リクルートエージェント・DODAなど転職エージェントの評判を徹底比較

menu

転職エージェントおすすめランキング.com

リクルートエージェント

30代でUターン転職を考えている人に必要な全知識&体験談

「Uターン転職をしたいけど、30代では遅すぎかな?」と悩んでいませんか?

今回は30代でUターン転職を行うケースに焦点を当てて、Uターン転職のメリット・デメリットや、Uターン転職の転職活動の方法についてご紹介していきます。

地方で生まれ育った方であれば、一度はUターン転職について考えたことがあるのではないでしょうか。

一昔前では20代で地元に戻る人も少なくありませんでしたが、晩婚化が進んだ現在では年々Uターン転職を希望する年齢が上がり、現在は30代でUターン転職を希望する人が一番多くなってきている状況です。

あなたと同じ30代でUターン転職を経験した人の実録体験談を交えながら、30代のUターン転職について詳しく解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

Uターン転職の検討者はこちらもオススメ

地方別おすすめ転職エージェント一覧まとめ【47都道府県別】

Uターン転職は後悔する?失敗しないための”3つ”のポイント

【Uターン転職】志望動機・転職理由例文まとめ!作成ポイントも

40代でUターン転職を考えている人に必要な全知識!体験談も

30代でUターン転職するタイミングは遅い?

30代はUターン転職を考える時期として“最適な時期”と言えます。

社会人経験の浅い20代のうちにUターン転職をすると比較するものがないため、誤った選択をしてしまう可能性がありますが、30代は都会で十分なキャリアを積んでいますので、これまでの経験と比較しながら広い視野を持って会社を探すことができます。

また、30代ではプライベートの面でもおおよその人生設計ができている場合が多く、地方での暮らしについて具体的に考えられるようになりますので、失敗が少なくなります。

関連:【Uターン転職】志望動機・転職理由例文まとめ!作成ポイントも

30代でUターン転職するメリット・デメリット

では、30代でUターン転職を行うメリットとデメリットについて、それぞれ詳しく見ていきましょう。

30代Uターン転職のメリット

家族との時間を大切にすることができる

30代は家族ができたり介護が必要になったりと、さまざまなライフイベント発生する年齢でもあります。

プライベートの変化に合わせて「家族との時間を大切にしたい」という気持ちが出てくる人も多いのではないでしょうか。

地方の会社では、都会の会社のように深夜までの残業や接待が頻繁にあることはありませんので、Uターン転職をすることで慣れ親しんだ土地で家族との時間を大切にできるようになるというメリットがあります。

20代で身に付けたスキルや経験を活かせる

地方企業に転職した後にキャリアアップすることはあまり見込めませんので、20代は都会でキャリアを積み、地方でも通用するスキルを身に付けることをおすすめします。

20代で身に付けたスキルや経験を武器に、30代になってからUターン転職することで、給与やポジションを大幅に下げることなく、転職を成功させることが可能になります。

その点、やはり冒頭でお伝えした通り30代はUターン転職の適齢期と言えるでしょう。

自分にとって最適な企業を選択できる

20代のうちに都会で多くの経験を積むことで、自分がどういう働き方をしたいのか、そのためにはどんな会社が適しているのか、ということを考えることができるようになるでしょう。

都会の企業との違いを比較しながら転職活動ができることは大きなメリットです。

30代Uターン転職のデメリット

給与水準が低い

地方企業では都会と比べて給与水準が2/3~1/2程度下がることが多いです。

都会の企業で年収800万円を稼いでいた人が地方で同業種(職種)の企業へ転職した場合、提示される年収はだいたい500~600万円になります。

給与が下がることは受け入れ難いと思いますが、給与が下がってでもそれと引き換えに手に入るもの、あなたにとって価値があるものがあれば、転職に踏み切ることができるでしょう。

参考:Uターン転職は後悔する?失敗しないための”3つ”のポイント

求人が充実していない

Uターン転職を行う場合、採用職種と業種が都会に比べて圧倒的に少ないことも大きなデメリットとなります。

例えば、コンサルティングファームや金融系のアナリスト・デューデリジェンス、IT系のITストラテジストなどの募集は、地方ではまずほとんど見かけることがありません。

このような都会では引く手あまたな職種を経験していても、地方では活かせる業種自体がありませんので、前職の経験をそのまま活かそうとしても難しく、応募する会社を見つけることが困難になります。

地方に強い転職エージェントを活用するなどして、事前に転職先企業の情報収集を行っておくことが非常に重要です。

年齢制限に引っかかる

都会では転職することが当たり前となってきましたが、地方では今もなお「終身雇用」の考え方が一般的ですので、できるだけ若いうちに採用して定年まで勤めて欲しいという企業がほとんどです。

現在は雇用対策法により、企業が採用活動を行う際に公には年齢制限を設けることはできなくなっていますが、事実上は35歳で区切っている会社が多く、35歳を超えると選考に通らないと実感することが多くなってくるでしょう。

30代前半であればUターン転職の際に年齢がマイナスになることはほぼありませんが、30代後半に差し掛かると年齢リスクもあることを頭に入れておきましょう。

30代のUターン転職実録体験談

ではここで、実際に30代でUターン転職を一足先に行った方々の実録体験談を見て参りましょう。

「転職して地元に戻って良かった」「戻らなければ良かった、後悔している。。。」「どちらの面もある」様々な意見があるようですね。

30代のUターン転職体験談1人目

都会で20年生活し、父が亡くなったことをきっかけにUターンを考えました。

このまま田舎を離れて定年まで都会で暮らすのか、親や親族がいる田舎へ帰るか悩み、結局退職して地元に戻ることを選びました。

後悔した点は、単純に田舎と都会では給料の水準が違うこと、求人が少ないことです。

とくに事務職はほとんど求人がないため、あのまま都会で事務職の転職先を探していたほうが良かったかな、とたまに思います。

ただ良かった点として、身内に何かあったときにすぐ駆けつけられることが挙げられます。

父が亡くなったときは危篤になるまで連絡がなく、ただ死に目に会えただけでした。

田舎に帰って半年で祖母が亡くなりましたが、まだ元気なうちに何度もお見舞いに行けたので良かったです。

都会への未練も後悔もありますが、帰ってきて良かったと思っています。

30代のUターン転職体験談2人目

田舎に帰って良い面もありますが、給料が全然違いてすぎて驚きました。

田舎で給料が高いのは、本社が東京にある場合で、田舎に配属されたごく一部の人達です。

今居る所は、アルバイトでも時給750円くらいが相場で、会社の正社員でも月20万円に満たしていません。

家賃、駐車場代は安いので助かりますが、昔に比べるとだいぶ高くなっているそうです。

車がないととても生活は難しいので、高齢者ドライバーが多いのも欠点です。

部屋は広くてストレスは溜まりませんが、やはり家賃と給料のバランスが少し悪いと思います。

上記Uターン転職の体験談を見ても分かる通り、

・給料がやすい
・交通の便が悪い

という地方特有の悩みはある一方で、

・家族や友人とすぐに会える
・地元なので落ち着ける

というUターン転職ならではのメリットを享受できることがわかりますね。

メリットとデメリットを天秤にかけて、今のあなたにとって本当に大切なものは何か?もう一度自分に問いかけてみてください。

30代のUターン転職における転職先の探し方

Uターン転職の転職先企業の探し方としては、大きく分けて3つあります。

転職サイト
転職エージェント
ハローワーク
友人・知人の紹介

それぞれの探し方のメリットとデメリットを順番に詳しく見ていきましょう。

転職サイト

メリット
場所を問わず24時間自分のペースで求人を探すことができる
ハローワークや紹介に比べて企業規模が大きく条件の良い求人が多い
デメリット 企業情報収集は自力で行う必要あり
求人数が少ない

Uターン転職先企業の探し方としてまず真っ先に思い浮かぶのは、やはりインターネット上で求人を閲覧できる「転職サイト」でしょう。

転職サイトはどこにいても好きな時に好きな条件の企業を探せるため、都会で働きながらも地元の会社で働けるようなところはないか探すことができます。

ただその反面、転職エージェントやハローワークなどと比較するとやや求人数が少ないという面もあります。

日本最大級のNo.1求人数を誇る転職サイト「リクナビNEXT」で、実際にあなたの地元でどれくらいの求人があるのか探してみて頂けたらと思います。

リクナビネクストの評判は?マイナビ転職やエン転職と比較!

転職エージェント

メリット 一般には公開されていない「非公開求人」の紹介を受けることができる
面接日程の調整を代行してくれるため、多少無理な日程でも依頼しやすい
条件交渉を代行してくれるためより良い条件で転職できる可能性が高い
デメリット 求人の紹介を受けるまでに登録作業やキャリアアドバイザーとの面談などの手間が発生する
地方にしか拠点のないエージェントの場合は、基本的に電話でのサービス提供となり、対面でサービスを受けることができない

転職エージェントでは、一般の転職サイトには載っていないような非公開求人を取り扱っているので、転職サイトよりも多くの転職先を選ぶことができます。

企業とあなたの間にキャリアアドバイザーが介在して、年収の条件交渉や面接の日程調整などを代行で行ってくれるので、在職中でも効率よく情報収集することが可能です。

都会にいながらも地方の求人をキャリアアドバイザーに依頼することも可能なので、Uターン転職を行う上で最も効率的な情報収集の手段であることは間違いないでしょう。

地方ごとのおすすめ転職エージェントを下記で紹介しているので、ぜひあなたのお住いの都道府県でおすすめの転職エージェントを活用されてみて下さいね。

地方別おすすめ転職エージェント一覧まとめ【47都道府県別】

ハローワーク

メリット インターネットを利用して求人の閲覧、応募をすることができる
地方では採用をハローワークに依頼する企業が多い
デメリット 企業側にも費用が発生しないサービスのため採用費をかけられない企業が多く、良い条件の求人が少ない
相談員はいるがエージェントと異なり、条件交渉などは行ってくれない

ハローワークは地方の企業で求人を依頼している会社も多く、まだまだ活用の余地のあるサービスです。

ただし、拠点は基本的に地方にしかないため、都会で働きながら求人を探すことはなかなか難しいですし、キャリアアドバイザーのサポートもそこまで手厚くはありません。

友人・知人の紹介

メリット 地方では「人との繋がり」を重視する企業が多いため、4つの方法のうち1番内定率が高い
企業の内情まで情報収集ができる
デメリット 面接後の辞退や条件交渉が行いにくい
事前に確認を行わないと条件や待遇面が定まらないまま選考が進んでしまう可能性が高い

地方で転職するにあたって忘れてはならないのが「知人・友人の紹介」による転職先情報収集で、紹介された分通常の内定率よりも高まる傾向にあります。

ただし、紹介した側のメンツも保たなければならないため、言い出しにくい条件交渉や聞きにくいことを放置する傾向にあるというデメリットがあるでしょう。

30代のUターン転職まとめ

「いつかはUターン転職をしたい」と考えている人にとって、30代でUターン転職を行うことはベストなタイミングと断言できます。

転職先の情報収集を前述した方法でしっかりと行った上で、ぜひ「本当に地元に帰るべきか?」もう一度考えてみてください。

都会で過ごした時間や貴重な経験を武器に、30代でUターン転職を成功させましょう!

リクルートエージェントの特徴

非公開求人数170,000件以上

成功実績NO.1の充実したサポート

業界・職種の専門知識をもったキャリアアドバイザーの圧倒的サポート

PR

親身さがウリ!面談満足度の高い優良おすすめ転職エージェント

フリーター向け就職エージェントおすすめランキングTOP10

リクルートエージェントの評判口コミ!1000人に面談と求人を取材

就職Shopの評判!ブラック企業の求人しか紹介されない?

パソナキャリアに断られた!なぜ?断られない転職エージェント

【就職Shop vs DYM就職】口コミ評判!面談や求人の違いは?

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【全国版】47都道府県別のおすすめ転職エージェント一覧まとめ【随時更新中】

【業界別・職種・年齢別】おすすめ転職エージェントランキング【随時更新】

【面談満足度No.1】親身さがウリのMAP転職エージェントに取材インタビュー!

ビジネスマン向けファッション特集

あなたは大丈夫?【当サイト人気講座】

業界圧倒的No.1実績『リクルートエージェント』の評判口コミ面談場所別まとめ

リクルート運営のNo.1正社員就職支援『就職Shop』評判口コミまとめ決定版