事務職・人事職の転職

採用担当になるには?激務できつい?向いている人の特徴

投稿日:

近年、働き方改革の影響で自分のキャリアを見直す人が増えてきました。その中で、採用担当という職種にも注目が集まりつつあります。

しかし、多くの方が採用担当に興味はあるけど「未経験」という理由でなかなかキャリアチェンジへの一歩踏み出せてないのではないでしょうか。

  • キャリアチェンジをして採用担当を目指したい
  • 採用担当として会社の成長に貢献したい

と考えている方にとって、採用担当になる方法やその業務内容などネットで調べてもわからないことばかりだと思います。

そこで、この記事では

  • 未経験から採用担当になるために必要なこと
  • 採用担当の仕事内容

をご紹介します!未経験で採用担当になり、半年で5名以上の採用を成功させた現役採用担当が赤裸々に解説します。

この記事を読めば、憧れの採用担当に向けて何をするべきか明確になりますので、不安がある方はぜひご覧ください。

この記事の執筆者

H.Akemi
新卒で営業職を経験した後に未経験から人事採用担当へのキャリアチェンジに成功。
新卒・中途採用担当者を兼務し年間2000名以上の候補者と面接や説明会を開催。
現役人事としてHR領域のスペシャリストとして活躍。

人事の転職エージェントおすすめ8選!未経験者は転職難しい?

採用担当になるには?


企業にとって採用担当とは、会社の「顔」です。求職者と1番最初に関わるのは採用担当であり、求職者が会社の第一印象を決める要因です。そのため、企業にとって採用担当選びは、とても重要です。そこで、選ばれる採用担当になるための方法をご紹介します!

今回紹介する要点をしっかり取り入れ、ぜひ実践してください!

採用担当になりたい意志をしっかり伝える

面接では、どうしてこの会社で採用担当になりたいのかを明確に伝えましょう。

採用担当は、会社の魅力や事業内容を明確に求職者に伝える必要があります。そのために、自分が会社のことを理解していることはもちろん、会社に対しての想いをしっかりと持つことが大切です。

面接では「どうしてこの会社ではないといけないのか」という会社に対する志望理由を明確に答えたうえで、採用担当になったら何を成し遂げたいか、どんな目標があるのかを自分の言葉で伝え、志望度の高さをアピールしましょう。

参考:人事に未経験で転職したい人の志望動機例文まとめ【※現役人事伝授】

採用担当に必要なスキルのアピール

採用担当に必要なスキルには、コミュニケーション能力や調整力などがあります。これらのスキルを兼ね備えていることを面接ではアピールしましょう。

例えば、調整力ではスケジュール管理の経験を話してみましょう。採用担当は、求職者と現場社員の面接日程の調整など、自分以外の人のスケジュール管理も必須となるため、このスキルは重要です。

コミュニケーション能力では、求職者にポジティブな印象を与えられるような面接を実施できる力があることや、関係者の人たちと良好なコミュニケーションが取れることをアピールすることが重要です。

未経験でも可能なところに行く

意外かもしれませんが、未経験の採用担当を募集している企業は多いです。

特に中小企業やベンチャー企業では、これから採用チームをつくる段階の企業もあるため、立ち上げメンバー枠として未経験採用を行っている企業もあります。

そのため、未経験採用を実施している企業を探して応募するのがおすすめです。

立ち上げメンバーになった場合は、企画力が求められる場面が増えるので、頭を柔軟に使える方や発想力のある方にはぴったりです。

兼務を視野に入れる

採用担当で多いのが、広報業務や人事業務の兼務です。

大手企業では部署ごとに担当業務が分けられていますが、中小企業やベンチャー企業では兼務で採用担当をする人がほとんどです。

採用担当だけにこだわらず、さまざまな業務を経験してみたいという方は、兼務で働くという働き方を視野に入れて転職活動をしてみると幅が広がり、採用担当になりやすいでしょう。

人事未経験者の求人数No.1マイナビエージェント

↓マイナビの詳細はコチラ

 

求人の豊富さ○ 約5万件(業界No.2)
対象年齢層20代〜30代前半
書類選考通過率◎ 極めて高い
年収アップ率○ 高い

✅転職者の利用満足度No.1
✅全国の求人数約7万件(※業界最大級)
✅書類選考通過率驚異の40~50%超

\登録者数1,100人突破!!/

人事未経験者の求人数No.1マイナビエージェント公式HPはコチラ

>>マイナビエージェント公式HPはコチラをCheck<<

採用担当は激務できつい?


一見企業の花形に見える採用担当ですが、その業務内容は幅広く激務なのが採用担当の仕事の特徴です。実際に採用担当の具体的な仕事と激務の理由を以下ではご紹介します。

採用手段が多い

現在、求職者に最も利用されているのが「就職・転職サイト」「就職・転職エージェント」です。

採用担当は、求職者のみならずエージェントなどの外部の方とのやり取りが発生するのです。また、近年ではSNSの普及により、Twitterを通じて候補者を探したり、スカウトを送ったりと採用手法が増えてきています。

▼転職エージェントの仕組み

さまざまな採用手法を駆使することで多くの求職者と出会える反面、会社を魅力に感じてもらうための求人情報の用意など、負担はとても大きいです。

人材不足

中小企業の多くは、採用担当が1~3名体制の企業がほとんどです。中には1名体制の企業もあり、人事対応と兼任で行っている人も少なくありません。

中小企業ではほとんどの方が、1人で採用担当をしているため、採用スケジュールが間に合わないなどの事態が発生することもあり、負担を感じている方は多いです。

スケジュール管理が困難

採用担当は、求職者と現場メンバーの橋渡しともいえます。

面接調整をする際は両者の面接可能な時間を調整するため、スケジュール管理が必須になります。また、現職中の求職者と面談をする場合は、業務後や休日対応が必要になることもあり、プライベートの時間を確保しにくい場合があります。

採用企画の立案

新卒採用や中途採用、会社説明会や転職フェアなど、採用担当に求められる採用企画は多岐にわたります。特に新卒採用は3月~4月がピークのため、さまざまな企画実施が求められる時期です。

会社説明会で、どれだけ自社の魅力を伝えられるかは採用担当にかかっているため、企画準備から、気が抜けません。

これらの採用企画は採用担当にとって、激務の一つともいえます。

当サイト利用者数No.1のdodaエージェント

↓dodaの詳細はコチラ

 

求人の豊富さ◎ 約9万件(極めて多い)
対象年齢層20代〜50代
書類選考通過率○ やや高い
年収アップ率◎ 極めて高い

✅転職者の利用満足度No.1
✅全国の求人数約90,000件(※業界1位)
✅プレミアムオファーで書類選考免除

\登録者数1,500人突破!!/

当サイト転職者実績No.1のdoda公式HPはコチラをクリック

>>doda公式HP詳細はコチラをCheck<<

採用担当に向いている人の特徴


では、採用担当に向いている人とはどのような人なのでしょうか。以下に採用担当に向いている人の要因を紹介します。

コミュニケーション能力がある人

採用担当が関わる人は幅広いです。

求職者はもちろん、社内のすべての部署のメンバーやエージェント担当者、そのほかにも会社説明会に参加してくれた学生など、年齢も職種も違う人たちと関わることが多いです。そう言った幅広い層の人とも問題なくコミュニケーションをとりながら業務を円滑に進められる人が向いています。

責任感がある人

採用担当は、求職者や人材エージェントに対して、自社についての情報を伝えなくてはなりません。

ホームページに載っている内容だけでは、納得感を与えることは難しいでしょう。

働いている社員だからこそ実感できる、企業や仕事の魅力について自分の言葉で語れることが重要です。

周囲を巻き込める人

採用担当は、会社のメンバーやエージェントなどの外部の人との関わりが必須になります。採用企画を実行するためにも、現場メンバーへ協力を募ったり、エージェントに集客協力を依頼したりと、周囲の人を巻き込める人ではないと厳しいです。

周囲の人と一緒に会社の目標とする採用人数達成に向けた行動ができる人が採用担当には向いています。

より採用担当者に向いている人の特徴について知りたい方は「人事に向いてる人の9つの特徴【人事歴10年のベテランが語る】」をご参考下さいね。

採用担当者の本音を現役人事が語る


採用担当の仕事は激務だと紹介をしましたが、その分やりがいもあります。

「ヒト」に1番関わる仕事

なぜなら、採用担当は「ヒト」に1番関わる仕事だからです。

会社の経営資産の1つである「ヒト」に直接かかわることができることは、採用担当の1番の魅力といえます。

候補者の説明会参加から入社までに一貫して関わることができるのは採用担当だけです。候補者と長くかかわる分、入社してもらえた時の喜びは大きいです。

会社の将来性を担っている仕事

また、採用担当は自分が採用した人が、今後会社の成長に関与するため、会社の将来性を担っている仕事だともいえます。

なかなか味わえない責任感を味わいながら、たくさんの人と出会う中で、会社に合う人材を見つけ入社までフォローする仕事は、自分の成長にもつながります。

そういった成長を感じながら、ヒトとの出会いを楽しめるのが採用担当のやりがいといえます。

人事未経験者の求人数No.1マイナビエージェント

↓マイナビの詳細はコチラ

 

求人の豊富さ○ 約5万件(業界No.2)
対象年齢層20代〜30代前半
書類選考通過率◎ 極めて高い
年収アップ率○ 高い

✅転職者の利用満足度No.1
✅全国の求人数約7万件(※業界最大級)
✅書類選考通過率驚異の40~50%超

\登録者数1,100人突破!!/

人事未経験者の求人数No.1マイナビエージェント公式HPはコチラ

>>マイナビエージェント公式HPはコチラをCheck<<

採用担当者からのキャリアパスは?


採用担当からおすすめのキャリアパスは、人材紹介会社です。

これまで、企業の採用担当として得たノウハウを、今度は求職者の方の支援に活かしてみてはいかがでしょうか?

自分が採用担当として候補者の方を見てきた視点や、面接で大切にしていた判断基準等を、求職者にアドバイスをすることができます。

また、企業の採用担当とのやり取りでは、実際に自分が経験して感じたことを活かしてコミュニケーションや連絡を取ることで、企業に信頼される転職アドバイザーになれます。

人材紹介会社で有名な企業は、

  • リクルートエージェント
  • パーソルキャリア
  • マイナビ

等があります。

これらの企業は規模が大きく、さまざまな業種のお客様がいるため、自分の経験を活かしやすいともいえます。

パーソルキャリアの転職・就職難易度!新卒は?年収低い?
リクルートキャリアの最終面接で落ちた!最終面接通過率は?

採用担当への転職に強いエージェント


最後に、転職に強いエージェントをご紹介します。

転職に強いエージェントは以下2社です。

私は未経験から採用担当にキャリアチェンジをした際、パーソルキャリア(doda)を利用しました。

こちらの2社の特徴は、業界最大手のため、求人数がとても多いです。そのため、未経験枠の求人も多数取り揃えてあります。

またアドバイザーとの面談も実施しているため、自分の希望に合った求人を毎日紹介してくれるので、希望のキャリアチェンジを実現しやすいのでオススメです。

当サイト利用者数No.1のdodaエージェント

↓dodaの詳細はコチラ

 

求人の豊富さ◎ 約9万件(極めて多い)
対象年齢層20代〜50代
書類選考通過率○ やや高い
年収アップ率◎ 極めて高い

✅転職者の利用満足度No.1
✅全国の求人数約90,000件(※業界1位)
✅プレミアムオファーで書類選考免除

\登録者数1,500人突破!!/

当サイト転職者実績No.1のdoda公式HPはコチラをクリック

>>doda公式HP詳細はコチラをCheck<<

人事未経験者の求人数No.1マイナビエージェント

↓マイナビの詳細はコチラ

 

求人の豊富さ○ 約5万件(業界No.2)
対象年齢層20代〜30代前半
書類選考通過率◎ 極めて高い
年収アップ率○ 高い

✅転職者の利用満足度No.1
✅全国の求人数約7万件(※業界最大級)
✅書類選考通過率驚異の40~50%超

\登録者数1,100人突破!!/

人事未経験者の求人数No.1マイナビエージェント公式HPはコチラ

>>マイナビエージェント公式HPはコチラをCheck<<

未経験から採用担当にはなれます!

激務といわれている採用担当ですが、他の職種では経験できないやりがいや成長実感を得ることができる採用担当を諦めずに目指してみてください!

dodaの特徴

求人数96,000件以上(※業界最大級)

転職満足度No.1の親身な対応!

北海道~九州全国に面談拠点あり!

マイナビエージェントの特徴

驚異の書類選考通過率50%!

求人を厳選して紹介してもらえる!

親身な対応で面談満足度が高い!

-事務職・人事職の転職

\ PR /

Copyright© 転職エージェントマニア.com , 2022 All Rights Reserved.