リクルートエージェント・DODAなど転職エージェントの評判を徹底比較

menu

転職エージェントおすすめランキング.com

リクルートエージェント
▼転職者実績No.1のリクルートエージェント▼

メガバンクからの転職先おすすめ一覧まとめ【プロが直伝!】

メガバンクからの転職で、どのような転職先を選べばいいのか迷ってはいませんか?

メガバンクからの転職は、その市場価値と経験が活きる業界や職種を知れば、どのように転職先を選べばいいのか分かります。

「銀行勤務は潰しが効かない」と言われることもありますが、メガバンク経験者の転職市場価値は非常に高いです。

実際に私の知るメガバンク経験者も、銀行業務での経験を買われて転職し、年収アップを遂げた人は少なくありません。

しかしあらゆる会社でメガバンク経験者の価値が認められるわけではありません。

より良い環境を求めて転職するのであれば、メガバンク経験者の価値を認めている会社にフォーカスした転職活動が欠かせません。

本記事では、私の人材紹介業界での実務経験を元に、メガバンクからの転職先としておすすめの一覧をまとめて紹介していきます。

メガバンクで働くことで身につくスキル

メガバンクが地銀や一般的な企業と異なる点は、日本全国に支店があるだけでなく、グローバルに事業を展開している点です。

本店や海外勤務であれば、金融に強くなるだけでなく英語力のようなグローバルなビジネススキルを身につけることができます。

その他にメガバンクで働くと、以下のスキルを身につけることができます。

法人営業業務

各社の代表や担当者と関係を構築することが前提の業務となるため、コミュニケーションスキルと交渉力、営業力が身につきます。

リスク管理業務

リスク管理の施策や業務上起きた問題の解決策を示す業務となるため、問題解決能力と、論理的思考力、エクセルやパワーポイントを使った資料作成のスキルが身につきます。

財務分析業務

資金調達や予実管理の仕事を通して財務分析スキルを身につけることができます。

経営企画業務

海外の大手金融機関・企業の動きを意識したグローバルなマーケティング、計数管理、企画力を身につけることができます。

メガバンクからの転職先おすすめまとめ

ではここからは、メガバンクからのおすすめの転職先まとめを4つに分けてご紹介して参ります。

前述したメガバンクで働くことで身についたスキルを存分に活かせる転職先ばかりなので、ぜひ転職活動の参考として頂ければ幸いです。

転職先おすすめ①:戦略系コンサルティングファーム

戦略系コンサルティングファームではマーケティング戦略だけではなく、人事戦略や新しいサービス開発の戦略など、事業全体を俯瞰しながら中長期的に考える能力が求められます。

メガバンクで働いていると、財務分析などを通じて会社全体を見ている経験があるので、業務としても馴染みやすく、また実際に経験としても評価されやすい傾向があります。

戦略的コンサルティング会社としては、以下の企業があります。

・A.T.カンパニー
・ベインアンドカンパニー
・ボストンコンサルティンググループ
・マッキンゼーアンドカンパニー

これらは全て外資系となるため、ある一定以上の英語力が求められます。

メガバンクで海外勤務経験があれば、その経験と英語力を武器にすることもできるので、転職先としてはおすすめです。

外資系企業への転職に抵抗を感じられる場合は、「外資系への転職はチャンス?外資系企業で働く4つのメリット」の記事をご参考にされてみて下さいね。

転職先おすすめ②:投資ファンド

投資ファンドは金融機関や個人などの投資家から資金を集め、投資によって得たリターンを還元する投資を主な事業としています。

実務として案件探し、価値評価、投資実行、売却(IPO)などがあるため、メガバンクで投資判断に関する実務経験があれば、そのスキルが評価される可能性があります。

投資ファンドの採用枠は少人数に限られています。

また、即戦力を前提とした採用になるため、競争としては厳しくなりますが専門的な経験がある場合はおすすめです。

投資ファンド会社としては、以下の企業があります。

・ブラックストーングループジャパン株式会社
・CVCアジアパシフィックジャパン株式会社
・オリンパスキャピタルホールディングスアジア
・キャスキャピタル株式会社

転職先おすすめ③:M&A仲介会社

M&Aの支援や仲介を実施する企業では、様々な企業とのネットワークを強くするために、企業オーナーや社長へのアプローチが欠かせません。

そのためメガバンクで身につけた営業力や交渉力が評価されます。

またM&Aを成立させるためには売り手と買い手を上手くマッチングさせなければいけません。

財務分析や会計などのファイナンススキル、そして経営トップを納得させるだけの人間力とコミュニケーションスキルも求められます。

メガバンクで身につけた営業力に自信がある場合、おすすめの転職先です

M&A仲介会社としては、以下の企業があります。

・M&Aキャピタルパートナー株式会社
・株式会社東京MAパートナーズ
・日本M&Aマネジメント株式会社
・株式会社コーポレートアドバイザリーM&A

転職先おすすめ④:監査法人

監査法人は会計監査が主な業務のイメージとしてあるかもしれませんが、その他にリスク管理や金融機関向けのコンサルティング、システム監査なども提供しています。

メガバンクの経験はこれらの事業のうち、特にコンサルティングサービスで評価されます。

また、グローバル化が進む昨今では監査法人のクライアントである日経企業もグローバルに展開しているケースが増えているため、英語力が求められることは少なくありません。

海外勤務などで英語に強みがある場合にもおすすめの転職先です。

監査法人としては、以下の企業があります。

・有限責任あずさ監査法人
・有限責任監査法人トーマツ
・PwCあらた有限責任監査法人
・アスカ監査法人

メガバンクからの転職先候補はまだまだある

今回はメガバンクにお勤めの方の転職先候補として、代表的な4つの転職先を例に挙げて紹介して参りました。

しかし、メガバンクという倍率の高い企業で勤め上げた経験を高く評価する会社はまだまだあるのが現状で、今回紹介した転職先はごく一部にしか過ぎません。

今回紹介した転職先にイマイチ働きたいと思える会社がなかった場合には、転職エージェントを活用することで他のおすすめ転職先候補を担当キャリアアドバイザーがいくつかピックアップして紹介してくれます。

転職エージェントについては、「転職エージェントおすすめランキング!1000人の評判比較」の中で詳しく紹介していますが、転職先を紹介してくれるだけでなく、職務経歴書の添削から面接対策まで幅広く転職活動をサポートしてもらうことが可能です。

外資系転職に強い転職エージェントおすすめランキングTOP10」のような特化型エージェントも数多くありますので、ぜひ転職エージェントを上手く活用しながら、今のメガバンクという職場よりも更に良い最高の職場への転職を目指しましょう。

リクルートエージェントの特徴

非公開求人数170,000件以上

成功実績NO.1の充実したサポート

業界・職種の専門知識をもったキャリアアドバイザーの圧倒的サポート

PR

転職エージェントおすすめランキング!1000人の評判比較

フリーター向け就職エージェントおすすめランキングTOP10

リクルートエージェントの評判口コミ!1000人に面談と求人を取材

就職Shopの評判!ブラック企業の求人しか紹介されない?

パソナキャリアに断られた!なぜ?断られない転職エージェント

【就職Shop vs DYM就職】口コミ評判!面談や求人の違いは?

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【全国版】47都道府県別のおすすめ転職エージェント一覧まとめ【随時更新中】

【業界別・職種・年齢別】おすすめ転職エージェントランキング【随時更新】

【面談満足度No.1】親身さがウリのMAP転職エージェントに取材インタビュー!

ビジネスマン向けファッション特集

あなたは大丈夫?【当サイト人気講座】

カレンダー

2018年7月
« 6月   8月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

業界圧倒的No.1実績『リクルートエージェント』の評判口コミ面談場所別まとめ

リクルート運営のNo.1正社員就職支援『就職Shop』評判口コミまとめ決定版