リクルートエージェント・DODAなど転職エージェントの評判を徹底比較

menu

転職エージェントおすすめランキング.com

リクルートエージェント
▼転職者実績No.1のリクルートエージェント▼

マイナビジョブ20’sとマイナビエージェントの違いを徹底比較

ここではマイナビジョブ20’sとマイナビエージェントの違いや特徴についてわかりやすくお話ししていくので、自分にぴったりの転職エージェント探しの参考にしてください。

これから転職活動を始めるために、転職エージェントを利用しようと考える20代の方は少なくありません。

せっかく登録するなら大手が良いと考え、マイナビの運営している転職エージェントを選ぶ人もいるのではないでしょうか?

両エージェントをそれぞれ、

・対象としているターゲット層
・提供しているサービス内容

主に上記2点で比較いたしました。

マイナビジョブ20’sとマイナビエージェントの2つの候補のうち、どちらを利用すれば良いのか分からない方はぜひご参考ください。

■マイナビジョブ20’sとマイナビエージェントの面談場所

まず大前提として、マイナビジョブ20’sとマイナビエージェントの面談場所が、あなたのお住まいの地域の近くにあることを確認しておきましょう。

マイナビジョブ20’sとマイナビエージェントの面談場所は、それぞれ以下の拠点となります。

マイナビエージェント 東京・大阪・名古屋・福岡
マイナビジョブ20’s 東京・大阪・名古屋

お住まいの地域に面談場所がない場合はサービスを受けることができないので、下記でそれぞれの都道府県で面談を受けられる転職エージェントを登録するようにしましょう。

【全国版】地域別おすすめ転職エージェント一覧まとめ

■マイナビジョブ20’sとマイナビエージェントの違いを徹底比較

■違い①:20代に特化している

まず最初に挙げられる、マイナビジョブ20’sとマイナビエージェントの最大の違いは、20代に特化しているか否かです。

マイナビジョブ20’sが20代の転職支援に特化していることに対し、マイナビエージェントは20代の若者から50代以上の方まで幅広い世代の方たちが利用しています。

▼マイナビエージェントの利用者年齢層

メインターゲットは20代から30代前半くらいの働き盛りの世代の方たちですが、マイナビエージェントでは経験者を優先するような求人が多く、社会人経験が短かったり未経験の人向けの求人は少ないケースもありますね。

どちらかと言うと、マイナビエージェントは“今の分野でキャリアアップを目指している方向き”の転職エージェントと言えるでしょう。

▼マイナビエージェントの登録はコチラ▼

一方マイナビジョブ20’sのメインターゲットとなる世代は20代全般ですが、もっと言うと、特に“第二新卒の方向け”の転職エージェントと言えます。

第二新卒というと働いてから3年前後の人たちであるため、「就職したばかりなのに、すぐ転職活動をする人を欲しがる企業はあるのだろうか?」と心配している方も多いのではないでしょうか?

ですが、実際はそうではありません。

第二新卒の方たちは社会人としてのマナーが身についており、1から研修する必要がないため必要としている企業はたくさんあるのです。

関連:第二新卒の転職は失敗する?厳しい?成功させるためにすべきこと

「最低でも3年は同じ会社で働かなければいけない」と考えている方は多いですが、若いうちから早め早めの転職活動をすることがその後のキャリアにはとても大切だと言えます。

マイナビジョブ20’sでは若い世代を求めている企業の求人を多く保有しているため、この転職エージェントを利用すれば20代や第二新卒の方の希望にマッチした職場がきっとすぐに見つかりますよ。

20代の方や未経験のジャンルにチャレンジしたい方、第二新卒の方はマイナビジョブ20’sを利用してみることをおすすめします。

▼マイナビジョブ20’sの登録はコチラ▼

●マイナビジョブ20’sは未経験業種への転職向き●

マイナビジョブ20’sは20代向けの求人が多いので、未経験の方でも転職可能です。

新卒での就職がうまくいかなかったり、希望の業種だけど自分とは合わなかったりなど、仕事に関する悩みを抱えている方は大勢います。

マイナビジョブ20’sを利用すれば、未経験職種からの内定をもらうことも夢ではないので、あなたの希望とする業種で働くことができます。

意に沿わない仕事をし続けると心と体に不調をきたし、働くことすら難しくなってしまいます。

このような事にならないように、マイナビジョブ20’sのエージェントにあなたの希望を伝え、生き生きと働ける職場への転職を目指しましょう。

■違い②:転職活動初心者向け説明会の有無

マイナビジョブ20’sとマイナビエージェントと違いとして、20代の転職活動初心者向け説明会が開催されているかどうかということが挙げられます。

新卒の就活だとセミナーや説明会が多数開催されており、就職活動に関するノウハウを習得する機会が多かったため受け身の姿勢でも就職活動を進められたはずです。

しかし、転職活動ではそうもいきません。

自分一人で転職活動の進め方を調べ、慣れない職務経歴書や履歴書を書いていかなければいけないのです。

働きながらこれらのことをこなすのは少し大変なことであり、転職活動を断念してしまう人もいると思います。

ですがマイナビジョブ20’sを利用すれば、転職に関するノウハウを手に入れられる説明会に参加できますし、不安や悩みを共有することも可能です。

マイナビエージェントでも説明会は定期的に開催されていますが、どちらかというとキャリアアップを目的としたものが多いため、そういった目的で転職活動を行われている方にとってはぴったりと言えます。

両エージェントの開催セミナーの例を挙げると、以下のようになります。

<マイナビジョブ20’s> <マイナビエージェント>
初めての転職相談会 IT業界ハイクラス転職相談会
就業1年未満の方限定!元・面接官が語る≪転職「勝」動セミナー≫ 東京でキャリアアップを目指す方のための転職相談会
年内スピード転職セミナー
面接対策セミナー~面接官が教えるすべらない話!~

マイナビジョブ20’sの方は、転職初心者の方にとって、気軽に参加できそうなものまで幅広く開催されているため、転職活動が初めての方でも安心して参加できるのではないかと思います。

マイナビジョブ20’sに登録している方であればどなたでも参加できるので、一人で転職活動を行うのに不安を感じている転職活動初心者の方はぜひマイナビジョブ20’sを利用してみてくださいね。

▼マイナビジョブ20’sの登録はコチラ▼

▼マイナビエージェントの登録はコチラ▼

■違い③:フリーターの人にもおすすめ

マイナビエージェントは、社会人経験や業種経験のある人向けの求人が多いため、フリーターやニートの人が登録してもエージェント側から断られる可能性が高いです。

関連:転職エージェントに断られた!なぜ?断られない転職エージェント

ですが、マイナビジョブ20’sなら社会人経験が2~3年の方はもちろん、社会人経験のないニートやフリーターの方への支援も充実しているため、どなたでも満足いく職場への転職が決まるはずです。

また、未経験者歓迎の非公開求人も多く保有しているため、業種に関する経験がなくても問題ありません。

▼実に90%以上が非公開求人

20代は成長過程の存在であり、企業側としても経験を重視していないところが多く、職歴や業種の経験がない方でも積極的に採用している会社も少なくないです。

マイナビジョブ20’sでは企業のニーズとあなたの働きたい意欲をうまくマッチさせ、採用が決まるまでのお手伝いをしてくれるため経歴に自信が無い方でも安心して転職活動を進められます。

例えば定期的にフリーターやニートの方向けとして開催されているセミナーでも、以下のようなものが挙げられます。

□社会人1年目・既卒・フリーター限定リスタート!少人数制転職セミナー
□就業1年未満の方限定! 元・面接官が語る≪転職「勝」動セミナー
□未経験から専門的なスキルを身に付けて仕事がしたい方対象・転職相談会
□未経験から始める技術職セミナー

フリーターの方から未経験者の方まで幅広くカバーするラインナップが揃えられていますね。

関連:フリーターが正社員に就職する方法・やり方を実体験者が徹底解説

どのようなバックグラウンドをお持ちの方でもしっかり支援するという、マイナビジョブ20’sの強い意志が見えるのではないでしょうか?

既卒無就業者や未経験者向けの求人をたくさん持っているのは、20代に特化した転職エージェントのマイナビジョブ20’sです。

フリーターの人や新しい業種へ挑戦したい方はマイナビジョブ20’sに登録してみてくださいね。

▼マイナビジョブ20’sの登録はコチラ▼

■違い④:適性診断により自分の強みを知ることができる

転職エージェントに登録すると、

①面談の案内
②面談の実施
③求人の紹介
④応募や面接に関するサポート
⑤合否判定や面接のフィードバック
⑥入社までのサポート

といった流れで転職活動が進められていきます。

もちろんマイナビエージェントもマイナビジョブ20’sでもこのような内容が行われていきますが、マイナビジョブ20’sの場合「適性診断」も加わってくるという特徴があるのです。

適性診断はコンサルタントとの面接前に行われるものであり、客観的に自分自身を捉えることを目的として実施されています。

仕事をする上での強みや自身の特徴を分析することで、あなたにぴったりの職場を見つけられるのです。

でも、「適性診断なんて、なんだか信頼できないな。」と感じている人もいるいるのではないでしょうか?

ですが安心してください。

この適性診断は世界中で数千万人の転職希望者が受けており、豊富な情報を有しているため、非常に信頼性の高いテストだと言えます。

自分の能力を最大限に活かせる職場で働けば、やりがいと充実感に満ちた毎日を送れることから、適性診断であなた自身を冷静に捉え直してみましょう。

自分を知ることが転職活動の第一歩なので、怖がらずにありのままの自分を適性診断で見つけてくださいね。

■マイナビジョブ20’sとマイナビエージェントの違いまとめ

最後に繰り返しになりますが、もう一度、マイナビジョブ20’sとマイナビエージェントの違いについてまとめておきます。

マイナビエージェント向きの人

20代後半〜40代年齢層向け

キャリアアップ(年収など)を目的として転職したい人

既に経験のある業界・職種内の転職を考えている人

 

マイナビジョブ20’s向きの人

第二新卒(新卒入社後3年以内)

未経験業種へ転職をお考えの人

転職経験がない転職初心者の人

 
上記のように分類されます。

いずれにしてもマイナビは、リクルートエージェントやDODA同様に、大手のエージェントとして非常に利用者数も多いので、ぜひあなたに合った方のエージェントを選んでくださいね。

▼マイナビエージェントの登録はコチラ▼

▼マイナビジョブ20’sの登録はコチラ▼

リクルートエージェントの特徴

非公開求人数170,000件以上

成功実績NO.1の充実したサポート

業界・職種の専門知識をもったキャリアアドバイザーの圧倒的サポート

PR

親身さがウリ!面談満足度の高い優良おすすめ転職エージェント

フリーター向け就職エージェントおすすめランキングTOP10

リクルートエージェントの評判口コミ!1000人に面談と求人を取材

就職Shopの評判!ブラック企業の求人しか紹介されない?

パソナキャリアに断られた!なぜ?断られない転職エージェント

【就職Shop vs DYM就職】口コミ評判!面談や求人の違いは?

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【全国版】47都道府県別のおすすめ転職エージェント一覧まとめ【随時更新中】

【業界別・職種・年齢別】おすすめ転職エージェントランキング【随時更新】

【面談満足度No.1】親身さがウリのMAP転職エージェントに取材インタビュー!

ビジネスマン向けファッション特集

あなたは大丈夫?【当サイト人気講座】

カレンダー

2018年1月
« 12月   2月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

業界圧倒的No.1実績『リクルートエージェント』の評判口コミ面談場所別まとめ

リクルート運営のNo.1正社員就職支援『就職Shop』評判口コミまとめ決定版