リクルートエージェント・DODAなど転職エージェントの評判を徹底比較

転職エージェントマニア.com

業界別転職エージェント

広告業界の転職エージェントおすすめ10選!広告人材の転職必勝法

更新日:

広告業界の転職に強いおすすめの転職エージェントと、転職エージェントを利用した広告業界への転職必勝法について詳しくお伝えしていきます。

クリエイティブで華やかなイメージがある広告業界は、転職市場の中でも依然トップを争う人気の業界です。

人気が高いだけに転職も難しいと考えている方も多いのではないでしょうか。

個人で活動するにはハードルの高い広告業界への転職も、転職エージェントを活用すれば成功の可能性が広がります!

現在広告系の会社に勤めていて転職を検討されている方も、現在は別業界で勤めていて広告業界への転職を希望されている方もぜひご参考頂ければ幸いです。

広告業界の転職に強いおすすめ転職エージェント

★広告業界に強い転職エージェントランキング早見表★

第1位:リクルートエージェント 広告業界求人数No.1

第2位:doda クリエイティブ職種に強い

第3位:マイナビエージェント WEB広告系に強い

広告転職エージェント①:リクルートエージェント

第1位:リクルートエージェント

リクルートエージェントの特徴

転職する人の8割が利用!

広告業界の求人数10,000件以上!(※業界1位)

成功実績NO.1の充実したサポート

リクルートエージェントは広告業界への転職を希望している人にとってNo.1の国内最大手転職エージェントです。

2019年3月現在の広告業界の求人数は約10,000件(内、*非公開求人8,500件)と、これだけの求人を保有している転職エージェントはリクルートエージェントだけと言っても過言ではないでしょう。

リクルートエージェントだけが保有している求人案件や、企業から「こんなスキルを持っている人を探して欲しい」という依頼を受けて、リクルートエージェントが保有している非公開求人の数は圧倒的です。

『非公開求人』はキャリアアドバイザーとの面談後に開示していただける求人案件となりますので、紹介してもらうためにはぜひ登録してみてください。

↓リクルートエージェントの登録はコチラ
リクルートエージェント

また、広告業界の中でもリクルートマーケティングパートナズやリクルートライフスタイル等、リクルートホールディングスのグループ企業の求人数も圧倒的No.1の転職エージェントです。

あなたの経歴を活かせる、とっておきの求人が見つかる可能性は非常に高いです。

広告業界の求人数 約10,000件 No.1
面談場所 北海道(札幌)、宮城(仙台)、栃木(宇都宮)、埼玉(大宮)、千葉(千葉)、東京(丸の内・立川)、神奈川(横浜)、静岡(静岡)、愛知(名古屋)、大阪(梅田)、神戸(三宮)、京都(四条)、岡山(岡山)、広島(八丁堀)、福岡(天神)
運営会社 株式会社リクルートキャリア

リクルートエージェント評判口コミ

一人での転職活動では限界があり、希望する仕事が見つからない中、リクルートエージェントを通して多くの求人を紹介していただきました。

非公開の案件がいくつもあり、とても魅力的な案件が多かったです。

また、担当キャリアアドバイザーが客観的に私を分析してくださり、私に合うであろう仕事をピックアップしてくれて、一人では考えもしなかった可能性を感じさせてくれました。

結果的に内定を獲得することもできたので、利用して良かったです。

▶︎リクルートエージェントの申し込みはコチラ

広告転職エージェント②:doda

第2位:doda

dodaの特徴

転職者の利用満足度No.1!

広告業界の求人数6,000件以上!(※業界2位)

業界別専任のキャリアアドバイザー

dodaは毎年就職人気ランキング上位を争うNo.1大手広告代理店をはじめとする、大手広告業界の求人を多数保有している転職エージェントです。

2019年3月現在、dodaが保有する広告業界の求人数は約6,000件で、営業・企画職(それぞれ約1,000件)とほぼ同数のクリエイティブ職(約1,100件)の求人案件を保有していることが特徴です。

中には未経験OKのクリエイティブ職もたくさんありますので、異業種から転職したい方もまずはdodaに登録することで転職先の選択肢がグッと広がるでしょう。

↓dodaの登録はコチラ

また、dodaを利用すれば個人で活動するだけでは得られない業界の知識や、面接に通過し易くなるポイントも教えてもらえます。

企業に対して、自分の経験をどうアピールしていくか、キャリアアドバイザーと共に考えていきましょう。

広告業界の求人数 約6,000件
面談場所 北海道(札幌)、宮城(仙台)、東京(丸の内)、神奈川(横浜)、愛知(名古屋)、大阪(梅田)、神戸(三宮)、京都(京都)、広島(神屋町)、福岡(天神)
運営会社 パーソルキャリア株式会社

doda利用者の評判口コミ

前職が少人数の個人事務所ということもあり、デザイナーの仕事柄休日出勤や徹夜残業が多く、昼休憩のときでも仕事に追われていたため、中々求人を自分で探す時間がありませんでした。

しかしdodaに登録しておくと、毎日マッチした求人かどうかは置いておいて、メールで必ず紹介してくれたり企業からのスカウトを知らせてくれました。

また、担当キャリアアドバイザーには履歴書や職務経歴書の添削にポートフォリオ作成のコツ、面接前には面接対策などをして頂きました。

面接後にはいつ頃に採用可否の連絡をもらえるかの確認や内定までの細かなフォロー、給与交渉や聞きづらいこと・入社日まで代役として内定企業に聞いてもらえたので本当にありがたかったです。

▶︎dodaの申し込みはコチラ

広告転職エージェント③:マイナビエージェント

第3位:マイナビエージェント

マイナビエージェントの特徴

驚異の書類選考通過率50%!

求人を厳選して紹介してもらえる!

親身な対応で面談満足度が高い!

広告業界の転職に強いおすすめの転職エージェント3番手はマイナビエージェントです。

2019年3月現在、マイナビエージェントが保有する広告業界の求人数は約800件と前述の2社と比べると少ないように見受けられるかもしれませんが、Web広告業界の求人数は約600件と非常に多く保有しています。

誰もが知るWEB系大手企業の人気企業案件も多数保有しているので、Web広告業界への転職を目指すあなたにおすすめの転職エージェントです。

また、マイナビエージェントのキャリアアドバイザーは業界別の専任制であることが特徴です。

広告業界出身者も数多く在籍しているため、各企業とも太いパイプがあり、現場の実情などエージェントを介在しないと知り得ないような情報を聞くこともできます

広告業界の求人数 約1,000件
面談場所 東京(八重洲・京橋)、神奈川(横浜)、愛知(名古屋)、大阪(梅田)、福岡(天神)
運営会社 株式会社マイナビ

マイナビエージェント評判口コミ

私自身は広告業界の営業職が好きな仕事だったので、転職後も営業職につきたいと思っていました。

マイナビエージェントを知って登録をし、転職情報を閲覧してみたところ、自分ひとりで検索してみた内容とは比べ物にならないくらいの量の転職情報がでてきました。

エージェントの方と連絡をとり、面談をし、希望の会社の面接までこぎつけていただくことができました。

その結果今では、自分の理想の条件に合った会社に勤めることができ満足しています。

▶︎マイナビエージェントの申し込みはコチラ

広告転職エージェント④:パソナキャリア

第4位:パソナキャリア

パソナキャリアの特徴

求人数40,000件以上(※業界3位)

圧倒的親身な対応に定評あり!

全国に面談拠点あり!

業界トップクラス約1万6,000件の求人を取り扱うパソナキャリアは、東京・大阪・名古屋などエリア毎に高い専門性を持つ専任のキャリアアドバイザーによる手厚いサポートに定評のある総合型転職エージェントです。

広告業界の求人情報は約260件で、電通グループや読売広告社など大手企業の求人の取り扱いが多いことが特徴で、パソナキャリアで取り扱っている求人の80%以上が一般には公開されていない非公開求人です。

つまりWeb上で確認できる260件の求人の他にもエージェントサービスに登録することで一般には公開されていない質の高い求人紹介を受けることができます。

キャリアアドバイザーのサポート力を求めている方や、質の高い求人をお探しの方におすすめのエージェントです。

広告業界の求人数 約800件(※非公開求人含む)
面談場所 札幌・東京(大手町)・横浜・静岡・名古屋・大阪・広島・福岡・沖縄
運営会社 株式会社パソナ

パソナキャリア評判口コミ

私はDTPオペレーターとして、IllustratorやPhotoshopを使い広告の作成補助などを担当していました。

派遣ですので、割り振られた作業を日々黙々とこなすばかりで、その業務の進行などを総合的に決定する権限もありませんでした。

仕事にやりがいを感じていなかった私は、パソナキャリアを使い転職することにしました。

今抱えている仕事に対しての不満を営業の方に伝えると私の業務経験などを踏まえ、自身で業務の進行を総合的にできる職場を紹介していただきました。

担当キャリアアドバイザーの方に支援していただき、今の企画営業の仕事ができていることに非常に満足しています。

▶︎パソナキャリアの申し込みはコチラ

広告転職エージェント⑤:ワークポート

↓ワークポートの登録はコチラ

ワークポートは幅広い分野を取り扱う総合型転職エージェントの中でも特に、IT・Web広告業界に強みのあるエージェントです。

広告業界の求人情報は約590件で、営業や企画・マーケティング系・エンジニア・管理・事務など、幅広い職種の求人を取り扱っていますが、特にITエンジニアやゲーム関連、Webディレクターなどの求人が充実しています。

Web広告業界の転職市場に関する知識が豊富なIT・Web業界出身の転職コンシェルジュが多く在籍していますので、変化の激しいWeb広告業界に転職を検討されている方にとっては、トレンド情報を含めたキャリアアドバイスは参考になる筈です。

広告業界の中でもWeb広告業界やエンジニア職を目指す方におすすめです。

pc_orderbutton53_gothic

広告転職エージェント⑥:Spring転職エージェント

↓Spring転職エージェントの登録はコチラ

Spring転職エージェントは世界No.1の総合人財サービス企業アデコグループが運営する、グローバルネットワークに強みのある転職エージェントです。

広告業界の求人取り扱い数は700件以上に上り、日系大手企業の求人はもちろんのこと、外資系企業の求人情報も豊富に取り扱っています。

未経験を歓迎する求人は比較的少なく、経験や高いスキルが求められる代わりに年収800万円以上など、ハイクラス向けの求人が多いことも特徴です。

語学力を活かして外資系企業に転職を検討している方や、キャリアアップを目的とした転職を検討している方におすすめのエージェントです。

pc_orderbutton53_gothic

広告業界に特化した転職エージェントおすすめ4選

ここまでは統合型大手エージェントのおすすめ6選を紹介してきましたが、次に広告業界特化型の転職エージェントを紹介していきます。

広告転職エージェント①:広告転職.com

広告転職.comは広告・Web業界に特化した業界最大級の転職エージェントで、大手広告代理店から様々な職種まで数多くの求人を取り揃えています。

取引企業は約5,000社あり、広告・Web業界大手企業への転職実績が多数あります。

業界特化型のエージェントだからこそ、企業との人事部とのリレーションもしっかりしています。

広告転職.comでしか取り扱っていない独占求人も多数保有ありますので、そのあたりもおすすめできるポイントですね。

広告転職.comの公式HPはコチラ

広告転職エージェント②:マスメディアン

マスメディアンは、広告界専門の出版と教育事業で、60年以上の歴史を持つ「宣伝会議」グループの転職エージェントです。

4万人を超える転職支援のノウハウを受け継いだ広告業界に精通したコンサルタントが数多く在籍しています。

取り扱い企業は電通、博報堂、幻冬舎メディアコンサルティング、サイバーエージェント等の大手企業からスタートアップの企業まで様々な企業の求人を取り扱っています。

マスメディアンの公式HPはコチラ

広告転職エージェント③:Symphoneed

Symphoneedは、年間7,000名超のWeb・広告業界への転職を目指す方の支援を行っている転職エージェントです。

Symphoneedのコンサルタントは企業の代表や役員等、決定権を持った責任者とのリレーションを築いているからこそ、アンマッチを起こさない企業と人とのマッチングが叶います。

Web・広告業界の大手企業はもちろん、まだ一般的には知られていない成長企業の求人案件も数多く取り揃えています。

Symphoneedの公式HPはコチラ

広告転職エージェント④:CREEK&REVER

CREEK&REVERが運営するクリエイターのための求人情報サイトCREATIVEJOB(クリエイティブジョブ)では、放送事業会社や大手印刷会社、大手総合広告代理店グループ会社等広告業界の求人を約980件取り扱っています。

正社員に限った求人情報サイトではありませんので、全求人の内、正社員の求人は半数の約500件で、その他の50%弱は請負契約や派遣社員など、さまざまな雇用形態の求人が掲載されています。

広告業界以外にも、出版・Web・モバイル・ゲーム・アミューズメント・アニメなど、さまざまな業界のクリエイティブ職種を完全網羅するクリエイターのための求人情報が掲載されています。

正社員という働き方にこだわらず、クリエイターとして自分の能力を活かせる仕事をお探しの方におすすめのサイトです。

▶︎CREEK&REVERの公式HPはコチラ

広告業界に異業種から転職する際の違いや注意点

みなさんは広告業界にどんなイメージを持たれているでしょうか。

華やか、クリエイティブ、残業が多そう、忙しそう、等がよく考えられているイメージです。

しかし、どんな仕事でも言えることではありますが、広告業界も泥臭い仕事の積み重ねでみなさんが日々目にする広告が作られています。

また、「忙しそう」というイメージについてですが、社内外問わずやり取りが多く発生する業界のため、スケジューリング能力の有無次第で大幅に変わってくる部分でもあります。

残業時間についてはどの企業も以前に比べて改善されていますので、プライベートと両立しながら勤務することは十分可能といえるでしょう。

「決められた時間で決められた仕事をしたい」という考えの方にはあまり向かない業界になりますので、自分の望む働き方を見つめ直して広告業界で働いていけそうかこの機会に考えてみるのもいいですね。

広告業界での転職を成功させるコツやポイントは?

広告業界は2018年現在も市場の拡大は止まること無く、Web広告とセールスプロモーション広告が業界の成長を牽引しています。

大手総合広告代理店は中途採用を毎年コンスタントに実施し、最近では第二新卒層にも枠を広げ始めています。

前述のWeb広告とセールスプロモーション分野では求人数が年々右肩上がりで伸び続けており、業界未経験歓迎の募集職種は、企画・営業職からプランナー・制作ディレクターなどのクリエイティブ職まで、多岐に渡っています。

選考のポイントとしては、企画提案力、柔軟な発想力、トレンドへの興味・関心などクリエイティブな視点が挙げられます。

応募する際には前職の業界を問わず、企画提案力、マーケティング力、プロジェクト実績など、広告業界にも通じる点をアピールしていきましょう。

市場の拡大に伴い求人数も増えている今、今後も市場拡大が見込める広告業界への転職を果たせれば、将来的なキャリアアップを狙える可能性も広がることでしょう。

広告業界に強い転職エージェントを120%活用するコツ

今回紹介した広告業界に強い転職エージェントを120%有効活用するための方法を4つに分けて解説して参ります。

複数の転職エージェントを活用する

転職エージェントは基本的には無料で利用できるサービスですので、1社だけではなくぜひ複数社に登録しましょう。

エージェントによって取り扱い求人が異なるだけではなく、複数のエージェントと面談することで他のサービスと比較して自分に最適なエージェントを選ぶことができます。

また、各エージェントには「求人数が多い」、「書類添削・面接対策が充実している」、「業界専門知識が豊富」など、それぞれ異なった強みがありますので、複数のエージェントを利用することによって、それぞれのエージェントが得意とするサービスを同時に利用できるメリットも生まれます。

キャリアアドバイザーとの相性を重視する

キャリアアドバイザーとの相性は、転職エージェントを活用した転職活動の成功を左右すると言っても過言ではありません。

あなたを直接サポートしてくれるのは転職エージェントの会社ではなくキャリアアドバイザーで、キャリアアドバイザーといっても一人の人間に変わりはありませんので、自分に合う人かどうかが非常に大切です。

事前に判断することは難しいですが、面談で質問をしてみたり、コミュニケーションを取る中で自分に合ったキャリアアドバイザーであるかどうかを判断しましょう

相性が合わないと感じた場合は、どのエージェントでもキャリアアドバイザーの交代を受け付けていますので、相性の良い担当者へ交代してもらい、ストレスのない状態で転職活動を進めましょう。

求人案件数と質のバランスを考える

エージェントによって保有する求人の数は大きく変わります。

一見すると多くの求人案件を扱っているエージェントが優れているかのような印象を受けますが、実は一番大切なポイントは「数と質のバランス」です。

いくら取り扱い求人数が多くても、質の低い求人ばかりでは応募したいと思える求人が出てくるまで時間がかかりますし、質が高くても数が極端に少なければチャンスが限られてしまいます。

判断が難しい場合には、「非公開求人」の数や割合に注目するのもいいでしょう、非公開求人が多ければ多いほど、それだけ質の高い特別な求人情報を持っているエージェントということになります。

レスポンスは「早め」を意識!転職への熱意を伝える

転職エージェントは、転職希望者が求人企業に入社して初めて報酬を得られるビジネスモデルです。

転職希望者は無料で利用できる非常に便利なサービスですが、エージェントを運営している会社は非営利企業ではありませんので、企業としては常に利益を追求して活動しています。

ですので、転職に対して「やる気のない」転職希望者よりも、「熱意を感じる」転職希望者の方が内定に結びつく可能性が高いと判断され、優先的にサポートしてもらえるようになります。

連絡に対するレスポンスの早さも同様に、キャリアアドバイザーのやる気を左右するポイントになりますので、転職を決意した後は、最大限のサポートを受けられるように「絶対に転職を成功させたい!」という熱意を伝えられるような行動を心掛けましょう。

広告業界に強いおすすめ転職エージェントの選び方

広告業界の転職を希望しているのであれば、転職エージェントの選び方として総合型エージェントと広告業界特化型エージェントにそれぞれ1社ずつ登録してみましょう。

総合型転職エージェントはリクルートエージェントがダントツでおすすめです。
総合型エージェントは様々なジャンルや業種の求人情報を取り扱っているため、広告業界に限らずにまずは転職の準備を進めたい方、どんな職種にしようかまだ悩んでいる方にもおすすめできます。

また、企業の選考に通過するための書類選考対策や面接対策セミナーなど豊富なコンテンツが用意されているのも大手エージェントならではの強みと言えますね。

ただし、リクルートエージェントのキャリアアドバイザーは人によっては「対応が冷たい」「事務的」と感じることも少なくありませんので、そのような場合はdodaを活用するのがおすすめです。

dodaはリクルートエージェントと同規模のエージェントであることに加えて、キャリアアドバイザーの親身な対応に定評があるので、利用者の満足度も高いエージェントです。ぜひあなたに合ったキャリアアドバイザーを見つけて、目標である広告業界への転職を成功させましょう。

dodaの特徴

求人数120,000件以上(※業界最大級)

転職満足度No.1の親身な対応!

北海道~九州全国に面談拠点あり!

リクルートエージェントの特徴

非公開求人数170,000件以上

成功実績NO.1の充実したサポート

業界・職種の専門知識をもったキャリアアドバイザーの圧倒的サポート

-業界別転職エージェント

PR

親身さがウリ!面談満足度の高い優良おすすめ転職エージェント

フリーター向け就職エージェントおすすめランキングTOP10

【リクルートエージェントvsdoda】違いを徹底比較【どっち?】

就職Shopの評判!ブラック企業の求人しか紹介されない?

パソナキャリアに断られた!なぜ?断られない転職エージェント

【就職Shop vs DYM就職】口コミ評判!面談や求人の違いは?

Copyright© 転職エージェントマニア.com , 2019 All Rights Reserved.