→自動車部品の製造

営業所で勤務していましたが、そこに勤務するパート社員の管理もしていました。

人間関係が悪い職場というのもありパート社員を上手く使うことが出来ずに悩み、配置転換等の希望も受け入れられず、このままでは将来的な展望も見いだせない状況だったため退職しました。

勤務場所は営業所から製造現場へ移りましたが、同じ自動車部品製造といってもその種類は多岐に渡り、当然仕事の進め方も会社によって違うため戸惑うことばかりでした。

この年齢になると新入社員のように一から丁寧に教えてもらえるわけでもなく、今までの経験を問われますが、前社の知識を生かして業務改善提案をすれば既存社員から煙たがられる存在にもなりました。

対人関係が苦手で転職したのに、自分の場合は結局求められることは変わらなかったということで転職したことを後悔しています。

▶︎中高年の転職で失敗しない方法はコチラ

50代中高年の転職失敗談
建築系の設計職→有料老人ホームの介護士

当時勤めていた会社の業績が悪くなり、夫も同じ会社に勤めていたので、もし会社が本当に倒産してしまうと夫婦共倒れになってしまい我が家の家計が大打撃を受けるので、万一どうなっても困らないようにと転職しました。

転職後の職場は介護という人のためになる仕事ではあるが、とてもハードでやりがいを感じる以前に疲労困憊してしまう毎日で、時間に追われる仕事でミスも許されぬ緊張感の中であっという間に1日が終わってしまいます。

それでも生活のためと自分を奮いたたせ、仕事をしていく中で、介護福祉士、ケアマネージャーと資格も取ったは良いですが、未だにどこか気の晴れない思いでやり続けています。

▶︎中高年の転職で失敗しない方法はコチラ

50代中高年の転職失敗談
IT企業のシステム運用→印刷会社の製造

年齢が高いことも考慮し、気力と体力に無理の無いような地方、職業を選択したつもりですが、生活の大半を東京で暮らしてきた身にはこの土地は少々退屈すぎました。

併せて、給与・待遇に関して定年ぐらいまで安定を見込める企業を選んだつもりが、最近は生産がたびたび止まるなど雲行きが怪しくなってきています。

生産が止まる度に付近の関連オフィスへの出張なども命じられ、こちらで定めた住居(賃貸)での生活も安定して送れない有様で、当初自分の見た生活設計が狂い始めてきました。

最近では人事担当に東京方面への異動なども相談しており、東京の生活に戻ることを考え始めている状況です。

▶︎中高年の転職で失敗しない方法はコチラ

40代・50代中高年で転職失敗する人

ビジネス経験も豊富な中高年にもかかわらず、なぜ転職で失敗をしてしまうのか、中高年で転職に失敗をしてしまう人にはいくつかの特徴がありますので、事例を交えて解説して参ります。

年収だけで仕事を選んでしまう

転職で実現したいことの№1が、給与や待遇のアップです。

学生時代の同期へのコンプレックスから、大手商社からベンチャー企業へ年収1,000万円台の転職を実現した人がいました。

ところが、手取りは上がったもののノルマ達成のプレッシャーから、食欲がなくなり帯状疱疹やうつ病を発症して体調を崩し長期入院することに。

年収だけで仕事を選ばず、仕事の中身を吟味して自分に合った仕事なのかという視点で職場選びをすることは、失敗しないために押さえておきたいポイントです。

▶︎中高年の転職で失敗しない方法はコチラ

肩書きや役職で仕事を選んでしまう

ある大手化粧品メーカーで部長職だったHさんは、中堅の商社に執行役員として入社しました。

しかし執行役員とは名ばかりで、実は何をするのかの仕事も詳細には決まっておらず、Hさん以外にも20名近い執行役員がいることを入社して知りました。

Hさんは2年以上もこれといった仕事を与えられることなく、刺激を求めて再び別の会社に転職をすることになりました。

在籍していた2年間の間、具体的にアピールにつながる仕事はほとんどないために、面接では2年間の仕事の説明で困ってしまうことに。

人材獲得に焦った求人企業側が、大手企業や有名企業出身であれば内定を出すケースは珍しくないので、安易に募集されている肩書きや役職で、虚栄心やプライドを満たすだけの転職はしないようにしましょう。

▶︎中高年の転職で失敗しない方法はコチラ

前職の仕事の進め方を持ち込んでしまう

「仕事についていけるかどうか」や「人間関係がスムーズに行くか」などと、転職後に不安を抱えている人は少なくありません。

経験や能力を活かそうと思う気持ちが強すぎるあまり、前職の仕事のやり方にこだわりすぎてしまった結果、新しい職場のやり方を受け入れることができず馴染めなくなり、周囲から孤立してしまうことも。

中高年が転職をして活躍するためには、仕事そのものができるかどうかよりも、新しい職場の慣習に一日でも早く慣れ、自分から積極的に職場に溶け込もうとする姿勢があるかがポイントになります。

▶︎中高年の転職で失敗しない方法はコチラ

未経験業種・職種に転職してしまう

未経験の分野にチャレンジしたいと考える人は、中高年でも少なくありません。

大抵は応募の段階で見合わせる企業がほとんどですが、人材不足の業界では40代・50代といった中高年層でも採用をすることがあります。

飲食店の店長として長年の夢だった飲食業の扉を叩いたUさんの上司は20歳の若者でしたが、アルバイトからの叩き上げで仕事にも厳しく、未経験者のUさんであってもお構いなし。

「こんな業界だと思わなかった」Uさんは、年下に命令される日々に嫌気が差し、半年もせずに退職をしてしまいました。

未経験は一からのスタートで、過去の経験や肩書きは一切通用しませんので、未経験業種や職種に挑戦するとなれば、相当の覚悟が必要だと肝に銘じておきましょう

▶︎中高年の転職で失敗しない方法はコチラ

40代・50代中高年転職を成功させる方法

では、中高年の転職を成功に導くための現実的な方法をご紹介したいと思います。

これまでの経験を活かせる職種で勝負する

これまで実績を積み重ねてきた経験で手堅く転職をしている人は、入社後のギャップが少なく、前職で培ったノウハウを職場に持ち込み、すぐに職場に溶け込むことができています。

これまでの成功体験や、自分の強みを活かせる会社を軸に選ぶことで、キャリアに一貫性を持たせることができ、結果として、納得感のある職場選びができる可能性が高くなります。

会社の規模にこだわらない

大手企業のブランドを捨てきれない人ほど、執着心を手放せず転職活動が長期化する傾向にあります。

企業の規模にこだわりがない人ほど、大手企業から中小企業やベンチャー企業に転職をしても、役割や責任が増えたことによってそれまで以上に能力を発揮するチャンスに恵まれたと捉えています。

中小企業やベンチャー企業特有のスピード感を持って仕事を進めていき、最終的に活躍をする40代・50代は少なくありません。

中高年転職エージェントを活用する

大手転職エージェントによる転職決定者アンケートでは、転職活動を振り返った時、最も力を入れておけばよかったことの1位が「待遇や勤務時間等、応募企業との条件交渉」。

2位は「異業種も含めて、企業の情報を収集すること」でした。

▼企業の情報収集不足な転職者は多い

転職決定者の声からも分かるように、転職エージェントに登録して企業の情報を収集し、内定をもらったら待遇や勤務時間などの交渉をお願いして活用をしましょう

40代・50代中高年転職は"働きやすさ"を重視すべし

40代・50代の人は、どのような基準で転職を考えればよいのでしょうか?

これまで第一線で活躍している40代・50代の転職を支援してきましたが、中高年層で成功しているパターンの多くが「働きやすさ」を重視して転職先を選んでいます

意外に思われるかもしれませんが、自分の持ち味や強みを活かすことでもなければ、肩書きや有名企業で高収入を得ることなどでもありません。

・人間関係が良い
・有給休暇などがとりやすい
・仕事を楽しんでいる人が多い
・・・etc

上記のような働きやすさを重視した職場選びをした人の方が転職結果への満足度が高くなっています。

こうした転職先の職場環境や風土といったソフト面は、自分で知るには限界がありますので、応募の段階で、頼りになるプロの専門家に相談するのも一つの方法です

転職エージェントでは、求人企業の社風や企業文化などにも精通しているため、自分にマッチした職場が見つかる可能性がグンと高まりますので、ぜひ活用して事前に転職先の情報を仕入れておきましょう。

40代・50代中高年に強い転職エージェントはコチラ

dodaの特徴

求人数120,000件以上(※業界最大級)

転職満足度No.1の親身な対応!

北海道~九州全国に面談拠点あり!

リクルートエージェントの特徴

非公開求人数170,000件以上

成功実績NO.1の充実したサポート

業界・職種の専門知識をもったキャリアアドバイザーの圧倒的サポート

-40代の転職, 50代の転職

PR

親身さがウリ!面談満足度の高い優良おすすめ転職エージェント

フリーター向け就職エージェントおすすめランキングTOP10

【リクルートエージェントvsdoda】違いを徹底比較【どっち?】

就職Shopの評判!ブラック企業の求人しか紹介されない?

パソナキャリアに断られた!なぜ?断られない転職エージェント

【就職Shop vs DYM就職】口コミ評判!面談や求人の違いは?

Copyright© 転職エージェントマニア.com , 2019 All Rights Reserved.