リクルートエージェント・DODAなど転職エージェントの評判を徹底比較

転職エージェントマニア.com

転職活動

【最終関門】転職の最終面接合格率を爆発的に上げる6つの裏技

投稿日:

転職活動における最終面接は役員や社長などの重役が面接官となるケースが多く、「重役が出てくる=ほぼ内定確実だろう」と安心している方も多いと思います。

しかし、最終面接の合格率はある企業では「50%以下」、もう一方の企業では「80%以上」と企業によって様々で、企業ごとに合格率が異なるのが現状です。

この事実を知らずに「もう大丈夫だろう」と対策を怠って最終面接に臨んだ結果、あと一歩のところで内定を逃してしまってはもったいないですよね。

そこで今回は、キャリアアドバイザーとして多くの転職希望者を転職成功へと導いてきた経験をもとに、最終面接を突破するテクニックについてお伝えします。

最終面接を控えている方も選考途中の方も、ぜひ参考にして頂ければ幸いです。

転職の最終面接で見られる評価軸とは?

転職活動における最終面接は、以下3点を確認される場合が多いです。

入社意欲・熱意

ビジネスマナーや経験・スキルの確認は、概ね書類選考~二次面接までの選考でクリアできていることが前提となります。

そのため、最終面接で最も重視される評価軸は、応募企業に対する「入社意欲」「仕事への熱意」になります。

特に最終面接の面接官となる役員や社長クラスの重役は会社への思い入れが強くなりますので、応募社の入社意欲や熱意を重視する傾向が高くなります。

キャリアビジョン

最終面接では、入社意欲や熱意と並んでより深く応募者を理解するために「キャリアビジョン」について質問されることが多いです。

ここで面接官が確認したいキャリアビジョンとは「自社のビジョンと応募社のキャリアビジョンが合っているか」という点になります。

いくら素晴らしい能力やキャリアビジョンを持っていても会社の方向性とズレている場合、採用するメリットがなくなってしまうからです。

企業・事業への理解度

そして最後に、「応募者がきちんと自社を理解できているか」という点について判断されます。

具体的に企業や事業について質問された場合は、応募企業の理念や経営方針に沿った回答をすべきでしょう。

企業を理解した上で、「同業他社ではなく応募企業でなければならない」という熱意を伝えることが重要です。

転職エージェントから面接結果が届くまでの日数!最終面接の合否連絡は?
転職の最終面接の結果はいつ届く?→当日か翌日が80%!

転職の最終面接通過率を上げる裏技まとめ

転職の最終面接通過率には、以下6つの方法があります。

具体的な表現で回答する

求人内容に沿うキャリアビジョンを回答する

応募企業の理念・経営方針に合った回答をする

一次面接・二次面接と一貫性のある回答をする

応募企業が「第一希望」であることを伝える

最後に必ず意欲を伝える

順番に一つずつ解説して参りましょう。

転職最終面接の裏技①:具体的な表現で回答する

最終面接で質問される全ての内容について「具体的な表現で回答すること」を意識しましょう。

たとえば、応募企業で発揮できる能力や応募企業が第一志望である理由を「具体的に」説明する、ということです。

どの企業でも当てはまる回答ではなく、「御社だから」ということが伝われば、入社意欲の高さが伝わり、内定率を上げることができるでしょう。

▶︎最終面接の通過率を爆発的に上げる

転職最終面接の裏技②:求人内容に沿うキャリアビジョンを回答する

「将来どのような仕事をしたいですか?」
「ご自身のキャリアビジョンをお聞かせください」

などのキャリアビジョンについての基本的な回答は、求人情報やこれまでの面接から期待されている仕事を想定することが重要です。

「求められている職務を遂行したうえで、5年後、10年後には〇〇(担当業務と関連性がある内容)にチャレンジしていきたい」と答えられるよう準備しておきましょう

▶︎最終面接の通過率を爆発的に上げる

転職最終面接の裏技③:応募企業の理念・経営方針に合った回答をする

企業や事業についての質問では、"応募企業の理念や経営方針に合った回答をすべき"です。

企業の方向性と間逆の回答だと「いずれ当社が合わなくなって辞めてしまうかも」と不安に思われるだけではなく、会社を否定しているかのような悪い印象を与えてしまいます。

最終面接では経営者や役員が面接官であることが多いので、謙虚な態度で受け答えすることを意識しましょう。

「自身も御社の一員として、これまでの経験を生かして貢献していきたい」というニュアンスを含めて回答すると好印象を与えられます。

▶︎最終面接の通過率を爆発的に上げる

転職最終面接の裏技④:一次面接・二次面接と一貫性のある回答をする

一次面接・二次面接の面接内容は最終面接の面接官にも共有されています。

ですので、一次面接や二次面接で話した内容と一貫性が無い場合、あなたに対する信ぴょう性がなくなり、不採用の原因となるケースが多いです。

自分を良く見せようとするあまりに自己PRや志望動機などを変える必要はありませんので、一貫性を持たせた回答をできるよう軸をぶらさずに選考を受けましょう。

▶︎最終面接の通過率を爆発的に上げる

転職最終面接の裏技⑤:応募企業が「第一希望」であることを伝える

企業側が最後に気になることは「内定を出したら入社してくれるのだろうか」という点です。

企業は内定を出した後は応募者から回答があるまで他の候補者へ内定を出すことはできませんので、「入社してくれる可能性が高い人」に内定を出したいと考えます。

この質問に対して、「受けているのは御社だけです」と言いたくなりますが、他社でも選考が進んでいて迷っている場合、嘘をつくと結果的に自分が困ることになります。

「並行して受けている会社はありますが、第一志望は御社です」といった伝え方で意欲をアピールしつつも他社の選考状況についても正直に伝えましょう。

▶︎最終面接の通過率を爆発的に上げる

転職最終面接の裏技⑥:最後に必ず意欲を伝える

面接官からの質問が一通り終わった後は、「最後に何か伝えたいことはありますか?」「質問はありますか?」など言い残したことはないか聞かれるケースが多いでしょう。

これまでの会話の中で伝えきれなかった気持ちを伝えるアピールチャンスとなるのが逆質問です。

「特にありません」といった一言で終わらせるのは避け、自分自身のアピールポイントを簡潔にまとめて、はっきりと応募企業に対する意欲の高さを伝えましょう。

▶︎最終面接の通過率を爆発的に上げる

転職の最終面接通過率を確実に通過する方法

転職の最終面接通過率を上げるための方法は今回解説した方法をぜひ実践してみて頂きたいのですが、もう一つ確実に通過率を上げる方法があります。

それは、転職エージェントを活用するという方法です。

転職エージェントは最終面接までに企業の担当者が、

✅どんな人物が最終面接感なのか?
✅過去にどんな質問がされたのか?
✅どんな回答をすれば内定が出るのか
✅過去の内定者にはどんな傾向があるのか?
…etc

上記のような面接対策を事前に行ってくれますので、高確率で最終面接の通過率を上げることが可能です。

特に大手転職エージェントの「doda」に関しては、求人数が豊富なだけでなく業界別に専門領域が分かれたキャリアアドバイザーが担当してくれますので、心強いです。

↓dodaの登録はコチラ

ぜひdodaを活用して、転職活動における最後の関門を突破し、転職活動を成功させましょう!

▶︎dodaで最終面接通過率を上げる

dodaの特徴

求人数120,000件以上(※業界最大級)

転職満足度No.1の親身な対応!

北海道~九州全国に面談拠点あり!

リクルートエージェントの特徴

非公開求人数170,000件以上

成功実績NO.1の充実したサポート

業界・職種の専門知識をもったキャリアアドバイザーの圧倒的サポート

-転職活動

PR

親身さがウリ!面談満足度の高い優良おすすめ転職エージェント

フリーター向け就職エージェントおすすめランキングTOP10

既卒の就職エージェントおすすめランキング【既卒就活生必見】

就職Shopの評判!ブラック企業の求人しか紹介されない?

パソナキャリアに断られた!なぜ?断られない転職エージェント

【就職Shop vs DYM就職】口コミ評判!面談や求人の違いは?

Copyright© 転職エージェントマニア.com , 2019 All Rights Reserved.