リクルートエージェント・DODAなど転職エージェントの評判を徹底比較

menu

転職エージェントおすすめランキング.com

リクルートエージェント
▼転職者実績No.1のリクルートエージェント▼

転職エージェントの両面型と分業型の違いとメリットデメリット

転職エージェントに「分業型(片手型)」「両面型(両手型)」があることはご存じでしょうか?

今回は分業型・両面型、両方のエージェントでキャリアアドバイザーとして働いていた経験をもとにそれぞれの特徴やメリット・デメリットについて詳しく解説していきます。

転職エージェントを利用したことがない人や初めて転職活動をする人の中には「何それ?登録するのに関係あるの?」と思われる人も少なくないでしょう。

しかし、「分業型」と「両面型」の違いは、あなたが転職エージェントを選ぶ上で重要な項目になります。

分業型と両面型転職エージェントのメリット・デメリットを理解した上で、自分に合ったエージェントを選んで転職を成功させましょう!

転職エージェントおすすめランキング!1000人の評判比較

分業型転職エージェントの特徴

転職エージェントは企業と求職者の両方を相手にすることで成り立っていますが、企業側の担当者(RA)と求職者側の担当者(CA)それぞれ別々の人が担当する体制を敷いているのが「分業型」になります。

企業側と利用者側で担当が分かれている分業型は、主に大手転職エージェントが採用していることが多く、リクルートエージェントDODAマイナビエージェントなどが該当します。

では、RAとCAそれぞれの具体的な職務内容について解説していきましょう。

RA(アールエー)

リクルーティングアドバイザーとして求人企業の開拓を行う企業担当者側の営業で、通称RA(リクルーティングアドバイザー)と呼ばれています。

求人案件を獲得した後は、企業の採用担当者に対して求人情報のヒアリングを行ったり、求人票を作成したりします。

社内では、獲得した求人情報をCAに伝えるだけではなく、求職者へ求人の詳しい紹介や内定後の条件交渉を行うこともあります。

CA(シーエー)

求職者を担当するキャリアアドバイザーで、通称CAと呼ばれています。

キャリアカウンセリング、求人紹介、書類添削、面接対策…etc、転職活動を終えるまでのさまざまな場面で求職者をサポートすることが主な業務になります。

一般的に転職エージェントに登録して行われる面談カウンセリングについては、基本このCA(キャリアアドバイザー)が担当します。

もしあなたが転職活動者という立場で、転職エージェントの仕事内容そのものに興味がある場合は「転職エージェントになるには?おすすめ優良エージェントの特徴」を参考にされてくださいね。

分業型転職エージェントのメリット

では転職活動の際に、分業型エージェントを利用する利用者側のメリットはどのようなものがあるのか、解説して参ります。

求人数が多い

新しく転職者に紹介する求人企業の開拓には、法人側の営業力が必要不可欠となります。

前述の通りRAの仕事は求人企業の開拓が最大のミッションになりますので、法人営業力の高いRAが専門的に企業開拓を行うことで、求人を大量に獲得することが可能になります。

1人のRAは平均して100社ほどの法人を担当していますので、在籍しているRAが多ければ多いほど、エージェントが取り扱う求人数も多いということになります。

求人数重視の転職エージェントおすすめランキング

レスポンスが速い

企業担当と求職者担当それぞれが自分の担当領域に責任を持って働いていますので、分業型エージェントは速いレスポンスを受けられることもメリットの一つです。

例えば、紹介された求人企業の求人票に書いていない情報が知りたいと思った時、求職者であるあなたはCAに質問することになりますが、その内容をCAはRAに伝えて、RAが直接企業に質問し、すぐに回答を得ることが出来ます。

両面型だと、キャリアアドバイザーも複数の企業を担当していますので、すぐに対応してくれない(もしくはできない)ケースも多く、レスポンスの速さでは分業型が勝るでしょう。

手厚いサービスを受けられる

分業制のCAは求職者のみを担当していますので、担当する求職者に集中して向き合うことができるため、自ずと手厚いサービスを提供することが可能になります。

私も実際に、分業型・両面型両方のエージェントでキャリアアドバイザーを行っていた経験がありますが、両面型のエージェントではどうしてもお客様である企業側への対応を優先せざるを得ない場面が多々あります。

しかし、分業型のエージェントで働いていた時の方が求職者へ手厚いサービスを提供できていたと実際に感じますね。

親身さがウリ!面談満足度の高い優良転職エージェントランキング

分業型転職エージェントのデメリット

では次に、分業型転職エージェントを利用するデメリットについて詳しく見ていきましょう。

CAの企業理解力が不明

CAは求人企業への訪問やヒアリングは行わず、持っている情報はRAから聞いた求人情報や求人票に記載されている情報が全てになりますので、求職者に紹介する求人についても深くは知らないケースが多いです。

求人企業の雰囲気などもRAから話を聞いてイメージすることしかできませんので、求職者から企業に対する踏み込んだ質問をされても即答できない場合が多く、少し頼りなく感じてしまうかもしれません。

ヒアリングの質が下がる

連携経路が「求職者⇔CA⇔RA⇔企業」といった伝言ゲーム形式になりますので、両面型の「求職者⇔CA⇔企業」の場合に比べると、どうしても伝達の齟齬が起きやすくなり、情報伝達の質が劣ることになります。

あなたが「これってどうなんですか?」という曖昧な質問をした場合、CAが細かなニュアンスまで理解している場合は問題ありませんが、そうでない場合は勘違いした質問をRAに依頼してしまうことになります。

CAとRAの連携次第にはなりますが、企業に伝わるべき情報が伝わっていなかったり、あるいは企業の内情について得られるはずの情報がうまく得られなかったりすることもあります。

RAによるサービスの質に差が生じる

転職活動では一般的に2~3社もしくはそれ以上の複数の企業の選考を受けることが多いと思いますが、分業型の場合は応募する企業ごとにRAが異なりますので、担当のRAによってサービスの質が変わってきます。

例えば、A社の選考は日程調整もスムーズで、質問に対してのレスポンスも速く、安心して選考を進められているとします。

対してB社は日程調整に時間を要し、質問に対しての回答もピントが外れているとします。

この場合A社を担当するRAとは相性が良く、B社を担当するRAとは相性が合わないと感じると思いますが、担当のCAを変更することはできてもRAを変更することはできないので、サービスの質に差を感じながらも、選考を進めなければなりません。

面接が終わった後もエージェントから結果の連絡がこなかったりするのは、RAとCAの連携不足が原因の可能性が高いですね。

関連:転職エージェントから面接結果が届くまでの日数と連絡こない理由

両面型転職エージェントの特徴

前述した分業型に対して、企業側と求職者側の両方を同じ人が担当するのが「両面型(両手型)」のエージェントになります。

両面型は分業型のように大量の求人を取り扱うことはできませんが、企業の課題と求職者の課題に伝言ゲームが発生しない形となり、より精度の高いマッチングを行うことができます。

人手が少ないエージェントが採用することが多く、中小規模の転職エージェントの9割が両面型になります。

中小規模のエージェントでも、若手の転職に特化したMAPや、IT・ゲーム業界専門のギークリーなどは分業制を採用していますので、エージェントの規模で一括りにすることはできず、あくまでも企業の方針次第になります。

大手エージェントの中でも、パソナキャリアJACリクルートメントは両面型を採用していますので、大手転職エージェントで両面型を採用しているエージェントを希望している場合には、この2社がおすすめです。

関連:転職エージェントはいくつ併用がベスト?複数掛け持ちは伝えるべき?

両面型転職エージェントのメリット

では、両面型の転職エージェントを求職者側が利用するメリットについてお伝えして参りましょう。

企業へ深い知見がある

面談をしてくれる担当者が、紹介する求人企業へ実際に足を運んでいますので、求人企業への深い知見があり、分業型のように「紹介する企業のことはあまり知りません」といった心配はありません。

求職者であるあなたのことだけではなく企業側の雰囲気や課題も熟知していますので「あなたがその企業に本当に合っているのか」という深い部分まで考えることができ、企業側と求職者側の双方にとって精度の高いマッチングを実現することが可能です。

お互いの声が届きやすい

企業側と求職者側を同じ人が担当していますので、分業型のように情報連携の齟齬が生じることも基本的にはありません。

分業型のエージェントの場合は、どうしてもサービス内容が流れ作業のようになることがありますが、両面型では一人の担当者が責任を持って企業側と求職者側を担当しているので、流れ作業になることも起きにくく、あなたの声をダイレクトに企業に届けてもらえる可能性が高くなります。

ただしその分、転職エージェント内部で働く側の立場になってしまうと、残業が多くなったりいわゆる”ブラック”と呼ばれるような労働環境になってしまうこともあります。

参考:転職エージェントは激務でブラック?ホワイトな優良人材会社は?

きめ細かい対応を受けられる

両面型のエージェントは、基本的に「狭く深く」企業に潜り込み、分業型にない小回りの効くサービスの提供を得意としているので、求職者であるあなたに対してもきめ細かい対応を期待することができます。

例えば、内定後の条件交渉の段階で、分業型ではRAから「その年収は企業に打診できないから、もう少し条件を下げて」と言われた場合、CAはそれに従うしかありません。

しかし、両面型の場合はあなたの希望も企業の状況も理解していますので、お互いにとってベストな中間地点を探り、一人ひとりに合わせたきめ細かい対応を行うことができるのです。

両面型転職エージェント「パソナキャリア」面談の評判はコチラ

両面型転職エージェントのデメリット

では次に、両面型転職エージェントを利用するデメリットについて詳しく見ていきましょう。

求人数が限られてしまう

両面型のエージェントの場合、一人の担当者が企業側を対応できる時間に限りがありますので、分業型に比べると紹介してもらえる求人数が大幅に少なくなるというデメリットがあります。

得意とする業界や以前い従事していた業界など、キャリアアドバイザーによって求人が特定の分野に偏ってしまうことも多いです。

そのため、両面型を採用しているエージェントは専門特化型のエージェントである場合も多く、あなたが希望する転職先の分野とエージェントが強みとしている分野が合っていることが必須条件と言えるでしょう。

登録の段階でミスマッチがあると、後のサービスがどれだけ素晴らしくても意味がありませんので、登録する段階のエージェント選びが非常に重要になります。

【業界・職種別】おすすめ転職エージェント一覧

日程調整がスムーズにできない

分業型の場合は複数社の日程調整を担当のCAに一括で委ねることができますが、両面型の場合は応募する企業ごとに担当者が異なりますので、1社につき1人のキャリアアドバイザーと日程調整を行う必要があり、煩わしく感じることがあります。

エージェントによっては日程調整を専門とするアシスタントがついていて、一括で対応してくれる場合などもありますので、複数社の選考を受けようと思っている場合には、事前に日程調整の方法について確認しておくと安心できますね。

担当者と連絡がつきにくい

分業型のCAと比較すると企業側も求職者側も一人で両方を担当する両面型のCAは非常に忙しく、求職者に割ける時間に制約が発生してしまいます。

分業型のエージェントではCAは社内に常駐していますので、いつでもすぐに連絡を取ることができ、対面でサポートを受ける面接対策などの予約も取りやすいことがメリットです。

しかし両面型では、日中は企業対応のために外出していることが多いため、連絡がつきにくく、対面サポートの予約も取りにくいということが発生してしまうこともあるでしょう。

分業型と両面型の転職エージェントどっちがいい?

ここまで両面型と分業型の転職エージェントの特徴について詳しく見て参りましたが、それぞれのエージェントにメリット・デメリットがあることがわかったかと思います。

そのため、理想のエージェントの選び方としては「分業型と両面型のエージェント1社ずつに登録してみて実際に利用しながら比較してみる」という使い方がベストです。

転職エージェントは何社利用しても一切お金はかからないですし、転職活動が上手く行っている人ほど複数社のエージェントを上手く併用しているというデータも出ています。

参考:転職エージェントは何社併用がベスト?→「●社」

片手型と両手型エージェントの代表としてそれぞれ1社ずつ指名すると、下記のエージェントをそれぞれ利用してみるべきでしょう。

分業型(片手型)エージェント リクルートエージェント
両面型(両手型)エージェント パソナキャリア

転職エージェントを上手く活用して、あなたの転職活動が上手くいくことを心から応援しています。

リクルートエージェントの特徴

非公開求人数170,000件以上

成功実績NO.1の充実したサポート

業界・職種の専門知識をもったキャリアアドバイザーの圧倒的サポート

PR

転職エージェントおすすめランキング!1000人の評判比較

フリーター向け就職エージェントおすすめランキングTOP10

リクルートエージェントの評判口コミ!1000人に面談と求人を取材

就職Shopの評判!ブラック企業の求人しか紹介されない?

パソナキャリアに断られた!なぜ?断られない転職エージェント

【就職Shop vs DYM就職】口コミ評判!面談や求人の違いは?

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【全国版】47都道府県別のおすすめ転職エージェント一覧まとめ【随時更新中】

【業界別・職種・年齢別】おすすめ転職エージェントランキング【随時更新】

【面談満足度No.1】親身さがウリのMAP転職エージェントに取材インタビュー!

ビジネスマン向けファッション特集

あなたは大丈夫?【当サイト人気講座】

カレンダー

2018年6月
« 5月   7月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

業界圧倒的No.1実績『リクルートエージェント』の評判口コミ面談場所別まとめ

リクルート運営のNo.1正社員就職支援『就職Shop』評判口コミまとめ決定版