転職活動

OpenWorkの登録は危険で怪しい?信憑性は?口コミ評判比較

投稿日:

インディードに代表されるダイレクトリクルーティングが転職活動の主流になりつつある昨今。

転職は一昔前に比べ手軽に出来ることとなりましたが、その反面、事前の情報不足などの理由で入社後に後悔してしまうことも多いのが現状です。

そこで今回は企業の評判に関する口コミが掲載されているサイト「OpenWork」(オープンワーク)を紹介します。

転職活動時に気になる企業での、実際に働いているもしくは働いていた従業員からの情報は、企業選びの参考や入社後のリスク回避にも繋がります。

しかし利用していない方からは「口コミ自体は本当なのか?」という疑問を持つ方も多いと思います。

そこで今回はOpenWorkのサービスの概要と信憑性、キャリコネや転職会議など他転職口コミサイトとの比較をお伝えします。

キャリコネの登録は怪しい?信憑性は?転職会議やVorkersと比較


OpenWork転職とは?

OpenWorkは元々Vorkers(ヴォーカーズ)が2019年にOpenWorkに社名変更して誕生しました。

そして国内最大規模の社員口コミと求人サイトへと成長してきました。

従来の求人サイトとは異なり実際に働いている従業員の生の声を知ることができます。

もちろん求人情報も閲覧できますが、企業ごとに年収・給料や福利厚生まで様々な情報を把握することができます。

登録者数は約400万人。

口コミは約1180万件、求人数は9万あります。

このことでもかなりの情報量があることがわかります。

OpenWorkの登録は危険?

OpenWorkは度々利用するのは”危険”などという声が聞かれます。

ですが結論から申し上げますと危険ということはありません

そもそもなぜ“危険”という噂がたっているのでしょうか?

まずOpenWorkに登録や口コミを記載した場合、企業にばれるのではないかという不安からそのような噂がたっていることが予想されます。

ただこれらに関してはバレることはまずありえません。

しかし口コミに関しては、その口コミを書き込んだ内容が特定の方しかわからない情報を書き込むことや、元々従業員が少ない場合は特定されることもありますので、注意が必要です。

転職活動に利用する場合はそのようなリスクも皆無ですので、安心して利用出来ます。

また転職活動時に気になる企業の口コミを見て、悪い口コミが多ければモチベーションが下がるので、そのような意味で“危険”ということはありそうですね。

ただ実際に転職をして後悔するよりはいいと思うのでしっかり情報収集に努めましょう。

OpenWorkの情報の信憑性は?怪しい?

OpenWorkにある口コミの信憑性はどの程度あるのでしょうか?

まず書き込んでいる方は、主に現役の従業員や以前勤めていてすでに退社した従業員です。

特に退社した従業員の方は、その企業に対して恨みがあって、あることないことを書いている可能もありますし、現役の方でも実際非正規雇用の方が、正社員のふりをして書くケースもあるかも知れません。

また、基本的に口コミはその方の主観ですので、本当だったとしても人それぞれ価値観は異なりますので、あくまで参考値として利用することが望ましいです。

悪い口コミもそうですが、良い口コミも企業の採用担当者が書いてイメージアップを図ろうとしていることもあるかも知れませんので、油断はできません。

見極めるポイントとしては同じ企業に複数の方が口コミを投稿している場合、共通している箇所を見ていきます。

複数の方が同じ口コミをしていると信憑性は高いと思われます。

逆に口コミが少ない企業は判断することが難しくなります。

OpenWorkの登録方法とサービス利用の流れ

登録方法

OpenWork公式サイトにアクセス(https://www.vorkers.com/

1.トップページのユーザー登録にアクセス

2.メールアドレスやパスワード、氏名や生年月日などの必要事項を入力して登録

3.ユーザー登録確認の項目で登録を完了ボタンをクリック

登録したメールアドレス宛にメールが届くのでそちらにアクセスして完了です。

サービス利用の流れ

1.トップページの求人を探すから希望条件を選択

2.勤務希望地が決まっている場合は、希望勤務地にチェックを入れる

3.社員クチコミ・年収を探すで口コミを見ることが可能

各項目の総合データがグラフで表示されており、とても分かりやすくなっています。

また各項目も細かく分類されており、気になる情報が探しやすくなっています。

会員登録をしないと詳しい口コミは閲覧できなくなっていますので気になる企業がある方は会員登録がお勧めです。

ここまでの情報量は他の求人サイトや転職エージェントと比べても圧倒的にあり、転職活動をする上でもとても心強いツールであることは間違いがありません。

転職活動の成功のカギは何といっても情報です。

OpenWorkを上手く利用すると素敵な職場に出会える可能性が高まります

OpenWork・キャリコネ・転職会議口コミを比較

ではここからは、実際にOpenWorkを利用して転職先の会社の口コミを情報収集した方々の評判を見ていきたいと思います。

OpenWorkと同じ転職口コミサービスである「転職会議」や「キャリコネ」も利用した方々が比較してどうだったかという観点で感想を伝えてくれているので、非常に参考になる筈です。

●OpenWork利用者の口コミ評判

Q1、利用した転職口コミサイトを教えてください

転職会議・OpenWork

Q2、利用してみてどうだったか感想を教えて下さい

OpenWorkは、やはり企業口コミサイトの大手だと思います。そのためクチコミ数の多さには満足しています。定期的に新しい口コミも増えているので、最新の情報も知りえます。ただその方が正社員で働いていたのか、契約社員や派遣社員であったのかというのが口コミ者の属性からはわからなく、口コミの内容で「期間終了のため」など書いてあって知るということもありました。転職会議はopenworkに比べるとクチコミ数もやや少なめですが、正社員なのか契約社員や派遣社員の意見なのかというのが口コミに書かれているので、そこが一番の違いです。また転職活動をするときに、やはり「どんな選考が行われたか」というのは気になるところですが、中途の転職であるとそのあたりの情報が掴みにくいと感じています。転職会議のサイトには、「面接・選考」という口コミ欄があるので個人的にはかなり活用していました。

●OpenWork利用者の口コミ評判

Q1、利用した転職口コミサイトを教えてください

転職会議・OpenWork

Q2、利用してみてどうだったか感想を教えて下さい

一つの企業に対してレビューの数が多いのはOpenWorkのように思います。体感として掲載されている企業情報の数もOpenWorkの方がヒットすることが多かったです。

転職会議については企業情報の中に業績情報についても記載があるためこれから入社を検討している企業の実績がどうなっているかをざっくりすることが出来るのはメリットであるように感じました。

転職会議には「面接・選考」の項目があり、選考のなかでどのようなことを質問されるのかを過去の事例に則って知ることができ面接対策の一貫になるとともに、その会社の色・社風についても感じ取れることが出来ました。

OpenWorkでも「入社理由と入社後のギャップ」という類似項目はありますが、面接内容を具体的且つシンプルに閲覧することが難しいため単純な面接対策としては転職会議の方が利用しやすかったです。

●OpenWork利用者の口コミ評判

Q1、利用した転職口コミサイトを教えてください

転職会議・OpenWork

Q2、利用してみてどうだったか感想を教えて下さい

口コミだけを見るならOpenWorkの方が断然使いやすい。口コミを見たい人が必ずしも転職を考えているとは限らず、応募しない限り見られない転職会議はその点使いづらい。なおかつ、だからといってサイトの見た目や入口の印象から、転職会議で職探しをする気になれない。垢抜けなさと見にくさから、わざわざここから転職エージェントに登録する必要もなく、診断結果も割と想定内。その点OpenWorkの方が洗練された印象で、口コミも見やすく応募もしやすい。ただ、職種で探すよりもその企業に就職したいという人向けであり、そうなると必然的に規模の大きい会社が多くなり、大企業に就労できるレベルであればともかく、規模を問わず探している人にとっては、応募者も多いことからあまり良い結果は期待できない。もっと視野を広げて職種で選ぶ場合には向かなさそうな印象。

●OpenWork利用者の口コミ評判

Q1、利用した転職口コミサイトを教えてください

転職会議・OpenWork

Q2、利用してみてどうだったか感想を教えて下さい

転職活動をするのに、企業情報を調べたいと思いOpenWorksに登録をし、こちらの方をメインで利用していました。理由としては、口コミ数等多くよりたくさんの人に使われているサービスだと感じたからです。グラフを使って企業の評価が一目でわかったり、年収や職種別の口コミ比較をするにも使いやすく見やすいと感じていました。一方転職会議ですが、こちらはOpenWorksと比較すると口コミ数では劣りますが、実際に採用面接を受けた人の経験談や面接官からの質問内容等も掲載があり、転職活動をする人にとっては貴重な情報源だと感じました。転職会議がOpenWorksに勝る点は正直これだけではと感じたので、OpenWorksにも転職者向けの採用面接での項情報が追加されればより便利に使えると思います。情報を無料で閲覧するにはどちらのサイトも一定数情報を提供しなければいけないという点では同じかと思います。

上記利用者の口コミを見てもわかる通り、OpenWorkは転職会議やキャリコネと比較して企業ごとの口コミの数自体が多く、転職活動においてメインで活用していたという方が多いのが分かると思います。

単純に企業の内部事情の口コミをとにかく集めたいという方は、OpenWorkをまずは利用した方が良いように感じますね。

いずれにせよ、どの転職口コミサイトもそれぞれ独自のウリとする点があるようなので、並行して上手く使い分けるのが賢明でしょう。

キャリコネの登録は怪しい?信憑性は?転職会議やVorkersと比較

-転職活動

PR

親身さがウリ!面談満足度の高い優良おすすめ転職エージェント

フリーター向け就職エージェントおすすめランキングTOP10

就職Shopの評判!ブラック企業の求人しか紹介されない?

パソナキャリアに断られた!なぜ?断られない転職エージェント

【就職Shop vs DYM就職】口コミ評判!面談や求人の違いは?

Copyright© 転職エージェントマニア.com , 2021 All Rights Reserved.