リクルートエージェント・DODAなど転職エージェントの評判を徹底比較

menu

転職エージェントおすすめランキング.com

リクルートエージェント
▼転職者実績No.1のリクルートエージェント▼

転職エージェントをおすすめしない・意味ない・いらない理由は?

転職エージェントに対しておすすめしない・意味ない・いらないと否定的な印象を持たれている方に、その理由を明確にお伝えして参ります。

転職市場でメジャーな存在となっている転職エージェントは、求職者は無料で求人紹介や面接対策などのサービスを受けられることができて非常に有益なサービスです。

しかし、そんな便利な転職エージェントですが転職活動を行う全ての人に「おすすめできる」と言い切ることはできません。

皆さんが気になっている転職エージェントを利用しない方がいいケースや、おすすめできない理由についてご紹介しますので、転職エージェントを利用した転職活動と利用しない転職活動、どちらがあなたに合っているのか考えるヒントになれば幸いです。

転職エージェントをおすすめしない・意味ない・いらない理由

それでは早速、転職エージェントをおすすめしない・意味ない・いらないと言われる理由について解説して参りたいと思いますが、理由は大きく分けて4つに分類されます。

それぞれ詳しく見て参りましょう。

理由①:言葉巧みに転職を誘導させられてしまうことがある

求職者は転職エージェントのサービスを無料で受けることができますが、エージェントはどこから収益を得て経営を成り立たせているのかというと『企業からの報酬(提示年収の約30%)』です。

参考:転職エージェントは無料で使える?利益はどこから?仕組みを解説

あなたがエージェントを利用して転職することで初めてエージェントは報酬を受け取れることになりますので、中には言葉巧みに誤った企業へ誘導させられてしまうことも考えられます。

求職者の担当者であるキャリアアドバイザーはそれぞれ会社からノルマを課せられていますので、自身のノルマを達成させるために、求職者をどうにか転職させようと考えるのです。

口車に乗せられて自分の意向に沿わない転職をしてしまわないよう、十分に気を付ける姿勢が重要です。

キャリアアドバイザーの対応姿勢については、利用する転職エージェントによって大きく異なる部分が大きいので、対応が親身と定評のある優良おすすめ転職エージェントを利用するようにしましょう。

理由②:転職市場価値が低い場合、求人の紹介を受けられないケースがある

転職エージェントを利用して採用活動を行う企業は高い報酬を払ってでも「いい人を採用したい」と思っていますので、それだけ応募者に求める条件も高いものになってきます。

具体的には、下記条件にあてはまる場合は転職市場価値が低いため「企業に紹介できる人材ではない」と判断され、求人の紹介やエージェントの登録自体を断られてしまうケースがあります。

転職回数が非常に多い

離職期間が長い

社員での就業経験がない

高齢である

現年収が300万円以下

参考:転職エージェントに断られる理由は?断られない転職エージェント

しかし現在は、就業経験の有無に関わらず登録ができるエージェントなど、さまざまなコンセプトのエージェントが続々と参入してきていますので、自分の条件に合ったエージェントを見つけることができればサービスを受けることは可能です。

断られる可能性が最も低いのは、業界最大手でNo.1の求人数を誇る
リクルートエージェントなので、ぜひまずは利用を検討してみることをオススメします。

リクルートエージェント利用者の評判口コミはコチラ

↓リクルートエージェントの登録はコチラ
リクルートエージェント

理由③:エージェントとの関係に悩まされることがある

転職エージェントを利用することになると、専属のキャリアアドバイザーと二人三脚で転職活動を進めていくことになりますが、「キャリアアドバイザー」といっても人間ですので、相性の良し悪しが必ず出てきます。

それだけではなく、レスポンスの速度に悩まされたり、厳しいアドバイスを受けることで余計に悩むことになってしまったり、とエージェントを利用すること自体がストレスとなってしまうケースもあります。

ただでさえ大変なことも多い転職活動ですので、余計なストレスは抱えたくないですよね。

担当者と「合わない」と感じた場合には、担当者の変更を申し出ることも可能ですので、我慢せずに申し出てみましょう。

参考:転職エージェントの担当者を変更(セレクト)する際の注意点

理由④:転職を希望する企業が決まっている場合

エージェントが取り扱っていない企業へ転職を希望している場合は、登録する理由がありません。

エージェントを利用して採用活動を行うと多額の報酬を支払う必要が出てきますので、特に創業間もないベンチャー企業や個人事務所などは、エージェントや転職求人サイトを介さずに、コーポレートサイトやSNSで採用活動を行っているケースが多くあります。

上記のような企業に転職したいと考えている場合は、転職エージェントへ登録しても時間を割くだけの結果となってしまいますので、エージェントは利用せずに自己応募で転職活動を進めていきましょう。

関連:転職エージェント経由と直接応募はどっちが選考に受かりやすい?

転職エージェントがおすすめなのはこんな人!

前述の①~④に当てはまらず、特に「転職したい特定の企業が決まっていない場合」には、転職エージェントの活用をおすすめします。

転職エージェントが取り扱っている求人の内、およそ80%は一般には公開されていない「非公開求人」と呼ばれるものになります。

非公開求人はエージェントが企業から独占的に依頼を受けて取り扱っている求人になりますので、エージェントに登録しないと入手できないような企業の内情について知ることもできます。

また、市場に出回ることの少ない新規事業立ち上げポジションや特殊な業界・職種の求人に出会える可能性もあります。

求人の紹介だけではなく、書類添削・面接対策・条件交渉など、転職活動の全てにおいてサポートを受けることができますので、転職活動を初めて行う方にもぜひ活用していただきたいサービスです。

これまでご紹介した内容を参考に、転職エージェントが自分にとってどのようなメリット・デメリットがあるか考えた上で利用を検討しましょう。

数ある転職エージェントの中でもおすすめはリクルートエージェントで、業界最大の求人数を誇り他の転職エージェントと比較しても圧倒的な求人を保有しているので、まずエージェントの利用を考えたらリクルートエージェントを利用しましょう。

リクルートエージェントの特徴

非公開求人数170,000件以上

成功実績NO.1の充実したサポート

業界・職種の専門知識をもったキャリアアドバイザーの圧倒的サポート

PR

転職エージェントおすすめランキング!1000人の評判比較

フリーター向け就職エージェントおすすめランキングTOP10

リクルートエージェントの評判口コミ!1000人に面談と求人を取材

就職Shopの評判!ブラック企業の求人しか紹介されない?

パソナキャリアに断られた!なぜ?断られない転職エージェント

【就職Shop vs DYM就職】口コミ評判!面談や求人の違いは?

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【全国版】47都道府県別のおすすめ転職エージェント一覧まとめ【随時更新中】

【業界別・職種・年齢別】おすすめ転職エージェントランキング【随時更新】

【面談満足度No.1】親身さがウリのMAP転職エージェントに取材インタビュー!

ビジネスマン向けファッション特集

あなたは大丈夫?【当サイト人気講座】

カレンダー

2018年5月
« 4月   6月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

業界圧倒的No.1実績『リクルートエージェント』の評判口コミ面談場所別まとめ

リクルート運営のNo.1正社員就職支援『就職Shop』評判口コミまとめ決定版