リクルートエージェント・DODAなど転職エージェントの評判を徹底比較

転職エージェントマニア.com

転職活動

地方銀行からの転職先おすすめ一覧まとめ【※プロが解説】

更新日:

地方銀行からの転職先をどこにすべきか迷ってはいませんか?

地方銀行から転職を考える人の多くは、以下3つのいずれかに当てはまる割合が高いです。

入行して1~5年目の20代若手銀行員

30歳前後の最初の昇進のタイミング

40代後半から行われる出向タイミング

やはり地銀特有の支店長が3年スパンでコロコロと変わる人事異動の多さであったり、事務作業の煩雑さを好きになれず早めに転職を決断する人も多い現状です。

地方銀行はスキルが身につかず潰しがきかないと言われることもありますが、それは一般化して考えるべきことではありません。

地方銀行の実務経験が価値として認められる業界はいくつもあるからです。

今回紹介するおすすめの転職先知れば、地方銀行の経験がどのような業種や業界で活かせるのかが分かります。

実際に私の知る地方銀行経験者で転職を成功させた人は少なくありません。

転職を成功させるためには自分自身の市場価値を見極めて、適切な業界や職種で企業へ応募することが非常に重要です。

本記事では地方銀行で身につけることができるスキルや、地方銀行からの転職先おすすめ一覧をまとめて紹介していきます。

まだ銀行から転職する決心がついていないという人は「銀行員辞めたい人必見!転職先のおすすめは?引く手あまた?」も併せてご参考にされて下さいね。


地方銀行で働くことで身につくスキル

地方銀行で身につけることができるスキルとしては「営業力・コミュニケーションスキル・金融や保険、投資の知識・コンサルティング能力」などがあります。

もちろんどのような職種で働くかによってスキルがどの程度身につくのかは異なりますが、ある程度の年数働けば数字全般に強くなることができます。

例として代表的な職種を挙げると、以下の通りです。

総合職

地銀ではジョブローテ―ションを経験するため、前述したスキルを総合的に身につけることができます。

窓口業務

地銀の窓口業務では、接客スキル、事務処理スキル、保険、金融の知識を身に付けることができます。

法人営業/個人営業

営業職では、法人・個人問わず、営業力、コンサルティング、保険、金融、投資の知識を身につけられます。

メガバンクはグローバルに展開しますが、地方銀行は基本的にその地域に密着してビジネスをしていますので、地域住民への営業活動や地元企業のマッチングなど、地域に密着した仕事の進め方を身につけることができます。

関連:メガバンクからの転職先おすすめ一覧まとめ【プロが直伝!】

また、他の業界と比較すれば経理や財務スキルは身につけやすい、という特徴がある点も抑えておきましょう。

地方銀行からの転職先おすすめ一覧まとめ

ではここからは、地方銀行からのおすすめの転職先についてご紹介して参ります。

なぜその業種・職種を勧めるのかの理由についてももちろん解説して参りますので、転職を検討されている方はぜひご参考にされて下さいね。

転職先おすすめ①:コンサルティング業界

地方銀行からの転職先のおすすめの一つ目は、コンサルティング業界がおすすめです。

その理由は、銀行業務の中でさまざまなコンサルティング能力を身につけることができているからです。

コンサルティング業務は実務の中で、様々な企業の経営課題を分析して課題を抽出、抽出した課題に対してソリューション(解決策)を提供していきます。

地方銀行の場合ソリューションとして提示できるサービスが限られているケースもありますが、企業の経営課題に向き合ってきた経験は、そのままコンサルティング業界で求められることが少なくありません。

▼コンサルティング能力をそのまま活かせる

地方銀行で制限されていた解決策(商材)の幅が、コンサルティング会社に転職することでグッと広がることで面白みを感じることができる筈です。

代表的なコンサルティング業界の会社としては、以下の企業があります。

・三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社
・みずほ総合研究所株式会社
・株式会社富士通総研
・トーマツイノベーション株式会社

上記のようなコンサル系の会社に転職するためには、当然コンサル会社への転職を成功させるために必要な志望動機の準備やキャリアの棚卸しが必要です。

コンサル業界の転職に強いおすすめ転職エージェントを活用するなどして、人気のコンサル会社への転職を成功させましょう。

転職先おすすめ②:保険業界

地方銀行を経験しているなら、保険業界もおすすめの転職先の一つです。

その理由は、実務として保険商品を既に取り扱ってきている場合、知識や経験をそのまま活かすことができるからです。

また、地方銀行で保険商品を扱う場合、生命保険募集人や損害保険募集人という資格の取得が求められますよね。

▼保険の資格をそのまま活かすこともできる

難易度が高い資格ではありませんが、保険周りの資格を取得していることは保険業界への転職を目指すなら存分に活かせる強みでもあります。

保険業界のインセンティブによって給与が大きく変動するためリスクもありますが、営業力に自信がある場合は転職して大幅な年収アップを狙うことも可能です。

年収3000万円稼げる職業&転職難易度一覧まとめ【保存版】

代表的な保険業界の会社としては、以下の企業があります。

・アクサ生命保険株式会社
・株式会社かんぽ生命保険
・アフラック生命保険株式会社
・日本生命保険相互会社

転職先おすすめ③:不動産業界

地方銀行の実務として不動産に関わってきた、または宅地建物取引士を取得しているという場合、不動産業界も転職先としておすすめです。

その理由は、転職すればやはり不動産にまつわる資格と経験をそのまま実務として活かすことができるからです。

地方銀行での宅地建物取引士取得は大抵の場合任意ですが、資格手当がつくことが少なくないため、実際に給与アップや自己啓発のために取得する人もいる資格です。

宅建の資格は不動産業界でも資格手当がつきますが、さらに重要事項の説明や重要事項説明書面の記名など、有資格者にしかできない実務を担当することが可能です。

不動産営業はブラック企業ばかり?年収は?転職志望動機も

代表的な不動産業界の会社としては、以下の企業があります。

・東急リバブル株式会社
・住友不動産株式会社
・野村不動産株式会社
・株式会社大京穴吹不動産

転職先おすすめ④:人材業界

地方銀行で培ってきた経験を活かすフィールドとして、人材業界もおすすめの一つです。

人材業界の企業は、人材を採用したいという企業側の顧客と、転職したいという個人側の顧客、双方を結ぶ存在であり、地方銀行の機能とある種似た側面を持ちます。

同じ無形商材を扱うビジネスとして金融と近い役割を担う人材の領域は、元地方銀行出身で活躍しているビジネスパーソンも決して少なくありません。

地方銀行から人材会社に転職し活躍中の人

一般的には法人営業を経験し、企業の採用ニーズを肌で感じた後に、個人側のキャリアコンサルタント(転職エージェント)としてキャリアチェンジするルートが王道です。

人材業界の会社の代表例は以下が挙げられます。

・株式会社リクルートキャリア
・パーソルキャリア株式会社
・株式会社ビズリーチ
・株式会社MS-Japan

転職エージェントになるには?おすすめ優良エージェントの特徴

転職先おすすめ⑥:IT・WEB業界

地方銀行出身で転職先のおすすめの一つとして、IT・WEB業界も非常におすすめです。

IT・WEB業界は市場としても伸び盛りな企業が非常に多く、銀行員出身のビジネスパーソンを欲しがる人事採用担当者も少なくありません。

特に近年台頭している、金融とITを組み合わせたFintech(フィンテック)領域はベンチャー企業が次々と頭角を表しはじめていて人気が集中しています。

メガバンクからベンチャーに転職した人

当然エンジニアとして採用される選択肢ではなく、無形商材のWEB広告を扱う会社の営業やWEBメディア・アプリを開発する会社の企画マーケティング職など用意されているポジションも様々。

地銀とは反対に仕事で結果を出せば出すほど成果が目に見えて反映する風土の企業が多いため、やりがいや面白みも見つけやすい業界と言えるでしょう。

代表的な企業例は以下が挙げられます。

・株式会社サイバーエージェント
・GMOインターネット株式会社
・株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA)

転職先おすすめ⑥:金融業界

地方銀行から転職するのであれば、あえて同じ金融業界を選ぶこともおすすめの選択肢の一つと言えます(※実は選択する人は最も多いです)。

なぜなら、これまでの実務経験がそのまま評価される可能性があり、実績と資格によっては年収アップも狙うことが可能だからです。

地方銀行でファイナンシャルプランナー(FP)や宅地建物取引士など資格を取得していれば、そのまま転職先の会社からの評価につながります。

また、同じ金融業界でも、従業員の教育方針や経営理念は会社によって違いがありますので「環境は変えたいけれど、まだ同じ業界で頑張りたい!」という気持ちが少しでもある方には、金融業界はおすすめの転職先です。

代表的な金融業界の会社としては、同じ規模の地方銀行や一回り規模の小さいものの地域に密着した信用金庫含む以下の企業があります。

・横浜銀行
・城南信用金庫
・日本郵政株式会社
・りそな銀行

地方銀行から別の金融機関への転職を行う場合は、未経験から金融業界へ転職するよりも比較的転職のハードルは低いです。

しかし、金融業界と一口に言ってもご存知の通り様々な業種の会社がありますので、「金融業界の転職エージェントおすすめ厳選5選【金融求人強い】」を活用しつつ情報収集しながら転職活動を進めて行くのがベターでしょう。

地方銀行から転職する時の注意点

地方銀行からの転職は、一般企業から転職するのとは異なる注意点が3つあります。

いざ転職した後に「失敗した」という状況に陥らないためにも、事前に気をつけるべきポイントをある程度把握しておき、覚悟を持って転職活動を行いましょう。

嫁・家族など周囲に反対される

まず第一に、やはり結婚している場合は奥さんや家族など身近な周囲の人に反対される可能性が非常に高いということです。

"嫁ブロック""家族ブロック"という言葉が定着するくらいで、周囲の反対を押し切れずに結局転職することを諦めてしまう銀行員の方も少なくありません。

転職後の自分自身のなりたい姿・描くキャリアをしっかりと説明し、100%とは言わないまでもある程度納得してもらう熱意は絶対に必要と言えます。

銀行員という肩書きがなくなる

いざ転職するとなると、やはり"銀行員"という肩書きがなくなってしまのは寂しいもの。

「仕事何やってるんですか?」と聞かれて銀行員と答えることで一目置かれる機会が全くなくなるのは、プライド的に許せない場合もあります。

一つのステータスを捨ててまで本当に転職したいのか?今一度よく考えて決断をした方が、あとあと後悔せずに済むでしょう。

年収が下がる可能性がある

そしてやはり、地方銀行という安定した仕事で徐々に上がっていく年収が一時的に下がってしまうことも、落とし穴の一つです。

もちろん、転職活動中の企業の探し方や年収交渉の仕方によってキャリアアップし、年収をさらにアップさせることも可能です。

手厚い福利厚生やエリート出世コースから外れる勇気と決断が必要と言えるでしょう。

地方銀行からの転職を成功させるには?

今回は地方銀行からのおすすめの転職先をご紹介して参りましたが、地方銀行で培ったスキルを活かすことのできる転職先はまだまだあります。

転職先候補を知る手段として最もおすすめの方法は転職エージェントを活用することで、転職サイトが一方的にこちらから求人を眺めることに対し、エージェントはキャリアコンサルタントの方からあなたに求人を紹介してくれます。

転職エージェントを使えば、今回紹介したような比較的近しい業界や職種の求人はもちろん、発想もしていなかったような別の切り口の転職先なども多数紹介してもらうことが可能です。

また、求人を紹介してもらうだけでなく、履歴書や職務経歴書の添削から面接対策など、選考に受かるための対策もガッツリ時間を割いて行ってくれます。

金融業界の転職エージェントおすすめ厳選5選【金融求人強い】」では、金融業界に特化した求人数の多さであったり、選考対策の質などの観点から複合的に作成したエージェントのランキングを紹介していますので、ぜひエージェント選びの参考とされてみて下さい。

地方銀行の経験を無駄にしないような、最高の職場への転職が成功することを心から応援しています!

リクルートエージェントの特徴

非公開求人数170,000件以上

成功実績NO.1の充実したサポート

業界・職種の専門知識をもったキャリアアドバイザーの圧倒的サポート

-転職活動

PR

親身さがウリ!面談満足度の高い優良おすすめ転職エージェント

フリーター向け就職エージェントおすすめランキングTOP10

【リクルートエージェントvsdoda】違いを徹底比較【どっち?】

就職Shopの評判!ブラック企業の求人しか紹介されない?

パソナキャリアに断られた!なぜ?断られない転職エージェント

【就職Shop vs DYM就職】口コミ評判!面談や求人の違いは?

Copyright© 転職エージェントマニア.com , 2019 All Rights Reserved.