フリーター・ニートの就職(転職)

30代フリーター就職支援サービスおすすめ厳選5選【30歳利用可】

投稿日:

フリーターくん
30代のフリーターだけど、
正社員に就職できるのか…

30代フリーターから正社員への就職を目指す人に向けて、その就活のやり方やおすすめの就職先について、体験談などと共に解説していきます。

「フリーターからでもスムーズに就職できるのは20代まで!」
「30代でフリーターをやっていると就職はほぼ無理!」

世間一般的には、就活市場に対してこのように語られることが多いでしょう。

確かに若さというのは大きな武器で、それがあったからこそチャレンジできた、成功できたという話も多いのは事実です。

しかしだからと言って、30代からの就職が不可能なのかというと全くそんなことはありません。

むしろ、まだまだ余裕だと言っても過言ではないでしょう。

30代でそろそろフリーターを脱しなければ、自分の生活に精一杯で結婚はなかなかできませんし、年収だけでなく社会的ステータスも目に見えて差が出てきます。

最終更新日.2022年11月14日

30代フリーターでも正社員就職は「余裕で可能」

まずは30代フリーターの就職の実態から見て行きましょう。

まずは就職率。

20代の時に比べると多少数字としては減少してしまうのは事実ですが、逆の見方をすれば、20代よりもそこまで大きな数字の違いはないということがわかるかと思います。

20代>30代前半>30代後半という順に就職しやすいことは言うまでもありません。

非正規雇用者の正社員移行率を年齢別に見ても、年齢を重ねるにつれて正社員移行率は下がっていますが、それでも就職できない訳ではないことが分かります。

15歳~19歳29.9%
20歳~24歳32.7%
25歳~29歳25.5%
30歳~34歳18.1%
35歳~39歳15.5%
40歳~44歳15.6%

労働政策研究・研修機構HP」より引用

そこにさらに追加して、30代フリーターの男女別就職希望率を見て行きます。

上記図からも分かる通り、30代で真剣に就職したいと考えている人はそもそもの分母数として多くないのです。

つまり、就職希望率と就職率を掛け合わせて考えると「本当に望んで活動すれば、30代からでも就職することは決して難しいものではない」ということがわかるかと思います。

30代でフリーターやニートで就職しない理由は?

人によって状況は異なりますが、30代にもなってフリーターやニートを続ける人は、以下のような特徴に該当する可能性があります。

同年代と比べてスキルや経験が不十分で、就職への自信をなくしている

過去に就職活動を行ったが上手く行かずにトラウマになっている

実家暮らしでお金に困っておらず、焦りを感じていない

ケガや病気で就職できない

100歩譲って怪我や病気であれば仕方ない部分もありますが、実家暮らしや自信がないなどの理由で就職しないままいるのは危険で、このまま行けば本当に生涯就職出来なくなってしまいます。

30代であればまだ間に合いますので、一刻も早く就職サイトに登録して就職活動の第一歩を歩み始めましょう。

30代フリーターやニートで就職しやすい人の3つの特徴

30代ニートで就職しやすい人の特徴は、以下3つに該当する人です。

  • 志望就職先の仕事に関連する経験がある
  • 就職先の仕事に対するやる気や熱意がある
  • 謙虚さと素直さを併せ持っている

既に就職先の仕事に関する経験やスキルを持っていれば強いですし、やはりやる気と熱意がある人材はすぐに内定を獲得し就職先が決まります。

そして一番重要なのが謙虚さと素直さを併せ持っていることで、30代位になると変なプライドを持ち始める人がいますが、就職活動においては一切役に立たないので、少なくとも面接の場だけでも謙虚さと素直さを全面的に出しましょう。

30代未経験でも就職は「余裕で可能」なのか

もしすでに一度正社員として就職した経験があり、何かしらの理由で退職しもう一度再就職しようと考えているのであれば、以前働いていた時と同じ業種・職種の方が当然就職成功率は高まります。

しかし、過去に一度も経験したことのない未経験の分野に就職して挑戦したいと考えているのであれば、正直かなり厳しく"ほぼ不可能"と考えた方がベターです。

※経験不問の求人に応募する場合は別です。

「じゃあ挑戦したいという気持ちを諦めなくてはならないのか?」という話になるかといえば、そうとも限りません。

正社員として就職することをまずは第一目標とし、入社したポジションで仕事を頑張って実績を出すことができれば、その後転職、あるいは異動で望むポジションにジョブチェンジできます。

30代未経験可の就職先を探すおすすめの方法はコチラ

実際にこの方法で就職し、まずは与えられた仕事に真摯に取り組んだ結果、やりたい仕事に結果的に就けたという元30代フリーターの方は山ほどいます。

短期的にやりたい仕事ができるかどうかだけを考えずに、この先長いキャリアを長期的に見て、今就職できるポジションにまずは入社することが重要です。

正社員就職成功率80%以上ハタラクティブ


✅30代フリーター/既卒ニートNo.1
✅正社員就職成功率驚異の80%越え
✅未経験OKの正社員求人に特化

ハタラクティブの詳細はコチラ

>>ハタラクティブでフリーター就職相談はコチラ

30代フリーターやニートで就職しない末路は?

30代フリーターやニートで就職しないまま過ごしてしまうと、最終的には以下のような末路を迎えることになります。

  • 一生正社員への就職が難しくなる
  • 孤立し結婚もできず友人もいなくなる
  • 親が寿命を迎えて生活が一気に困窮する

悲惨な末路が待っていますので、1日でも早く正社員に向けた就職活動を開始しましょう。

より詳しい末路については「フリーターの末路が飛び交う生々しい2chコピペまとめ【実話】」も併せてご参考下さい。

30代フリーターが就職活動でやるべき5ヶ条

それではここからは、実際に30代から就職活動をやるとして、絶対に心がけておきたいことを5つ厳選してご紹介します。

これから就職活動する方は3つを常に意識し、既に活動を始めていながらも思い通りの結果がついてきていない人は、この3つの中で足りていないものがないかどうかチェックして頂ければと思います。

まずは行動する

当然のことですが、行動をしなければ結果というのは出てきません。

前述したように、30代のフリーターが就職できていない最大の理由は「そもそも就職活動をしていないから」というものです。

2~3社受けてみてお祈りメールが来てしまったからと言って諦めてしまってはいないでしょうか?

それでダメなら10社20社と、どんどんチャレンジしていきましょう。

面接などのテクニックは場数を踏むことで成長しますし、そもそも世の中には星の数ほどの会社がいて、それぞれ採用基準もバラバラです。

すべての会社に応募しろとは言いませんが、まずは手数を増やさない限り、当たる確率も上がらないということを覚えておきましょう。

視野を狭めない

一方で、実は多いのが、就職先へのこだわりが強すぎて自分の視野や可能性を狭めてしまっている人です。

30代フリーターという自分の経歴を弱点とは思いつつも、

「あれはやりたくない」
「これは無理」
「やるなら絶対この仕事」
…etc

などと決めてしまっているのです。

就職先についてこだわる気持ちもわかりますが、仕事にはそれぞれ人気不人気があるものですし、やるには豊富な経験やスキルが必要となるものもあるでしょう。

そういった仕事にチャレンジするのは、新卒の学生ですらかなり難しいものです。

実際に働いてみることで気付く魅力というのは必ずあるものですし、本当に自分に向いている仕事も、長い経験の中から見つかることが多いのです。

もし仮に自分の目指しているような就職先に現時点では就職できなかったとしても、会社で実績を積めば転職でやりたい仕事ができる可能性も全然あります。

こだわりを強く持ち過ぎず、まずは色んな事にチャレンジしてみる姿勢が大切です。

今までの経験を活かす

30代という年齢を活かす術もあります。

例えば長くアルバイトを経験しているのであれば、そこで培ったスキルというのは、同じような仕事をする正社員にも、決して引けをとるものではないでしょう。

逆に、アルバイト経験は浅いけれど、ずっとバンド活動を続けていた、なんて人であれば、新しい音楽を生み出す企画力や、他の人とも積極的に交流をしているコミュニケーション能力が磨かれているかもしれません。

30年間という長い期間の中で身につけてきたあなたの仲での「当たり前」は、他の人にとってはとてつもない「才能」であることは往々にしてあるのです。

自分が持っている能力・スキルを、改めて見つめ直すようにしましょう。

生活リズムを整える

意外かもしれませんが就職するためにはかなり重要で、昼夜逆転しているフリーターやニートは多いのではないでしょうか。

生活リズムを整えることで心身共に健康的になり就職活動に対して前向きに取り組めるようになりますし、仕事を始めてからもギャップに戸惑うことなく順応していくことができるでしょう。

寝る時間と起きる時間をある程度固定させておくだけで生活リズムは整っていきますし、食事も栄養を考えて摂取することでエネルギーも満ち溢れていきます。早寝早起きすべきです。

諦めない

結局最後は根性論になってしまいますが、正社員になることを諦めないことが一番重要です。

おそらく20代よりも年齢が上の30代フリーターにとって、就職活動は決して簡単ではなく数多くの企業にお断りの連絡を受けることになるでしょう。

しかしそこで「やっぱり30代はダメなんか…」と打ちひしがれるのではなく、何くそと悔しさをバネにして行動する手を止めなかった人が最後に内定を勝ち取ります。

30代フリーターの就職におすすめの就職先

では次に、フリーターの方の実際の就職先としておすすめの職種についていくつか紹介して参ります。

非常につぶしが効く職種なので、下記職種でまずは目の前の仕事に精一杯取り組み、その後やりたい仕事への選択肢を広げる努力をしましょう。

営業職

営業職は数ある仕事の種類の中でも、最も求人数が多く、それにともない未経験でも歓迎してくれる会社が多いのが特徴です。

経験が浅いうちはノウハウやスキルよりも人柄やコミュニケーション能力が重視される仕事でもありますから、30代フリーターという経歴でも、十分に戦っていけます。

場合によっては20代よりも30代の方が、風格といった見た目の面でより信頼してもらいやすい、なんて強みに繋がることもあるかもしれません。

▶︎30代フリーター歓迎の営業職求人はコチラ

事務・アシスタント職

30代の中でも特に女性であれば、未経験であっても事務・アシスタント職で採用してもらえる可能性は高いです。

フリーターになる前に少しでも経験があれば採用されやすくなることはもちろんですが、たとえ未経験であったとしても、

・社会人経験が数年以上ある
・基本的なPC作業(Excel、Wordなど)ができる
・ビジネスマナーや敬語がきちんとしている

上記を満たすことができれば、30代あっても採用してもらえる可能性はあるでしょう。

「人と接することが好き」「販売や接客の経験がある」「誰かをサポートすることに喜びを感じる」など人柄でプラスになるようどんどんアピールしていくべきです

▶︎30代フリーター歓迎の事務・アシスタント職求人はコチラ

受付・巡回スタッフ

たとえばセコムグループのような大手セキュリティ会社の受付・巡回スタッフであれば、男女不問・業界職種未経験の30代でも正社員採用してもらうことができます。

駅や空港で良く見る警備員や、施設内の巡回する姿を思い浮かべるかもしれませんが、実際の職場はもっと多種多様で、大手企業や、たくさんの人が出入りする施設での受付や案内窓口などもあります。

受付・接客・営業など、人と触れ合う仕事の経験がある場合は経験を活かして働くことができるでしょう。

▶︎30代フリーター歓迎の受付・巡回スタッフ求人はコチラをクリック

施工管理職

2021年の東京五輪などでかつてない求人の賑わいを見せているのが建設業界で、常に人が足りないという状態です。

その中で施工管理という職種は、専門的なスキルや知識なく目指せる仕事として、フリーターからも非常に人気の職種です。

現場監督のような立ち位置で、自分が作業をするのではなく全体を管理して指揮をしていく仕事でもありますから、年齢的にも若すぎない方が良いことも多く、30代から目指すのに向いています。

しかも、施工管理職は非常に専門性の高いスキルが身に付くため、一度経験すれば将来食いっぱぐれることもないですし、給料に関しても完全未経験から25~30万円から始まりますので、安定して稼ぐ志向の方にかなりお勧めです。

▶︎30代フリーター歓迎の施行管理職求人はコチラをクリック

ITエンジニア

同様に常に人不足の状態が続いているのがIT業界で、基本的にはほぼすべての会社が未経験歓迎と言っても過言ではないほど間口が広いのが特徴です。

実際にITエンジニアとして仕事をし始めてしまえば、20代や30代といった年齢の違いはそこまで影響を及ぼすことはありません。

しっかり勉強し、仕事も熱心に打ち込む姿勢を見せれば、スムーズにキャリアアップをしていくこともできるでしょう。

▶︎30代フリーター歓迎のITエンジニア求人はコチラをクリック

サービス業(飲食・販売・介護など)

飲食スタッフ・販売職・介護ヘルパー職などであれば、たとえ未経験であっても30代フリーターから就職できる確率は高いでしょう。

常に人手が不足している「売り手市場」ですので、ここをあえて狙って就職活動を行っていくのも戦略としては全然アリです。

「なんか不人気職業って嫌だな…」と最初は思われるかもしれませんが、サービス業は実際に仕事を行っていけば人の役に立つことが間近で実感できる極めてやりがいのある仕事です。

▶︎30代フリーター歓迎のサービス業求人はコチラをクリック

正社員就職成功率80%以上ハタラクティブ


✅30代フリーター/既卒ニートNo.1
✅正社員就職成功率驚異の80%越え
✅未経験OKの正社員求人に特化

ハタラクティブの詳細はコチラ

>>ハタラクティブでフリーター就職相談はコチラ

30代フリーターの就職におすすめの資格

ITパスポート&情報基礎処理検定

ITパスポート&情報基礎処理検定は、未経験からITエンジニアを目指したいのであればほぼ必須の資格と言えるでしょう。

ただし、情報系の大学や専門学校を卒業している訳ではない人に関しては、取得するためには約3ヶ月〜4ヶ月ほどの期間がかかると言われていて簡単ではありません。

取得難易度としてはITパスポートの方が情報基礎処理検定よりも簡単と言われているので、まずはエンジニアを目指すのであればITパスポートの取得を目指しましょう。

そして資格を取得した後に、客先常駐系のITエンジニアからキャリアをスタートさせて、その後に3年以上経験して自社開発のエンジニアなどを目指すのがベターです。

フォークリフト運転技能講習修了証

資格難易度・・・★☆☆☆☆
取得期間:35時間(免許なし未経験)
費用:4万円前後(地域によって変わる)

フォークリフトは国家資格のフォークリフト運転技能講習修了証がなければ運転することができません。

国家資格とありますが、講習を受ければ基本的に誰でも取得できる簡単な資格で、仕事を探す際に役に立つ仕事が多いのが特徴。

流通業をはじめ、工場や倉庫に就職する際に特に役立ちます。

フォークリフトを使う仕事は近年特に人手不足なため、所持していれば正社員として採用される可能性も高くなり、会社によっては資格手当もつくので収入も増えます。

受験資格は特に無く、普通免許所持や経験によっては取得までの時間が短くなりますし、講習自体の合格率も98%以上と高いので、費用を用意できれば比較的簡単に取得可能です。

フリーターから正社員を目指すのであれば取り掛かりやすい資格でしょう。

自動車運転免許

資格難易度・・・★★☆☆☆
取得期間:1〜3ヶ月
費用:平均35万円前後

車の免許があれば、送迎や宅配便など車をつかった仕事はもちろん、先ほど紹介した営業職も選択肢に入ってきます。

もし車の免許を持っているのであれば、発展して大型免許を取ってトラックの運転手、二種免許を取ってタクシーの運転手になるという選択もできます。

取得期間は1〜3ヶ月、費用は平均35万円前後と高額。

免許を取るまでに学科と実車の2つを決められた期間受講する必要があり、受講も予約制になるため、進学や就職の時期になると予約が取れずに、免許取得までの期間が長くなることもあります。

しかし免許合宿を使えば教習所に通うよりも短い期間で、安く取得することも可能です
(教習プランによる)。

免許を持ってるだけで正社員として就職できる可能性、選択肢も増えます。

電気工事士

資格難易度・・・★★★☆☆
取得期間:1ヶ月〜半年
費用:受験料9,600円、テキスト費用

電気工事士はいつの時代もなくならない安定した仕事で、電気設備がなくならない限り仕事も無くなりません。

しかし、体力的にハードなことから業界的に常に人手不足。

休みが少なく体力的にもハードですが、職歴無し30台でも正社員としての門戸が開かれており、給料も平均以上の金額はもらえます。

実力がつけば個人事業主として独立する人もいて、さらに収入が増える可能性もあります。

電気工事士の受験資格は特にありませんし、年齢制限も無いため受験者の年齢も様々です。

電気工事士の資格は第一種と第二種に分かれますが、入口となる第二種電気工事士の資格は1ヶ月〜半年の勉強期間で取得できます(電気についての知識量、勉強時間による)。

費用も受験料とテキスト代金だけしかかかりませんので、難易度はともかく比較的取りやすい資格になっています。

30代フリーターで就職に成功した先輩体験談

ではここでは、30代フリーターから就職に成功した先輩の体験談をご紹介いたします。


男性 / 34歳
現在: クレジットカード会社勤務
年収の変化: 月収12万円 ⇒ 年収320万円
コメント:34歳まで職歴なしでしたがクレジットカード会社に正社員就職できました。こだわりすぎない事が正社員になれる秘訣だと感じました。


女性 / 30歳
現在: デザイナー
年収の変化: 月収14万円 ⇒ 年収350万円
コメント:新卒でデザイナーとして就職した会社を長時間労働やパワハラで退職してしまいフリーターになってしまいましたが、前職の経験を活かして正社員に再就職する事が出来ました!

やはり正社員就職を果たすことで、大きく年収アップにも繋がっていますし、日々充実した仕事を送れていることがわかりますね。

フリーターから就職に成功した方々のより詳しい口コミ評判については下記でも紹介しているので、興味があればご覧頂ければと思います。

30代フリーターでも就職は可能。しかし一人は危険

繰り返しになりますが、これまで見てきたデータや実情の通り、30代フリーターからの就職は決して無謀な戦いではありません。

ただ一点、さらに成功率を高めていくためには、就職活動のプロである就職エージェントを活用するのが良いでしょう。

就職エージェントとは、就職のプロであるキャリアアドバイザーが、正社員未経験の方の就職支援を二人三脚でサポートしてもらえる完全無料のサービスのことです。

▼就職エージェントの仕組み

就職エージェントを利用することで、自分に合った会社を紹介してもらえるだけでなく、書類選考の対策や面接対策、ビジネスマナーなど正社員に必要な身の振り方を全て学べます。

★就職エージェントで得られるメリット★

  • 自分の希望に合った仕事に就職できる
  • 応募書類添削や面接対策をしてもらえる
  • 企業とのやり取りや日程調整を代行してもらえる
  • ネット上にはない非公開求人も紹介してもらえる
  • 入社後のフォローもあるので安心して正社員で働ける
  • 就職の悩みや不安など何でも気軽に相談できる

逆にプロの客観的なアドバイザーを介さずに一人だけで就職活動を進めると、以下のようなリスクに陥ってしまいます。

受かる会社を見つけられない

まずはそもそも、会社探しの時点での躓きです。

Web上で公開されている求人情報というのは、いわば広告の一種ですから、必ずしも書いてある情報通りではありません。

未経験歓迎と言いながら、実は経験者を求めていたり、30歳歓迎と言いながら、本当は20代限定だったり、知らず知らずのうちに負け戦をしてしまっているケースもあるのです。

求人情報の裏に潜む企業側の思惑を推し量り、自分の経歴でも同じフィールドでちゃんと戦わせてもらえるところなのかどうかを見抜く力は絶対に必要です。

そういう意味で、プロのアドバイザー経由で仕事を紹介してもらえる就職エージェントは強いと言えるのです。

受かる履歴書/職務経歴書が書けない

また、就職活動というのは実力はもちろんですが、テクニックで勝負する要素も多分に含まれているのが特徴です。

履歴書や職務経歴書の書き方もその一つと言えるでしょう。

ウソを書くことは許されませんが、逆に正直にすべてを書きすぎることでマイナスに働くケースもあります。

同時に、本来は強みとして書けたはずの内容を、自分自身で見落としてしまう場合もあるかもしれません。

就職エージェントを活用し、アドバイザーから添削をしてもらうようにすれば、それらの危険も回避できますし、その流れの中で自分でも気づいていなかった長所を見つけることができます。

応募書類作成の際に自分だけでなく第三者の意見を聞くというのは、とても価値のあることなのです。

受かる面接が出来ない

面接は場数を踏むことでしか成長しないということは前述しました。

しかし、実際に面接を受ける人たちにとっては、どの会社の面接も本番なわけですから、練習代わりに捨てるということは心苦しいものがありますよね。

それどころか、場合によっては自分の課題や欠点を勘違いしてしまい、正しい軌道修正ができずに必要以上に時間が掛かってしまうこともあるでしょう。

就職エージェントのアドバイザーからの助言や、模擬面接などを経験しながら磨いていくことができれば、非常に効率よく成長することが可能になるのです。

就職エージェントと採用企業の関係が良好であれば、事前に聞かれる質問を教えてくれることもあるので、面接対策を利用しないのは勿体ないです。

正社員就職成功率80%以上ハタラクティブ


✅30代フリーター/既卒ニートNo.1
✅正社員就職成功率驚異の80%越え
✅未経験OKの正社員求人に特化

ハタラクティブの詳細はコチラ

>>ハタラクティブでフリーター就職相談はコチラ

30代フリーターにおすすめの就職支援エージェント

就職エージェントを活用する事ことが30代から正社員就職を果たすための方法とお伝えいたしましたが、ではどの就職エージェントを活用するべきなのでしょうか。

ここでは、おすすめの就職エージェントを3社厳選してご紹介してまいります。

ちなみにどの就職エージェントも基本的には以下のような流れで就職支援サポートが行われていきますので、事前に頭に入れておきましょう。

★就職エージェント活用〜就職までの流れ★

  1. 就職エージェントに登録する
  2. 面談カウンセリングの日程調整
  3. キャリアアドバイザーと面談をする
  4. 求人を紹介してもらい応募する
  5. 応募書類の添削や面接対策をしてもらう
  6. 企業との面接をする
  7. 内定獲得〜入社承諾をする
  8. 入社

就職先が決定して入社した後も、就職エージェントは入社後のフォローまで行ってくれますので安心して就職することができますね。

就職エージェント面談時の服装は?

就職エージェントの面談を受ける際の服装ですが、スーツでも私服でもどちらでも構いません。

しかし、就職活動を久々に行う場合は基本的な服装マナーなどを忘れている場合も少なくないので、可能であればスーツを推奨します。

スーツを着用して就職エージェントの担当者に何かマイナスな部分がないかをチェックしてもらえば、面接本番に自信を持って臨める筈です。

30代フリーター就職支援①:ハタラクティブ

正社員就職成功率80%以上ハタラクティブ


✅30代フリーター/既卒ニートNo.1
✅正社員就職成功率驚異の80%越え
✅未経験OKの正社員求人に特化

ハタラクティブの詳細はコチラ

>>ハタラクティブでフリーター就職相談はコチラ

30代の未経験者向け就職支援サービスとして、規模・実績ともに国内最大級を誇るのが『ハタラクティブ』になります。

人材業界最大手のレバレジーズグループが提供する安心のサービスですので、確かな就職実績を元にしたデータを元に適切なアドバイスを貰うことができます。

20代のフリーターはもちろん、30代のフリーターに関しても業種・職種共に豊富な就職先を用意しており、その数は2021年7月現在で約9,000社にも及ぶ勢いです。

▼ハタラクティブの業種・職種別紹介先企業

経験豊富なアドバイザーが、就職先の企業情報から面接に受かるコツまで丁寧に教えてくれますので、就職エージェントの利用を検討するのであればまずオススメの就職支援サービスです。

\30代フリーター/ニート就職支援実績No.1/

フリーター就職支援実績No.1のハタラクティブはコチラ

>>ハタラクティブ公式HP詳細はコチラ<<
✅30代フリーターOKの求人数10,000件以上(業界No.1)
✅書類選考不要の人物重視な面接確約

30代フリーター就職支援②:就職Shop

フリーター/既卒/ニートの就職なら就職Shop


✅フリーター/既卒の就職支援No.2
✅書類選考完全パスで100%面接実施
✅未経験者OKのホワイト求人特化

就職Shopの詳細はコチラ

>>就職Shopで相談してみる

就職Shopは株式会社リクルートが運営している就職エージェントで、30代フリーターであっても応募可能な求人を業界・職種問わず多数取り扱っています。

20代フリーターと比べると紹介できる求人数は少なくなってしまいますが、それでもやはり業界大手のリクルートならではの規模を活かした求人数は流石の一言。

就職支援エリアが関東・関西圏のみに絞られているので地方在住の方は利用できないのがネックですが、該当エリアの方はハタラクティブと併用しましょう。

↓就職Shopの登録はコチラ

▶︎就職Shopで30代フリーターの就職相談はコチラ

30代フリーター就職支援③:JAIC(ジェイック)

営業職として就職するのに最適なのが『ジェイック(JAIC)』で、無料で社会人・営業職としての基本的なスキルを学べる研修に参加できるため、職歴がない未経験者にとっては価値があります。

企業との面接は合同形式で、一日に複数の会社と面接を行えますので、比較検討もしやすくなり、可能な限り早く確実に就職を決めたいという人に最適です。

通常の就職エージェントとは違い、まずは無料の説明会への参加が必須になる点に注意しておきましょう。

↓JAIC(ジェイック)の登録はコチラ
JAIC(ジェイック)
ジェイック(JAIC)評判口コミはコチラ

30代フリーター就職支援④:DYM就職

ベンチャーから大手まで、通好みの会社を数多く所有している『DYM就職』もおすすめの就職エージェントです。

普通の求人サイトを見るだけでは見つけられないような、隠れた優良企業を探す際に役立ちますし、全国に拠点を持っているため、気軽に相談に行きやすいのも魅力の一つです。

就職ShopとDYM就職の違いが比較されますが、就職成功率も90%以上と安心の実績を持っていますので、就職に本気になったら、まずは一度相談に訪れてみてください。

30代フリーター就職支援⑤:ジョブワーカー

30代フリーターから正社員就職を目指す場合、ジョブワーカーという正社員就職専門の就職エージェントを利用するという選択肢もあります。

就職Shopやジェイックなどと比較すると規模は小さくはなりますが、求職者に寄り添った親身なサービスを提供してもらうことができます。

面談場所は東京になりますが、地方在住でも電話面談で対応してもらえるのでぜひお気軽に相談してみましょう。

▶︎ジョブワーカー正社員就職公式HPはコチラ

30代フリーターと正社員の生涯賃金の違い

大卒フリーターの人の月の手取りが20万円だとすると、年収は約240万円で、22〜55歳の35年間働いたとしても、生涯賃金は単純計算で8,400万円。

一方大卒で正社員になった人は、賞与や退職金を含め生涯賃金は3億円になるとも言われており、単純計算で約2億1千600万円の差がつきます。

生涯賃金で大きく差がつくだけでなく、正社員は社会保険完備、病気や怪我で休んでも毎月給料は支給されますが、フリーターは病気や怪我をして働けなければ給料は入りません。

1日も休まず働いて上記の生涯賃金になりますが、何十年も休まず働くのは不可能ですから、実際の生涯年収はもっと低くなる可能性もあるでしょう。

30代フリーターは結婚できない?

冒頭でも伝えた通り、30代でもフリーターと正社員では収入に大きな差があるため、結婚率もまた変わってきます。

下記図表を見てください。

男性は正社員の方が圧倒的に結婚率が高く、30代後半にもなると約7割の人が結婚していることがわかります。

女性の場合、30代フリーターといっても結婚して家庭に入り、空いた時間で働いている人も多いですし、30代後半での結婚率が大きく増えているのも既婚者でパートに出ている人が増えているからと言えます。

特に男性に言えることですが、収入面はもちろん、結婚をしたいのであれば正社員になる必要があることが分かると思います。

根気よく就職活動を続けることが何よりも大事

30代フリーターに限らず、就職活動や転職活動というのは多かれ少なかれ、企業の選考に落とされることで精神的ダメージを受けることは避けられません。

しかしそこでダメージを受けたまま「やっぱり就職は厳しいか…」と後ろ向きになるのか、「絶対に見返してやる」というなにくそ精神で前向きに這い上がるかは人それぞれです。

世の中には30代なんてまだまだ序の口で、40代正社員職歴なし無職で就職活動を頑張っているフリーターの方もいます。

履歴書や面接で不採用を言い渡されるのは非常に辛いものではありますが、今回紹介した就職エージェントのような就職支援サービスを活用して上手く気を紛らわせながら根気よく就活を続けていきましょう。

そうすれば、必ずやあなたの力を欲している企業と巡り会うことができる筈ですので、ぜひ頑張ってくださいね。

今回は30代フリーターでも就職は余裕で可能!おすすめ就職先と体験談についてお伝えして参りました。

正社員就職成功率80%以上ハタラクティブ


✅30代フリーター/既卒ニートNo.1
✅正社員就職成功率驚異の80%越え
✅未経験OKの正社員求人に特化

ハタラクティブの詳細はコチラ

>>ハタラクティブでフリーター就職相談はコチラ

30代フリーターの就職支援に関するQ&A

転職に関するQ&A

30代フリーターおすすめ就職サイトは?

30代フリーターおすすめ就職サイトは前述した通り、ハタラクティブがまず一番おすすめで、その次に就職Shopです。

ハタラクティブは全国どこに住んでいてもオンライン面談で就職支援してもらえますが、就職Shopは関東・関西圏のみなのでその点は注意しておきましょう。

30代無職職歴なしニートはハローワーク?

30代無職ニートはハローワークに行ってもあまり見込みはありません。基本的にハローワークに掲載されている求人は20代歓迎のものばかりだからです。

30代で無職ニートの方に関しては、何度もお伝えしている通りハタラクティブ就職Shopで就職相談する以外の選択肢はありません。

30代職歴なし実家暮らしニートは手遅れ?

30代職歴なし実家暮らしニートは手遅れなのかというと決してそんなことはなく、むしろ"実家から出て一人暮らしをする"という明確な目標が立てられるため就職活動に取り組みやすいです。

ハッキリ言いますが、30代を超えて実家に実家に寄生しているようであれば就職もままならないですし、結婚など持ってのほかです。

実家を出ることで精神的にも追い詰められ就職しなければならない状況に自分を追い込めるため、就職する前に実家を出ても良いくらいですね。

30代職歴なしニートの社会復帰は職業訓練から?

30代職歴なしニートの社会復帰がなかなか難しいと考えている場合は、職業訓練から始めるのも全然アリでしょう。

2022年現在は職業訓練学校というのは調べればすぐに出てきますし、いきなり正社員として就職するのが不安な場合は少しずつ体と心を慣らしていく意味でも頼るのは間違いではありません。

ジェイック(JAIC)のような社会人研修と就職を兼ね揃えている就職支援サービスもありますので、ぜひ活用してみると良いですね。

30代フリーターで就職したい女はどうする?

30代フリーターで就職したい女性であっても、ハタラクティブ就職Shopで就職相談に乗ってもらいましょう。

30代フリーター歓迎の求人を多数紹介してくれる筈です。

30代後半フリーターは就職できない?末路

30代後半フリーターは就職できないかというと一概には言えませんが、就職できない人もいれば就職できる人もいます。

ただ一つ断言できるのは、就職できなければ悲惨な末路が待っているということは言うまでもありません。

具体的にどのような悲惨な末路が待っているかに関しては「フリーターの末路が飛び交う生々しい2chコピペまとめ【実話】」をお読み頂ければ幸いです。

ハタラクティブの特徴

就職成功率驚異の80.4%以上!

就職支援実績150,000名以上!

関東・関西・東海・九州に支店あり

就職Shopの特徴

利用者数約100,000人突破

未経験歓迎の求人8,500件以上※"書類選考なし"で直接面接へ

就活のプロが個々の課題に合わせて徹底サポート

ジェイックの特徴

就職成功率驚異の80.3%以上!

就職支援実績14,000名以上!

入社後定着率94.3%(※業界1位)

ジョブワーカーの特徴

求人数10,000件以上(※正社員求人)

フリーターからの就職支援に特化

厳選された優良ホワイト企業を紹介

-フリーター・ニートの就職(転職)

\ PR /

Copyright© 転職エージェントマニア.com , 2022 All Rights Reserved.