リクルートエージェント・DODAなど転職エージェントの評判を徹底比較

転職エージェントマニア.com

転職活動

ホテル業界からの転職でおすすめの転職先まとめ!異業種は?

更新日:

ホテル業界からの転職先としてどのような業界・職種を選ぶべきか迷ってはいませんか?

ホテル業界は他の業界と比べても激務と評判で、肉体的にもかなり鍛えられますよね。

・フロント受付などのサービススタッフ
・営業/販売企画職
・人事/総務
・経営企画

一口にホテル業界といっても様々な職種が存在します。

ホテル業界で身についたスキルがどんな業界で求められているのかを知ることができれば、転職先の選び方も自然と分かるようになります。

そのためにはまず、ホテル業界でどのようなスキルを身につけることができたのか自己分析することが欠かせません。

そして自分の魅せ方が分かれば、転職活動が成功する可能性は高くなるでしょう(※実際に私の知るホテル業界経験者も自分の強みを理解して、転職活動を成功させています)。

本記事では、ホテル業界で身につくスキルとホテル業界からのおすすめの転職先を志望動機と共にまとめて紹介していきますので、これから転職を検討されている方はぜひご参考頂ければ幸いです。

ホテル業界で働いて身につくスキル

ホテル業界は景気の影響を受けやすい業界ではありますが、外資系の高級ホテルなどに就職することができれば、グローバルな環境で働ける華やかな業界でもあります。

飲食業界など他のサービス業と違うところは、夜勤が基本的には必須となるところですが、健康的に働き続けるために、自己管理能力が求められるという特徴もありますね。

職種ごとに転職活動で評価されるスキルを見ていきましょう。

フロント業務などの対応をするサービススタッフ

ホテル業界で最も数が多い職種はサービススタッフで、ベッドメイキングやフロント、支配人、ベルボーイなども含まれます。

この職種として一定期間働けば、コミュニケーション、ビジネスマナーなどの接客スキルを身につけることができます。

営業/販売企画

ホテル業界の営業職は販売企画も兼ねていることが少なくありません。

旅行会社とタイアップしてツアーを企画する、または旅行メディアに掲載を依頼するなどの対応があります。

営業力だけでなく、企画力、そして基本的なパソコンスキルを身につけることができます。

人事/総務

人の入れ替わりが比較的多いホテル業界では、人事総務は重要な職種です。

求人広告の掲載や面接、社会保険の管理、新卒採用の企画などが主な業務となります。

人事部門でのスキル、企画力、パソコンスキルなどを身につけることができます。

経営企画

経営企画は業績管理、コストコントロール、財務シミュレーション、戦略策定など、経営の中心となって働く職種です。

一定期間働けば、決断力、判断力、マネジメントスキルに加えて、経営全般に関するリーダーシップを身につけることができます。

ホテル業界からの転職先おすすめ一覧まとめ

ではここからは、今までホテル業界で働いてきたあなたが、これからの転職先でおすすめの職場を理由と共にご紹介して参ります。

志望動機の例文も併せてご紹介しますので、ぜひ転職活動の方針に悩まれている場合は参考とされてみてくださいね。

転職先おすすめ①:外資系企業

ホテル業界では世界中の宿泊客の対応が必要となるため、語学力が求められることが少なくありません。

もしこれまでの就業経験で英語力に自信があるなら、外資系企業はおすすめの転職先の一つです。

英語力は市場価値が高いスキルでもあるので、培った英語力を武器に転職活動を行えば、年収が大幅にアップする可能性もあります。

代表的な外資系企業の会社としては、以下の企業が挙げられます。

・アデコ株式会社
Google株式会社
・三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社
・ファイザー株式会社

志望動機を書く際は英語力に自信があること、そしてなぜ英語力を活かして働いていきたいのかの理由を伝えることがポイントです。

【志望動機の例文】

私は英語力を身につけるために仕事をしながら勉強を続け、TOEICで800点を獲得することができました。

私にとって英語を学ぶことはビジネスでありながら、私生活を充実させることでもあります。

英語は前職でも使っていましたが、この語学力を活かして御社に貢献していきたい所存です。

外資系企業に転職したい場合は、日本国内の日系企業に転職する場合と転職活動がまるで異なるので、しっかりと相応の準備をしておくことが必要です。

外資系転職に強い転職エージェントおすすめランキング」では外資系企業への転職のプロにあなたが転職活動のアドバイスをもらいながら、さらにおすすめの転職先まで紹介してもらえるので、外資系企業への転職に魅力を感じられている場合はぜひ活用されてみて下さいね。

実際にホテル業界から転職して外資系の銀行に転職した方の転職体験談をご紹介します。

ホテル業界→外資系企業の転職体験談

Q0、なぜホテルを転職しようと思ったのですか?

あまりにも同じことを繰り返しいっても理解できない支配人と、副支配人に組織の歯車が回っていないことに気づき始めていたからです。

そういった上司を二人も抱えて、働くことにデメリットを感じていました。

また、お局のおばあちゃまに関しても、その方のフォローというかしりぬぐいをするのが大変でした。

決して悪い人ではないのですが、過去の経済成長期のお話やその時の彼女の惚れた晴れたのお話を何度も聞かされるのにも辟易していました。

Q1、なぜ外資系企業に転職しようと思ったのですか?

ヨーロッパ留学をしていたので、言語を使い、かつもっと実務能力のあがる仕事を探していました。

しかし答えが出るのに3か月や1年かかる企業も多く(外資系は本国にある本社にお伺いをたてるため、人事のキャパはパンパンでなかなか決まるものも決まらないせいです)、紹介会社を3社くらい回った段階で、その外資系銀行にピンときました。

その銀行の安定性、長期展望が見えたことも入社を決めた理由の一つです。

英国系の大手銀行の東京事務所を伺ったときに聞いた話では、東京事務所の責任者は英国で英文学科を出ていたけれども、金融業を選んだ、それが英国では当たり前なんだ、という話を伺ったときに、それなら私にもできると納得したからです。

Q2、利用した転職支援サービスがあれば教えてください

JACリクルートメント

もし転職エージェントを利用していなかったら、今でもあのわけのわからない業界に居続けたかもしれません。

自分で自分の能力に疑いがなく、でもそれを売り込む時間も気力もないときは、思い切って転職エージェントを利用することがおすすめです。

そして、自分の居場所を見つけるためにはそれなりの努力をしなけらばならない、ということを新しい職場では学びました。

これも付き添ってくださった転職エージェントさんのおかげです。

▶︎JACリクルートメントの利用はコチラ

転職先おすすめ②:旅行業界

旅行業界もホテル業界の経験を活かすことができるおすすめ転職先の一つです。

旅行業界では、企画業務で様々なホテルや旅館と提携することが少なくないため、ホテル業界の経験はダイレクトに仕事に役立つといえるでしょう。

代表的な旅行業界の企業としては、以下の会社があります。

・株式会社JTB
・株式会社エイチ・アイ・エス
・日本旅行サービス株式会社
・近畿日本ツーリスト株式会社

志望動機を書く際は、前職で身につけた旅行業界でも活かせるスキルについて言及しながら、旅行業界への熱意を伝えることがポイントです。

【志望動機の例文】

私はホテル業界で身につけた企画力を活かしたいと考え、御社を志望しました。

前職のホテルは旅行会社のツアーにも組み込まれていたため、ツアーを楽しまれているお客様の姿をよく見ていました。私もツアーを企画する立場となり、お客様を楽しませたいと思ったことも志望理由の一つです。

これまで身につけた接客のスキルも活かし、御社に貢献していきたい所存です。

転職先おすすめ③:飲食業界

一般的に飲食業界の正社員はハードな印象があるかもしれませんが、ホテル業界での就業経験があれば、勤務形態も似ているため馴染みやすいという側面があります。

また、24時間営業ではない店舗の勤務となれば、体力的にはホテル業界よりも楽に働くことができるのでおすすめの転職先の一つです。

代表的な飲食業界の企業としては、以下の会社があります。

・株式会社コロワイド
・ワタミ株式会社
・ロイヤルホールディングス株式会社
・スターバックスコーヒージャパン株式会社

志望動機を書く際は、ホテル業界で身につけた接客スキル、そして飲食業界で働きたい理由や情熱を伝えることがポイントです。

ホテル業界から飲食業界に実際に転職成功した方に取材することができたので、体験談をご紹介します。

ホテル業界→飲食業界の転職体験談

Q0、なぜホテルを転職しようと思ったのですか?

スタッフ間での陰湿なやりとりや、現場も見ていないエリアマネージャーからの圧力業務など、仕事をしていて何も得ることもなく、ストレスが溜まる一方だったからです。

店舗の店長も上からの指示には頭を縦に振ることしかせず、下からの声は一向に上に行くことはなく我慢の限界で転職を決意しました。

元々転職するつもりで入社していたので、そこまで迷いはなかったです。

Q1、なぜ飲食業界に転職しようと思ったのですか?

飲食業が元々大好きで、やはりお客様が目の前で幸せそうに食べてくださるとこちらも幸せになれるからです。

接客でもホテルと飲食では全く違っていて、やはり飲食のようにお客様と身近に関わらせて頂けるとやりがいを感じます。

今回入社した仕事先は家からも近場で、たまに食べに行って「美味しい」と感じた場所でした。

ここならとても勉強になるし、給与も飲食にしては高くいい場所だと思いこの会社を選びました。

社保等もきちんと完備してくれているので助かります。

Q2、利用した転職支援サービスがあれば教えてください

マイナビエージェント

とても丁寧で親切に対応してくださり、この人で仕事探しをしようと思いました。

少し多忙で報連相がなかなか出来なく手間を取らせてしまったが、その時もこちらのミニなって対応してくれたのでとても好感を得ました。

転職する時はまた同じ人で対応してくれるなら同じマイナビエージェントを利用したいと思います。

▶︎マイナビエージェントの利用はコチラ

転職先おすすめ④:不動産業界

もしホテル業界での勤務経験で不動産に関する知識が身について、少しでも興味がある場合は不動産業界も転職先としておすすめです。

ホテル業界の会社は不動産事業にも取り組んでいることが珍しくありませんので、接客スキルや身につけたビジネスマナーを不動産会社の営業職として転職すれば活かすことができます。

代表的な不動産業界の企業としては、以下の会社があります。

・住友不動産株式会社
・三菱地所株式会社
・三井不動産株式会社
・野村不動産株式会社

志望動機を書く際は、これまで身につけた接客スキルやビジネスマナーをアピールしていきましょう。

不動産関連の資格の勉強をしているのであれば、資格を取得していることも含めて熱意を伝えることができます。

【志望動機の例文】


私は御社の取り扱うエコを意識した家づくりの普及に貢献したいと考え志望いたしました。

前職のホテル業界では不動産に直接関わる経験はございませんでしたが、不動産業界への転職を決意してからは宅地建物取引士取得へ向けた勉強もはじめています。

少しでも早く営業として成果を出せるように、勉強しながら頑張ります。

前職で身につけた接客スキルを活かしながら、御社の事業に貢献させていただきたい所存です。

不動産営業への転職志望動機をもっと見る

ホテル業界からの転職必勝のコツ3選

ホテル業界からの転職を成功させるためには、以下3つの必勝法を意識して転職活動を行うとより成功確率が高まります。

接客スキルを全面的に押し出す

ホテル業界からの転職に限らず、転職活動で最も重要視されるポイントは「あなたが何ができるか」という視点で自分をアピールできるかどうかです。

中途採用企業は新卒採用とは違い、ポテンシャルよりもスキルを重要視するスキルマッチングの傾向が圧倒的に強まります。

そのため、あなたの強みとなるホテルでの接客経験を存分に言語化し、職務経歴書や面接に落とし込みアピールできるかどうかがポイントとなります。

転職後のキャリアプランを明確にする

ホテル業界からの転職を考える理由として、劣悪な労働環境がきっかけとなる人は少なくないですが、ネガティブな理由は転職活動では評価歓迎されません。

仮に最初の転職を考えたきっかけがネガティブなものだったとしても「転職した後に何がしたいか」というポジティブな転職理由に変換できるかがポイントです。

そのため、将来的にどんなキャリアを築いていきたいかをまず一本の線で構築し、そのキャリアを実現するために転職先を選ぶという逆算思考が鍵となります。

ホテル業界に就職した理由を掘り下げる

「あなたが何ができるか」や「将来のキャリアプラン」を中々言語化できないときは「なぜホテルで働くことを目指したのか」の原点に立ち返ってみると良いです。

そうすると、あなたが仕事においてどのようなことを重視しているかの優先順位が明確になり、自然と自分のキャリアプランを描きやすくなります。

自分の深層心理を知ることで転職先も自ずと絞られてくるので、ぜひ原点に立ち返ってみることをオススメします。

ホテル業界からの転職先をもっと知る方法

今回は現在ホテル業界に勤めているあなたにおすすめの転職先を4つに絞ってご紹介して参りましたが、もちろんまだまだホテル業界での経験を活かせる転職先は存在します。

もしまだいまいち転職活動の方向性が見えてこないという場合は、一人で悩むのではなく転職エージェントを活用することを強く勧めます。

転職エージェントは、転職のプロであるキャリアアドバイザーが"転職市場価値"という観点であなたのスキルに見合った会社を紹介してもらえますので、これまで発想すらしていなかった転職先を紹介してもらうことも可能です。

もちろん、希望通りの職場をあなたの代わりに探してもらうこともできます。

また、ホテル業界からの転職必勝法でお伝えした、自分自身のできることの棚卸しや将来のキャリアプランの構築に関しても転職のプロが手伝ってくれます。

職務経歴書の添削や面接対策まで転職活動に関わるサポートまでフルで行ってもらえるので、正直活用しないことは損以外のなにものでもありません。

今回はホテル業界の方向けのおすすめ転職エージェントを3社紹介しますので、ぜひ活用する参考として頂ければ幸いです。

doda

dodaは約10万件の求人を保有している業界最大級の転職エージェントで、ホテル業界からの転職支援実績も数多く叩き出しています。

大手ならではの圧倒的な求人数が強みで、どの業界・職種へ転職したい場合でも、最低10社は求人を紹介してもらえる可能性が非常に高いです。

先ほど解説した「自分自身のスキルの棚卸し」や「将来のキャリアプラン」まで、親身になって行ってくれますので、利用者のリピート率も高いのが特徴です。

パソナキャリア

パソナキャリアは圧倒的に親身なサポート力と女性の転職支援を強みとしていて、2018年度の顧客満足度No.1転職エージェントにも選ばれています。

求人数は約50,000件と大手のdodaには劣りますが、数を紹介するスタンスではなく厳選した求人を紹介するその"精度"が非常に高いのが特徴です。

連絡のマメさや選考後のフィードバックの早さなど、転職希望者のニーズを第一に考えたサポート力で地道にコツコツと実績を積み重ねているエージェントです。

マイナビエージェント

マイナビエージェントは20代・第二新卒の転職にめっぽう強い転職エージェントです。

20代転職希望者の選考通過率の高さに定評があり、一般的には30%前後の書類選考率の中、驚異の50%という書類選考通過率を叩き出しているんですね。

求人数はパソナキャリアよりもやや少ない30,000件程度ですが、結果として20代の転職者実績が多くなっているのは選考通過率の高さの賜物でしょう。

今回紹介した転職エージェントを活用してホテル業界からの転職が成功し、仕事が楽しいと思える日が来ることを心から応援しております!

dodaの特徴

求人数120,000件以上(※業界最大級)

転職満足度No.1の親身な対応!

北海道~九州全国に面談拠点あり!

パソナキャリアの特徴

求人数50,000件以上(※業界3位)

親身な対応に定評あり(※2019年度のオリコン顧客満足度No.1)!

全国に面談拠点あり!

マイナビエージェントの特徴

驚異の書類選考通過率50%!

求人を厳選して紹介してもらえる!

親身な対応で面談満足度が高い!

リクルートエージェントの特徴

非公開求人数170,000件以上

成功実績NO.1の充実したサポート

業界・職種の専門知識をもったキャリアアドバイザーの圧倒的サポート

-転職活動

PR

親身さがウリ!面談満足度の高い優良おすすめ転職エージェント

フリーター向け就職エージェントおすすめランキングTOP10

【リクルートエージェントvsdoda】違いを徹底比較【どっち?】

就職Shopの評判!ブラック企業の求人しか紹介されない?

パソナキャリアに断られた!なぜ?断られない転職エージェント

【就職Shop vs DYM就職】口コミ評判!面談や求人の違いは?

Copyright© 転職エージェントマニア.com , 2019 All Rights Reserved.