リクルートエージェント・DODAなど転職エージェントの評判を徹底比較

転職エージェントマニア.com

転職活動

広告代理店からの転職先おすすめ厳選!未経験分野の志望動機は?

投稿日:

広告代理店と聞くと、やりがいがあって華やかな仕事を思い浮かべる方が多い、転職市場でも常に人気がある業界です。

しかし、広告業界に就職・転職した人の多くが泥臭い営業スタイルや過酷な労働環境など、入社前とのギャップに悩まされて、転職を考える人も少なくありません。

そこで今回は、広告代理店働くことで身につけたスキルを活かして働くことのできるおすすめの転職先をご紹介します。

キャリアアドバイザーとして広告業界出身者を転職成功に導いてきた経験を元に、転職を成功させるためのポイントや志望動機例を交えながら解説していきます。

現在広告代理店からの転職を検討されている方はぜひ参考にしてください。

広告代理店で働くことで身につくスキル

広告代理店と一口に言っても営業職・企画職・事務職等様々な職種がありますが、今回は最も母数の多い「営業職」で働いて身につくスキルにフォーカスします。

広告代理店の営業職は、一般の営業職とは異なり、単純に製品化されている”モノ”を販売する仕事ではありません。

そのため、顧客と密にコミュニケーションを取りながら、顧客の悩みやニーズを汲み取ってソリューションを提案する『企画提案力』、広告で効果を出すための『マーケティングスキル』が身につきます。

もしWEB系の広告代理店で働いていた方であれば、ネット広告を扱う際の『SEO対策等の知識』も身についているはずですね。

これらのスキルや知識は汎用性が高く、転職市場において広告業界以外でも役立つ武器となるスキルと言えます。

広告代理店からのおすすめ転職先まとめ

上記で紹介した広告代理店で培ったスキルを活かせるおすすめの転職先について、ここからは6つに分けて紹介して参ります。

おすすめ転職先①:IT企業のWEBマーケティング職

WEB広告代理店で働いていた方に非常に親和性が高い転職先がIT企業のWEBマーケティング職です。

仕事内容は、ターゲットの嗜好・志向や、競合他社の動き、世界各国の情勢等などの動向を調査し、商品の企画やリニューアルの方向性を決めるための情報収集から販売促進まで多岐に渡ります。

WEBマーケのいずれの仕事についても、広告代理店で行ってきた仕事と親和性が高い内容だと感じるのではないでしょうか。

また、IT企業のWEBマーケティング職は広告代理店と比較して泥臭さが少なくなりますので、これまでよりもホワイトに働ける可能性が高くなるという点でもおすすめできます。

たとえば例を挙げると「WEBからの集客人数●人という目標を達成するために、広告費をいくら打つか」というように、頭を使う割合が増えていくこととなります。

WEBマーケティング職への志望動機例文

私は前職の広告代理店では紙媒体とWEB広告をメインに扱ってきました。

しかし、年々紙媒体への広告費は減り続けており広告業界だけに止まらず、今後の流れを考えるとWEBがより人々の生活に密着する存在になることは明らかです。

このような考えを持ちながら広告代理店で働く中で、WEBマーケティングに興味が沸きSEOやPPCのスキル向上に努めて参りました。

他社にはない御社の●●サービスを広告代理店で学んだWEBマーケティングの力を使ってもっと世に広めたいと考え、応募させていただきました。

おすすめのWEBマーケティング職の求人を探す

おすすめ転職先②:大手・中小企業の広報職

広告代理店で扱っていた媒体の種類に関わらず、おすすめしたい転職先が大手・中小企業の広報です。

広告費をかけられる企業というのはある程度企業体力のある大手企業になりますので、広告代理店で働いてきた多くの方が、大手企業をクライアントとしてどのように世の中にアピールするべきかという仕事を経験してきたはずです。

関連:広報への転職に必要な全知識を徹底解説!未経験可?志望動機は?

もちろん大手企業ではなく中小企業を顧客としてきた場合でも、世の中へ商材・サービスを認知させるという仕事の本質は同じです。

広告代理店として大手や中小企業を外部からサポートしてきた経験は、大手企業や中小企業内の広報の仕事にそのまま活かすことができる親和性の高い仕事と言えるでしょう。

大手・中小企業広報への志望動機例文

新卒入社をしてから5年間、広告代理店の企画営業職として食品業界のクライアントをメインに企業のPRを外部からディレクションして参りました。

この経験を活かして今後は企業の内部という位置から、素晴らしいサービスや製品を世の中に広める仕事がしたいと思い広報職へ応募いたしました。

大手・中小企業の広報職求人を探す

おすすめ転職先③:外資系戦略コンサルタント

広告代理店とは少し離れた分野にも見えますが、語学力に自信のある方は外資系戦略コンサルタントがおすすめです。

戦略コンサルタントとは、クライアント企業の経営ビジョンを明確にして中長期戦略を策定していくことが主な仕事で、広告代理店で身につけた『マーケティングスキル』を活かすことができます。

特に外資系は成果が個人の評価に直結しますので、やればやるだけ対価として年収1,000万円以上の高収入を得ることもできますし、日系企業のようなしがらみもありませんので働き方を工夫しながら長期休暇を取ることも可能です。

競争が激しく転職難易度も高い職種ではありますが、働き方を改善しながら高収入を得たいという方にフィットする転職先と言えるでしょう。

外資系戦略コンサルタントへの志望動機例文

広告代理店で営業として長く勤める中で、顧客の悩みを解決できるソリューション営業の仕事に面白みを感じていました。

しかしその一方で、広告という商材の枠に捉われずに顧客に本当に喜んでもらえる価値を提供したいという想いが強くなっていきました。

市場や競合相手の動向を読み、最適な経営戦略を提供することによって、多くのクライアントに喜んで頂ける仕事をしたいと考え、戦略コンサルタントを志望しました。

外資系戦略コンサルタントの求人を探す

おすすめ転職先④:メーカーの営業職

広告代理店の過酷な労働環境を改善できる転職先がメーカーの営業職です。

メーカーは新卒にも人気の高い業界で、企業としての安定性と残業の少なさというホワイトな労働環境が最大のメリットになります。

BtoBのビジネスの中でも自社で製造・開発をしていることから、企業が決めた労働時間が遵守されて遂行されることが多い傾向にあります。

広告代理店で身につけた『コミュニケーション能力』や『企画提案力』を活かしながら、安定して働くことができるおすすめの業界と言えるでしょう。

メーカー営業職の志望動機例文

グローバルな視点から、現在急成長を遂げているアジアに力を入れ事業展開を行われている戦略にとても魅力を感じ応募させていただきました。

前職の広告代理店とは業界が違いますが、30代女性をターゲットにしている点は共通しているので、御社でも新規顧客拡大に繋げることができると思います。

また、私は広告代理店の職務を通じてマーケティングの経験も積んで参りましたので、営業職には欠かせないマーケティングスキルを活かして、即戦力として御社の売上に貢献したいです。

メーカー営業職のおすすめ求人を探す

おすすめ転職先⑤:テレビ番組の製作会社

広告代理店とは全く異なる業界のイメージを持ちますが、テレビ番組の制作会社も親和性が高い仕事になります。

テレビ番組制作会社の仕事内容はスポンサーを探す営業活動から企画まで幅広く、根気と体力が求められるハードな仕事と労働環境ではあります。

しかし「世の中に求められている情報をリサーチしながら番組を製作する」という仕事は、広告代理店で身につけたスキルを存分に活かすことができますし、非常にやりがいのある仕事でしょう。

テレビ番組制作会社の志望動機例文

私は物心がついた時から、朝起きてから寝るまで御社のテレビ番組を見ることが人生の中の大きな楽しみでした。

視聴者のことを第一に考えて放送されている番組内容は本当に素晴らしいものであると思います。

広告代理店で働くことで身に付けたリサーチや企画能力を活かして、御社の番組作りに非力ながら現場の一員として貢献したいと思い応募させていただきました。

世の中の人が求める良質な情報を届ける仕事を通じて、社会の豊かさや視聴者の幸福に貢献していきたいです。

テレビ番組制作会社のおすすめ求人を探す

おすすめ転職先⑥:IT・WEB業界のシステムエンジニア

IT・WEB業界の発展と共に国内のシステムエンジニアは年々深刻化し、今後日本国内では50万人のSEが不足すると言われています。

そのため、IT企業はシステムエンジニアの採用に力を入れており、未経験者を採用し自社でSEを育成する企業も珍しくなくなりました。

SEとしてのスキルを身につければ、会社員としてキャリアアップを目指すこともできますし、独立してフリーランスとして生計を立てていくこともできるでしょう。

広告代理店から転職し、手に職をつけて将来多様な働き方を選択したいと考える方におすすめの仕事です。

システムエンジニアの志望動機例文

広告業界で学んだ知識を活かしながらチームでひとつのものを作り上げたいという思いから、御社のシステムエンジニア職を志望いたしました。

これまでの営業経験で培ったコミュニケーション力と持ち前の向上心は、システムエンジニアとして活躍する上でも役に立つと自負しております。

●●については前職の職務の中でも学びましたが、現在独学で勉強し直しておりますので、一日でも早く戦力になれるよう積極的に知識習得に取り組んでいきます。

未経験可システムエンジニアのおすすめ求人を探す

広告代理店からの転職先の求人を探す方法

今回紹介した広告代理店からの転職先についてですが、もし興味がある仕事があった場合、求人を探す方法として「転職エージェント」の活用をオススメします。

転職エージェントは、あなたのこれまでの経歴や転職先に求める志向性をヒアリングし、条件にあった求人を代行して探して紹介してくれる転職支援サービスです。

転職先のイメージが具体的に沸いている場合は「●●業界の▼▼職種でこの地域で働ける会社を紹介して強い」と要望を伝えられますし、イメージが沸いてない場合でもどんな転職先が良いのか相談に乗ってくれます。

また、会社を紹介してくれるだけでなく、その会社への転職を成功させるための職務経歴書の書き方や面接の答え方など選考対策までしっかりと行ってもらえます。

広告代理店出身の方におすすめのエージェントは「広告業界の転職エージェントおすすめ6選!広告人材の転職必勝法」で紹介しているので、ぜひ参考にして転職エージェントを活用されてみて下さい。

広告業界の転職エージェントおすすめ6選!広告人材の転職必勝法

今や転職を成功させている人の平均が「4.2社」というデータも出ているほど、転職活動を行う上で転職エージェントを活用するのは当たり前となっているので、ぜひ活用して広告代理店からの転職を成功させて下さいね。

転職して毎日の仕事が楽しいと思える日が来ることを心より応援しています。

dodaの特徴

求人数120,000件以上(※業界最大級)

転職満足度No.1の親身な対応!

北海道~九州全国に面談拠点あり!

リクルートエージェントの特徴

非公開求人数170,000件以上

成功実績NO.1の充実したサポート

業界・職種の専門知識をもったキャリアアドバイザーの圧倒的サポート

-転職活動

PR

親身さがウリ!面談満足度の高い優良おすすめ転職エージェント

フリーター向け就職エージェントおすすめランキングTOP10

【リクルートエージェントvsdoda】違いを徹底比較【どっち?】

就職Shopの評判!ブラック企業の求人しか紹介されない?

パソナキャリアに断られた!なぜ?断られない転職エージェント

【就職Shop vs DYM就職】口コミ評判!面談や求人の違いは?

Copyright© 転職エージェントマニア.com , 2019 All Rights Reserved.