IT・WEB業界の転職・就職

アカウントプランナーは激務できつい?向いている人は?将来性も

投稿日:

「WEB広告の営業職(アカウントプランナー)に興味があるけど、どんな仕事なのか分からない」という方に向けて、WEB広告業界営業職の種類・仕事内容、未経験転職の可否についてお伝えして参ります。

IT・WEB業界専門の転職エージェントのキャリアコンサルタントとしてサポートしていく中で、WEB広告業界をぼんやりと理解している人はいますが、明確にアカウントプランナーを理解している人は少ないです。

WEB広告業界の市場規模が拡大するにつれて、今後ますますアカウントプランナーの人材需要は高まっていくことが予測されるので、ぜひWEB広告の営業職がどんな仕事なのか今回押さえておきましょう。

【最終更新日.2022年10月11日】

WEB広告の営業職の種類と仕事内容

WEB広告の営業職の種類を激務度と共に細分化すると、下記のようになります。

Web広告営業の種類激務度未経験歓迎度
アカウントプランナー
メディア営業
広告営業

それぞれ仕事内容について順番に解説して参りましょう。

アカウントプランナーとは?仕事内容

「アカウントプランナー」とは、企業によって多少ニュアンスが異なるものの、広告代理店で企画営業を行う職種です。

もっと具体的に言うと、アカウントプランナーの仕事では、従来の「広告営業」では求められなかった、広告主への「企画・提案」を行います。

主な仕事としては、クライアントである広告主が抱えている課題をヒアリングした上で、その課題を解決するための企画を考え、クライアントに提案します。

広告営業には売り込む能力である「営業力」が求められてきましたが、アカウントプランナーの仕事では、どちらかというと「企画提案力」が重視されます。

▶︎楽天のアカウントプランナー求人はコチラ

メディア営業の仕事内容

SNSを活用した広告やスマホの普及によるモバイル広告など、自社Webメディアの枠をクライアントに販売する仕事がメディア営業の仕事です。

かつては新聞、雑誌、テレビ、ラジオの四大メディアを中心に広告の提案をしていましたが、Webが急成長した現在はWebなしには広告は成り立たないようになっています。

クライアントに対して「広告予算の中でいかに自社メディアの活用が適しているか」という、費用対効果を考えた提案が必要不可欠となるシビアな面もあります。

しかし一方では、施策に応じたユーザーの反応がすぐに感じられる手ごたえや面白みが感じられる職種です。

▶︎メディア営業の求人例はコチラ

広告営業の仕事内容

web広告代理店のビジネスモデルとは、SNSやWebメディアなど、さまざまなインターネット媒体への広告出稿をサポートすることです。

中でも「広告営業」は、クライアントの情報管理や広告企画・提案、実施のスケジュール・予算管理などの役割を担います。

企業にもよりますが、大手の広告代理店になるほど企画立案自体は、マーケティングやクリエイティブ部門といった別部署が担当します。

広告営業がクライアントの担当窓口となり、企業の広告・宣伝部門や広報などと密にコミュニケーションをとり、受注したり、コンペ案件の情報を収集したりします。

▶︎広告営業の求人例はコチラ

アカウントプランナーと広告運用コンサルタントの違い

アカウントプランナーはあくまでも広告の運用について企画や提案、営業をおこなう仕事ですが、 広告運用コンサルタントの場合は、提案にとどまらず運用まで担当するという違いがあります。

クライアントの広告予算を預かって、最適なCV(コンバージョン)を獲得するためにどのチャネルや媒体に出稿するか方向性を決めて実際に広告運用を行うのが広告運用コンサルタントの仕事内容です。

広告運用コンサルタントはアカウントプランナーよりも一歩後ろ側のポジションイメージを持っておくと良いでしょう。

アカウントプランナーは激務?きつい?

アカウントプランナーは激務できついという印象を抱いている方は多いと思いますが、毎日遅くまで残業したり、土日にも出勤することもあるのが事実です。

やはり広告営業という仕事柄、毎月の予算やノルマを達成しなければならないため予算に対して成果が足りていないのであれば必然的に仕事時間は長くなります。

ただし強引に残業をさせられるというよりも、アカウントプランナーとして働く方は大きな目標を持っている社員が多いので自ら進んで仕事をしている人が多いです。

最近では社会的に働き方改革が進められてきたことから、大企業では1人1人の残業時間をモニタリングして、月の法定残業時間を超えないように管理しています。

そのため仕事は忙しいですが、きついと感じるよりも自分自身の目標や経験に対してコミットしている営業マンが多いため、アカウントプランナーの仕事は非常にやりがいがあり醍醐味があります。

アカウントプランナーが激務と言われる理由

残業が多く土日出勤があるから

アカウントプランナーは時期によってやクライアントの繁忙期などによっては月の残業時間が50時間を超えることもあり、土日出勤も止むを得ないことも0ではありません。

しかし1年中ずっとその状態が続く訳ではありませんし、仕事が落ち着いてくれば20~30時間程度に抑えることもできるので一概にアカウントプランナー=残業が多いという訳ではないでしょう。

アフィリエイト広告を扱っている株式会社もしもという企業のアカウントプランナーは、月の残業時間が15時間程度とかなりホワイトな働き方を実現しているアカウントプランナーの企業もあります。

ノルマが厳しそうなイメージがある

確かにアカウントプランナーは営業職なのでノルマがあり、決して楽に達成できるものではないのが事実です。

ただしノルマの設定は個人の力量や裁量に応じて設定されるものであり、達成が現実的に難しいようなノルマはまず設定されませんので、丁度良い負荷がかかるくらいのノルマが多いです。

ノルマを達成することで賞与ボーナスに反映されたり、社内で表彰されるなどの制度を設けている会社も多いので、一概にノルマがあるから、、、と敬遠するのは勿体無いでしょう。

高いスキルや論理的思考力が求められる

アカウントプランナーでは確かに高いスキルは求められますが、未経験で最初から仕事ができる人なんていませんし、最初はOJTで上司と営業に同行することがほとんどです。

慣れてきたら一人立ちしていく必要はありますが、仕事のイロハを学んで勉強できる時期にしっかりと経験を身につければ一人前のアカウントプランナーとして活躍できるでしょう。

アカウントプランナーに向いている人

アカウントプランナーに向いている人の特徴について解説してまいります。

  • コミュニケーションスキルが高い人
  • 物事をロジカルに試行錯誤できる人
  • 常に貪欲に勉強し続けられる人

順番に見ていきましょう。

コミュニケーションスキルが高い人

アカウントプランナーは、顧客である企業広告主はもちろん他にも様々な利害関係者とやり取りを行う仕事なので、コミュニケーションスキルは必要不可欠です。

相手に動いて欲しいことを提案する交渉力はもちろん、プロジェクトを円滑に進めていくための調整折衝力も必要と言えるでしょう。

物事をロジカルに試行錯誤できる人

アカウントプランナーは任された業務に関する事柄に関してただ与えられた課題に取り組むだけでは不十分ですので、物事を試行錯誤して取り組める人も向いています。

課題を常に自分で設定し、上手く作業が進まない場合には納得するまで何度も調べる必要がありますので、データ収集により顧客分析を行い、明確な答えのない中で解決方法を模索していくことが大切です。

常にデータを収集し分析し続けることによって顧客の心を動かす広告を生み出し、成果を残し続けることが出来ます。

常に貪欲に勉強し続けられる人

アカウントプランナーが属するWeb広告業界は常に新しい情報やルールがスピードを持って回っている世界なので、常に新しい知識を吸収する必要があります。

昨日通っていた手法が今日になっていきなり使えなくなる、なんてこともザラにありますので常に最新の情報を敏感にキャッチアップし続けられる人が向いているでしょう。

▶︎アカウントプランナーで募集中のおすすめ求人はコチラ

アカウントプランナーの将来性は?

アカウントプランナーの将来性は一言で言うと明るいと言えるでしょう。

なぜなら、Web広告業界の市場規模は年々増加傾向であり、長らくTOPに君臨していたテレビ広告の市場規模を超えているからです。

▼今後益々拡大が予測されるWeb広告業界
今後も益々拡大が予測されるWeb広告業界

2022年現在もWeb広告業界の市場規模は年々拡大傾向にあるため、今後も拡大の流れは続いていくものと考えられます。

Web広告業界の市場規模が拡大することで、Web広告へ出向したいと考える広告主が増えることになりますので、必然的に広告主とやりとりを行うアカウントプランナーの需要は拡大していくというロジックですね。

アカウントプランナーに求められるスキル

  • 広告主(顧客)とのコミュニケーションスキル
  • 情報伝達スキル(広告主〜メディア)
  • スケジュール管理能力
  • 判断力
  • 広告に関する知識

広告主(顧客)とのコミュニケーションスキル

Web広告営業はクライアントの要望をヒアリングした上で、最も効果の高い広告を提案する仕事です。

そのため、「顧客の要望を引き出す力」「相手の意見を理解する力」などが、広告営業において欠かせないコミュニケーションスキルといえます。

自分の話を聞かせるのではなく、相手の話を聞き、それに対して期待以上の提案ができるようなコミュニケーションスキルが必要でしょう。

情報伝達スキル(広告主〜メディア)

広告営業はクライアントとのやり取りだけではなく、クライアントとからヒアリングした要望や情報を、自社メディアの運営担当者や広告作成チーム、または他社のメディア担当者などに的確に伝える必要があります。

また、クライアントに対して「できること・できないこと」を伝えたり「作成した広告の意図」などを説明したりする必要もあるでしょう。

広告営業は、クライアントと社内つなぐ役割を担っているため、正確でわかりやすい情報伝達スキルが必須です。

スケジュール管理能力

広告は、クライアントやメディア担当者・デザイナー・コピーライターなど、複数の人と協力会社で作り上げるものです。

広告営業はその全ての架け橋となる存在ですので、各担当者のスケジュールを管理し、円滑に業務を進めるための進行管理を行うスケジュール管理能力が必要不可欠です。

判断力

クライアントのニーズにマッチした広告手法が何か判断できなければ、適切な広告提案はできません。

自身ですぐに判断することができず、曖昧な返答をするようでは、クライアントからの信頼を得ることはできず、競合他社に負けてしまうことになりますので、スピーディかつ的確な判断能力が必要です。

判断力を高めるためにも、日々広告に関する知識をアップデートしていく必要があります。

広告に関する知識

Web広告媒体には数多くのメディアがあり、メディアごとに異なる特性があるため、特性をよく理解した上でないと効果的な広告を企画提案することはできません。

特にインターネットに関しては、リスティング広告やディスプレイネットワーク広告、アドネットワーク・DSP・フィード広告など、多様な広告形態があります。

そのため常に最も効果的な企画を顧客に提案するためには、広告全般に関する幅広い知識が必要です。

アカウントプランナーに未経験転職は可能?

結論から申し上げますと、未経験でもWeb広告営業に転職することは可能です。

企画提案力や広告業界への知見が少なからず必要となる「アカウントプランナー」「広告営業」は、業界未経験OKであっても法人営業の職種経験が求められるケースがほとんどです。

Web広告営業の種類激務度未経験歓迎度
アカウントプランナー
メディア営業
広告営業

しかしながら、Web広告営業の中でも「メディア営業」は全くの未経験であっても転職しやすい傾向にあります、なぜなら、媒体の知識さえ身につければ、比較的すぐに数字を作ることができるからです。

メディア営業の仕事は、決められたWeb広告媒体をクライアントに販売する仕事になりますので、入社後3ヶ月程度社内研修やOJTで知識を学び、基本的な業務を忠実に行っていくことで、無理なく売上げを上げることが可能です。

より具体的な仕事内容については、「メディア営業とは?ノルマ厳しい?未経験転職必勝法」で詳細に解説しているので、ぜひ併せてご参考頂けたらと思います。

▶︎未経験OKなアカウントプランナー求人を紹介してもらう

アカウントプランナーの平均年収はどのくらい?

アカウントプランナーの平均年収は企業にもよりますが、およそ400~600万円前後が一番多いボリュームゾーンであり、営業成績や管理職などの役職が就けば当然更に上の年収も目指すことができます。

サイバーエージェントのアカウントプランナー求人

代表的なWebインターネット企業であるサイバーエージェントのアカウントプランナーに関しては、800万円程度まで年収が出されています。

求人の傾向としては、人材業界で法人顧客との折衝経験がある人材や高い目標を達成してきた実績のある人材を求めている傾向があり、Web広告業界は未経験でも挑戦することが可能です。

アカウントプランナーに強い転職エージェント

Web広告業界は年々成長を続け、転職市場においても売り手市場の、未経験でも挑戦しやすいおすすめの業界です。

しかし、市場拡大に伴い転職を希望する人も増加傾向にありますので、ライバルに差をつけて転職活動を成功させるためには、Web広告営業の求人や転職サポートに強みがある転職エージェントを利用することが、一番の近道です。

転職エージェントを利用すると、現在募集中のアカウントプランナーの求人を紹介してもらえることはもちろん、書類選考添削や面接対策、内定後の年収交渉まで全て転職活動を一貫してサポートしてもらうことができます。

▼転職エージェントの仕組み

最後に現役のWeb・IT業界のキャリアコンサルタント一押しの、アカウントプランナーの求人に強い転職エージェントを2社ご紹介します。

doda

dodaは総合人材サービスパーソルキャリアが展開する、転職サイトと転職エージェント2つの機能を兼ね備えた業界最大級の総合型転職サービスです。

dodaの最大の特徴は業界トップクラスの求人数で、2022年現在、公開求人だけでも1,400件を超えるWeb広告営業(アカウントプランナー)の求人を取り扱っていて、その他にも厳選された優良な非公開求人を保有しています。

第二新卒~管理職経験者まで、幅広い世代向けのWeb広告営業・マーケティング職の求人を豊富に取り扱っていますので、未経験で転職したい方から30代以上で転職をお考えの方にもおすすめできるエージェントです。

▶︎dodaでアカウントプランナーの求人を探す

Web広告転職実績No.1のdodaエージェント

↓dodaの詳細はコチラ

 

求人の豊富さ◎ 約9万件(極めて多い)
対象年齢層20代〜50代
書類選考通過率○ やや高い
年収アップ率◎ 極めて高い

✅転職者の利用満足度No.1
✅全国の求人数約90,000件(※業界1位)
✅プレミアムオファーで書類選考免除

\登録者数1,500人突破!!/

Web広告転職実績実績No.1のdoda公式HPはコチラをクリック

>>doda公式HP詳細はコチラをCheck<<

マイナビエージェント

転職エージェントおすすめ マイナビ

マイナビエージェントは、親身で丁寧なサポートに定評のあるマイナビグループが運営する大手総合型転職エージェントです。

東京・大阪・名古屋などエリア毎に高い専門性を持つ業界専任制を採用していますので、Web広告業界専任のキャリアアドバイザーによる徹底したサポートを受けることができます。

2022年現在、Web上で確認できる広告業界の求人情報は約100件とdodaよりも少なめですが、電通グループや読売広告社など大手企業の求人の取り扱いが多いことが特徴です。

マイナビエージェントで取り扱っている求人の80%以上が一般には公開されていない非公開求人になりますので、エージェントサービスに登録することで一般には公開されていない質の高い求人紹介を受けることができます。

▶︎マイナビでアカウントプランナーの求人を探す

書類選考通過率No.1マイナビエージェント

↓マイナビの詳細はコチラ

 

求人の豊富さ○ 約5万件(業界No.2)
対象年齢層20代〜30代前半
書類選考通過率◎ 極めて高い
年収アップ率○ 高い

✅転職者の利用満足度No.1
✅全国の求人数約7万件(※業界最大級)
✅書類選考通過率驚異の40~50%超

\登録者数1,100人突破!!/

書類選考通過率No.1マイナビエージェント公式HPはコチラ

>>マイナビエージェント公式HPはコチラをCheck<<

ぜひdodaとマイナビエージェントを活用して、効率的にアカウントプランナーへの転職を成功させましょう!

dodaの特徴

求人数96,000件以上(※業界最大級)

転職満足度No.1の親身な対応!

北海道~九州全国に面談拠点あり!

マイナビエージェントの特徴

驚異の書類選考通過率50%!

求人を厳選して紹介してもらえる!

親身な対応で面談満足度が高い!

-IT・WEB業界の転職・就職

\ PR /

Copyright© 転職エージェントマニア.com , 2022 All Rights Reserved.