リクルートエージェント・DODAなど転職エージェントの評判を徹底比較

menu

転職エージェントおすすめランキング.com

リクルートエージェント

リクルートエージェントに断られた!断られる理由と対処法は?

リクルートエージェントに断られる(断られた)という人に向けて、断られた理由と取るべき対処法について解説して参ります。

・リクルートエージェントに面談を断られた自分ってヤバイ?
・他の転職エージェントにも断られたのに。。

・以前は登録できたのになぜ?
…etc

上記のように戸惑う方もいるかと思いますが、ご安心ください。

リクルートエージェントに面談を断られたとしても、他エージェントであれば登録ができる事例も多くあります。

最終更新日.2018年11月15日

リクルートエージェントに断られた!

一体誰がこうなることを予想したでしょうか。

下記のメールは、実際にリクルートエージェントから送られてきた登録拒否メールです。

ショックです。。。

数ある転職エージェントの中からせっかくリクルートエージェントを選んだにもかかわらず、送られてきたのはテンプレート化されたお祈りメールでした。

なぜ、業界最大手で転職者実績数No.1のリクルートエージェントから、登録を拒否されてしまうのでしょうか。

リクルートエージェントに面談を断られる理由

リクルートエージェントに面談を断られる理由としては、先ほど紹介した返信メールにも記載されている通り「紹介できる求人がない」の一言に尽きます。

しかしそれでは何の解決にもなりませんし、何より今後どのようなアクションを起こせば良いかわからないと思いますので、より深掘りして断られた理由を解説していきます。

年齢×スキルバランス

リクルートエージェントの公式HPを見ると「申込の年齢制限はありません。幅広い年齢層の方が転職を実現されています。」とは書いてあります。

▼リクルートエージェント公式HPより

しかし現実的に考えると、日本の採用マーケットでは特に年齢とスキルのバランスに対してシビアな目で見ます。

そのため、40,50代でマネジメント経験がないと紹介できる求人が少なく、繁忙期や人手不足の際は登録の優先順位を下げられてしまうのです。

▼リクルートエージェント転職決定者の年齢

以前の転職では活用できたけれども数年後には登録を断られたという事案は、紹介求人と年齢の兼ね合いによって引き起こされるという訳です。

企業に紹介できるスキルや資格がない

転職エージェント経由で入社する場合、どうしても一定のスキルや経歴が必要となります。

理由は転職エージェントの仕組みとして、求人企業は採用が成功すると、採用した人の年収約30%をリクルートエージェントに支払わなければなりません。

たとえば採用した人の年収が400万円であるとするならば、一人当たり120万円もの採用報酬をリクルートエージェントに支払っているという計算になりますよね。

▼リクルートエージェントの報酬の仕組み

つまり企業からすると、採用のハードルは他の採用手法と比較しても高いということになります。

よってリクルートエージェントは、「どの会社からも採用されないようなスキルのない人材に関しては、転職をサポートするだけ時間のムダ」ということになってしまいますので、登録を断っているという訳ですね。

また、一定のスキルがないと判断されてしまう基準としては、

・一つの会社を1年以下で辞めてしまっている
・営業の経験が1年未満〜1年弱しかない
・マネジメント経験がない(30代〜40代)

などが代表的なものとして挙げられます。

「定量的な●年とかの経歴を見るのではなく人物を見てよ!!」と思う気持ちもわかりますが、リクルートエージェントのような大手だとどうしても機械的に分別されてしまいます。

経歴が特殊なため

一般的な転職市場にはなかなかいない人材にも関わらず、特殊な経歴を持っている方でもリクルートエージェントに断られてしまうことがあります。

たとえば代表的な例として挙げられるのが「自営業」で、会社員では得られないスキルを持っていたとしても、採用企業側がそのスキルの価値を判断できないため採用できないという現実があります。

採用企業が価値を判断できないということはリクルートエージェント側もサポートをしても時間の無駄となってしまうため、厳しいですが断られてしまうという訳ですね。

※大道芸人や大学教授等特殊な職種経験者も同様に紹介先となる求人が用意できないため、求職者の手間を取らせないためにも登録を拒否されるケースもあります。

ジョブホッパー(転職回数が多い、就業年数が短期間ばかり)

企業が転職エージェントに求める一つの機能に“スクリーニング”というものがあります。

転職エージェントは求職者の人物、能力等の足切りを行い、自社の信頼を課すに値する候補者しか企業に提案しません。

足切りをされることの多い項目としては、

・年齢に対する転職回数
・営業やマネジメント経験がない

上記に引っかかってしまうと、自動的にリクルートエージェントに足切りされ、利用を断られてしまうこととなる可能性が高いです。

特に転職回数については、20代・30代・40代でそれぞれ相応の平均転職回数があるので、それをオーバーしてしまうとかなり厳しくなってしまいます。

〜25歳まで 3社以上
25歳〜29歳 4社以上
30歳〜35歳 5社以上
35歳〜59歳 6社以上

人気の大手企業では応募者数も多く、様々なバックグラウンドの人材が詰め寄せてくるため、転職エージェントのお墨付きを得た求職者を中心に選考を進めるほどです。

ですから、入社後にすぐに辞める可能性があったりミスマッチのリスクを孕んだ求職者はエージェントの信頼を勝ち得られないため、登録を断られてしまう傾向にあるのです。

関連:ジョブホッパーとは?意味と特徴!転職しまくった末路は…?

面談場所から遠い

リクルートエージェントは転職エージェントの中でも最大の全国15箇所に面談拠点が構えられていますが、面談場所から離れた場所に住んでいる場合、利用を断られてしまうこともあります。

リクルートエージェントの面談場所拠点は、札幌・仙台・宇都宮・大宮・千葉・東京・横浜・静岡・名古屋・大阪・神戸・京都・岡山・広島・福岡の15拠点ですね。

ただし場合によっては、リクルートエージェントの電話面談で対応してもらうことも可能なので、もし万が一遠方が理由で断られた場合は希望して電話で対応してもらいましょう。

あるいは電話でなく対面でしっかりとサポートを受けたいという方は、あなたがお住まいの地方に強い転職エージェントの利用に切り替えるべきだと言えますね。

地方別おすすめ転職エージェント一覧まとめ【47都道府県別】

リクルートエージェントに断られた時の対処法

リクルートエージェントに断られたからといって絶望を感じる必要はなく、リクルートエージェントのターゲット求職者ではなかっただけの話です。

リクルートエージェントは業界や職種に特化したエージェントではないので、自分の経験業界や職種に強みがあり自分の年代や職種の転職支援を得意とするエージェントを利用すれば、問題なく転職活動が進められます。

あなたの年代や能力を活かせるエージェントは他にもあるため、早々に他エージェントへの登録を進めることをお勧めします。

業界No.2のdoda

リクルートエージェントを選んだということは大手転職エージェントを利用したいとお思いの筈ですので、まず挙げられる代替エージェントとしては「doda」がおすすめです。

↓dodaの登録はコチラ

dodaはリクルートエージェントに次ぐ業界2位の実績と規模を誇る転職エージェントで、リクルートエージェントに負けず劣らずの豊富な求人バリエーションを誇っています。

さらにdodaはリクルートエージェントよりも「担当キャリアアドバイザーが親身」という評判が多いので、しっかり転職活動をサポートしてもらいたいという方にも適しています。

関連:【リクルートエージェントvsdoda】違いを徹底比較【どっち?】

理想はリクルートエージェントとdodaの2社を併用して理想の転職先を見つけるという方法ですが、リクルートエージェントに断られた今、頼るべきはNo.2のdodaでしょう。

既卒やフリーターは就職Shop

既卒やフリーターでリクルートエージェントの利用を断られてしまった方は、就職Shopが最も適したエージェントサービスとなります。

↓就職Shopの登録はコチラ

就職Shopはリクルートグループが運営している事業の一つであり、フリーター・既卒・第二新卒など若手の就職支援を専門に扱っているサービスです。

リクルートエージェントと比較すると「正社員未経験でも歓迎」求人を多数保有しており、同じ層を対象とする就職支援サービスでは最大の知名度を誇っていると言えます。

▼就職Shopの取り扱い求人

紹介される求人は100%地道に新たな企業開拓をした会社であるため、担当キャリアアドバイザーがしっかりと情報を持っている点も入社後のミスマッチをなくすことに繋がります。

キャリアアドバイザーは一人ひとりの求職者に丁寧に対応してくれるので、転職や就職活動に不安を持たれている方でも、安心して選考活動に集中できると言えるでしょう。

就職Shopの評判・口コミはコチラ

40代以上はJACリクルートメント

「外資」「30代以上管理職向け」というキーワードに当てはまるなら、ハイクラス向け求人を豊富に持つJACリクルートメントがオススメです。

▼JACリクルートメントの登録はコチラ▼

JACリクルートメントの利用者はほとんどが35歳以上で年収600万円以上、何かしらのマネージャー経験があるような方なので、年齢を理由に利用を断られることはほぼありません。

▼高い年齢層の転職希望者に特化している

また、外資系は年齢ではなく実力を重視した採用をする傾向にあるため、年齢や職歴数が足枷にならず培った能力で勝負ができます。

JACリクルートメントも外資企業であるため、外国籍の社員が多く英語が堪能な社員が多く所属し、英文レジュメ添削やインタビューの練習も難なくできる体制が整っています。

そしてJACリクルートメントは両面型といって一人の社員が営業とキャリアコンサルタントの双方の仕事を担っているため、紹介企業に精通した人間が担当してくれます。

その結果、マッチング率が高く選考通過率もアップさせられます。

▼JACリクルートメントは両面型エージェント

転職エージェントの売上高でも、1位のリクルートエージェント、2位のdodaに次いで人材業界売上高3番手に2018年位置していて、非常にサポート実力もある転職エージェントです。

面談を断らないSpring転職エージェント

Spring転職エージェントは派遣会社で有名なアデコの転職エージェントで、スイス本社の外資企業でありJACリクルートメント同様両面型かつグローバルネットワークを活かした求人を多く持っています。

↓Spring転職エージェントの登録はコチラ

Spring転職エージェントが何よりも魅力的なのはどの属性の求職者でも面談をしてもらえるという点で、面談の利用を断られるということはほぼほぼありません。

また、2018年度のオリコン顧客満足度調査の転職エージェント部門で顧客満足度NO1を獲得しており、サービス品質も期待できます。

Spring転職エージェントの評判口コミ!面談・求人の特徴

転職サポート期間についても限りがなく転職活動に苦戦しても手助けを得て転職活動を続けられるアドバンテージもあります。

海外は勿論北海道~福岡まで日本全国の求人を扱っているので、IターンやUターン転職にも力を発揮してくれるでしょう。

リクルートエージェントに再登録するのもアリ

リクルートエージェントの登録段階では、紹介する求人がないという理由で利用を断られてしまったかと思いますが、直接電話で問い合わせをすることで、面談を行ってもらえるようになる可能性もあります。

電話の際は「どうしてもリクルートエージェントを利用させてもらいたい」という意思を強くアピールできると、効果的でしょう。

できるだけあなたの状況を詳しくリクルートエージェントに伝えることで、面談できる可能性はさらに上がるので、できるだけ具体的に伝えることがポイントです。

また、電話ではなく通常のリクルートエージェント公式HPの申し込みページから再挑戦して、面談サポートを受けられるようになるという前例もあります。

再登録の際のポイントとしては、

・1回目の登録時よりも圧倒的にプロフィールを充実させる
・初回登録からおよそ3ヶ月は期間を空ける

上記に注意して再登録にトライしてみましょう。

▼▼リクルートエージェント再登録はコチラ▼▼
リクルートエージェント

リクルートエージェントの特徴

非公開求人数170,000件以上

成功実績NO.1の充実したサポート

業界・職種の専門知識をもったキャリアアドバイザーの圧倒的サポート

PR

親身さがウリ!面談満足度の高い優良おすすめ転職エージェント

フリーター向け就職エージェントおすすめランキングTOP10

リクルートエージェントの評判口コミ!1000人に面談と求人を取材

就職Shopの評判!ブラック企業の求人しか紹介されない?

パソナキャリアに断られた!なぜ?断られない転職エージェント

【就職Shop vs DYM就職】口コミ評判!面談や求人の違いは?

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【全国版】47都道府県別のおすすめ転職エージェント一覧まとめ【随時更新中】

【業界別・職種・年齢別】おすすめ転職エージェントランキング【随時更新】

【面談満足度No.1】親身さがウリのMAP転職エージェントに取材インタビュー!

ビジネスマン向けファッション特集

あなたは大丈夫?【当サイト人気講座】

業界圧倒的No.1実績『リクルートエージェント』の評判口コミ面談場所別まとめ

リクルート運営のNo.1正社員就職支援『就職Shop』評判口コミまとめ決定版