リクルートエージェント・DODAなど転職エージェントの評判を徹底比較

転職エージェントマニア.com

40代の転職

40代男性の転職の現実と転職成功方法を現役エージェントが解説

投稿日:

「40代での転職は現実として難しいのではないか?」「40代で転職が成功する方法があれば知りたい」などと、思っていませんか?

・子育てとの両立が可能な、ワークライフバランス重視の職場に転職をしたい
・勤務先は45歳で早期退職しなければならない会社。早めに転職がしたい
・上の役職やポジションがつまっていて、出世ができない
・給料が上がらない。副業をすすめられた。会社の将来に不安
…etc

上記のような背景から、40代で転職せざるを得ない人が急速に増えています。

私は大手転職エージェントでキャリアコンサルタントとして、40代の転職支援を数多く経験して参りました。

転職の限界は35歳までとされる説は過去のものになりつつあるとはいえ、40代での転職はまだまだ一般的ではありません。

40代に強い転職エージェントおすすめランキング厳選比較

ところが、40代で何度も転職をして年収アップ・キャリアアップを果たす人もいれば、ヘッドハンティングやスカウト話が次々に舞い込む人もいます。

彼らが成功した要因とは何でしょうか?

そこで今回は、40代で転職が成功する方法についてや40代の転職のリアルな実情について、プロの目から徹底的に解説したいと思います。

本記事の内容を読み、計画性を持って転職活動に取り組めば40代であっても理想の転職が実現できますので、是非参考にして頂ければ幸いです。


40代男性が未経験職種への転職は現実的に厳しい

「40代での転職は厳しい」と言われていますが、まずはどれほど厳しいのかをデータで見ていくことにしましょう。

マイナビの調査によると、40代は20代・30代に比べて中途採用されにくい傾向にあることが分かりました。

▼直近3年間に中途採用した年代(正社員)

また、下記表を見て頂いても分かるように、企業は40代に対して豊富な経験や高い専門性を求めています。

▼直近3年間に中途採用した40代の採用理由

経験もなく、専門性を評価できない未経験の40代では、採用されにくい現実があると言えるでしょう。

40代に強い転職エージェントおすすめランキング厳選比較

40代男性が中途採用企業に敬遠される理由と現実

ではなぜ、転職市場で40代男性は敬遠されてしまうのでしょうか?ここで具体的な理由について、いくつか解説したいと思います。

給与水準が高すぎる

一般的に、40代になれば20代・30代と比べて給与が高くなります。

給与が高い40代ほど、年収に見合った成果を求められるため、よほど経験・スキルのある人材でない限り採用はされにくいでしょう。

「わが社に入社したら年収ダウンになるのですが本当に大丈夫でしょうか?」と、年収が下がることに対して企業側が懸念をすることもあるため、給与水準が高すぎることが敬遠される理由の1つとなっています。

プライドが高く使いづらい

40代で入社すると、20代・30代といった年下が上司になることがあります。

その上司から注意を受けたり、叱られることに耐えられず、再び転職先を探す人が毎年のようにいます。

前職でそれなりの立場だった人なら余計にその傾向は強いようで、「前職で管理職だった人は、実務を覚えるのも遅く、プライドが高く使いにくい」と、評価を受けることになります。

転職回数が多すぎる

40代ともなれば、転職回数が片手では済まない人も出てきます。

転職回数が多すぎると、職を転々とするようなジョブホッパーの印象が強くなり、書類選考で落とされることも少なくありません。

仮に面接に進んだとしても、一貫性のある転職理由が説明できないと転職活動が苦しくなってきます。

転職回数のあまりの多さから、自分が勤務していた会社が社名変更していたことに気がつかず応募をしていた人もいるほどです。

40代男性が現実的に転職を成功させる方法

ではここからは、具体的に40代男性が現実的に転職を成功させる方法について解説して参りますが、まず最初にまとめると以下のようになります。

40代求人が豊富な転職エージェントを使う

取引先からの評価を高める

人手不足の業界に飛び込む

同業界への転職

上記について順番にそれぞれ詳しく解説して参りますね。

関連:40代男性が未経験でも現実的に転職しやすい業界

40代男性の転職成功方法①:40代求人が豊富な転職エージェントを使う

40代男性が転職を現実的に成功させるためには、40代の求人が豊富な転職エージェントを活用することが何よりの方法です。

40代の転職に強い転職エージェントを活用することで、企業にとって最適なポジションをあなたの魅力を最大化してもらいながら推薦してもらうことができます。

40代男性でも応募OKの求人が豊富な転職エージェントは、ズバリ「doda」と「パソナキャリア」なので、40代の男性が応募可能な案件数と業種や職種についてご紹介したいと思います。

doda

dodaは公開求人13万件以上の業界最大手の転職エージェントです。

↓dodaの登録はコチラ

dodaで公開されている40代で応募可能な求人数は5,028件(2019年8月現在)で、職種としては、

・土木・施工管理
・不動産のコンサルティング営業
・採用コンサルタント・人材コーディネーター
・ルート配送・ドライバー
・家電製品のルート営業
・保険営業
・開発エンジニア

などの求人が多くなっています。

特に目立ったのは、東証1部上場企業や有名企業などの求人です。

キャリアチェンジを歓迎する未経験OKの案件も多数あり、たとえばITエンジニアの募集もいくつか見受けられます。

もちろん、これまでの経験が生かせる仕事も豊富なので、まずは40代の転職に強い転職エージェントdodaを活用することをお勧めします。

▶︎dodaの登録はコチラ

パソナキャリア

パソナキャリアは、2019年オリコン顧客満足度調査の転職エージェント部門で第一位になるなど業界屈指の転職エージェントです。

↓パソナキャリアの登録はコチラ

パソナキャリアでは、40代で応募が可能な公開求が1,236件(2019年8月)あり、職種としては、

・WEBメディアの新規事業立ち上げ責任者
・製造工場での技術マネージャー
・経理リーダー・幹部候補
・法務部スタッフ
・求人サイト法人営業
・輸出貿易担当
・人事・事業企画
・ソフトウェア営業

などの求人が多くなっています。

40代にターゲットを絞った経理財務・人事労務職など、管理部門やバックオフィスの求人が豊富な印象です。

パソナキャリアは取引実績が16,000社以上あるため、上場企業など経営基盤の安定した企業が中心となっています。

▶︎パソナキャリアの登録はコチラ

40代男性の転職成功方法②:取引先からの評価を高める

40代の男性が転職を成功させるためには、取引先との関係性が非常に重要です。

なぜなら、40代〜50代の男性で意外に多いのが"取引先への引き抜き転職"だからです。

有能な40代の男性ほど、普段の仕事ぶりを評価されて「○○さんに是非来て欲しい」と取引先から口説かれています。

実際に入社しても、取引先だったこともあり事情に精通しているため、活躍する40代の男性は少なくありません。

特に、取引先の上役から気に入られると、かなりの確率でお誘いがあるので、取引先の会議に出席してプレゼンテーションやアドバイスをするなかで、評価が高まることが多いようです。

40代の男性であれば、書類を応募して面接に進むという通常の転職活動以外にも、取引先からのオファーというルートは見過ごせません。

40代男性の転職成功方法③:人手不足の業界に飛び込む

40代の男性であれば、人手不足の業界や職種を中心にエントリーをしていきましょう。

たとえば、人材・IT・介護・営業・警備・工場・配送などが挙げられますが、詳しくは「【50代・40代向け】人手不足の業界ランキング【2019年最新】」をご参考下さい。

人手が不足している求人の多くは、40代・未経験でも応募が可能になっているだけでなく、基本的に人手が足りないため、入社すれば仕事を任せてもらえるメリットがあります。

人手不足の業界は、とかくブラックな職場環境がメディア等で取り上げられがちですが、未経験者が前提の採用となっていることも多いのが現状です。

そのため、実際はOJTや研修制度などバックアップ体制が充実している会社も増えています。

40代男性の転職成功方法④:同業界への転職

同業界のライバル企業への転職も視野に入れましょう。

基本的には同業界へ転職したとしても法律的に問題はありませんが、気をつけたいのは、現在の会社の就業規則。

競合避止業務が規定されている場合はライバル企業に転職をすると訴えられる可能性がありますので、そうした場合はライバル企業への転職は避けたほうが無難でしょう。

「裏切り者だと後ろ指をさされるのが怖い」と思う人もいるかもしれませんが、実は人に言わないだけでライバル企業に転職している人は数多くいます。

同業界だった強みを活かして、すぐに即戦力として活躍したり、自社にはないノウハウを還元する可能性が高いと前向きな評価を受けることが少なくありません。

40代男性も諦めなければ転職成功は現実になる

20代・30代の時と比べて40代では転職の難しさを感じている人も少なくないと思いますが、現段階で厳しい現実に直面したからといってすぐに諦める必要はありません。

過剰な期待を寄せて、求人を待つよりも粘り強く応募し続けましょう。

「みっともない転職はしたくない」「負け組みだと思われたくない」などとプライドが邪魔して、複雑な心境になることもあるかもしれません。

でも、本当のプライドとは、自分で持つものではなく、他人から与えられるものです。

「あなたは私の誇りです」「あなたと一緒に仕事ができて誇りに思います」と新天地で一緒に働く人や、お客があなたを誇りに思う姿を想像してみてください。

どんな会社に転職したとしても、あなたを誇りに思う人を増やすことは大切ではないでしょうか。

今回解説した方法や「doda」や「パソナキャリア」などの転職エージェントを使って、40代だからと言って諦めずに、必ず転職を成功させましょう。

dodaの特徴

求人数120,000件以上(※業界最大級)

転職満足度No.1の親身な対応!

北海道~九州全国に面談拠点あり!

パソナキャリアの特徴

求人数50,000件以上(※業界3位)

親身な対応に定評あり(※2019年度のオリコン顧客満足度No.1)!

全国に面談拠点あり!

リクルートエージェントの特徴

非公開求人数170,000件以上

成功実績NO.1の充実したサポート

業界・職種の専門知識をもったキャリアアドバイザーの圧倒的サポート

-40代の転職

PR

親身さがウリ!面談満足度の高い優良おすすめ転職エージェント

フリーター向け就職エージェントおすすめランキングTOP10

【リクルートエージェントvsdoda】違いを徹底比較【どっち?】

就職Shopの評判!ブラック企業の求人しか紹介されない?

パソナキャリアに断られた!なぜ?断られない転職エージェント

【就職Shop vs DYM就職】口コミ評判!面談や求人の違いは?

Copyright© 転職エージェントマニア.com , 2019 All Rights Reserved.