リクルートエージェント・DODAなど転職エージェントの評判を徹底比較

menu

転職エージェントおすすめランキング.com

リクルートエージェント
▼転職者実績No.1のリクルートエージェント▼

営業から人事への転職は未経験では難しい?転職成功のコツ

「未経験だけど人事になれる?」「人事になるにはどうしたらいいの?」と不安で一歩を踏み出せない営業の方に、未経験から人事にキャリアチェンジする方法をお教えします。

人事になりたいという営業経験者も少なくありません、しかし、人事は企画職の中でも人気の高いポジションであるため、簡単な道のりではないことをご理解ください。

また、一言で人事といっても採用、労務、教育研修、人事計画運用等多岐に渡り、どの仕事をメインに目指すかにより必要な努力も異なります。

今回は元人事の筆者が営業職から人事職へ転職する際のイロハを徹底解説して参ります。

営業→人事へのキャリアチェンジは市場価値を高める

人事は営業スキルを活かしつつ、会社の経営に携われるスキルアップチャンスの多い仕事です。

採用業務の場合、自分が採用を決めた人が会社に大きな利益を生み出すこともあれば、会社の損失を生む可能性もある責任ある仕事です。

採用担当は会社の顔として会社説明会や面接官として求職者や外部の人間の前に出る機会も多く、営業で培ったコミュニケーションスキルも存分に発揮できます。

魅力的な応募者を口説くトークや転職エージェントとの交渉でも、営業で培った経験は遺憾無く活かされます。

また他にも、伝える力や講師との調整に能力が要される教育研修、今あるルールを改定し企画運用していく人事計画運用の業務も営業としての能力を活かしていけます。

人事は将来の幹部候補となる可能性もあり、人事への転職は理にかなったキャリアアップ先といえるのです。

営業と人事の仕事内容の大きな違い

では、営業と人事の仕事内容の違いについてより詳しく具体的に見ていきましょう。

KPI指標が違う

営業と人事はミッションが違うため当たり前ですが、KPIや目標に違いがあります。

営業のKPI数値 成約数、売上金額、粗利、行動目標など
人事のKPI数値 母集団形成の人数、採用人数、予算に対しての費用対効果など

営業は成約数、売上金額、粗利といった数値に加え、行動目標を組み込まれる会社もあります。

採用は行動目標などはなく、母集団形成の人数や採用人数の他に与えられた予算に対しての費用対効果等も見られます。

労務は業務効率化、教育研修は実施プログラムの効果、人事計画運用は運用後の効果なども目標数値として持っているでしょう。

利益の出し方が違う

営業はお客様との契約によって会社に売上という形でダイレクトに利益を生みます。

対して人事、とりわけ採用業務の場合、自社にとって優秀な人材を採用、定着させることで“間接的”に利益を出します。

労務の場合、正確にスピーディーに業務運営をすることで業務効率化を果たし、コスト削減に努め、教育研修の場合、社員のベース能力を高め、優秀な人材を育てていきます。

人事計画運用は適した評価制度や給与制度を運営することで社員満足度を上げ、社員の働くモチベーション向上に貢献します。

人事の生み出す利益は目に見えづらいのですが、組織を活性化させ相乗効果を生むため時には会社の経営に大きくインパクトを与える事例もあるほどです。

人事の仕事は会社全体への影響力をもたらす重大な役割を担っていると言えますね。

発注権限者(人事)と受注側(営業)

営業は名前のごとくお客様に自社商材をアピールし契約を促します。

人事は業務に必要な人材サービスやシステム、外部コンサルティングを発注する権限を持っています。

人事は与えられた目標達成や経費削減を実現するために必要なサービスを吟味し、予算をつぎ込む決断をするのです。

そのため、営業から仕入れた情報を重役相手にプレゼンをし、導入の稟議を得るので社内向けの事前調整力やことを上手く運ぶための社内政治力もポイントとなる仕事といえます。

営業から人事への転職成功のコツ

ではここからは、営業から人事への転職を成功させるコツを解説して参ります。

①実績と志望動機を熱意持ってプレゼンする

人事も営業も目的数値に向かい業務遂行をする点は同じですので、営業としての成果をしっかりと伝えましょう。

営業の成果を伝える際は、

・目的数値に対しての達成度
・成功要因
・表彰歴

等客観的に評価しやすい項目も盛り込み、成功を導いた自分の能力や努力も経験談をもとに伝えましょう。

実際に営業から人事への転職を成功させた方も、以下のように述べています。

●営業から人事に転職した体験談

転職活動を行っていた際は人事という仕事のイメージがあまり湧いていなかったため、どのような素質をアピールすればいいのか難しかったです。

なるべく人と関わることが多く、リーダーとして後輩を取りまとめた経験をアピールしましたが、営業時代にきちんと成績をあげたこともアピールする方がいいと思いました。

目標を達成することができる、やる気や責任感は、人事職においても間違いなく評価されると感じます。

自己認知を深め、根拠をもとに適した打ち出し方をすることで、採用担当者に「伝える力のある転職者」という印象を与えられ、入社後も人事として活躍するイメージを持たせられるでしょう。

②経営や企業の業績を俯瞰するビジネスセンスをアピール

人事は会社の中枢を担う部署であるため、会社に対しても多角的な視点が必要となります。

あまり外部との接触がない仕事も多く、積極的に経営情報や他社競合の状況、他社の成功事例といった情報収集をしなくてはいけないため、外部情報へのアンテナ感度の高さや営業で培ったフットワークの軽さもアピール材料となります。

実際に営業から人事への転職を果たした先輩も以下のように述べています。

●営業から人事に転職した体験談

人事は営業とは全く逆で、社内へと意識を向けて自分とは関係のない部署の事を知り、まずは会社内部の事を知り尽くす事や複数の自分自身以外の人の成長を考えて、頭の使い方や考え方を180度変えなければいけません。

社内には会社によって様々な部署があり、その部署での役割や人員配置、各部署での人件費含めた経費がどれくらいあり、人員を増やすだけではなく、逆に人員削減をしたりしなければならないかなど、考えることは多岐に渡ります。

しかし人事は、自分自身か自分以外の人間の成長という、違いがあれど人が成長していく姿を配属先の選定や研修などを通して喜びを感じれる事にやりがいがあります。

また、転職活動でビジネスセンスをアピールするためにも時事ニュース、応募先企業の業界動向、人事のトレンド等は事前に調べ押さえておきましょう。

③人事を志望する理由を熱烈アピール

未経験からの転職となると志望動機も重要です。

憧れやイメージだけで応募をしていて、人事の苦労やハードさを知らないのでは、と採用担当者は不安になります。

会社の「人」についてのスペシャリストである人事が採用失敗をしては示しも付きません。

ですから、応募する業務の良い点だけではなく、悪い点についても目を向け、清濁併せ呑む覚悟を面接では伝えましょう。

実際に人事への転職成功を果たした体験談を見てみましょう。

●営業から人事に転職した体験談

営業はあくまでも自分自身との戦いであり、いかに自分自身と向き合い打ち勝つかで成績が左右されてしまいます。

しかし、人事は商品が”人”に変わってくる為、自分自身磨き続けてきた経験を会社の宝でもある社員に目を向けなければならず、最初は四苦八苦する事が多くあるでしょう。

また、人事は就業規則等をきちんと把握して対応しなくてはいけないので、労務の勉強は絶対必要です。

人事では営業の時とは違い、労務に関する知識はほぼ必須と言えるため、本を読んだり周囲の人に聞くなどしてインプットを行うことはかなり大事でしょう。

営業から人事への転職成功を果たした体験談

では、上記で紹介した以外にも営業から人事への転職成功を果たした方々の体験談を見ていきましょう。

●営業から人事に転職した体験談

営業では、クライアントから認めら、数字を作るというわかりやすく数値化される喜びがありました。

一方人事では、心身の調子を崩してしまった社員や派遣社員、パートの方々などの相談にのり、悩みを解決していくことで、その方々が心身の健康を取り戻し、元気に仕事をしている様子を見ると嬉しくなります。

また、営業をやっているときは残業に対する認識がほとんどなく、残業に関する世間の動きにも疎かったのですが、人事になると、そうは言っていられないので、社会人としての認識を改めなければいけないと感じることが多かったです。

特に「働き方改革」については、会社によって取り組み方が違うので、最低限の一般的な知識は頭に入れておくことが必要だと思います。

●営業から人事に転職した体験談

営業の仕事はある意味自分のペースで自由に仕事ができるため、いわば「個人プレー」でも結果を出せばいいというのがあります。

しかし人事の仕事はどこまでもチームワークが大事です。

自分だけの意見、方針ではなく、皆と協議し、意見をすり合わせ、昇華していかなければなりません。

営業の場合、元気、明るさが大事ですし、相手の趣味や嗜好を知るとか、そういった実務的なことを心がけていましたが、人事の場合は「人を知る」ということが大事です。

そのために私は思想書、哲学書、小説も、いろんな会社の創業者が書いたたくさんの本を読み、人づくりのノウハウを学びました。

●営業から人事に転職した体験談

営業時代はなんといっても成績を出すことに苦労しました。

数字ではっきりわかってしまう分焦りも感じましたし、仕事が終わらず遅くなるため体力勝負でしたが、頑張った分数字に反映されるのがやりがいでした。

現在の人事では目に見えた自分の評価というのがわかりづらく、年配の先輩が多いため気を使いますが、人事としてサポートした社員が配置した部署で活躍できていると、影でサポートをした甲斐があったと思います。

人事は人を配置したり、サポートする仕事のため、転職活動の際は営業をしながら後輩をサポートしたり、なんらかの取りまとめた役、接待の幹事などでもいいので、人と人との仲介役になり喜んでもらえたという経験があるといいと思います。

営業から人事への転職を成功させる転職エージェント

営業から人事への転職は市場価値を上げるという意味でも非常に価値のあるキャリアチェンジである一方、追うべき指標ややりがいも異なるため、深く人事への仕事理解を進めておかなければ転職を成功させることはできません。

「なんとなく人事は楽しそうだから」という理由だけで転職活動を行っても、間違いなく落とされてしまいます。

そのため、人事職に強い転職エージェントを活用して人事職への仕事理解を深め、書類作成や面接でのアピール方法も工夫して転職の成功確率を上げるための努力は不可欠だと言えます。

下記では人事への転職に特に強みを持つおすすめの転職エージェントを厳選して紹介していますので、本気で営業から人事への転職を目指される方にはぜひ参考としていただければと思います。

人事への転職成功を果たし「仕事が楽しい」と思える日が来ることを心より応援しています!
リクルートエージェントの特徴

非公開求人数170,000件以上

成功実績NO.1の充実したサポート

業界・職種の専門知識をもったキャリアアドバイザーの圧倒的サポート

PR

転職エージェントおすすめランキング!1000人の評判比較

フリーター向け就職エージェントおすすめランキングTOP10

リクルートエージェントの評判口コミ!1000人に面談と求人を取材

就職Shopの評判!ブラック企業の求人しか紹介されない?

パソナキャリアに断られた!なぜ?断られない転職エージェント

【就職Shop vs DYM就職】口コミ評判!面談や求人の違いは?

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【全国版】47都道府県別のおすすめ転職エージェント一覧まとめ【随時更新中】

【業界別・職種・年齢別】おすすめ転職エージェントランキング【随時更新】

【面談満足度No.1】親身さがウリのMAP転職エージェントに取材インタビュー!

ビジネスマン向けファッション特集

あなたは大丈夫?【当サイト人気講座】

カレンダー

2018年8月
« 7月   9月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

業界圧倒的No.1実績『リクルートエージェント』の評判口コミ面談場所別まとめ

リクルート運営のNo.1正社員就職支援『就職Shop』評判口コミまとめ決定版