リクルートエージェント・DODAなど転職エージェントの評判を徹底比較

menu

転職エージェントおすすめランキング.com

リクルートエージェント
▼ベンチャー企業への転職者実績No.1▼

良質なベンチャー企業の見極め方・見分け方・見つけ方を解説

「転職したいけど良質なベンチャー企業の見極め方・見分け方・見つけ方がわからない」という方に向けて、良質なベンチャー企業の条件を徹底的に解説して参ります。

ベンチャー企業と聞くと、制度が整っておらず給料未払いのリスクもあり不確定要素の多さが際立ちますが、創業間もない企業であっても従業員の働く環境を優先度高く提供している優良企業も多数あります。

今回は実際にメガベンチャーで働いた経験もある筆者が身を以て感じた優良ベンチャー企業の条件を余すことなくお伝えしますので、これからベンチャー企業で働きたいとお考えの方はぜひご参考頂けますと幸いです。

ベンチャー企業への転職体験談は下記もご参考くださいね。

ベンチャー企業への転職は後悔する?リスクは?体験談まとめ

良質なベンチャー企業を見分ける方法

良質なベンチャー企業を見分ける方法としては、以下3点を意識して企業選びを行うと良いでしょう。

業界全体が伸びているか

現場社員の仕事っぷり

同業他社からの評判

順番に詳しく解説して参ります。

見極め方(見分け方)①:業界全体が伸びているか

成長しているベンチャー企業を見極める方法として、当然その会社の業績売上が伸びているかは見極める重要なポイントの一つですが、それだけでは不十分です。

そのベンチャー企業と同じ業界に位置する競合他者も同様に売上を伸ばしている会社の比率が多ければ、業界全体として成長産業に位置するため今後も伸び続ける可能性が高いといえます。

某経営者の名言として「斜陽産業に身を置くのは下りエスカレーターを必死に昇っているのと同じ」という言葉もある通り、業界全体として成長を遂げているベンチャー企業に身を置くことが大事でしょう。

見極め方(見分け方)②:現場社員の仕事っぷり

ベンチャー企業の創業者である経営者や経営幹部たちは当然仕事ができるのは当然のことですが、重要なのは「現場レベルの社員も仕事ができるか」という視点です。

営業社員、エンジニア社員、事務社員など、実際に現場の第一線で働く社員たちが仕事ができるのかどうかは良いベンチャー企業を見分けるための非常に重要な指標の一つでしょう。

仕事ができるというと少し漠然的ですので、

・会社のことを何でも知っている
・数字をきちんと挙げられている
・会社への愛社精神がある
・モラルがある

などの観点で実際に現場社員と接する機会を設けることが必要です。

見極め方(見分け方)③:同業他社からの評判

ベンチャー企業というのは創業当初からはやはりなかなか数字を挙げることが難しく、同業同士で助け合いながら事業を成長させているケースも珍しくありません。

そのため「同業他社からどう思われているか?」という視点は、そのベンチャー企業の成長性に直結していると言っても過言ではないでしょう。

同業他社からの評判を知る方法としては、実際に同業の社員にヒアリングするのが理想ですが、難しい場合はキャリコネなどの転職口コミサイトを利用するのも一つの手段でしょう。

キャリコネの登録は危険?信憑性は?転職会議やVorkersと比較

良質なベンチャー企業の見つけ方

では続いて、上記の条件を踏まえた良質なベンチャー企業の見つけ方について解説して参ります。

見つけ方としては大きく2つあり、

ベストベンチャー100から直接見つける

転職エージェントを介して紹介してもらう

上記2つの見つけ方がありますので、順番に解説して参ります。

ベストベンチャー100から直接見つける

ベンチャー企業への転職を考えているのであればご存知かもしれませんが、ベストベンチャー100というのは厳正な審査基準の元選出された優良ベンチャー企業のランキングTOP100の企業群です。

ベストベンチャー100の詳細はコチラ

ベストベンチャー100を運営しているイシン株式会社はベンチャー企業の情報コンテンツを提供している会社であり、日本のベンチャー企業から一目置かれる存在です。

また、ベストベンチャー100の審査基準としてはいくつもの項目が設けられていることに加え、ベンチャー企業として成功を収め続けている

・サイバーエージェント 藤田晋社長
・GMOインターネット 熊谷正寿社長

など名だたる実際のベンチャー企業経営者が務めていますので、信憑性も高いです。

▼ベストベンチャー100の選出審査基準

当然誰でも閲覧できる情報ですので、その分転職難易度は高くなることは必至ですが、優良ベンチャーを見つける方法としてはもっとも手っ取り早い方法でしょう。

転職エージェントを介して紹介してもらう

転職エージェントを利用すれば、先ほどご紹介した優良ベンチャー企業の条件を満たす企業を紹介してもらうことが可能です。

転職エージェントの利点としては「企業の裏事情を内部事情に精通したをキャリアアドバイザーからこっそり聞ける」という点です。

求人票には書かれていない部分までしっかりと踏み込んで質問することができるので、外から見た企業ではなく、中からの生の声で優良企業かどうかを判断することができます。

優良なおすすめ転職エージェント

優良ベンチャー企業を見つけるためには、当然優良なおすすめ転職エージェントを選ぶ必要があります。

特にベンチャー企業の転職に強いおすすめ転職エージェントと言えば2強に集約されていて「リクルートエージェント」と「DODA」がダントツでおすすめです。

↓リクルートエージェントの登録はコチラ
リクルートエージェント
↓DODAの登録はコチラ

両転職エージェントは業界No.1とNo.2の転職支援実績とベンチャー企業の求人数を誇っているので、まず”求人の量”が圧倒的に違います。

それに加え、書類選考や面接通過率を極限まで上げるために用意されている転職活動コンテンツも豊富なので、しっかりと対策を行った状態で選考を受けることができます。

リクルートエージェントとDODAどっちを選ぶべきか分からないという場合は「」でも解説した通り、より自分に合うと感じるキャリアアドバイザーを見つけられるよう両方比較してみましょう。
あなたに合った最高のベンチャー企業への転職が成功することを、心より応援しています。

リクルートエージェントの特徴

非公開求人数170,000件以上

成功実績NO.1の充実したサポート

業界・職種の専門知識をもったキャリアアドバイザーの圧倒的サポート

PR

転職エージェントおすすめランキング!1000人の評判比較

フリーター向け就職エージェントおすすめランキングTOP10

リクルートエージェントの評判口コミ!1000人に面談と求人を取材

就職Shopの評判!ブラック企業の求人しか紹介されない?

パソナキャリアに断られた!なぜ?断られない転職エージェント

【就職Shop vs DYM就職】口コミ評判!面談や求人の違いは?

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【全国版】47都道府県別のおすすめ転職エージェント一覧まとめ【随時更新中】

【業界別・職種・年齢別】おすすめ転職エージェントランキング【随時更新】

【面談満足度No.1】親身さがウリのMAP転職エージェントに取材インタビュー!

ビジネスマン向けファッション特集

あなたは大丈夫?【当サイト人気講座】

カレンダー

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

業界圧倒的No.1実績『リクルートエージェント』の評判口コミ面談場所別まとめ

リクルート運営のNo.1正社員就職支援『就職Shop』評判口コミまとめ決定版