リクルートエージェント・DODAなど転職エージェントの評判を徹底比較

転職エージェントマニア.com

転職活動

小売業からは転職できない?転職先のおすすめと志望動機作成方法

更新日:

「小売業からの転職はできない」そう思っていませんか?

アルバイトで軽い仕事が多いイメージのある小売業は、他の職種や正社員への転職はできないと考えてしまいますよね。

ところが、それは思い込みです。

小売業からの転職はそれほど難しくありません、なぜなら、小売業は簡単な仕事が多いかもしれませんが、その仕事は全ての仕事の基礎だからです。

また、空前の人手不足の中、小売業に勤めていることはハンデにはならず、むしろアピールポイントにすらなる可能性があるのです。

実は、小売業は全ての仕事の基礎であるがために、転職で役立つポイントが多いと言えますので、今回は小売業から上手く転職するための方法を解説していきます。

小売業からは転職できない?

小売業からの転職難易度を示す指標として、まずは下記図表をご覧ください。

 (引用元:労働政策研究報告書No.175より)

上記図表によると、現在の職業を100と見たとき、小売業の職種である販売従事者の転職状況は、販売従事者を除いて全体的に低い数値であることがわかります。

つまり極端な話ではありますが、小売業からの転職は同じ小売業以外にしにくいということです。

捉えようによっては、小売業以外に転職しようとして失敗した結果、仕方なく小売業に戻ったという可能性もあるでしょう。

ただ、一つ確実に言えるのは、小売業から他の業種への転職ができていない訳ではないということです。

確かに数字としては低いですが、転職に成功している人がいるのは紛れもない事実といえるでしょう。

小売業だからといって転職を諦める必要はありません。

小売業から転職を考える理由

小売業からのおすすめ転職先を紹介する前に、なぜ小売業を辞めたいのかの理由について多い順番に解説して参りたいと思います。

実は小売業というのは非常に離職率が高い業界で、新卒入社後3年後の離職率に関してはワースト5に入るんですね。

★離職率の高い業界TOP5★
第1位:宿泊・サービス業(50.2%)
第2位:生活関連サービス・娯楽(46.3%)
第3位:教育・学習支援業(45.4%)
第4位:小売業(38.6%)
第5位:医療・福祉係(37.6%)

では一体なぜここまで小売業は離職率の高い業界なのか、理由を4つに分けて解説して参ります。

転勤が多い

小売業は転勤が多い業界として有名で、多いところだと半年に一回のペースで転勤を通達されるケースもあります。

全国に店舗や支社のある企業であれば全国転勤を短いスパンで強いられる可能性があるので、その結果離職率が高くなっています。

休日が少ない

小売業は休日が少ない業界として有名で、年間休日は100日前後と他の業界と比較してもかなり休みが少ないという現状です。

休みが少ない上に土日出勤の割合も非常に高いので、結果辞めてしまうという結果に至っているんですね。

労働時間が長い

小売業は休みが少ないだけでなく、平均労働時間が長い業界としても知られています。

店舗の人手が不足している場合、当然一人あたりの働く時間が長くなりますので、1ヶ月あたり300時間を超えることもザラです。

平均年収が低い

小売業は休みが少なくて労働時間が長い上に、平均年収が低い業界としても知られています。

もちろん大手コンビニエンスストアのような平均年収が高い会社もありますが、業界全体として他の業界と比較すると、やはり低いのが現状です。

小売業からの転職に強い転職エージェント

第1位:doda 利用者満足度No.1

第2位:マイナビエージェント 20代転職に強い

第3位:リクルートエージェント オールラウンド型

小売業からのおすすめ転職先まとめ

では小売業から転職を考える理由が分かったところで、転職するならどのような業界・職種が良いか紹介しましょう。

転職活動における書類選考や面接の志望動機で使える、小売業からの転職ならではの強みも併せて解説して参ります。

接客業(サービス業)

小売業からの転職で最も堅実かつ現実的なのは、やはり接客業です。

接客業というと、飲食店での給仕の仕事が思い浮かぶかもしれませんが、ここでおすすめするのはサービス業全般です。

たとえば、

・介護施設での仕事
・ホテル・旅館での仕事
・美容師などの専門技術系
…etc

上記のようなサービス業も含みます。

なぜ小売業から接客系の仕事への転職がおすすめなのかというと、やはり対人業務経験が活かせるためです。

アルバイトのイメージが強く、誰にでもできる仕事という印象が強い小売業やサービス業ですが、実のところ対人業務は誰にでもできるわけではありません。

関連:人手不足の職業・業界ランキングTOP10【2018年最新版】

対人業務ができないという人は多いですが、小売業は対人業務の中でも、直接商品を販売する仕事なので、お客様の反応や様子をうかがい、販促活動を行う能力が求められます。

この相手の反応をうかがって何かを提案するという力は、接客業やサービス業ではとくに高く評価される能力なのです。

志望動機もこの点を強く訴える文章にすると良いでしょう。

業種を問わず営業

小売業からの転職で考えやすいものとして、営業職があげられます。

営業職の業種は問いません。

業種については強いて言うのであれば、転職のしやすさから言うとこれまで小売業で働く際に扱っていた商品と近い業界がおすすめです。

小売業から営業職への転職は、商品を販売する点や商品の良さを伝える点、お客様のニーズをつかむ点など、多くの共通点があります。

そのため、採用する側としても営業職経験者の次程度には評価しやすく、実際に仕事に就いた後の順応しやすさも期待できるのです。

関連:ルート営業とは?つらい?向いてる人の特徴は?転職志望動機も

実際に働く上でも、小売業で培った対人能力や販売能力は活かせる機会が多いので、働いていてしっくりくる人が少なくありません。

とくに小売業で働いていた際に扱っていた商品の営業の場合は、小売業での経験が役立ちます。

たとえば例を挙げると、小売業で化粧品を扱っていて、化粧品をお店に営業する仕事に転職した場合。

実際にその商品を手に取るお客様の反応や販売する店員側の目線が分かっているため、どうすればその商品がお店に受け入れられるかが分かります。

顧客の動きを察知する能力は、営業職を採用したい企業側が強く求めるものなので、志望動機を作る際にもぜひこの点を強く訴えましょう。

農林水産業

小売業での経験は、生産の仕事でも役立てられます。

とくに昨今生産から販売まで行う6次産業化が進む農林水産業では活用機会が多く、転職でも有利に働きます。

なぜならば、従来の一次産業で働く人々は"作る側"だったため、販売する能力に乏しく、販売経験がないことからお客様の目線を理解するのにも頭を悩ませていたのです。

小売業経験者は、そのような一次産業企業では非常に重要な存在で、小売業としての経験がそのまま活かすことができます。

また、小売業の経験があれば、売り方だけでなく売ることを前提とした作り方を生み出せますので、従来作るだけだった人々には新鮮であり、高く評価されやすいポイントになるのです。

加えて、一次産業企業は対人の面でも弱みがあるので、対人業務が中心となる小売業経験者は是が非でも欲しい人材といえます。

志望動機では、販売目線・お客様目線で生産から販売まで柔軟に対応できる点を訴えましょう。

小売業の転職におすすめの転職エージェント

小売業は前述した通り転職できない仕事ではありませんが、何も準備をしないまま転職活動を行うと、選考で落とされて自信を喪失することに繋がりかねません。

しかし、転職エージェントを利用することで、書類選考対策や面接対策はもちろん、先ほどご紹介した以外のあなたにおすすめの仕事をいくつもキャリアアドバイザーが紹介してくれます(※完全無料です)。

昨今転職エージェントは非常に数が多く悩みやすいものですが、今回紹介する2社ならば、小売業からの転職もスムーズに進められることでしょう。

doda

昨今「働いて笑おう:のCMで知名度が上がっているdodaですが、キャリアアップを考えるならばぜひ使っておきたいところです。

↓dodaの登録はコチラ

好待遇求人が多いのはもちろん、たとえば非正規雇用から正規雇用へのステップアップにも熟知したエージェントが数多く在籍しています。

東京都では、非正規雇用のキャリアアップ事業を国から受託しているほどですので、信頼感も非常に高いエージェントと言えるでしょう。

非正規雇用であることも多い小売業から、他業種で正社員としてより確かなキャリアを築きたいなら、間違いなく役立ちます。

マイナビエージェント

新卒就活生向けのマイナビを運営している株式会社マイナビが母体のマイナビエージェントは、20代の転職支援に圧倒的な強みを持っています。

↓マイナビエージェントの登録はコチラ

20代の転職サポートにおいては業界No.1と言って良いほどの実力があり、書類添削や面接対策、年収交渉などあらゆる場面で力になってくれます。

小売業からの転職も、将来どのようなキャリアを歩んでいきたいかというキャリアプランの構築から手伝ってもらえますので、ぜひ相談だけでもしてみましょう。

リクルートエージェント

日本を代表する転職エージェントであるリクルートエージェントの特徴は、求人数の多さとキャリアアドバイザーの経験値の高さです。

↓リクルートエージェントの登録はコチラ
リクルートエージェント

求人数は非公開求人だけでも15万件以上保持しており、圧倒的に数が多いため、小売業からの転職であっても選択肢が多く、転職しやすいのが特徴です。

経験豊富なキャリアアドバイザーが職務経験から適切な指導をしてくれますので、求人選びから採用される志望動機の書き方、面接対応までしっかりとしたアドバイスを受けながら転職活動を進められるようになります。

リクルートエージェントの評判口コミ

小売業から転職できないは嘘!

今回冒頭でお伝えした通り、小売業から他の業種・職種へ転職することは、他の仕事と比較するとっや難しい部分もありますが、不可能なことではありません。

先ほど紹介した転職エージェントを上手に活用しながら転職活動を進めていくことで、あなたにピッタリの職場をより効率的に情報収集することができます。

あなたの小売業からの転職が成功し、最高の職場で働ける日が来ることを心より応援しています。

dodaの特徴

求人数120,000件以上(※業界最大級)

転職満足度No.1の親身な対応!

北海道~九州全国に面談拠点あり!

マイナビエージェントの特徴

驚異の書類選考通過率50%!

求人を厳選して紹介してもらえる!

親身な対応で面談満足度が高い!

リクルートエージェントの特徴

非公開求人数170,000件以上

成功実績NO.1の充実したサポート

業界・職種の専門知識をもったキャリアアドバイザーの圧倒的サポート

-転職活動

PR

親身さがウリ!面談満足度の高い優良おすすめ転職エージェント

フリーター向け就職エージェントおすすめランキングTOP10

【リクルートエージェントvsdoda】違いを徹底比較【どっち?】

就職Shopの評判!ブラック企業の求人しか紹介されない?

パソナキャリアに断られた!なぜ?断られない転職エージェント

【就職Shop vs DYM就職】口コミ評判!面談や求人の違いは?

Copyright© 転職エージェントマニア.com , 2019 All Rights Reserved.