リクルートエージェント・DODAなど転職エージェントの評判を徹底比較

転職エージェントマニア.com

転職活動 新卒の就職活動

【例文あり】映像制作会社の就職・転職志望動機!仕事内容は?

投稿日:

映像制作の仕事はCMや番組制作からYouTube映像、街中で見かける映像、映画など幅広いですね。

その中でも、多くの人が目にする機会のあるテレビCM、ネット動画などの広告映像を制作する会社へ就職・転職の人気が高まっています。

「自分もこんな映像を作ってみたい!」

心躍る映像を見て、そう思う人も多いのではないでしょうか。

しかし、映像制作会社に就職・転職したいと思っても、いざ履歴書を書きはじめると「志望動機」の欄で手が止まってしまう…そんなことはありませんか?

・志望動機欄に何を書いていいのかわからない…。
・ネットを参考にして書いても、なんだか薄っぺらい…。
・志望動機で書類選考に通る気がしない…。
…etc

そこで今回は、映像制作会社で人事経験の筆者が、就職活動や転職で採用担当者の目にとまりやすい志望動機の例文を紹介します!

映像制作会社の仕事内容

映像制作会社の仕事と言っても、仕事内容は多岐に渡りますので、そもそも映像制作の仕事内容はどのようなものなのか志望動機の例文をご紹介する前にご説明します。

ジャンルによってもさまざまですが、今回は『広告映像』のジャンルを想定した仕事内容を職種ごとにご紹介しますね。

いずれの職種も新卒、中途採用で募集のある企業が多いです。

プロデューサー

プロデューサーは一つの映像を制作するにあたり、全体の管理を行います。
主な業務は、

・企画立案
・スタッフキャスティング
・スケジュール管理
・クオリティ管理
・予算管理

などですね。

企業によっては営業職を兼ねている場合があり、新規クライアントの開拓や新規商品の開発、既存クライアントへのアプローチなどが加わります。

ディレクター

ディレクターは映像制作のディレクション業務を行います。

具体的な業務としては、

・映像、動画の企画立案
・構成台本作成
・演出、撮影現場のディレクション
・編集作業、ナレーション収録

などです。

企業によってはプロデューサーとディレクターを兼ねる場合があり、編集作業は編集専門のスタッフを採用している企業もあります。

アシスタントディレクター

アシスタントディレクターはディレクター候補として、撮影を行うにあたっての制作作業全般を行います。

具体的な業務としては、

・リサーチ(ロケ地・タレント・小道具・衣装などの情報)
・ロケハン
・撮影に必要な資料の作成
・撮影当日までの準備(小道具や衣装、美術などの手配)
・ロケ現場での指示、タレントフォロー

などです。

モーショングラフィックスデザイナー

モーショングラフィックスデザイナーは、AfterEffectsを使用したモーショングラフィックスの制作を行います。

ディレクターからの指示を受け、指示書通りにグラフィックスを作成しますが、時にはキャラクターのコンペから参加したり、フルCG制作の場合はアートディレクションを担当することもあります。

映像制作会社の就職・転職志望動機作成のコツ

映像制作会社の就職志望動機作成のコツ

新卒の就活における志望動機では、絶対にはずしてはいけないポイントが2点あります。

1.なぜこの業界に興味を持ったのか?または魅力を感じているのか?
2.なぜ数ある会社の中からこの会社に興味を持ったのか?

上記2点です。

特に映像制作の場合、広告やテレビ番組・映画・ゲームなどさまざまなジャンルに分かれるため、「なぜそのジャンルを志望しているのか?」に言及していることも重要なポイントになります。

映像制作会社の転職志望動機作成のコツ

未経験から映像制作のディレクター職に転職する場合の志望動機は、次の点を盛り込んだ内容にしましょう。

1.なぜこの業界に興味を持ったのか?または魅力を感じているのか?
2.なぜこの仕事に興味を持ったのか?
3.なぜ数ある会社の中からこの会社に興味を持ったのか?
4.未経験を補えることを何かしているか?
5.これまでの経験で活かせるスキルはあるか?

未経験かつ前職が志望する職種となんら親和性がない場合、技術力が必要となるクリエイティブ系の職種への転職はかなり難易度が高いと言えます。

映像制作会社の就職・転職志望動機例文まとめ

いずれの職種も新卒、中途採用で募集のある企業が多いですが、志望動機となると一体どう書けばいいのか悩んでしまいますよね。

そこで、今回はケース別の志望動機の例文をご紹介していきます。

✅新卒向け▶︎モーショングラフィックスデザイナーを志望する場合
✅新卒向け▶︎アシスタントディレクターを志望する場合
✅転職者向け▶︎ディレクターを志望する場合
✅転職者向け▶︎プロデューサー/営業職を志望する場合

それぞれのケースで例文と作成のポイントをご紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

就職志望動機例文①:モーショングラフィックスデザイナー

就職志望動機例文

私は十数秒の短い時間で人の心を動かすことができる映像に幼い頃から強い可能性と魅力を感じています。

専門学校では主にテレビCMを参考に企業のサービスや商品を例にして「自分ならばどう作るか」と自らに問いかけながら作品を制作してきました。

映像を見ているユーザーの想像力を刺激する手段としてのモーショングラフィックスの可能性は無限であり、自分の限界を超えて挑戦し続けていけるジャンルだと思っています。

貴社は広告映像の制作会社の中では特にモーショングラフィックスの評価が高く、映像におけるグラフィックスの重要性も強く認識されていると企業研究する上で発見しました。

私も高い技術力を持つチームに身を置き、スキルを磨いて質の高い映像制作をしていきたいと考えています。

モーショングラフィックスの場合は、ジャンルによって成果物や求められるスキル、使用ソフトが大きく変わってきます。

そして、最終的に「入社して何をしていきたいのか、どうなりたいのか」がそのジャンルの特性に合致しないと、書類選考の段階でミスマッチと判断され、落とされてしまう可能性が高くなりますので注意しましょう。

就職志望動機例文②:アシスタントディレクター

就職志望動機例文

大学時代に参加していた演劇サークルの発表会のため、宣伝用の動画を企画・制作をほぼ一人で行ったことが広告映像に興味を持ったきっかけです。

制作した動画を見て、発表会に来てくれたお客様がかなり多くいたことがアンケートでわかりました。

短い動画にも関わらず人の行動を促せたことで広告映像の力を強く感じ、もっと専門的に広告映像を制作してみたいと考え、この業界を志望しました。

企業説明会に参加し、貴社の「新入社員でも下積みはなし。どんどん現場を担当させて経験を積ませる」という方針への共感。

また、入社後1年で何ができるようになっているのかを実際の社員がお話されているのを聞き、ぜひ貴社の一員になって貴社のミッションである「夢中にさせる」ことに貢献していきたいと思いました。

ディレクター候補であるアシスタントディレクター職を志望する場合、モーショングラフィックスデザイナーとは異なり、企業の採用担当者や現場責任者が重視するポイントは、

映像制作への熱意

アシスタントディレクター職の業務に近しい経験を積んでいるか※または映像制作をしたことがあるか

上記2点を重要視されます。

アシスタントディレクター職は複数の映像制作案件を同時に担当することが多いため、マルチタスク能力と細かい作業への忍耐力、物事に対する粘り強さを重点に、適応能力があるかを判断されます。

また、人によっては細かい作業を地味だと感じることがあるため、地味さに耐えられるだけの映像制作にかける情熱があるかどうかも判断されることがあるので、フォローできるエピソードがあれば加えておくと良いでしょう。

転職志望動機例文①:ディレクター

転職志望動機例文

一つのジャンルにとらわれず幅広いジャンルの広告映像を手がけていること、「世の中を映像で夢中にさせる」という理念に共感したことから、ぜひ貴社にて広告映像の制作に携わりたいと考え応募いたしました。

私は前職でスマートフォンの販売をしていました。

販促のCMや動画で流入するお客様も非常に多かったことから広告映像に興味を持ち、様々なCMや動画の研究をしているうちに、自分の手で人の心を動かす広告映像を制作したいという気持ちになりました。

現在は独学で企画や編集、機材、撮影の勉強を行い、休日には実際に自分で企画したものを撮影・編集してスキルを磨いています。

前職の職場で「努力家で、機種ごとの特性や機能、細かく煩雑なプランを最速で覚え、お客様の悩みにあわせた機種やプランの紹介が営業所内で一番得意」と評価された持ち前の勤勉さと高い提案力を活かし、一日でも早く貴社に貢献できる人材として活躍して行きたいです。

未経験分野からの転職の場合、採用担当者も現場責任者も、どの業界・職種からの転職にせよ「大胆なキャリアチェンジ」と見ています。

そのため、「入社してすぐに辞めないか?」「ミスマッチは起きないか?」という視点で応募書類を読んでいます。

そのため、前述した5点のいずれかが欠けても致命的と考え、しっかりと構成を作成しましょう。

転職志望動機例文②:プロデューサー/営業職

転職志望動機例文

貴社のプロデュース職は、営業活動だけではなく企画やキャスティング・予算管理・進捗管理など、映像制作にかかわる全工程に携わることが可能です。

そのため上流工程でありつつもクリエイティブ色も強い側面があり、その点が大変魅力であるため応募いたしました。

就職活動時は広告業界に興味がありつつも別の業界を選択しましたが、学生の頃から広告に携わりたい、特にCMやウェブ動画の制作に携わりたいという想いをどうしても諦めきれず、転職活動をはじめました。

前職と現職ではイベント会社の営業職としてクライアントの利益を最大化することに焦点を置いた企画の立案と、社内の利益も最大化するリソースの管理を得意としておりました。

この経験を活かし、消費者もクライアントもクリエイターも夢中になれる映像を世に送り出し、貴社の業績に貢献していきたいと考えております。

未経験からプロデューサーや営業職に転職する場合の志望動機も、基本的にはディレクター職と同様のポイントをおさえた内容にするのがベストです。

ただし、別業界の営業職からの転職である場合は、「どのような視点を持って業務を行っていたか」というポイントを加えましょう。

プロデューサーや営業職といった上流工程にかかわる職種の場合、採用担当者や現場責任者は、

「計数管理ができるか」
「課題解決能力の高さ」
「危機管理意識の高さ」
「コミュニケーション能力」
「柔軟性の高さ」

といったポイントを重視していますので、上記にもし該当するエピソードがあれば、内容に盛り込むのも一つの方法です。

映像制作会社の仕事は根気のいる仕事だが多くの人に”想い”を届けられる

映像制作の仕事は、イメージ的には華やかそうに見えても、実は根気のいる作業が多い仕事です。

WEB動画の需要が高まっている近年、大きな夢を見て映像制作業界に入ってくる人たちは多いですが、地道を絵に描いたような細かく膨大な作業量に疲弊し、去っていく人たちもまた多いのです。

しかし、そんな中でも映像クリエイターは自分たちの作った映像が、クライアントが商品やサービスに込めた”想い”を消費者の心に届けるのだ、という誇らしい気持ちで日々制作に打ち込んでいます。

手がけた映像がテレビで、ウェブ上で、街中で流れているのを見たとき、言葉にできないやりがいを感じることができるでしょう。

志望動機にあなたの映像制作にかける想いを込めれば、多少つたない内容であってもきっと採用担当者や現場責任者に気持ちが届くはずですよ。

今回ご紹介した例文を参考に、ぜひ熱い志望動機を作成してみてくださいね。

dodaの特徴

求人数120,000件以上(※業界最大級)

転職満足度No.1の親身な対応!

北海道~九州全国に面談拠点あり!

リクルートエージェントの特徴

非公開求人数170,000件以上

成功実績NO.1の充実したサポート

業界・職種の専門知識をもったキャリアアドバイザーの圧倒的サポート

-転職活動, 新卒の就職活動

PR

親身さがウリ!面談満足度の高い優良おすすめ転職エージェント

フリーター向け就職エージェントおすすめランキングTOP10

既卒の就職エージェントおすすめランキング【既卒就活生必見】

就職Shopの評判!ブラック企業の求人しか紹介されない?

パソナキャリアに断られた!なぜ?断られない転職エージェント

【就職Shop vs DYM就職】口コミ評判!面談や求人の違いは?

Copyright© 転職エージェントマニア.com , 2019 All Rights Reserved.