リクルートエージェント・DODAなど転職エージェントの評判を徹底比較

menu

転職エージェントおすすめランキング.com

PR

既卒の就活で大手企業から内定をゲットした"全過程"を徹底解説

【リクルートエージェント】既卒ニートやフリーターでも使える?

パソナキャリアに断られた!なぜ?断られない転職エージェント

理系大学出身で年収1000万に到達できる職業一覧まとめ【保存版】

「理系で年収1,000万行ける職業ってどんなものがあるんだ…」将来のことについて悩める理系大学生のあなたに、年収1000万円に理系で到達できる職業を徹底的に調査いたしました。

もしくは文系と理系どちらにしようか進路を迷われている方もいますよね。

年収1000万円に到達できると一口に言っても、

・20代のうちに超速で到達するのか
・50代後半のような定年間際で到達できるのか

では雲泥の差がありますので、“到達のタイミング”についても併せてお伝えして参ります。

これから就職活動を行う際の、情報の一つとしてご参考にされてみて下さいね。

1 理系で年収1,000万に到達するには専門性の高いスキルが必要

理系大学出身で年収1,000万円に到達するためには、文系大生よりも比較的専門的なスキルが必要な傾向があります。ただしその分、資格を取得してさえいれば、就職難易度は文系大生よりも低いこともあるので、そういった部分に留意しながらどんな職業があるのか読み進めて行って頂けたらと思います。

2 理系大学出身で年収1,000万に到達できる職業一覧

2.1 ITプロジェクトマネージャー

IT系のシステムエンジニア・プログラマーとして入社したとしても、プロジェクトマネージャー(事業部長クラス)にまで上り詰めることができれば、年収1,000万円に到達することは可能です。入社の難易度は高く、入社後も専門性の高いITスキル+マネジメント能力を若いうちから培い続ける必要があります。

年収1,000万到達時期

30代〜40代(プロジェクトマネージャー)

就職・入社の難易度

★★★★★(★5つが難易度MAX)

就職企業例

アクセンチュア、マッキンゼーなど

2.2 大手医療メーカーの開発職

大手医療メーカーの研究開発職であれば、必要とされる知識が高度のため年収1,000万円を超えることは可能です。ただし大学の研究室の段階で既にその分野の研究を行っていなければ入社の門戸を開けることは難しいでしょう。

年収1000万到達時期

30代後半〜40代前半

就職の難易度

★★★★☆(研究段階での専門知識が必要)

有名企業例

旭化成、テルモ株式会社など

2.3 金融機関のファンドマネージャー

金融機関にはファンドマネージャーという金融資産を運用する専門家という職種があり、そのポジションであれば年収1,000万円に到達することは可能です。就職の段階では大手メガバンクを例に挙げると、総合職の採用人数300名、ファシリティマネジメント職(ファンドマネージャーの卵)の採用人数は数十名という狭き門です。

年収1000万到達時期

30 代前半〜

就職の難易度

★★★★★

有名企業例

国内大手メガバンク(資産運用業務)、国内大手証券会社(資産運用業務)、投資顧問会社など

2.4 大手シンクタンク

日本総研や野村総研、大和総研のようないわゆる”大手シンクタンク”でも、年収1000万円に到達することは可能です。シンクタンクとはマーケティングのリサーチを行ったり、市場調査を行う研究所のようなイメージを持つと良いと思います。

年収1000万到達時期

30代前半〜

就職の難易度

★★★★★(大学Sランクレベル)

有名企業例

日本総研、野村総研、大和総研など

2.5 大手総合商社マン

日本で最も就活生に人気がある総合商社ではやはり、年収1,000万円を超えることは可能です。ただし総合商社といえば文系学生の採用枠が多いため、理系大学出身で就職を狙う場合は他人と違った特殊技術を身につけることは必須でしょう。

年収1000万到達時期

早ければ20代後半〜

就職の難易度

★★★★★

有名企業例

三菱商事・三井物産・住友商事・伊藤忠商事・丸紅など

2.6 外資系製薬会社のMR

平均年収650万円と言われているMRですが、外資系製薬会社であれば話は別。40歳近くまで勤め上げることができれば、年収1,000万円到達することも十分可能な範囲と言えるでしょう。特に成果主義の色合いが強い外資であれば、20代のうちに到達することも可能なのだとか…

年収1000万到達時期

20代後半〜40代前半

就職の難易度

★★★★☆

有名企業例

ファイザー、ノバルティスファーマなど

2.7 フリーランス(社長)

フリーランス(個人事業主)をはじめとした社長業でも年収1,000万円を超えることは可能です。最近ではIT系であれば初期投資も少なく、在庫も抱えずに固定費を抑えてビジネスをはじめることも身近になってきました。就職だけが年収1000万円を超えるための手段である時代はとっくに終わっています。

年収1000万到達時期

20代前半〜(10代でも可能)

就職の難易度

☆☆☆☆☆

有名企業例

なし

3 最後に・・・

理系出身で年収1,000万に到達できる職業について一覧でお伝えして参りましたが、今回知ったをきっかけに、ぜひ興味を持った職業について個人で深掘りして情報を集めてみて下さい。

年収1,000万円に到達できる職業にはやはりそう簡単に就くことはできませんが、難しいと感じているのはあなただけではありません。

そこで思考を停止させてしまうか、あるいは一歩踏み込んでより前に進んでいくかが勝負の分かれ道です。

第一歩として具体的に動き出すために、合同面談会という内定直結型のイベントもあるので、ぜひ足を使って情報収集を行ってみて下さいね。

↓↓内定直結型の合同イベントはこちら

Meets Company

PR

リクルートエージェントの電話面談の評判・口コミ・体験談まとめ

就職ショップの評判!ブラック企業の求人しか紹介されない?

就職ショップの評判は?横浜で面談カウンセリングを受けた感想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

仕事に関する悩みを相談してください

ビジネスマン向けファッション特集

あなたは大丈夫?【当サイト人気講座】

カテゴリー

カレンダー

2017年3月
« 2月   4月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031