リクルートエージェント・DODAなど転職エージェントの評判を徹底比較

転職エージェントマニア.com

転職エージェントの使い方

転職エージェントの面談を喫茶店で行うケースは?優遇されてる?

更新日:

今回は、あなたがオフィス以外の喫茶店やラウンジなどで面談を提案された理由が分かる5つのケースと、面談前に知っておきたいポイントについてご説明します。

転職エージェントに登録した後のセカンドステップとして、キャリアアドバイザーとの面談(キャリアカウンセリング)を行いますが、面談場所として喫茶店ホテルのラウンジを提案されたことはありませんか?

求職者が転職エージェントのオフィスに出向いて面談を受けるのが一般的ですが、キャリアアドバイザーが求職者の都合に合わせて出張面談を行うケースもあるのです。

では、なぜ自分が喫茶店での面談を提案されたのか?気になる方はぜひご参考ください。

転職エージェントの面談を喫茶店で行うケース

転職エージェントの面談を喫茶店やラウンジなどで行うことを提案される理由として、以下5つのケースに該当する可能性が高いでしょう。

あなたが転職市場で価値の高い人材だから

あなたの経歴を確認したキャリアアドバイザーがあなたが転職市場で価値の高い人材だと判断した場合は、競合他社にあなたを奪われないよう一刻も早く会うために喫茶店やホテルでの面談を提案します。

通常はオフィスで面談を行っているエージェントに喫茶店での面談を提案された場合は、優遇されていると考えて良いでしょう。

あなたが希望する来社日程が先過ぎるから

いろいろな事情でオフィスに出向ける日程が2週間以上後など先の日程になってしまう場合、「では、ご自宅や勤務地の近くで面談を行うのはいかがですか?」と提案されることがあります。

これは、この期間であなたの転職におけるモチベーションが下がってしまうことを懸念したりや他社への流出を防ぐことが目的とされています。

「ヘッドハンティング型」のエージェントだから

登録型のエージェントとは異なり、企業の要望に適う人物を見つけ出してコンタクトを取り、転職を打診するという進め方になるため、キャリアアドバイザー自らが意中の人材に会いに行く必要がありますので、喫茶店での面談を提案されます。

★Check‼︎★

ヘッドハンターとの面談時の服装は私服ではなく、スーツがやはり無難です。

しかし、私服の職場であったり、どうしても私服ではないとまずい場合は、「今日はこういう服装で失礼しますが、宜しいでしょうか?」という一言を事前に聞いておけるとマナー的に◎でしょう。

ヘッドハンターと求職者の関係性はあくまでもビジネスシーンなので、髪型や姿勢など最低限清潔感のある印象を持ってもらう意識は必要です。

「中小規模」のエージェントだから

中小規模のエージェントの中には、自社オフィスに面談スペースが設けられていなかったり、駅からのアクセスが悪い場所にあったりするため、どの求職者に対しても喫茶店で面談を行うことを基本としているエージェントもあります。

「専門職特化型」のエージェントだから

医師など人材採用の需要が非常に高くなっている職種を専門としているエージェントの場合、喫茶店での面談に止まらず、求職者が希望する全国各地へ出向いて面談を行うこともあります。

しかし、ごく一部のエージェントや職種に限りますので、喫茶店での面談を提案された場合も、基本的にはキャリアアドバイザーが電車で移動できる範囲を指定するのが常識的でしょう。

関連:【業界・職種別】おすすめ転職エージェント一覧まとめ

Check!

転職エージェントとの面談は基本的にエージェント社内に設けられているブースで行われることがほとんどですが、今回のように喫茶店やラウンジなどで行われる場合、気になるのが「服装」です。

転職活動における"企業との面接(選考)"については、言わずもがなスーツ着用は必須ですが、エージェントとの面談にスーツは必要なのでしょうか?

面談の際の服装などの情報については下記でまとめていますので、ぜひ併せてご参考いただければ幸いです。

転職エージェント面談の服装はスーツ?準備すること一覧

喫茶店で行う面談の飲食代費用負担は?

飲食代の負担はエージェント側が行います。

キャリアアドバイザーのポケットマネーではなく、会社の経費として支払っていますので、そこは気にせずにお会計の後に「ありがとうございます」と一言添えておけば問題ありません。

希望すれば初回面談を喫茶店で行ってもらえる?

エージェントの考え方やあなたの転職市場における価値次第ではありますが、中小規模のエージェントでは希望すれば柔軟に対応してもらえるケースもあります。

しかし、喫茶店やラウンジなどでの面談を提案しても断られる可能性は十分にありますので、そこは覚悟しておきましょう。

また、どうしても出向くこともできず喫茶店での面談も断られた場合は、「電話面談」を行っているエージェントもありますので、電話面談が可能かどうか確認してみることをお勧めします。

転職エージェントの電話面談の評判・口コミ・体験談まとめ

もしどうしても喫茶店やラウンジで面談を受けたいという場合は、ビズリーチキャリアカーバーのようなヘッドハンティング型エージェントの登録がお勧めです。

ビズリーチの特徴

年収600万円以上の方の支持率No.1

年収1000万円以上のハイクラス求人多数

ヘッドーハンターによるスカウト機能!

リクルートエージェントの特徴

非公開求人数170,000件以上

成功実績NO.1の充実したサポート

業界・職種の専門知識をもったキャリアアドバイザーの圧倒的サポート

-転職エージェントの使い方

PR

親身さがウリ!面談満足度の高い優良おすすめ転職エージェント

フリーター向け就職エージェントおすすめランキングTOP10

既卒の就職エージェントおすすめランキング【既卒就活生必見】

就職Shopの評判!ブラック企業の求人しか紹介されない?

パソナキャリアに断られた!なぜ?断られない転職エージェント

【就職Shop vs DYM就職】口コミ評判!面談や求人の違いは?

Copyright© 転職エージェントマニア.com , 2019 All Rights Reserved.